秋の新番組


秋の新番組の季節になっております。
ちょこちょことアニメ感想。


もやしもん
 個人的にイチオシの作品。地元では2週遅れですがようやくハジマッターw
 早速みてますがこれはイイ!です(^0^)
 原作コミックの雰囲気そのまんまで進みます。これはすごい。
 このコミックけっこう独特の間合いがあるんですが…それもしっかり表現。
 すごいなあ。間合いや空気感まで再現できるようになったんだ最近のアニメは(感慨)
 そして何より、動く菌たちがかーわーいーいー!!!o(^▽^)o♪
 くるくる回ったりふよふよ漂ったりきゃわきゃわ蠢いたりしてるとこが
 ほんとーにカワイイw和むww
 OPのCGが秀逸ですね!日常風景の中に全く違和感なく溶け込んでる菌たちがイイv
 EDの曲も印象強くて、いつまでも耳に残ってしまいます(笑)
 ラストの菌劇場もコミックまんまですが、色がついて動いて声がつくだけで
 なんであんなにカワイクほんわかしてしまうのかなあ(笑)、ってくらい
 全然違和感ないです。コミックと同じでも映像の迫力が加わると魅力倍増。
 あ~本当にこれは面白いですもやしもん。
 コミックのハシラのうんちくは流石に省略されてますが、その分テンポよく、
 さくさく進みます。美術も脚本も良いです。ああ楽しいv
 (シリーズ構成こうてつさんごくしの人だった…どうしよう見方を改めないと;)

 これは蟲師以来の個人的HIT作になるかもw大プッシュしときます(*^-^*)







獣神演武
 作画や演出にハデさは少ないですが堅実にシゴトをしてる、…って
 印象です。ストーリーも意外性はあるけど大どんでん返しってほどでもない。
 まだ序盤なのもあるけど、作画が一所懸命荒川先生の絵に似せよう…と
 腐心してるような印象もあったり。もうちょっとハジけても良いかも。
 気迫と気迫がぶつかりあう表現も、画面を揺らすとかCGで陽炎に似た加工するとか
 インパクトを与える演出もあってよいかと思うんですけど。
 地に足ついたリアルな中国武術を見せたいのかもしれない。棍術とか。
 かといって気孔術みたいな設定もあるし、まだイマヒトツどこをメインに
 見せていきたいのか、ちと掴みにくい部分もあります(^-^;)
 良くいえば安心して見られる堅実作、悪く言えば地味にまとまった小品、
 そんな印象です。そういう作品がまだ今のアニメ業界で作られるのは嬉しい。
 キャラが増えてくればまた印象変わるかな~。声優は豪華ですね!

ガンダム00
 これ、自分はけっこう好きかもしれません(笑)
 見てるとWやXの時のような、この話がのちのちどうやってつながっていくんだろう?
 っていう、先の見えない不透明感がむずむずしてきて、なんだか気になる(笑)
 現時点ではキャラやメカは顔出し程度で世界観の紹介が先、ってところですが
 キャラの関係性やメカの個性などが見えてくると
 また面白くなってきそうな予感。どうだろ。
 前も書いたけど、「ガンダム」っぽい要素をしっかりとガッチリとひっそりと
 まぶしてあるのがニヤリとしつつハート摑まれてるのかもしれません(笑)
 あの、遠まわしで独特な言動をしてるにーさんが気になる~w
 それと主役の隣人の学生さんはのちのちどういう絡み方してくるんだろーか。
 あのまま本筋と無関係の傍観者キャラ…で終わる可能性もあるがww

ドラゴノーツ、という新番組もすすめられて3話を視聴してみましたが
…どっかで見たことあるような場面や設定だらけで(苦笑)、
新鮮味がうすいな、というのが正直なトコロ(^-^;)
異人、戦闘組織、恋愛要素、学園モノ要素、BL要素…オイシイと思われる要素を
だいぶ突っ込んでたので、大体の視聴者にツボる部分があるのでは。
絵柄は萌え系を外しておいてややリアル寄り。そこもまた目論みが見えるような?
ただ、毎回視聴したいか、というと自分はそうでもない…かなあ。
なんか戦闘や爆発とかのテンション高めのシーンが多い作品を
最近見てないので、ついていけなくなってる、というのはあるかも(爆)

気がつけばあとはこの他に銀魂と電王くらいしか見てないです(笑)
ワンピはオリジストーリーに入ったので一旦切ってます。そろそろ脱落か?(^-^;)
そんなかんじで。
例によってエラソウな文章でスミマセン(苦笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2007-11-04 00:05 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/6501078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< F1席取り合戦! 席とり合戦、よーいどん! >>