32話33話


鉄血のオルフェンズ32、33(#7、8)話視聴。2話まとめて。

地球支部での騒動終結編でした。アストンが……(;_:)
モッサモッサにそそのかされていると知らないまま
タカキとアストンが襲ったのはギャラルホルンのマッキー准将。
あのMSを倒せば帰れる、と上手いこと乗せられたけども
敵MSの正体や情報を与えられてないのが丸わかりで、
情報って大事だなあと……。マッキーは鉄華団を相手にしてると分かってたのだけど。
あわやマッキーがタカキたちに押され、マッキーの一撃がアストンを。
そこへ間に合ったミカや昭宏たち火星本部の面々ですが時すでに遅し、
アストンは絶命。タカキの絶叫を通信ごしに聞くミカの顔。
ああ、2度目に視聴した時やっと気づきましたけど、これビスケットが亡くなった場面に
ソックリですね。オルガの絶叫とタカキのそれ。
仲間が死んで2度目に聞く仲間の絶叫。ミカは何を思うのか。

ラディーチェさんは結局自分の保身に終始してましたが
手を組んだモッサモッサの方がうわてだった様子。そして鉄華団なりの粛清に。
つーかですね、ラディーチェさんも身の回りの整頓具合が甘い(苦笑)
そしてもともとこの人は木星のテイワズから出向してきた人だったんだから
テイワズにも断りを入れないといけないでしょうにタカキがけじめをつけるとかで銃声3発。
(どうでもいいがこんな奴に話聞く必要あんの?とか凄むミカ、がち怖かったっす;さすが……)
いくら事務方まわりは他人に一任してたとか反省してもですね団長……問題じゃないかちら(苦笑)

モッサモッサの始末はアストンの親代わりだった昭宏が。
32話のサブタイ「友よ」はタカキ&アストンのコンビの別れと
実はモッサモッサとアリアンロッドのラスタル司令との影の友情コンビの意味合いも
あったんですよね。ダブルミーニング。そういう工夫があるところも好きです。
この話はMS戦のシーンも多くて戦闘の作画も乱れずによかったので満足です。
(そしてミカがハッシュくんを蹴飛ばして助けたところで「チッ……邪魔。」
ってほざくところがすっげー萌えでした(笑)銃を渡す時に手先でくるくるっと回すとこもw)
あっ萌えといえばマッキー准将がさらっとチョコを取り出したとこも
何気に萌えでした!wまたチョコなの?それいつも持ってるの?溶けちゃわないの??ww

マッキーといえば戦闘中にぼそっと「ヘビが見ている」とかなんとか言ってた気がするんですが
33話冒頭でセブンスターズ会議(笑)にちらっと映っていたボードウィン家(ガエリオん家)の
家紋?が蛇だったんですよね~。やっぱマッキー知ってるのかなガエさんの生死……。
(それは1期ラストで手加減したということに)
それから2期に入ってからちょいちょい「アグニカ・カイエル」とか「バエル」とか
聞き慣れん単語がマッキーのくちから出てくるようになって、
どうやらギャラルホルンの創設や伝説?に関わるような名詞らしいんだけども
その辺も謎というか伏線を張ってきてるようで気になります~。

結局地球でのいざこざが原因で鉄華団は地球から撤退することに。あらら。
(明示されてはいないけど、アーブラウの軍事顧問を降りることにしたか、
もしくはその顧問の役割を果たせなかったor被害甚大だったから、という
表向きの理由づけをしたような気がします)
クーさんも地球に残らないかとマカナイ氏から後継者の指名を受けそうに……と
状況がまたガラリと変わりはじめた鉄華団ですが
一番の変化は「火星の王」ですね、ねーマッキー准将(爆)
いきなり何を言いだすかと思えば……(汗)
マッキーの野望(※ギャラルホルンのトップ)に協力してもらえれば
その見返りとして火星の統治権を鉄華団に譲ろう、ときた。火星を支配できると。
ほんとね、これオルガ本人の言うとおり「ウマイ話」ですよ。鉄華団にしてみればオイシすぎる。
しかしだねー、「ウマイ話には裏がある」とよく言いますでしょう(苦笑)
あまりにオイシすぎて疑いたくなる内容だと思いません団長?(;・∀・)
それでもオルガはこれに乗ろうと思っている。最終目標は火星だと。
えーーーいいのかなこれ……。と、いち視聴者は思います(苦笑)
それこそ、クーさんが言うように「いろんなものを見て知識を深めたうえで判断」した方がいい
案件なのではないかと(汗)その点が鉄華団の圧倒的に”足りない””あやうい”
ところなんじゃないかなって……。オバチャンは思いますよええ(汗)
(細かいことですがクーさんの語り口調がなんだかアニメ星矢の沙織さんに似てきた気がして、
オールドファンとしてはなんだか懐かしいような、なんだか遠い目です……(一ω一))

そこでタカキが鉄華団から脱落。要するに鉄華団以外の”タカキの幸せ”を見つけたってこと
ですよね。そこんところ、実はミカはよく分かってないようで。言語化できない違和感?が
あった様子。「オルガは分かる?」ってその聞き方ほんとあの、……萌え(笑)
いやー萌えといえばエナジーバーを取り出したその手からすかさず取り上げて
何も言わないのに袋を開けてあげるオルガさんが最っっ高に奥さますぎて
ちょーー萌えましたwww手ぇ叩いて爆笑してもーたわwwどんだけ夫婦やねんwwww
オルガはオルガでミカに見せたい「ここじゃないどこか」がまだ遠いね、ふーんとか
言われてガックリ落ち込んでるし(苦笑)もうね、なんだろねこの夫婦はね(爆笑)
ああ、失礼(笑)、なんというかオルガとミカ、会話になってないし(笑)、でもこのやりとりで
通じ合ってるんだなというのも分かるし、ほんとう……萌えです(爆笑)うひひひ。
(またどうでもいいけど33話でのオルガの前髪がやけにぴこんぴこん跳ねててツボりましたw)

ああ、チャドが生きてて良かった!「キレイに」なって戻ってこれて良かったよおおv
あとラフタちゃんもどうやらばっちり昭宏へフラグ立ったようだし(笑)、
このへんも後々の展開に織り込まれてくるでしょうか。楽しみですv
といったところでまとめての感想でした!次回ヴィダールさん立つらしいよ!w
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-11-26 22:08 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/23652985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 復刻版 秋の幸せなあにめ >>