丸40話


真田丸40話視聴。幸村。簡易版。

いやー、やっと40話です。ターニングポイントとなる話でした。
前回の引きで登場した怪しげな?男、オフロスキーこと明石全登(てるずみ)。
ちょっと記憶から薄れかかっていましたが(笑)、宇喜多さんとこの家臣でしたね。
お呼びですか、って出てきた明石さんです。史実のこの方を知らなかったので
ここからメインどころに躍り出てくるとは思っていませんでしたw

で、大阪の現状を聞かされる信繁。なんと片桐且元さま自らいらして説明してくれました。
あー……後世の者には、片桐さまって優柔不断というか、胃が痛そうな立場のお人だなあ、て
感じで捉えられていそうな人なのですが(苦笑)、この作品の片桐さまはまた、
やることなすこと全て裏目に出ちゃうタイプのお人に描かれてていて……(苦笑)
(演じる小林隆さんの風情もまた、そんな感じなのですわ)
あ~、つらいけどそういう人いるよね、って侘しい気持ちにさせる人物になっております^^:
まあ、とりあえず史実とおり寺に納める梵鐘にきざんだ漢文に徳川が難癖をつけ、
それに加えて片桐さまがあちこち翻弄された結果、徳川に翻意ありとみなされて
大阪が攻撃される流れに……。その大阪を、豊臣を守るために
信繁にぜひ加わってほしいと。そういう流れでした。
個人的な心情として大蔵卿局がキライやったんねん、って人間らしい理由も入ってるのが良かったよねw

信繁、九度山での暮らしも長くなって貧しいながら地に足つけて過ごしているし家族もうまくいってるし、と
最初から清々しく断っていたのですが、
きりちゃんがね。すっかりオバちゃんぽくなったきりちゃんが(笑)、
信繁の心のうちを見ぬいて励ますんですね。せっかく人に請われたんだから行ってきなさい、と。
こんな小さなところで終わっていいの?って言葉、やはりオトコにとっては背筋が伸びるアツイ言葉
じゃないかなと思うんですが。どうかな。いいシーンだったと思います^^

信繁の長い回想シーン、良かったですね~。秀吉を介護していた時の鈴の音に乗せて、
これまで出会ってきた様々な方たちの様々な言葉がとりとめなく、次々とあふれてきて、
その場面のひとつひとつが、我々視聴者の脳裏にも蘇ってきて、本当に胸に迫りました。
この回想があったればこそ。史実の真田信繁を思う時、欠けてはいけないシーンだったと思います。

そして大助にクジを引かせるシーン(笑)思えば今回は4つくらいしか場面がなかったですね。
シンプルで分かりやすく、それでいて印象強い話だったなあと改めて思います。
クジ引きで決まった名前は「幸村」。村?なぜ村なの?という後世のギモンは
クジ引きという斬新なアイデアで流したミタニン脚本に拍手ww

いよいよ大阪の陣、クライマックスへ向かいます。まだまだアツイぜ!ww
そんなところで。



[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-07-08 23:25 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/24771348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ヒーローショー! アニメ感想放出 >>