アニジパ大詰め

先週のアニジパの話してなかった。あと2話!
今回はすげー面白かった~。
冒頭の「前回までのあらすじ」を高速早送りして見せてくれたのがすごく有難かった。
おいら途中から見たもんだから。あ~こういう場面があったのかあ~、と感心したです。
内容もすげく良くて!無鉄砲を詫びる角松(当然だ(笑))
その角松を大きく包んでくれる梅津艦長(お父さ~ん)、
CICのヌシ(?)シブイ青梅さん、スリーピングビューティ菊池(爆)、見所沢山!
死者5名、と聞いた瞬間にビクッと固まった角松と柳の描写も
細かくて良かったなあ~。
あとハットンさんの小切手が無事だったのも悲愴感が
少しやわらいだ形になって良かったと思う。
(嘘をつくのもそれはそれで良い描写だとは思うけど)
あ、一番良かったのはガダルカナル島で自暴自棄だった辻が励まされた時
くもる眼鏡に朝日が反射して辻の意識が目覚めていく演出!
これはすごく解りやすくて納得いく表現だったので唸ったですよ。いいなあ~。
今回の話は脚本と演出がどれも良くて秀逸だった。嬉しいなあ。
最終回までこの脚本家さんが書くようだから、期待してていいみたいだ。
かといって古橋さんの脚本がよくなかったということでもなくて。
最終回の絵コンテが監督御自ら手がけるということで、
これも楽しみにしておりまする~。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2005-04-15 00:59 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/560267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 晒す。 マクロスプラス >>