アニジパとかツバサとか

立て続けにアニメ見たので感想をば。




この春の期待作そにょ壱~「英国恋物語エマ」。(旧字体はめんどいのでパス(爆))

今回は3話。2話から見たのだが、音響、文化考証、作画、演出、どれも
ネ申レベルだったのですごく好感触。で、今回も期待してたら
ゾウとかドタバタでややトーンダウン(苦笑)
まあでも、インド人のご学友ハキム氏はなかなかイイカンジ(笑)だし
エマさんも目はクチほどに物をいう、というべき愛らしさだし(v)
チビちゃんもオドオドしてかわいかったし、
何よりインド人の取り巻きのおねーさん's 4人がすごくきれーでうっとりv(笑)
だったので良し!(爆笑)
どさくさに紛れてイカサマをするトランプのじーさんも良かった(^-^)
19世紀イギリスの空気感を丁寧に描いている「小公女セーラ」以来の
稀有な作品なんで、しばらくは毎週視聴決定☆

期待作そにょ弐~「ツバサ・クロニクル」。
これも1話は見られてないので2話からだけど
あ~………これは期待外れ(汗)
見るべきところは梶浦由記さんの音楽だけ、というやっつけ作品(滝汗)
OPや本編も入れるべきリキが入ってなくて惰性すら感じられる印象だし
2話は作画が落ちるのが定石とはいえ1話のバンクの方が見られる出来だったし
声優陣もちょっと…キャライメージがまだつかめていない印象(-_-;)
例のごとくにCLAMPの手が入ってるわけじゃないのかな~
この出来じゃ満足されてないと思うのだけど(苦笑)どうなんでしょう(^-^;)
これはいちおうお付き合いで見てみようかなと。多彩なキャラ目当て。

次回最終回~アニメ「ジパング」。
アニメオリジナルの要素が光ってましたな!
柳一曹かわいかったよ柳!(爆笑)「心臓バクバクっす~!」分かる分かる!(笑)
コーヒーお出しする時もほのかに頬が染まってたしねv(爆笑)
そしてそんなバクバクな柳を微笑ましく見つめる尾栗んのまなざしに萌え(笑)
今回、柳のキャラ掘り下げに大成功かと(笑)
あと、米内のおじいちゃん大好きですv(*^0^*)
主張もおいらの意見に近いので共感するし。(=終戦までじっとしてろ)
しゃべり方もキツくなくてすごくあったかいし~v
演じる佐々木敏さんという方、洋画畑だそうで地に足ついた演技と
シブイお声がおステキです~v(*^-^*)愛しいvv
菊池も角松っちゃんとさり気にコンタクトとってツーカーだし
(この人はアニメだと戦闘に目覚めたところまでで終っちゃうんだなあ)
やっと出た草加も密かに津田っちを陥落させようとしてるし(笑)、
角松は夜空に草加を描いてるし(爆笑)
見所多くておもろかった~v脚本が良かったと思う♪もちろん音楽も☆
あ~次回で最終回か~もったいないなあ~。第2シリーズ希望(^0^)!

…思ったけど、何を期待して見るか、で作品に対する見方や評価は
ガラリと変わってしまうんだなあ。中間視点でものを見ることは難しいのかなァ。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2005-04-18 23:46 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/243589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< かく語りき 「エンジン」1話 >>