秋の幸せなあにめ


おこんばんわです伊山だす。あまりPCを広げられてなくてすいません。(苦笑)

あのねあのね、アニメがめちゃくちゃ豊作なんですvv(突然)
今チェックしてるアニメどれも自分好みで期待ハズレがなくて
ほんとーに見てるとシアワセになる作品ばかりでv

先日はやっとというかようやく、「ユーリ!!!on ice」を見てみました。6話だけだけど。
放送開始直後からネットの評判高くて、WEBで見かける予告動画とか目に入ると
よく動くしクオリティも高いみたいだから気になってはいたんだけど
以前も書いたように今季チェックする作品多くて(笑)、
敢えて切ってたんですよね。ユーリ。
そしたらやっぱり視聴してる人の感想とか目に止まるから
いかんな1回は見ておこうかなと考えを改めてひとつ見てみたんですよ。

そしたらアレほんとすごいね、スケートの動画。動き。アフォみたいによー動くんだわ(笑)
(あ、いい忘れましたがフィギュアスケートが題材の作品です。
現実の競技大会をモデルにしていて登場人物たちが始めからレベル高い。)
クレジットをチェックしたら、そもそも「フィギュアアニメーション」だけで
スタッフ枠確保してるのね、これ。スケート動画だけ専門に描きこむチーム。
そんで演技の振り付けも専門の方を呼んで指導してもらってる。
どうやら実際に滑ってもらったのを専門チームがアニメに落とし込んで描きだしてる様子です。
だもんだから、演技してるシーンはほんとーに目の前で競技者が滑っているかのよう。
マニアックなこと言わせてもらうとカット割りとかカメラワークなど見せ方を
相~当、計算しているみたいで、流れるような演技の映像に全然違和感を感じさせません。
キャラが画面中央で(カメラ目線で)腕を振って演技しているかと思えば
「ジャッ!」とスケートのエッジ(氷に接している刃)のカットが一瞬挟まれ、
3回転ジャンプしている動きが続けてあらわれる。
ほんと、あの、フィギュアスケートの演技を見ている観客の「目線」を
カット割りなどで表現しているかのようです。素晴らしい。

この作品、OPとスケート動画だけでも見る価値ありです。
あのスポーツの動きをここまでアニメーションとして描き込めるのか……と。
感嘆の声がでること間違いなしです。(ワタシは「アフォか!(褒め言葉)」と笑いが出たw)
すごいんだよ、シットスピンといって膝を曲げてしゃがんだ形でその場でくるくる回転する技が
あるんですけど、この作品でアニメーションとしてその動きを表現してんの。
思わずコマ送りしちゃったけど(笑)、回転中の人の形を狂うことなくデッサンして
それを何パターンも異なるシルエットで描いてて、そんで10回転くらいさせてるの(笑)
何言ってるか分からないと思うけど(笑)、簡単に言えば人がくるくる回っているアニメを描く時、
異なるポーズを4,5枚くらい描いておいて、それを12345241534、みたいに
順番を入れ替えたりして撮影するとなんとなくその場で人が回転しているような動きに
見えるわけ(笑)目の錯覚を利用したアニメーションの基本(というかセルアニメの見せ方の基本)
なんだけど、
このユーリでは実際に回転している人物の映像をおそらくコマ送りか何かで解析したんでしょうね、
動きの1カット1カットを全部変えて描いてるんですよ、手描きで!
1枚として同じポーズが無かったです(笑)アフォかと(笑)
そのおかげで、シットスピンの実際の動きに限りなく近く見えるアニメになってました。驚異。
ここまでするか……!とほんとヘンな笑いがでましたわww
まあ「動き」に注力している分「整った作画」は二の次三の次になってますけどね。
ちょっと頭身のバランスが乱れている絵にはなってます。が、動きが良ければ全て良し。

キャラクターがどれも魅力的で、現実に今活躍している若いフィギュアスケーターを
モデルにしているみたいで、何となくあのキャラはあの選手かな?と思えたりもします。
そんで、無駄にキャラがくっつきすぎです……(笑)男の子たちがキャッキャしてます(笑)
そこがいいという人もいるんだろうけど(てか、リアルスケーターの皆さんが
そんな風に仲良しさんが多いんだろうけど)、こちらとしてはその要素いらんとは思いました(苦笑)
まあそこは好き好きで……(笑)

はー、ユーリだけでここまで語ちゃった(笑)いい動画を見られると幸福です(笑)

あとねあとね、平野耕太原作の「ドリフターズ」アニメが
これまためっちゃめちゃに良いのね!!!ww
作画も動きも演出も音響も、どれもこれもほんとーに素晴らしい。ハイクオリティ(幸)。
最新の7話配信みたけども(abemaTVに感謝)、
もー画面から漂う空気感と迫力に飲まれてぐいぐい画面に引き込まれる感じで、
すっげー濃密な25分を過ごせました。時間が経つのが惜しいほど。
見終わって、あーこれたった25分だったのか……と(笑)、45分くらい見てる感覚だったw
そんでそんで、EDのクレジット見て狂喜乱舞!
ワタシの大ひいきのアニメーターさん、馬越嘉彦さんが参加してらしてた!!!w
うわーーどこを描いてらしたんだ馬越さん……!確かに今回めちゃめちゃキャラ絵綺麗で
自分好みの惹かれる作画だなあと感心していたけども。分かったうえでもう1度見たい……。
そんで演出が東映アニメの重鎮、山内重保さんでした!星矢オメガでも何度か名前書いたよね!w
髪の毛のなびかせ方が東映アニメっぽいなと思ったカットがあったんですよね(笑)
動きの見せ方もパースの使い方も今回ものすごく惹かれるものがあって、
嬉しいなあいいアニメ作ってるなあと見ながら感心していたんですが……
ここに自分好みのスタッフさんが加わってらしたのなら当然ですよね、的な(笑)わはは。

ああーードリフターズ本当に良いわ。嬉しい。有難い。
これほど見入るようなステキアニメ作品にしてもらえて、それを見させてもらえて、
本当に今年は恵まれてます。シアワセです。
ああ、ドリフ、かなうことならば1話単位で購入させていただきたいくらい……(笑)
(そろそろ土方さんが出てくる頃かな!土方さんが出張る話は絶対買わせていただきますよ!w)

そんな感じで、すげー語らせてもらいました(満面の笑み)。
好きアニメをたっぷり語れるのは本当に嬉しいことです(*´Д`)
他作品もまとめて語りたいけどまた別エントリーで!w
ではでは!
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-11-19 00:10 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/23626114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 32話33話 31話 >>