おんな城主


おこんばんわです伊山どす。いかがお過ごしでっか。

そういえばワタシ今年の大河ドラマ「おんな城主直虎」について
ほとんど語っていませんでしたね。いや、語るの義務じゃないけども(笑)
いちおう、初回から毎回、ほぼリアルタイムで視聴しています(笑)
前回の真田丸からの視聴体制が継続してたんですが
だんだんと物語自体に関心をひかれていきまして、
夏に入ったころから前のめりに視聴するようになっております。面白いんだよ~^^

最初はどんなもんかと様子見だったんですけど
タイトル通りのおんな城主が誕生したのが12話、って言う大胆な構成に目を覚まされました(笑)
すごいよね、タイトル出てくるまで1クールかけちゃったんだよ(笑)
回が進むにつれて直虎ちゃんが勉強して視野が広がって成長していってるのも見て分かるし、
周りのキャラも物語に都合がよい登場人物、ではない、ところが見てとれるのですごく良いと思います。
個人的には、セリフで説明するだけじゃなくて「画面をちゃんと見ている視聴者」にだけ伝わるような、
目線とかしぐさとか、声のトーンとかで"あ、この動作にはウラがあるな"と思わせるような
演技、演出を重ねているのにもとても好感がもてます。
「ながら見」の視聴者には評判わるいかもしれないけど(笑)、
ちゃんとついてきている視聴者には人物のウラのうらまで読み込みたくなる魅力がありますね~。

主演に柴咲コウさん、やはり美人さんですね~。鼻筋がすっと通ってるし目もすごく綺麗。見とれます。
ただ美人さんなだけじゃなくて、気負わず演じておられるというか、
大河の主演ってやはりどこか肩肘張らないとやってけないところがあるんじゃないかと邪推するんですが、
少なくとも画面を見ていて感じるところはそんな気負いは伝わってこなくて、
自然体で受け入れ受け止めているような感じがして、大河座長という肩書では無いな~と
感じさせられます。この言い回しへんかなあ……。

先日はネットで話題になったんですが、家臣の小野政次が処刑される話、
ものすごかったですわ~。まっとうな展開にするなら小野の磔を尼僧である直虎が見つめて
せめてねぎらいの言葉をかける、というような雰囲気のシーンが、
突如直虎が槍を奪って自ら、自分の手で小野の体を突きさす!という衝撃的なシーンになってました。
いやービックリしたわあ……。小野とは表面上、敵対関係ということになっていたので、
裏事情を知らない敵対勢力の者の前で優しいねぎらいの言葉をかけることは出来なかった、ということは
分かるんですよ、いやでもしかしそこで直虎自ら突き刺すとはね(汗)いやー苛烈だった。
その後の展開も直虎がしこたま落ち込んで心に傷を負った描写がやけに迫真だったり
そうかと思ったら井伊家の殿を止めて市井のものとして はぐれ者と結婚しちゃったり(爆)
こうして書いてるとトンデモドラマかと思われそうですけど(苦笑)、
毎回ハラハラドキドキの展開になっていて、もう45分間があっという間なんです(笑)
最後のシーンで「つづく。」と出た瞬間、「ええ~~!来週どうなっちゃうの~!」って叫ぶほど(笑)
毎回見ハマっています(笑)ほんと面白い。

感想を書くほどまとめられなくて(割と情動のままに視聴しているスタンス(笑))
ブログではスルーしてましたが、今年の大河も面白いです^^
2年連続面白い大河に当たって有り難いです(笑)
直虎お付きの家臣のみんなが、なぜかわんこに見えてくるところも楽しい(笑)

そんなこんなですが!最終回まで楽しませてもらうつもりでーす^^



[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-09-21 23:18 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/25681401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 新・地図 丸42話 >>