夏の特撮えいが!


おこんばんわです伊山デス。
この夏の注目映画、「キュウレンジャー/エグゼイド」の2本立て作品を
見に行ってきましたよ!正式タイトル長いので省略させてもらいます(苦笑)
以下ネタバレ感想^^



まず目当てのキュウレンジャーですが(笑)、
これは30分で60分くらいの内容を凝縮したようなギュギュっとテンポの良い、
密度の高い濃密な作品になってました!
もういきなりクライマックスから始まる感じ。そして敵側も内情をあっさりバラす(笑)
伏線とか仕掛けてられないほど時間が惜しい!ってくらいに進みます(笑)
その分見応えあるシーン続出で、見どころたっぷり。
それでいてキャラの動き、アクションシーン、ストーリー展開、どれも
全然手を抜いていなくてぐぐっと視聴者を引き込むように盛り上げていくので
ほんと、非の打ちどころなかったです(笑)

個人的にはスパーダの帽子がTVシリーズと違っていたところと((笑)、どこ見とる)
ガルちゃんのアクションが相変わらずキレッキレなところと、(いきなりバイクに変身してワロタw)
ナーガが意外と感情ゆたかになってきてるとこと、
何の脈絡もなくあらわれた宇宙格闘場で戦うチャンプよりも
周りで騒いでいる一般視聴者のエキストラさんたちの方が気になって集中できなかったこと(笑)、
劇場版限定?の宇宙規模にデカイロボットが現れたとこ(地球がキュータマ=チキュータマだ!www)と、
まあなんやかんやでそんなところが面白かったです(^0^)
何しろみんな元気で個性的なキャラが12人?も揃ってるので
画面のどこを注目して見たらいいかいつも迷うくらいこまごまと演技が細かくて楽しいのが嬉しいv
あっ、TVではやれないレベルのド派手なナパーム弾で爆発バンバンやっちゃうとこと、
ヘルメット無しで素顔スーツで並んで歩くシーンが最高にかっちょヨカッタですvvv
ワタシああいうの好きだわあ~。(でも劇場でそのシーンやっちゃうってことはTVシリーズではやらないのかなあ)

キュウレンジャーはそんな感じで盛り上がってワーっという間に1本終わりました。
密度は濃ゆかったけど正直尺が物足りなかったので、年末?正月?の映画はぜひメインで1本!^^
(今作はコラボとかキャスト登壇のイベントとかやたら多くて、
ほんとスタッフさんたちスケジュールどうなってんのとは思うけども……映画期待してます)

そのあとエグゼイドが60分1本。「トゥルー・エンディング」とサブタイの通り、
TVシリーズとは異なるエンディング、真のエンディングをこの映画で先行公開!となっていて
どんな内容になってるのか気になっていました。
といっても、ワタシ実はエグゼイドほとんどまともに見たことがなくて(苦笑)、
ネット上でちらちら見えるキャラ名と大まかな舞台設定くらいしか知らなかったんだけど、
それでも全然、まったく違和感なく1つのお話しとして見られたのですごく良かったです。

お話としては難病の女の子を巡って両極端なやり方で幸せにする方法を目指す、
医師側ライダーたちとそうでない立場のライダーとで派手に立ち回るって感じの内容でした。
よく分からないながらも、派手ないでたちのライダー(笑)が何人も出てきて、
それぞれ大がかりな必殺技とか変身とか見せてくれると
それだけでもテンション上がるってもんで(笑)、戦闘シーンとが原色のCGバリバリなんですけど
あっこれはこういうものなんだ、と受け止めて見てしまえば全然かっこよくて(笑)
むしろオイシイとこ取りな印象で素直に楽しめました^^

ゲストキャラがケミストリーの堂珍さんで、最近役者さんとしても活動されておられるんですね。
キャスト見るまでかっこいい美形の俳優さんだなーとかぼんやり見ていた(笑)
この人が変身するニンジャタイプのライダーがめっちゃかっこよかったですw
白いふわふわの歌舞伎みたいな毛が垂れてるのが好みだった(笑)(JACさんがんばってた~)
あと、ピンチのシーンの間ずっと、どしゃ降りの大雨になってて、
メインの役者さんたちひたすら濡れっぱなしで(苦笑)、
確かに水も滴るいい男揃いだったんだけどさすがにかわいそうになってくる感じで(苦笑)、
撮影のあとちゃんとあったかいシャワー浴びれたのかしら……っていらぬ心配をしてしまいました(笑)
いやー、あれは風邪ひく。役者さん体大事に。

メインのクライマックスシーンはほぼまるまるCG撮影で、
これもCG班大変だったろうなと……(苦笑)ゲーム画面を意識したパキパキの原色使いCGだから
これを何分も製作するのは大変そうでした……あと実写を合わせる撮影も難しそうだったな(苦笑)
エグゼイドの方もアクションシーン全部迫力あって見応え満点、
気が抜けるところがなく集中して見られたのも満足度高いです^^
ストーリーも、子どもの笑顔は大人が守るのが義務でしょう、という主張が胸にぐっとくる感じで、
たとえ子どもが難病でつらい生になるとしても、笑顔で満たしてあげたい、生きてさえいれば希望はある、
という「命を扱う医者」という珍しい立場のライダーだからこその展開になっていたのが
丁寧なお話だなあという印象を強く受けてすごく良いドラマになっていたと思いました。
大きくハズれることもない、見やすい印象のドラマだったような気がします。

真のエンディングを見てしまったのでTVシリーズでのエンディングが気になってきたぞ……(笑)
今月中に終了とのことだし、見てみようかな。次のライダーもちらりと出てきて楽しみだぞ。

そんな感じで、良い特撮映画2本立てを見させてもらいました!楽しかったです!(^0^)
(3歳息子も長い時間ながら前のめりになって、食い入るように見つめる姿もあって
楽しめた様子でした。このくらいの年になると劇場出た後にライダーのモノマネとかしたがるんだな……(笑))

そうだ、関係ないですが映画のあと立ち寄ったおもちゃ屋さんで
キュウレンジャーのぬいぐるみ(※作品内でスティンガー手作りという設定の!)が売られてたのを発見!
したんですが、1体1500円という暴利……(爆)2つも買えば3000円じゃないか……ひどい……(苦笑)
(ガルちゃんとスパーダがほしかったけど泣く泣くあきらめました^^; トホホ)




[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-08-10 22:41 | 映画話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/25259974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< おみまい 夏まっさかり >>