全26話…?

Gyaoで配信中のアニメ「幕末機関説いろはにほへと」
現在配信されている20,21話がなかなか面白いです。

ネタバレですが




ストーンウォール号を降伏の旗印にしていくなんて
ちょっと唸ったなあ~。そうきたか、と。
「燃えよ剣」みたいな派手なアボルタージュ決戦を
見せてくれるのかとおもいきや、
最初はなごやかな会談風で。やや拍子抜け。
でも直後のどんでん返し?で史実の流れにもっていったので
はは~なるほどそうやってみせるやり方もあるか~、と
ふむふむ感心しました。黒田了介も重要な立ち回りでしたね。

立ち回りといえば艦の上で激昂した土方さんがすらりと刀を抜いて
黒田と合い交える場面が、足裁きとか動きとかがすごーく滑らかで
思わず一時停止して見返してしまったほどです(笑)
いやー作画は本当に丁寧だし砲弾の粉塵の立ち方とか波しぶきとか
すげー細かいところまでリアルに感じられるように描いてあって、
ほんと見ててしみじみします。投げ捨てられた銃身がくるくるっと回るとことか。

なんか人物や本筋見てるより土方さんとか松前城攻略とか
内容的には横軸と捉えられる部分が面白くて仕方ないです(笑)
つか、なにより
土 方 さ ん が カ ッ コ イ イ

これに尽きます(笑)

残り5話?今からでも遅くないですよ~見てないヒト見てみましょう~ww
[PR]
by katuhiro-iyama | 2007-03-02 21:16 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/4872601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< もーたいへん あらためて >>