カテゴリ:日記( 300 )

出戻り……


どもです伊山どす。おかげんいかがですか。
2月に入って思いのほか寒くなかったり、でも寒かったり、
体調をくずしやすい日々が続いていますね。ワタクシは元気でございますよ(笑)

ええと、実は先日ひさしぶりにオタクイベントへ参加いたしましてですね……。
ヤフオクドームで行われました同人誌即売会へ足を運んでまいりました(笑)
これ入場券代わりのパンフ↓
d0025055_23060343.jpg
いや~、ドームで同人誌イベントいくの、本当に10年ぶりくらいです(笑)
電王以来……(爆笑)あの頃も同人誌が欲しい!って勢いでハマったのでww
で、今回足を運んだのが、そうです、やはりアレです「鉄血のオルフェンズ」(笑)
今回のイベントで、イベント内イベント、プチオンリーが催されると聞き、
オルフェンズの同人誌が沢山買えそうっwって思ってとうとう出戻ったというわけです(笑)

……結論から言いますと、ワタシが欲しかったカプリングのサークルさん、2つしかなかった……(爆)!
いや、事前にサークル配置図をネットで見て、プチオンリーって規模はやはりプチなんだなあと
思ってはいましたが、それでも自分の好きカプを扱ってるサークルさんの数は
そこそこいるだろうと思っていたんですよ。そしたら2つ……(-_-)
ああ~……完全にジャンルの波を読み違えた~……(涙)
自分の好きカプ完全にマイナーカプリングやったわぁ~……(;´∀`)
(Twitterで同志の声ばかり集めていたからジャンル内の流行を完全に見失っていた……)
まあそんなわけで、一般入場前のパンフチェックの時点でもうワタシのイベント参加は
ほぼ完了していたようなものですた(苦笑)

いや、でもプチオンリーに参加されていたサークルさん全部を回って
できるだけ手に取らせていただいたし、好きカプのサークルさんには声かけて
カプリングのマイナーさに謎の共鳴をさせてもらって(笑)、
配布物全部買わせていただきまして、当日の目的は達成いたしましたw
買わせていただいたサークルさまどうもありがとうございましたm(_ _)m
のちほど出来るだけ感想など伝えさせていただこうと思います。

あの、プチオンリーと聞いて最初はそのジャンルだけ別枠で配置されているのかなと
思っていたんですが、実際は全体の中に組み込まれて配置されていまして、
オルフェンズだったらアニメ関係の他ジャンルのサークルさんの片隅に
オルフェンズサークルだけ集中して配置されている、という感じで
人の流れにそってざっと見られるし巡りやすかったです。
(ただ今回となりの島のユーリ!ジャンルに有名サークルさんがいらしてたようで、
開場1時間経っても行列が続いていてそこに押された感じではありました)
それとイベント内イベントはオルフェンズだけじゃなくて
コナンとかワートリとかヘタリアとかおそ松とか、
あととうらぶ!刀剣乱舞がめっちゃめちゃ人気ありました!参加サークル約630!(爆)
すげえぜとうらぶ……さすが旬ジャンル……。会場内コスプレさんもあっちこっちで見ました。
(そしてどのコスさんも小道具衣装めためた凝ってるんだ……すごい)
基本オールジャンルイベントなので、特にこのプチオンリーのジャンルが
今勢いがある作品なんだなって感じられるイベントだったように思います。

短い時間ながらぐるりと会場回ってみて思ったことですが、
昔はグッズ配布といっても便箋やシールくらいでしたけど
今はアクセサリーが多いんですね!キャラをイメージした自作アクセです、って
サークルカットをたくさん見ましたし、展示してる場所もキラキラしてました(笑)
あと参加者の年齢層が幅広くなってるなーという印象も受けました。
自分より年上ぽい参加者さんをよく見かけたし、年季入ってそうなオタク夫婦っぽい
カップルも見かけて、うちもこんな夫婦になるのかしら……って思ったり(笑)
まー、自分がそもそもドームでのイベント最初に参加したのもう20年も前だし(爆)、
そのくらい年月が経ってるということは参加者もそれなりの年齢になっているという……(苦笑)
それでいて、主要な年齢層の10~20代くらいの人たちも大勢いらしてたようだし
全体的に年齢層が広がっているようです。そういう時代になったということでしょうねえ。

まあ、そんな感じで約1時間くらいでささっと会場を後にしました。
あとは天神に出てオタク関係の店とか本屋とか巡って
オタク成分を補充してきた感じです(笑)ガチャガチャでオルフェンズ関連のものとか
兄友さんで欲しかったミニフィギュアがあったのが良かった~v
d0025055_00015156.jpg
中身が選べないようになってるのでどれが出ても文句はないんですが
このマッキーかなり造形が細かくて丁寧で、けっこうお気に入りですv

というわけで久々にオタク充(笑)してきました。
リフレッシュしてきて楽しかったです~^^いい休日でした。
そんな感じで。



[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-02-07 00:06 | 日記 | Trackback | Comments(2)

LaLa原画展


おこんばんにゃです伊山です。いかがお過ごしですか。
先日はこんな展示会に行ってみました。↓
d0025055_22303131.jpg
d0025055_22304536.jpg
白泉社LaLa創刊40年記念原画展!

いや、実はワタクシLaLa読者ではありませんで(爆)←ならば何故行った
周りの友人が多数LaLa読者でしてね(笑)、学生時代に色々貸し借りをしているうちに
親近感がわいた、というか。
雑誌LaLa本体は手にしたことはなくとも
そこから排出された多くの作品は見聞きしているためこれは是非見に行かねばと。
特に、個人的に尊敬してる作家さん、わかつきめぐみさんの原画があると聞いて
いてもたってもいられず……。なんとか都合つけられて行って良かったです。

結論から言うと、これ入場料1000円で見られるのめっっちゃお得でした!!!
40年前の作家さん、萩尾望都さん竹宮惠子さん青池保子さん美内すずえさん木原敏江さんなど
少女漫画の創成期をかたちづくったレジェンドの皆みなさまが描かれた
「原画」!超大御所さまが手づから生み出されたカラー原稿の「原画」が
目の前にずらりと展示されていまして、まずそこに圧倒されました。
あの、やはり40年前の作家さんの技術、絵のセンスはほんっとーに凄いですね!
輝く金髪を表現するのにほっそーい筆かペンで毛先の1本1本から描き出していたり、
衣服の質感を異なるタッチで見事に表現していたり、
まるで写真を撮影したかのように現実の背景の一部を全て手書きで描かれていたり
(夜の飛行場でこれから飛び立つ飛行機を尾翼から描くとは……なんという……(汗))
もー、なんというか人が描く絵の技術ってどこまでも際限ないんだな、っていう
尊敬というか畏怖みたいなものさえ感じられました。素晴らしく綺麗だった。

かと思えば2010年代から新しく活躍された現代の新鋭作家さんはほぼCGで、
専用の用紙にプリントアウトされたものが展示されていて、
現代のタッチというか、最新の作画や彩色のタッチが間近で見られたりして
新たな技術のすごさにため息をついてみたり。
最近だとアニメ化された「赤髪の白雪姫」のあきづき空太さんの原画が
CGと手描き彩色の両方が並べられてて、キャラの元気の良さと色使い、小物の描き方に
感心したりしました。綺麗だったな~

個人的に注目したのが「CIPHER」(サイファ)を描かれた成田美名子さん!
大変失礼ながら作品は未読ではあるものの有名作なので
絵を見てああ知ってると思う程度でしかなかったのが今になって悔やまれる!
めっっちゃめちゃ美麗な原画でした!!書き込みが丁寧すぎる!色塗りが綺麗すぎる!
そして小物や服飾の再現度がレベル高すぎる!!
あ~これはもう実写レベルですねってくらい絵が綺麗で上手くて現実感ありまくりで、
この絵柄の世界観に浸ってみたい……って原画を見て思わされるほどの迫力でした。
今後機会を作って是非読んでみます「CIPHER」。
(そして60代くらいのご婦人がタイトルを「チーパー」と読んでいて内心ツッコミまくり(苦笑))
ああ、そうです、40年も続く雑誌なので
会場内さまざまな年齢層のお客さんがいました。
見た目多かったのが40代前後の落ち着いた雰囲気の女性かな。
あと夏目友人帳やホスト部などが目当てと思われる若い女性(ほぼグループ)
それでも皆さん、馴染み深い作品の原画を見ては足を止めて
食い入るように見つめておられました。わかる。うん分かるぞ。

かくいうワタシもわかつきめぐみ先生のカラー原画の前では
息するのももったいないくらいにまじまじと筆致や線の美しさを眺めておりました……。
至福……原画を目の当りにできようとは……。はああありがたやありがたや。
わかつき先生、印刷物でも分かるけどめっちゃめちゃ線が丁寧なんですよね。
原画でもそれがしみじみよく分かりました。ありがたや……。
あと、原画のほかに参加作家さんたちの直筆色紙!が飾られてて、
皆さんどれも貴重だったのだけど(カラーペンのほかにトーンやマステなど貼って装飾されたり)、
ここにも わかつき先生の色紙があってですね、
サインペンですらすらと書かれたであろう「So What?」のキャラが……こう……
ああ、まだこの作品は活きている、と思わせてくれる感じで
ほんと、こう、感激しました。拝みたかった(笑)

LaLaだけでなく少女漫画40年史とも言えるほどの良展示だった今回の企画展、
返す返すもしみじみと見られて良かったです。
退場してもまだ目の前、脳内が美麗な作品世界の中に浸っている感じで……
すごく幸福でした。見に行けてラッキーでした(^-^)

そうそう
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-11-05 23:29 | 日記 | Trackback | Comments(2)

ぎが&高山


おこんばんわ伊山どす。いかがお過ごしですか。
こちらは急激に花粉症の症状が出て夜も寝付けず、キツかったっす……。
秋の花粉症は聞いた事あるけどまさか自分にも関わってくるとわ。
具体的にどの物質にアレルギー反応が出たのかは分からないのですが、
よく晴れた日に昼日中ずっと干してた布団を取り込んだ直後からの発症、てのを考えると
目の前の田んぼで黄金色に輝く稲の花粉かしら……とか思ってしまいます(苦笑)
(よく言われるのはブタクサとかセイタカアワダチソウとからしい)

さてさて、その花粉症が発症した翌日のことですが
前々から行きたかった展示会に行ってまいりましたよ。

九州国立博物館!
d0025055_052663.jpg

にて絶賛開催中の!
d0025055_055853.jpg
「鳥獣戯画」展~!!ww



以下おりたたみ!

ぎがぎが
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-10-17 23:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ぜいたく


おこんばんわどす伊山だす。皆さまいかがおすごしですか。
こちら台風はそんなでもなかったです。
カレンダーは連休と申せど、ワタクシふつーにパートしちょります(笑)
1日4時間程度ですが程よく体を動かせてちょうどいい感じですw

さて、過日そのパート先からの福利厚生制度により
なんと野球観戦に行かせてもらいました!やったあ!w
ドームに野球見に行くの丸3年ぶり~♪めちゃめちゃ嬉しくて朝イチすげー早く出てきちゃったw

渡されたチケットはなんとなんと、ヤフオクドーム5階のスイートルーム!
いわゆる「スーパーボックス」と名称のあるスペースですv
眺めはこんな感じ!↓

d0025055_23551280.jpgd0025055_23554657.jpg













うーん、、パノラマ写真ぽく並べるの難しいなあ(苦笑)
なんというか、内野外野席とはまた違う、球場全体を見わたすことができるような
場所なのです!3階席までのお客さんの頭の真上に居たもんね(笑)
しかも個室になっていて!ホテルの冷蔵庫フリードリンクとかも付いてる!(笑)
備え付けのTVで場内専用の実況解説を聞きながら自宅と同じように観戦もできるし、
ガラス戸を開ければ場内の雰囲気を感じつつ目の前のナマの試合展開を楽しむこともできる、
なんともゼイタクな、お得感あふれるスペシャル観戦席なのですvv
(ちなみに一般価格でも取れますが、普通の観戦席よりかなーり高いです……4倍くらいの
設定になってるはず(苦笑))

用意されたお弁当とおつまみと飲み物をいただきつつ
自分は久々の球場観戦ということでほとんどガラス戸の向こうのテラス席で見てたんですが
やっぱり野球のナマ観戦は面白いですね!
今回は特に特等席ということで(笑)、これまで観戦してきたどの席とも違う、
新しい見方ができたりして楽しかったです^^
特に音!ドーム球場の上のほうにいたせいでしょうか、球場内の音が
ドーム上部に集音されて聞こえてくる感じで、敵チームの応援団の声やら内野席のヤジやら
あまつ外野選手がフライをキャッチした瞬間の、グラブに当たる音まで
はっきり聞こえてきて本当に感動しましたwスバラシイ。
そしてボールの行方もだいたいどこへ飛んでも見える感じで、
ホームランが出たんですけどその打球の行方を球場全体がボール1点にあつまって
かたずをのんで見守る、みたいな空気感までも味わえて
すっごい良い気分でした^^いやー、楽しかった!
こんなゼイタクな観戦ができて、ワタシャ幸せもんじゃよ……フヒヒ(笑)

帰りのバスの時間がありましたので泣く泣く試合途中で退席しましたが、
そのまま勝ってればほぼ目の前で上がる勝利の花火も見られたらしい!なんと!
まあゼイタクな席で観戦させてもらえただけで良しとします(笑)いやはや。
一緒の部屋になったほかの職場の方たちとも少しお話しできたりして
楽しいひとときが過ごせました^^よきかなよきかな。

ゼイタクなお弁当をうpして終わる(笑)そんなところで。
d0025055_23482463.jpg

[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-09-20 23:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

れっつごーやまぐち


どもです伊山どす。いかがお過ごしですか。

さてさて、先週のことですがワタクシいきなりバス旅行にいってまいりましたw
いつぞやも参加した、スーパーでのキャンペーンで当たった日帰り旅行でございますw
(実はこっそり5回目の当選である(笑)ようやく都合ついて今回参加できた)

目的地は山口県は日本海側の観光地、響灘(ひびきなだ)に面する
離島の角島(つのしま)。そこに架かる風光明媚な橋、角島大橋であります。
(Googleマップはこちら。)
クルマのCMやポスターとかでよく撮影されてる場所なので
風景を見たら、ああ!って思えるところじゃないかしら(笑)
まあ、そこを目的地としまして当日朝10時に地元をしゅっぱーつ。

……しかしだね、今回目的が「風景を見ること」なのでそのせいか知らんけども
目的地に向かうまでの途中の寄り道が多いこと(笑)
むしろ、そこへ向かうまでがこのバス旅行の主目的とみたねw
だってまず出発してすぐ宝石屋さんに寄るでしょ(笑)前も行ったことある宝石屋さんでしたが
以前よりも内装や宝飾品がぱぅわーあっぷ(笑)しておりましてw
あれやこれやと袖を引く接客を受けてまいりました(笑)
それから博多の空港近くへ出て明太子屋さんでお食事。
豆腐メインのシンプルなお料理でしたがお腹いっぱい美味しくいただきました。
併設のお土産屋さんで多少物色したり(笑)

そして高速道路に乗って移動すること1時間、次は下関のカマボコ屋さん(笑)
こちらは滞在時間20分ほど(笑)ぱっと降りてさーっと見て買ってささっと乗る、みたいな(笑)
気ぜわしいなかお土産を購入。(もちろん買わなくてもいいですよ)
そこから今度は一般道を1時間半ほど移動したら
よーやく!よーやく目的地の角島大橋に到着です!この時点で午後4時半!www

d0025055_23464830.jpg
響灘のクリアーな海!
d0025055_2347076.jpg
橋のたもとから。このまっすぐ伸びる橋が見どころです

バスに乗ったまま、まず橋をずーっと通って反対側へ渡り、
そのまま島の観光かな?と思ったら、ガイドさんが
「はい、ではここでUターンして元の場所に戻ります~展望台があるので休憩でーす」だって(笑)
バスで橋を往復しただけでした(爆笑)
それでも風景はちょうど陽がさしてきたところで見応えばっちり!
キラキラした海に心地よく吹く風、どこからか聴こえる潮騒の音、
そして夕方とはいえまだ厳しい夏のジリジリ照り付ける日差し(汗)
う、うーん、これは暑いね(苦笑)ということで早々にバスの車内へ退散;
当然というか展望台付近のお店のアイスが飛ぶように売れていく(笑)
結局当地の滞在時間はおよそ20分少々でありました(爆)

たった20分ほどのために6時間くらいかけて来たのか……とも思わないではなかったですが(笑)
まあ走りゆく車窓から眺める景色もそれなりに楽しめましたよ。
特に面白いなと思ったのが、山口県内の道路に設置してあるガードレール、黄色でした。
少なくとも下関市周辺に設置されてるガードレールは殆どそうだった。おもしろい。
(たぶんテレビとかできっと必ず取り上げられてるとは思います(笑))

5時頃からまた1時間半ほどかけて下関市の関門海峡に到着。
最後の行程として関門トンネルの地下道を歩いて渡りましょうと言われバスを降ります。
地図で見ても分かりづらいかもしれませんが、(Googleマップ参照)
この関門海峡ほんと狭くて、海底にトンネルを掘ったら歩いて行けるくらいの短い距離なんですよ。
ガイドさんが760mとか言ってたかな。ほんと10分くらいで端から端まで到達できるの。
下関側の地下道エレベーターを降りて直でトンネルにつながってて、
そこからてくてく歩いてくと、ちょうど半分くらいの位置に目印がついてて
「↑福岡県 ↓山口県」ってなってる(笑)記念に写真撮る人多かった(笑)
で、歩いて県境越えて行き止まりのエレベーター上って、
チン!ってトビラ開いたらもうそこは九州なの(笑)北九州市門司区って場所に立ってました(笑)
地下道トンネル内は空調が無くて換気口から風が通るくらいだったけどまあまあ快適で、
天候に左右されないからジョギングしながら往復してる人もたくさんいました。
ずっと車内だったから適度に体動かせてちょうど良かったw

目の前が海峡ということで時刻もよく、ちょうどこんな風景が撮れました。
d0025055_23471681.jpg
異国船でしょうか。ベストショット!

なんかここ、5分くらいしか居られなかったけど、
もし自分がこの周辺に住んでたらほぼ毎日この場所通って
ベンチに腰掛けながら時間経つの忘れてぼーーーっと眺めていたいなあ、って
思えるような場所でした。気に入りました。

そんな感じであとは高速道路のって帰るだけ。帰着は夜8時過ぎでした。

おおよそ10時間の駆け足ミニ旅行でしたが
よその土地に連れてってもらえるだけでも十分楽しく、
街並みや風景を眺めていられて興味深い時間を過ごすことができました。
当然かもしれないけど、下関も北九州市も港町だからか街並みが似てた感じ。
海に向かって山がせりだしていて、港だけ平坦にぱっと広がっているような印象。
長崎もそうだったなー。港町っておもしろそうだ。

そんなこんなで せわしいなかでも楽しい旅行でした。
また何か旅行が当たるといいなー(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-08-30 23:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)

衝撃


ゆうべ、就寝直前にTwitterを閲覧したところ、

zabadak 吉良知彦さん 逝去 (オフィシャルサイト

という文字列が目に飛び込んできました。

「え?え?え?
 え?なにこれ?え?」

目にしたものが信じられない、という状況に陥りました。
ガセかと思いましたが公式サイトからの発表でしたし、最新の情報でした。
どうやら本当に吉良さんが亡くなられたらしい。

え、だってこないだまで吉良さん自分のTwitterを頻繁に更新してたし、
7月以降のライブの告知とかリクエスト募集とかメロディ作成の宿題とか捕まえた昆虫とか
いつぞや病欠したライブのお詫びライブ(無料で!)とか
色々書き込んでらっしゃったじゃないですか。3日前に亡くなられていた?
言われてみればこの数日書き込みは無かったけどクリエイターさんにはよくあることだし
何より実際ご病気でまる1か月書き込みがなかったこともあったから
全然不思議に思ってなかったけど…… 亡くなった?

途端にワタシ、すごく動揺してしまいまして、ひとりオロオロ、あわあわ。
にんげん、受け入れがたい情報に接した時って言葉がでてこなくなるんですね。
自分の気持ちも現在の情報の精査ももたついて何も表現が浮かんでこなくなってしまって
ただひたすら動揺しながらTwitterの情報更新してました。

今のところ吉良さんの死因は発表されていませんが
病気でも事故でも原因はなんであれ、すでに吉良さんはこの世にいらっしゃらない、
という事実だけは本当のようだとどうにか受け入れることができました。
まだ「吉良知彦」と「逝去」という言葉が脳内で繋がらない感覚ではあるんですけど。

あの……ほんと、ワタシ、ネット始めてからの自己紹介文とかには
必ず「好きな歌手:zabadak」(とsuefase)って書くほどにzabadakの音楽大好きで、
大好きというより自分の一部というか、自分の中の大切な部分を形成している要素のひとつ、
といったような感覚ですらあって、
そのzabadakはボーカル兼ギターの吉良知彦さんが作詞作曲を主に担当されているので
メインボーカルが奥様の小峰公子さんであっても
zabadakの楽曲=吉良さん、と表現しても差し支えないバンドなんです。
その吉良さんが……すでにいない?こないだまで生きてらした形跡があったのに?
もう居ない?どういうこと?えっ、ワタシはどうしたらいいの??
……そんな感じでものすごい衝撃を受けました。

思えばこれまで著名人の訃報とかに接してショックとかは受けても
手が震えて目の前の文字列を受け入れられないほどの衝撃は受けたことがなかったです。
吉良さんを失うなんて考えたことがなかった。zabadakは常にそこにある、と思っていたから。
でも、理由はどうあれ人は、いつか居なくなってしまうものなんですね。
それがたまたま今だった。いや、でも早すぎるけど。まだ56歳だということだし……。
息子さんが選挙権もらう年になってるらしくて
まだまだこれから、息子さんに伝えることがたくさん、たくさんあっただろうし、
奥様の小峰さんも公私ともにパートナーとして過ごしておられたようだから
今回の出来事ご心痛いかばかりか……と
なんか脳内ぐるぐる回ってしまって立ち止まるしかありませんでした。
いまだに何となく信じきれていません。本当かよ……。

ここでzabadakの思い出を語っておきたいところだけど
まだ思い出にするのは早い気もするので今はやめておきたい気持ちです。
20歳そこそこで出会った音楽で、これを10代のうちに聞いてなくて却ってホッとした
思い出はあります(多感な10代の時に聞いたら全てがザバ色に染まってたはず(苦笑))
自分にとっては初めて出会った衝撃の音楽で、影響力がありまくりでした。

あー、まだ音楽を聞き返せない。脳内でよみがえっては過ぎていくメロディはあるけど
CDを再生する気力がまだ湧かない。聞き返せるようになったらその時やっと
吉良さんのご逝去を受け入れられた証になるような気がします……。

ようやく今時点で落ち着いてこれだけは言えるようになりました。
吉良知彦さんのご冥福をお祈りいたします。

zabadakの音楽はずっと無くなりません。これからも聞き続けるはず。
大事な音楽を、どうもありがとうございました……
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-07-07 23:05 | 日記 | Trackback | Comments(2)

けんこうだいいち


いかがお過ごしですか伊山どす。このごろ更新とどこおっててスイマセン(汗)
ここ2,3日すこし体調崩してしまって
年イチくらいの体調不良期になってるようです(苦笑)
(むかしから急にガクンと体調落とすことがあって、まあ多分日々の疲れかなと)

あ、そうそう、そんでそんな時期ではありますが健康は大事ってことで
先日行政が行う健康診断で乳がん検診を受けてきました!ので、突撃レポートをばw

うちの住むところでは住民であれば加入保険の有無を問わず
40歳から乳がん検診の補助が受けられるので、今回初めて受診してみました。
補助が出たうえで受信料2000円です。たぶん格安。
ただ、事前の申し込みが必要で、年度あたまに1年間の検診日スケジュールが出るので、
希望日を確認して行政に予約申し込みをします。
予約が通れば希望日の10日ほど前に問診票と受診票(名前や個人情報を確認するための紙)が
送られてくるので、問診票に事前記入のうえ、当日会場へ。
今回は公共施設(文化ホール)が会場でしたが、公民館とか診療所での受診もあるようです。

文化ホールには移動診療用保健車がずらり。簡易診療車ですね。
そしてまず受付で問診票を出して、現在の状況の確認と検査の説明を受けます。
(乳がん検診時に生理中だと検査受けられない場合があるそうです。バストの張りがどうこうとか)
医師による視触診検査とマンモグラフィー検査になりますと言われ、
別室に通されて上半身裸になり、医師の触診を受けました。
今回はその場で特に異常なしと言われたので良かったです。
それからまた服を着て(めんどいが車が外にあるため致し方ないw)、
マンモグラフィー用の診療車に乗って、車内で再度服を脱ぎ、X線写真を撮りました。

簡易検査用のマンモグラフィーだったためか、両胸いちどに撮るのではなくて
片方ずつ、上からと横からの合計4枚撮影でした。
車内のあちこちに「痛みがあるかもしれないのでその時は係員に伝えてください」って
張り紙があったのでドキドキしてたんですが(笑)、
自分の場合はそこまでイタタタってわけではなくて、
うーんたしかに根本から引っ張られてるような感じではあるが悲鳴をあげるような痛みじゃ
ないなあ、って程度の痛さでした(笑)
ワタシ自分で言うのも何ですが身体の凹凸が著しい方なんで(苦笑)、
撮影される方はなかなか苦労されたんじゃないかと思うんですが(汗)、
なんとか4枚無事終了しました。
(事前に「梅が枝餅のようにぺったんこにして撮影します」って言われたんだけども、
その例えは福岡県民にしか通じないだろう……と思ったのはここだけのハナシです(笑))

服を着て再度受付のところへ向かい、問診票を提出して終了でした。お疲れ様でしたw
今回時間がちょうど良かったのか、自分の時はほとんど待たされずに
全体で30分程度で済んだのでストレス無く終わってホッとしました。

というわけで乳がん検診を受けてみての感想としては
★けっこうラクチン。緊張するほどのことはない。
★触診を受ける場合、医師が男性であることが多いと思うので
 触られることに嫌悪感を抱きやすい方は女性医師がいる診療機関で受けたほうが良。
 (男性医師でも開き直って受けられる強い意思があれば問題なし(笑))
★脇のムダ毛の処理をしておくと良い(笑)

……こんなとこでしょうか(笑)
乳がんはここしばらくの芸能ニュースとかで話題になったように、
一定の割合で女性が罹りやすいがんということで
検診を受けましょうと啓蒙活動が始まっております。
どんなきっかけでもいいので、自分の体の調子をみるためにも
チャンスがあれば受けてみるのがいいと自分は思います。
検査料も健康だと調べてもらうための安心料だと思えばさほどのことはないし。
今回みたいに行政の検査がいちばん身近でたぶん割安だと思うので
できれば皆さんも積極的に利用したらいいんじゃないかなと思います^^

というわけで突撃レポートでした。あ、検査結果は約1か月後だそうでーす。では。
(※21:30追記・後で資料を確認したら、視触診検査は今年度から廃止の方向になったそうです(苦笑))

[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-06-19 19:24 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ごーいんぐ四十路ロード


おこんばんわです伊山だす。

ワタクシ、今日で40歳になりました!いえ~ドンドンドンパチパチパチ~!(自棄)

……いやー、うん、40歳。やりましたね。ついにきましたかこの時が(苦笑)
ちなみにこのブログは軽く10年以上続けてるんで
30歳になった時の記事もあるんですが(笑)
いやー、うん、なんつーかね、この時はちょっと怖かったんですよね30代になるの。
19→20の時は出来ることが増えて友達ともいちばん楽しく遊べてたから
先に対する希望とか楽しみとかしかなかったんですけど、
29→30になる時はこう……かなり葛藤しました(苦笑)この10年何を成してきたのかと(苦笑)
でも、39→40になるのって、あの、開き直りますね(爆)
まだ30代にしがみついていたいけど、まー年を重ねていくのを許容するのであれば
40の境を超えるのも致し方なし、と受け入れ&諦めざるを得ないというか(苦笑)
まあ、あのね、家庭もできましたしね、子どももまだ小さいですし。
ここでクヨクヨネチネチしてても始まらないかなと(苦笑)開き直り。

といったわけなのでワタクシ40歳、四十路ロードに突入しますけれども
きっとこの先の10年、山折谷折り、ちがった(笑)山あり谷ありで
イヤなことや困難なことがてんこ盛りなんでしょうけど
それ以上に楽しいことが沢山あればいいなと。嬉しい事や楽しい事をふりかけながら
四十路ロードのごはんをぱくぱく頂戴していこうかなと(笑)そんな風に思っておりますw
なんだかよくわからんが(笑)
嫌だといっても道は続いていくしね……踏ん張るしか。
楽しめるよう努力していきたいと思いまーす。(*'ω'*)

そう、それで話は変わるんですけど(笑)、誕生日の前日に子ども連れて水族館に行きまして。
長くなりそうだから折りたたみで(笑)↓

すいぞくかーん
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-05-30 23:14 | 日記 | Trackback | Comments(2)

かなしき訃報


なんと大きな訃報が入ってきました。

水谷優子さん 乳がんで死去

ああ~……(´;ω;`)

自分にとっては水谷優子さんのファーストインプレッションって
「赤い光弾ジリオン」のアップルなんですよね。
あの頃アニメファンになりたてで、当時のアニメ雑誌は軒並み
アップルを大々的に特集してたから刷り込まれちゃって。
実は放送してない地域だったから実際にアップルの演技を聞いたことはないんだけど(爆)、
アップル=水谷優子さん、でインプットされてしまって。
その後「不思議の海のナディア」のマリーとか「ブラックジャック」のピノコとかで
印象的な役でたくさんお声を聴いて。
もう水谷さんといえばあの声!と脳裏に沁みついておりますよ。
ああ~……もう聞けなくなっちゃったのか……かなしい……無念……。

乳がんだったそうで、収録もいくつか余分に録ってあるということは
病状をおしてお仕事されてたのかな……つらい……。
自分も今度乳がん検診受けることにしてるんで
ほんとそっち系の病気にはくれぐれも気を付けようって思わされましたね。むぅ。

せつない……。ほんと、素敵なお声の数々をどうもありがとうございました。
安らかにお眠りください。さびしい……。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-05-19 23:23 | 日記 | Trackback | Comments(0)

じしん1週間


おこんばんわ伊山どす。いかがお過ごしですか。
正確には地震発生から10日ほど経ちますが、まあ感覚的には1週間程度で。

余震が続いていましたがここ2,3日はこちらでも
震度1の揺れがたまーに感じられるくらいでけっこう落ち着いてきました。
が、予断はできない状況とのことで、
少し備蓄や避難用具の買い増しとかを徐々にやっている感じです。
水がいまこの辺どこにも売ってなくてね。スーパーとかディスカウントストアとかほぼ全滅。
イオンには「現在熊本へ優先して運んでいます」という旨の張り紙があったので
たぶんどこもそうなんでしょう。
周辺各県の在庫をできるだけ熊本向けにして、落ち着いたら地元に改めて入荷される、
的な感じかなあと思っています。
それでいいし、支える側のこちらとしては後回しでもいいんで、という気分です。

それにしてもうちの地元、阿蘇までおおよそ100km以上は離れているはずなんですが
この辺での買い占め行為、なかなかすさまじかったですよ(苦笑)
というか、「正義のココロ」にかられた一部の資金力ある方々が
店頭の在庫すっからかんにする勢いで持っていった感じです(苦笑)
いやあ、ワタシ、たまたまホームセンターでその光景見たんですが、
避難所1か所で使う分くらい?の複数の発電機と電源コード、
大型カートに山と積んだカップ麺の箱やガスボンベ、お茶のケースなど
一体個人でどのくらいお支払いに??っていうレベルの買い込みをされている人がいて、
明らかに被災地支援の買い物だったと思うんですけど、
その時期周辺道路事情は芳しくない(地割れや通行止めの箇所複数のうえ、
高速止まってるので一般道がもう「停滞」。進まない)し、
熊本周辺の自治体からはメインの大型輸送の迷惑になるので個人での支援配送は遠慮してくれ
って言われている状態なのに、
そこで個人レベルで持っていこうっていうのがどうなのかな、っていうね……。
そりゃもちろん、地震発生直後だったし個人レベルでの輸送が
現地では大いに助かったという声もあるにはあるようなんですが、
やはりまずは大口の輸送を優先して届けてあげないとなあという状況でもあって。
なんというかな、……なまじ見知った土地、旅行などで親しみのある土地が
大変な状況に陥っているのを知ると、いてもたってもいられない、という気持ちは
九州の人誰でもあると思うので、ひとまず先走った行為は控えていただきたかったなあ……
というのが正直なところでしょうか。
まあ、数日経って現在は通れる道も広がって、新幹線も通じるようになった(!すごい、早い)ので
そろそろ個人レベルでの支援も大丈夫かなあ、という印象です。
……ていうかね……ほんと、このブログでも何度か旅行いったこと書いてますが
ほんと阿蘇まではクルマで3時間程度で遊びに行ける素敵な土地なので
風景が一変してしまった様子をTVで見てると悲しいというか寂しいというか、
無念な気持ちでいっぱいになりますね……(´・ω・`)
特に阿蘇大橋。あんな大規模な土砂崩れがどんぴしゃで阿蘇大橋を飲み込むなんて……
びっくりですよ。ほんとつらい。何度もあの辺り通ったしね。むぅぅ。

まあこうなったら落ち着いた頃になるべく早く、
阿蘇周辺へ観光へ行ってお金落としてこようと考えています。
大分も湯布院とか元気なお店も多いそうなので、お気に入りのらへん巡りたい。
先立つものがないと……だけど(世知辛い)、阿蘇や大分を愛してる者として
少しでも応援したいと思っておりますよ。うん。
みなさん是非機会があったら九州に遊びにきてくださいね。
温泉多いし街もコンパクトで情緒あるところも多いよ。歴史もあるよ。
もう少ししたら元気な声を九州から発信されるはずなので、
いましばらく見守っていてくださいね。ヨロシク!(^0^)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-04-23 21:40 | 日記 | Trackback | Comments(0)