「エンジン」1話

はい、来ました~「エンジン」1話。
目当ては堺雅人氏と2才の子役ちゃんとフォーミュラカーという
偏った視聴者のおいらがまずは見てみたですよ(笑)

1話の感触としてはまあいいんじゃない?っていうところですねえ。
フォーミュラカーのシーンは素直にカッコイイって思えたし
堺氏もウケどころがあったし(笑)←予告で見た手のひらをかざしてる場面が…(爆笑)
これって要素が多すぎて、何を期待して見るかによって
評価が定まらないんじゃないかなあ(苦笑)手を出しすぎかも。

堺氏目当てだとちょこっとしか出ないし
子ども目当てだとそれなりに見られるだろうけどムカつくヒトはムカつくだろうし
フォーミュラカー目当てだと触れられない時はまったく触れられないだろうし
小雪女史目当てだと…とか児童教育目線だと…とか、
ま~様々な切り口があるみたいですね。だから評価分かれると思う。
そういうおいらはそのまとまりない要素をどうやってまとめていくか、の
手腕を楽しみに(=風呂敷がたためるかほくそ笑みつつ(鬼))
視聴していこうかと腕組んで見守ってく姿勢です。エラソウですまん。





堺氏に関しては「いただきま~す♪」のほんわかした笑みと
「2才で~す。」のご紹介シーンでかなりめろりんでした(笑)
あと例の手をかざすシーン!\(^0^)ノヒャッホウ
これから彼のこと元ちゃんって呼ぼうと思います(爆笑)
フォーミュラカーの場面は、見る人が見たら分かる程度の虚構や設定はあったけど
(オーストラリアといいつつマレーシアが映ってるとか
テストドライバーにファーストやセカンドの序列がある厳格なチームなんだなあとか)、
まあそういう「雰囲気」を感じるだけなら良い場面になってたと思います。
協力ドライバーとして中嶋一貴氏がクレジットされてたのも嬉しい要素☆(^0^)
けっこうレースシーンにはチカラ入れてるようですね。
これまでのカーレースモノの中ではイチバン丁寧なんじゃ。
(その分?あちこちにスポンサーのご威光が見え隠れ…(笑))
フォーミュラーカーの場面が多いと嬉しいけど
児童施設の方の比重が多くなりそうだなあ…(苦笑)
それはそれでいいけど←堺氏が出れば良(笑)

今後の展開を素直に楽しみにしてみようと思います。
どうも、見ていくうちにおいらはカタルシスを期待しているということが判ったので
(子どもがココロを開いていくか、とか神崎の将来は、とか)
最終話までは多分…見るでしょう(苦笑)
何がしかのカタルシス希望。人死には無しで(笑)
(←大丈夫、脚本の井上由美子女史は大河時宗で
実は生きていたパターンをした人だからきっと平気さ!(爆笑))

…え、キムラさん?ええ~と、コメントは控えさせてもらいます(爆)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2005-04-18 23:04 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/242921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< アニジパとかツバサとか えふわん話 >>