2017年 08月 04日 ( 1 )

とうらぶあにめ


おこんばんわです伊山どす。毎日暑いですな……。

とうらぶ、こと「活撃/刀剣乱舞」アニメ視聴してます。
5話「戦火」すごく良かったです~!見入ってしまった。
これ、毎回剣撃アクションに専用のスタッフを割いていることもあって
戦闘シーンが毎回しっかり丁寧なんですが
それに加えて刀の扱いの作画もすごく丁寧なんですよ、当然ちゃ当然なんですが。
体の向きによっては、納刀する動きもかなり難しいと思うんですが
(描きやすい角度とかあると思うんです)、
この話では手抜きせずにしっかりと描き込まれてましたし、
一瞬のカットであっても納刀の瞬間は鞘に刀を背を滑らせている動きを書き込んでいて
見ているこちらはすごく感心しました。難しいんだよねあの動き。
もちろん着物の動き、シワとか風にはためく様子とかも丁寧で書き込みもしっかりしてるんで
和風アニメーションの出来もここまで上質なものが出てきたか……、と
とても感慨深いです(涙)
(20年くらい前に時代モノ作品にハマった頃は和風モノなんてドマイナージャンルで、
アニメで良い出来の和風ものといえば「るろうに剣心」くらいで、
それでもまだまだ線も書き込み足りないし動きもリアル路線とは遠かった印象でした……。
あれを思うと隔世の感だわ……ホロリ)

加えて、今回の話は船、木造戦艦の甲板での戦いが描かれてまして、
戦艦同士のぶつかり合いとか破壊のされかたとか燃え方とか、
CGなんですけど炎の描写とか本物かと見まがうばかりのリアルな表現でして、
改めてユーフォテーブルの製作力の高さに感心したり嘆息したり、でした。
江戸の町の背景も時代劇セットのようにリアル路線だったし、
多分時代考証のお仕事なんでしょうけど勝と西郷の会談が終わる時間帯とかも
きちんと計算されての舞台設定なんだろうなあとか思われて、
なんというかとても良質な(でも刀剣の擬人化という大ウソをひとつ付いた設定の)時代劇を
見せてもらっている気持ちになりました。素晴らしい。
ちょいちょい、言葉遣いとかBGMの付け方とか、ん?って思うところはあるにはあるんですが
画面の煌びやかさ、派手さに目を奪われて些末に感じられる程度には華がある作品です(笑)
いやー、これはアニメ史に残る作品になりそう。とても良い。
見られる環境の方はぜひ1回だけでも見てみてください~ユーリオンアイスとはまた異なる方向性で
アニメーションのひとつの頂点を見た気分。

他の作品も見とかないといけないんだけど
ちょっとキンキさんがらみの録画が溜まってて(笑)、(デビュー20周年特番が続いたんだ……)
他のアニメは保留中です(苦笑)バチカンもまだだ……スイマセン;
とうらぶが面白いんで継続~最後まで裏切られないといいな(笑)
(↑まだユーフォさんの作品に慣れていないので何気に疑心暗鬼……(笑))

とりいそぎ感想まで~。
あっ、「封神演義」再アニメ化らしいですね!見られる環境だといいな~楽しみ!



[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-08-04 23:45 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)