丸43話


真田丸43話視聴。軍議。簡易版。

前回息子2人を初陣に大阪へ送り出したと思った信之にーちゃんですが
信繁(幸村)がいると聞いて、息子と弟を戦わせたくないと姉上を大阪へ密使として送ることに。
正直この姉上が無事に努められるかハラハラしましたが……(苦笑)なんとか。
しかし信之にーちゃん、息子2人を心配するより、弟・幸村の邪魔をしたくないから、と
いうところを心配しているあたり、どんだけ絆が深いんやこの兄弟……と思いました。
たった3人のきょうだいである姉上を頼むあたりも、信之にーちゃんの思いですよねえ。

幸村に寄り添う茶々こと淀殿ですが、わたくしが愛した人、の中に
幼少で切られた「兄上」が入っていたのには地味に感心しました。あまりとりあげられない存在なので……。
そこをひろってくるあたり、さすがミタニン脚本丁寧ですな。
あやしい雰囲気になりかけたところで今後の展望を話し合う軍議について転換。
この軍議がまたクセモノ?でなあ(笑)籠城か、そうでないかで揉めるモメる(苦笑)
というか、まあ大阪城を牛耳る大蔵卿局が思い通りにさせたいと裏でいろいろ手を回していたため
だったのですが(この憎たらしい役どころがまたほんに小憎たらしくて……(笑))
勝ちたい、勝たねば、という各武将の思いをまとめていく幸村の聞き取りが効果的でした。
たしか軍議で橋をおとす、うんぬんと説明していた戦略は、たしか
昌幸パパが臨終前に授けた必勝の策だったはず……。ここにもってくるとは(涙)
しかし、大前提にしている「家康の首を落とす」のがまず成功しないかぎり上手くいかない作戦でしてな、これ……。
後世の我々から見たら、実はけっこうヌケのある作戦だと思えるのですが……どうかな(苦笑)

明石全登(と書いてオフロスキーと読む)が長台詞を言うあたり萌えもえしました……(笑)
目がぱちくりしてかわええんだ小林さん(笑)うふふw
オフロスキーを連想させるピンクのお衣装も似合ってますvv(メロメロ)

籠城作戦優勢だった軍議の意見が、休憩をはさんで徐々に主戦にひっくり返っていく流れは
密室劇&人物作劇に定評のある三谷さんお手の物、という感じでした。お見事でした^^
しかしよもやの淀殿にひっくり返される顛末(爆)そうか、こういう事態から後世に淀殿が黒幕と
言われてしまうようになったのだな、と思わせる素晴らしい流れでした(苦笑)
せっかくうまくまとまったのに残念、と視聴者の気持ちも持っていける良作の回だったと思いました。
(台詞の合間あいまに細かく入る秀頼のカットが秀逸でした)

次回はついに登場真田丸!どうなるどうなるw
というところで。




[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-10-17 23:19 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/25921325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 丸44話 アニメ感想放出 >>