にせんじゅうろく秋新番


どもです伊山です。いかがお過ごしですか。
こちらはアニメ新番組が豊作で嬉しい悲鳴です(笑)
たくさんあって有り難いけど見る時間が……いつ見ればいいの……(苦笑)

はい、ではこの秋オススメの新番組感想をば ざっと。

「ドリフターズ」abemaTV配信)
キキキキターーーwww≡(ノ*゚▽゚)ノ
これ!これは本当にイチオシです!!(^0^)
本当に見て!これは見ないと損します!!ワタシがここまでオススメしたいのは久しぶり。
これね~、本当にすごい作品になってます。
まず絵柄がそっっくり(笑)ヒラコー先生の特徴的な絵柄が
そっくりそのまま動いてる感じです。口の開き方とかいい感じの表現。
それからBGM!以前にコミックス特典先行DVDを見ましたが
配信版の1,2話を見たらまた全然違った印象を受けました!
先行DVDは確かほとんどBGMが入ってなかったんですよ。SEとボイスのみで。
(音楽は権利関係とかあるからかな?と推察)
なので、配信版にBGMがついてた分またさらに作品世界が明確に表現されていたように
感じられて、すっごく感激&感動しましたw
かっちょいいんよ~BGM。OPもそうなんだけど洋楽ぽくておどろおどろしくて。
改めて作品に付けるBGMって大事な役割があるんだなあってしみじみ思いました。
そういう、音楽と作劇とが合わさって、そもそもの世界観、ストーリー展開が
面白いもんだから、そらもー魅入る魅せられる。ってなもんで。
1度みたら病みつきになりますこのアニメ(笑)また見たい~くううって(笑)
もうこうなったらせめて1枚だけでもDVD買おうかなって。
特に土方さんが出てくるあたりは絶対1枚持っておきたいです(笑)うふふ。
もうね、見て!(笑)ドリフターズ見てください!(笑)今年イチオシです!^^
(豊久の中村悠一氏もぴったし!首置いてけーの発音めっちゃ薩摩(笑))

「信長の忍び」GYAOにて配信)
これもこの秋イチオシの作品です^^
もともと原作コミックが面白くて、全巻揃えてるんですが
まさかアニメ化するとは!(愛)しかも有名な大地丙太郎監督!(^0^)
もう間違いないだろってことで配信楽しみにしてましたv
……しかしビックリしたのがこれ5分番組(実質3分)だったんですね(笑)
なーんだもっと長くみられるかと思ってたのに(笑)
だけどもいざフタを開けてみれば元々の4コママンガのテンポで
小気味よく会話が進んでいき、30秒に1回はオチがつく、という
とっても見やすい流れになっていました。セリフ回しが少し早めかな?という感じ。
ストーリー自体はまだ序盤だけどもこの後順調にすすめば
主役の千鳥ちゃんが大活躍無双するところもきっとみられるだろうし、
その際のテンポ、作画の動きにも今から期待して大丈夫!って印象です^^
3頭身キャラが可愛くちまちま動くのもすっごくきゃわいいv
声も3分アニメにしては?とっても豪華だしハマってます^^
秀吉役のかっぺーさんは前々から熱望してたそうなので思い入れもひとしおの様子w
週イチの配信でたった3分なのでラク~に見られそうなのも嬉しい。
ぜひぜひチェックされてみてくださいvv
(来年のコミックス新刊にはこのアニメ前期13話がまるっと収録されたDVDが
付属されるとの由……3分アニメだから成せるこの力技wもちろん買います(笑))

「文豪ストレイドッグス」(地上波放送)
前期13話に引き続き視聴。相変わらず絵がきれいで動きも丁寧です。
あと画面演出とか映画っぽくてすごく見やすいです。少しウテナテイストもあるかな?
前期のお話の続きから、と思っていたらメインキャラの太宰の過去話から始まりました。
ちょっと拍子抜け。しかし織田作之助という作家さんについては知らなかったので
今回勉強になりました(笑)
(調べたついでにアニメに出てきたカレー屋さん、ふりいだむとありましたが
実際の織田も自由軒というカレー屋さんを好んでいたとのこと。そういうネタ仕込みいいですね)
あとエンドクレジットにも出てたけど、実際の文豪が好んで利用していたという
銀座のバー・ルパンもそのまま出てきてるのが面白かったです。前にTVに出てた。
作品自体は前期から同様、スタッフさんたちの力量が全面に出ている印象で
見応えあります。若い子が好きそうな雰囲気かな~。
最後まで視聴続けたいと思います^^

「夏目友人帳伍」(地上波放送)
間があきましたがこれも継続作品。続編のもうシリーズ5ですか、長いねえ。
スタッフさんに少し変化があったかもですが基本スタッフさんは変わってなくて
作品の雰囲気も変わりもなく、まったりふんわり、な空気感がすごく居心地良い感じです^^
原作既読なので今後の展開はぼんやり覚えてはいるものの
アニメとしてどうお話しが進むのか期待しております。

「舟を編む」(地上波放送)
前々から原作の内容を耳にしていて気になっていたところのアニメ化、
しかもノイタミナ枠なので飛びつきました(笑)キャラデも大人の雰囲気で好印象です。
まだ1話だけですがこれめっちゃよく動きますね(笑)
動きが丁寧すぎて映画作品みたいです(笑)ベンチに座って重心変える感じとか、
お辞儀したりゆったり目線動かしたり、その反面イメージシーンで
荒波にもまれる動きでは省略した線が躍動して迫力出していて
「静」の作画と「動」の作画どちらもすごく見やすくて丁寧であっけにとられます(笑)
あと「文字」「言葉」がテーマなのでCGで加工した「言葉」が
怒涛のように流れて押し寄せて、たゆたう動きが表現されてて、
そこはすごく洗練されてて作風にすごく合ってるなーと思いました。
この作画の動きだけでも見応えあるので視聴継続です。
(どうでもいいけどこのところ神谷浩史氏と櫻井孝宏氏の声ばっかり聴いてる気がします(苦笑))

「戦国鳥獣戯画」(地上波放送)
たまたま地上波の放送があると分かったので急きょ録画視聴。
ええと、最近の真田丸とか信長の忍びで正史重視のキャラ造形を見慣れてきていたので、
この鳥獣戯画は従来の定説とかイメージでの武将のキャラを出しているなーと思えて
ちょっと視聴意欲が下がりました(苦笑)
でもこれ、ワタシが好きだった戦国鍋TVのスタッフさんたちがけっこう関わってると分かって
テンション上がりました(笑)EDのキャスト表示に似顔絵が付いてるのが嬉しいですね(笑)
(村井良太くんお元気そうでなにより)
これも5分番組で短いので録画してさっと見れてすぐ消去できるのがいいです(笑)
これも溜めないように視聴していこうかなー。

いやーーほんとこの秋はアニメ新作豊富で嬉しいっす(笑)わははは。
ストレスにならない程度に見続けていこう~見る時間なんとかせねば……ww
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-10-25 17:04 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/23574574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 丸35話 29話 >>