丸37話


真田丸37話視聴。信之。簡易版。

ずいぶん更新に間があいてしまいました。すいません。
短くいきます。

関ヶ原が終わっても上田でちまちま戦闘を続けていた昌幸パパでしたが
やはり大勢の流れには勝てず。徳川方へ降伏を申し入れます。
開城受け渡しの使者があのスルメ好きの平野長泰、たしかに人生とはわからないものです。
(沙汰を読み上げる三十郎、感情が垣間見えてすごく良かった~)

犬伏での3人の誓いを守るべく、大阪へ直訴に向かう信幸にーちゃん、
舅どの、本多忠勝の決死の説得の後押しもあって、なんとかパパと信繁の命は保障してもらえることに。
ただ、信幸にーちゃんの「幸」の字が昌幸パパの名前からとったということがあり
「捨てよ。」と家康。
まさに苦渋、といった表情で請けるにーちゃんの姿、良かったですねえ。
大泉洋さんはほんとうにいい役者さんなんだなあとしみじみしました^^
今後は信幸あらため「信之」。「わしの意地じゃ。」いい台詞でした。

結局昌幸親子は高野山、九度山村へ流罪。蟄居謹慎ということになりました。
茂誠義兄さん(高木さんの黒ひげが画面のどこに居ても目立つぅ)は信幸にーちゃんの配下に、など
それぞれの身の振り方も決まり、ましゃすけならぬ出浦さまとの別れも済ませた。
病床にあっても家康の寝首をかく算段を考ずるましゃすけ……つらい(;_:)
城を出立する際の、雪降るなか城下一同で頭を下げて見送るシーンが印象的でした。

パパと信繁は高野山の前に大阪城へ向かい、大阪での関係者たちとお別れなどを。
ここで関ヶ原のその後などをかいつまんで聞く信繁の姿が我々にも共感できて面白かったですね。
いきさつを後で聞く、という感じが新鮮。
小早川秀秋が幻想のなかおびえまくるシーン、のちの大坂の陣で活躍する武将たちが出てきてて
こんなキャラ像なのかしらんと思ったわwうふふ。
大谷刑部の最期のシーンはまたちょっと萌えというか(笑)、「治部、楽しかったぞ」という台詞に
ふおおおおとなったのはワタシだけではあるまいw(何度も唱えたい、新選組!!転生説(笑))
余談ですが刑部どのの愛之助さんは関ヶ原での合戦を心待ちにしていたのに
気が付いたら切腹シーンのみで、すごく寂しかったとぼやいておられたとの由……お察しします(苦笑)
(そして切腹介錯をつとめた武将の人は実際の愛之助さんのお弟子さんなんだとか)
石田治部の最期は……なんというかワタシほんとすいません、新選組を思い出しました(爆)たは。

戦で傷つく女性たちの姿を見せることで、やはり戦はつらいものだと思い起こさせる。胸に迫りました。

次回からは九度山編!しかし残り話数はわずかだぞ!w
そんなかんじで。






[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-04-20 22:31 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/24108137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 新緑まぶしく ことしの桜 >>