丸44話


真田丸44話視聴。築城。簡易版。

のっけからOPがないことにビックリwこれは伝説の回になりましたね。

結局もめたあと籠城策をとることになり、それならそれで、と勝つための策をひねった幸村。
大阪城の南側は平地で手薄となりがちであることから、
おびき出すために大きな出城(砦)を築くことになりました。
戦略を相談するながれ、視聴者にも分かりやすく説明されてましたね。引き込まれました。
(関連番組で知ったんですが、大阪城は東西湿地帯、北に河をそなえた台地のふちに建っているそうで、
画面に映される地図もその通りに描かれていて、知識があるとあ~なるほどと
真に迫る印象がありました。素晴らしい。)

しかしいくら献策しても大蔵卿局と有楽斎がああだこうだ難癖つけて文句いってくる理不尽な状況(苦笑)
こういう上司とか親戚とかたまにいますよね(汗)おお嫌だ^^;
それでも隙をついて出城だけはなんとか作りはじめる幸村。
けれどもそこがまた裏目に出て、裏切り行為じゃとかなんとか言われちゃうんだよね;
ん~なんかこういう状況や性格の人物の動き方が、ほんと絶妙です。むむむ。

信之にーちゃんの伝言を、記憶喪失のころの踊り子組の縁で乗り切ったお松姉さん。
あー、言い間違えるんじゃないかと思ってハラハラしました(笑)
そしてその頃、信之にーちゃんはこっそり京都のお通さんを江戸へ呼んでいた……
片眉があがる稲さん。ナイス表情ww

秀頼公からじきじきの出城建築の許可がでて、がぜん勢いづく幸村。
まあミサ始めたり(オフロスキーv)、名刺渡しまくったり、目標は各々さまざまな寄せ集め軍なれど(苦笑)、
見ている場所は同じ、豊臣軍が勝つ、こと。これはイケるんでないかい?w
赤うるし3度塗りの赤備えも仕上がって、首尾は上々!
ついに大阪城の南方に完成したは、真田の旗印きらめく巨大な出城。
幸村「ようやく城持ちになったぞ」
内記「で、城の名は?」
幸村「決まっておるだろう、『真田丸』よ!」
そして流れるOPタイトル曲!最高!サイコウ!最of高!!ww
いやー記憶に残る名シーンでございました^^

とても勝てそうな豊臣軍です(笑)わくわく(笑)
そんなかんじで!




[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-10-20 22:05 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/25947317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 丸45話 丸43話 >>