29話


鉄血のオルフェンズ29話視聴!4話ですね
今回は絵柄が……ちょっと惜しかった感じ。ソフト化の際の修正を期待(笑)

前半は前回からのつづきで宇宙戦。手描きメカたちがうんとこ動いていました!
バルバトスが両足からブースト出して方向転換してたり
くるんと中空前転してからの両手攻撃、とか
よく動いてましたw ワイヤーのあしらいとか手慣れたもので。
しかしやはりというかいつものミカさまというか
「ころさないようにするのって難しいな」ってセリフには思わず苦笑(^-^;
さすが悪魔だ……悪魔だぜミカァ……。

後半はオルガ(と護衛のミカ)が騒動の火種である新興宗教家にナシつけに
押しかけて……というところだったんですが
あれは……ほんとうにタダの983……(苦笑)チンピラ越えて若頭のご登場でしたね(苦笑)
後ろに控えて黙々と火星ヤシをつまむミカがその筆頭補佐……ひええ(苦笑)
(最近龍が如くのゲーム見てたんでちょっとそのへん親近感ある(笑))
結局オトシマエってことでミカがパンパンってしちゃったんですけど
なにもころすことはないんじゃないかなあ……って思ってたら、
クーさんがね……。そういう争いが争いを呼ぶような連鎖はもう断ち切りたいって。
話し合いや政治で解決できなかったことが結局争いや戦いで決着つけるはめになって
救いたいと思ってる人たちが真っ先にその争いに突進していくことになるから、
それじゃ彼らを幸せにできないって。そういう突進していくような環境なのが良くないって。
だから……読み書きや生活力、そういう知恵や教養を学んでいける、
落ち着いて水準の高い暮らしがしていけるような世界にしていきたいって。クーさん。
正直、あークーさんまた大きなことを……とは思ったけど、
そうか、そこに至ったのかと。クーさんが鉄華団の理性になって、歯止めをかけていきたいのかと。
鉄華団がこのままじゃいけない、と言い始めたのがクーさん、ってのが
なんか……本当に、クーさん凄いなと。思いました。
作品内でこのままじゃいけない、って言い出せる人が少なかったので
まさにその立場にもっていけるのがクーさんなのかと思って、感心、しました。
(そしてアトラたんかわゆす……かわゆす……)

新興宗教家がけしかけた海賊らを一網打尽にした功績をたたえる、ためかな、
オルガ(とミカとメリビットさん)が火星近くに来たマクギリスと対面。
(どうでもいいけど、これまでの火星支部の仮司令官になってた人、
典型的なモブ顔だったよね……(笑)EDに新江なんたらと名前あったのその人のこと?)
もうこうなったら公にギャラルホルンと鉄華団につながりがあると
さらしちゃうつもりなのかな。マッキー。
思惑があると思っても実利というか理性で共闘を承諾するオルガ。固い握手。
むむむー、ゲームのCMで今回は共闘だ!とアオってたのはこれかあ(そこ?)
まっすぐ見つめるミカ、どう見抜いてるんだろう。
マッキーの体調(心労?)もすぐに見抜くしねミカ……さすがだぜミカァ……。
そして個人的にはオルガの左側に立ってたのが地味に気になる。
そこだとオルガの声あんまし聞こえないよ……(本当に地味に気になってるんです)
前半パートではバルバトスにのってがすがす動いてたのが
後半は片腕包帯つりさげて片目もハイライト無くて、やっぱちょっと動きづらいみたいな姿に
なってるのがボディブローのように効きます……。戦闘以外では役に立たない、の意味が。

ええと新キャラのハッシュくんがミカに直訴したわけですが
これはオルガとの橋渡しを頼んだようなもので、ワタクシいつハッシュくんが
オルガに心酔するようになるか、その辺が見ものだと思ってるので
今後ワクワクします(笑)肩透かしくらうかもしれないけど。ハッシュくんが目指すのは
オルガのはずなので。今ミカをライバル視してても意味ないよくらいは思っておきたい。うひ。
あと、射撃能力が高いのかと思わせてどうもそうでもなさそうなイオクくん、
やはり残念系イケメンなのか。そうなのか。わくわく(笑)

そんなかんじで。開拓予定の火星の土地からいきなり出てきたガンダムフレーム(とでかいやつ)も
気になりますね!ではでは。
(希望にあふれるはずの鉄華団の未来がよどんで見えてくるのは何故なんだぜ……(苦笑))
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-10-23 23:54 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/23571258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< にせんじゅうろく秋新番 28話 >>