モエモエです

ジパングなんだけども、原作9巻くらいまで読んで正直な感想。
「20ページに1回は萌える」(爆笑)
なんで真面目?な戦闘マンガに
ここまで萌え魂を刺激されないかんのですか(爆笑)
あまりに登場人物が不可思議発言ばかりされてて
おいらは読み進めるたびに悶絶昏倒(爆)
もう登場人物の奔放な言動に登場人物だけでなく
読者が振り回されまくりの素敵マンガだと認識したです(笑)
草加も角松もなに考えてんだかさっぱりわからん…
これぞかわぐち御大マジック!?(爆)

あとアニメジパングも今クライマックスで、
40機の戦闘機とイージス艦が全編戦闘してて、
音楽の盛り上げとキャラの細かい演技の演出が良かった!
葛藤を乗り越えるために眼鏡を外し、かけ直してヘッドフォンを取って艦長に向き直る、
この一連の動作がなめらかなフルアニメですごくきれいだった!ほれぼれしたですv
梅津艦長の組んだ手が人差し指だけ落ち着きなく動いてた細かい動きにも注目でしたんv
それにしてもこのアニメ音楽がすごく重厚で格好いい!
サントラ欲しくなる…
[PR]
by katuhiro-iyama | 2005-03-21 22:27 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/560079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< マレーシア 大騒ぎです >>