カブト狩りじゃぁぁぁ!


さっそく見てきましたよ実写版映画「銀魂」!(^0^)
公開前から再現度高いキャラクター造形に興味を惹かれ、
どのくらいあの世界観が表現されてるのか、期待度満点で行ってまいりました。
以下ネタバレ感想ぅぅ!














いやー、期待値以上でした!すっごく面白かった(^0^)
序盤のクスクス笑いから徐々に笑い声を抑えられなくなり、
終盤のギャグモードにはもう場内一体感さえ感じられる大笑いに包まれて
とっても楽しく見ることができました^^ 映画館で笑って見られるのいいよね~。

再現度は本当に期待以上で、ただのコスプレを超えてたようにも感じられました。
服の質感とか大スクリーンで見るとまた現実味が伝わってきていいよねえ。
背景とかはVFX、CGてんこ盛りだったんですが合成部分にも違和感はあまり無く、
派手な爆発とかはCGお手のものって感じで、上手く使われていた印象です。
色味が多少アニメ風に寄せられてたのかな、それもあってかああアニメっぽいなという印象で
あっさり画面の世界へ入り込めた気がするのも良かったと思います^^

個人的に高杉役のどーもと剛くんがアクションしっかりこなしていたのが感慨深くてねえ……(笑)
あの人いま仙人のような表現活動してるから(笑)、ダンスのステップくらいしか
活動的にならないんじゃないかと勝手な心配をしておりましたが(笑)、
なんのなんの、終盤のおぐりしゅんとの大立ち回りではスピード感あふれる
ガチの殴り合いとかこなしていて、ほんと、心底感激しました……。
(美脚全開もタンノウさせていただきました。眼福眼福……。)
勝手に心配していた関西なまりも全くの杞憂で、低温で低音の高杉の台詞回しも
キャラのイメージ崩してなくて本当に良かった。すこーしだけ、本人の言葉遣いのニオイも感じられたかな、
キャラクターの心情に寄り添って演じられてたのではと感じられて嬉しいです。うふふ。
(そういや個人的意見として高杉役になると聞いて不安要素は関西弁だけだったのだけど、
もしかして世間様ではどーもと剛が悪役を演じるという点が特異……?珍しいと捉えられてますか……?)

さておき、他に特筆すべきはやはり、中村勘九郎さんでしょう。変態ゴリラ(笑)
肉体美を惜しげもなく晒してくださって……しかもローションまみれで全力疾走するし……
あああこの方もう歌舞伎界ではしっかりと地位も確立されててベテラン扱いなのに(クレジット下から2番目)
こんな……こんな変態ゴリラを生き生きと演って本当に大丈夫なの……(笑)
っていうくらい全力投球でした(笑)そして完全にギャグ要員(笑)出番のたびに笑いがこぼれる(笑)
ご自分から志願して(!)近藤役をもらったとは聞いてるけど……この方……いいのか(苦笑)
いや、でもほんと素晴らしい近藤さんでした。この方なくてはこの実写化は成り立たない。お見事(・∀・)

そして何より主演の小栗旬さんがすごく良かった。
ノリノリで銀さんを演じられてたのが画面から伝わってきた。
若干アニメを意識されてたような台詞回しとかあった感じだけど、
銀さんが実写でしゃべればこんな感じだろうなあって雰囲気があったように思えました。
この方が銀さん演ってくれて本当に良かったです。ベタ褒め。
個人的には橋本環奈ちゃんとか菜々緒さんとかの女性陣もがっつり体当たりで
見ててなんとも萌えでした(笑)環奈ちゃん体つきが年頃の女性っぽくてかわいい(笑)
そして菜々緒さんこのところ2.5次元役者づいてるけどそっち方面の演技開拓されている印象で
とても好み……。マンガから抜け出してきたような役者さんって感じ。おみ足色っぽい。素敵。

そうそう肝心の内容は(笑)、オープニングに原作のファーストシーンを持ってきて、
キャラ紹介も兼ねてカブト狩りじゃぁぁの話へ(よりにもよって(笑))、(オチが弱かったかな~)
そこから台詞で繋げて紅桜編にもっていった感じでしたね。人気のあるエピソードだし無問題だと思いました^^
ただ、やはりこの映画1本で特徴的なキャラクターの個性をつかみきる、というのは難しい印象で、
銀さんがどうしてそこまで周りの人たちに信頼されてるのか、近藤さんのストーカーぶりがどこまで酷いのか、
前半ギャグで登場した沖田土方が意外に後半シリアスでキャラ造形ブレてる印象だったりとか、
やはり人物への感情移入がやや難しく、そこは単発ものの厳しさを感じたような気もします……。
まあ、原作やアニメ知ってる前提で作られる作品なわけだし、そこは大目に見てねってところでしょうか~。
(エラソウでいつもすいません)

とにもかくにも見どころは全部!割とシリアス寄りのシーンが多かったので(ギャグ:シリアス=4:6って印象)、
もっとギャグものを期待していたところはあるのですが
派手なのに案外CGがあまり絡んでないアクションシーンとか
唐突な展開のなかにキャラの心理描写を挟み込んでくる流れとか
実は着物や街並みががっつり時代劇だったりする風景描写とか(笑)、見どころはたくさんありますので
原作あんまり知らないやーって人でも役者さん目当てに見に行っても大丈夫かと思います!
(※勘九郎さんFANの人にだけは注意喚起しておく……。)
丁寧なマンガ実写化作品が見たくなったら是非!
そして共に土方さんの喫煙シーンの多さにハラハラしよう!(笑)
合言葉は「カブト狩りじゃぁぁぁっ!!!」www





[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-07-25 22:35 | 映画話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/25056730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今月は更新多め ざっとかんそう >>