カテゴリ:アニメ感想( 264 )

ぱらぱらアニメ感想


おおっと2週間も更新してなかったですねすいません伊山どす;
たまにスイッチが入ってばばーっとアニメ見まくったりします(苦笑)

友人が深夜に起きたら「文豪ストレイドッグス」やってたのをたまたま見たとかで
何の気なくこちらで録画したダビングDVDをお渡ししたところ、
想定以上のスピードでハマりやがりまして(笑)、
反応の良さにこっちが驚いておりますw
もともと文学系に強い友人だからか、文豪ネタの食いつきが良かった様子^^
敦くんもいいが国木田くんもいいとのこと、心の中で固い握手を交わしました(笑)
(※電話での会話中)
国木田くん、個人的には声が細谷さんという点がものすごく加点なのだけども(オルガ……)
なんというかあの作品でツッコミ役なのが不憫というか(笑)、
残念な立場になってしまうのが可哀想で(笑)そこが愛らしいって感じですww
(やはり声の魅力が大きいかな……)
友人には1期最終話までダビングして送ったのに
薦めた自分自身が最終話まで視聴終わってないという体たらく(爆)なので
早めに視聴を済ませたいと思っております(苦笑)
映像きれいだし動きも良いし、作中のPC画面が縦書きレイアウト(!)という
無駄に世界観に凝ったデザインをしてたりするところも好感高いですw

あとアルスラーン2期の録画も溜めてたんですけど(なかなかリアタイ視聴できなかった)
先日やっと最新話まで視聴追いつきました; 8話放送予定なんだから
せめてリアタイで追いかけたい……。
8話分に詰め込めるようにペース配分考えられてるような印象。スピート感あります。
何度も書いてますがワタクシ小説未読なので(田中芳樹先生好きなのに何故……!)、
このアニメのスピード感は小説読者さんには感涙モノ、もしくは
嫉妬にも似たもどかしささえ覚えそうな、そんな印象も受けます(苦笑)
(アニメでこんなにテンポよく進んでるけど小説はリアル○年かかったんよ……的な(苦笑))
あの、余計な勘繰りかもしれませんが、地味な活動で禿頭のトゥースさんが恩賞を受けたくだり、
原作小説ではもちょっと描写というかエピソードがあったんじゃないですかね(苦笑)
はしょれるエピソードはバッサリ、さくさく進めてる、という印象です^^;
8話分しかないからね、そうなりそうだよね(苦笑)
それにしてもほんと、ダリューンの「殿下ぁーー!!」はマジかっけーです(惚)
(そしてこれも声が細谷さん……(笑))

アルスラーン2期見てて気づいたんですが、
冒頭で攻めてきたトゥラーンですか、あれ最初見てて全然気づかなかったんですが、
鎧甲冑の雰囲気が中華かモンゴルかってところでしたね!どちらかというとモンゴル寄りかな?
ワタシ、ほんと途中まで「モンゴル(大陸系)の文化形態をもつ国という描写がされている」と
いう点に全っ然気づかなくて、むしろめちゃめちゃまったり受け入れて見てたんですけど(笑)、
これって多分、他のアニメや作品で中国大陸系の戦闘衣装をあちこちで
見てるからでしょうね(笑) キングダムとか三國志とかレッドクリフとか(笑)
自分の中で見慣れた鎧甲冑だったから、アルスラーンたちと異なる文化を持っていると
違和感を覚えなくてはいけない画面だったのに、
脳内で華麗にスルーして受け入れてた自分にむしろビックリしましたww
あとではた!と気づきました(笑)遅いわww

他に「うしおととら」もディレイ放送で見ていますが
あれは本当に全てのスタッフさんから原作に対する多大なるリスペクトを
画面からひしひしと感じます。画面から伝わる迫力がすごいです。
原作の絵づくりを可能なかぎり、むしろ原作以上に再現されている印象で、
書き込みや動かし方、見せ方が的確で素晴らしいです。お見事。
もう終盤なので終息に向かって物語が集約されていくところなのですが
視聴が途中抜けていてもある程度補完できるように作られているので
くらいついていけて有難いのも嬉しいです。
(多分昨今のアニメ作品全体が総じてスピード早すぎるんだな……と雑感。)
最後までワクワクと、少しの恐怖を感じながら視聴していきたいです。
……あ、そういやこれも細谷さん出てたな……(笑)

そんな感じでこのところのアニメ感想でした。
あとはまだノイタミナの新作「バッテリー」が未視聴なのと、
ガンダムユニコーンが4話で視聴止まってるのと、
3年前のH×Hと5年前のガンダムAGEと(苦笑)、
けっこう色々溜まってるんで(汗)、じわじわと消化していこうと思っとります(苦笑)
なんせ10月放送のオルフェンズ2期が控えとるからのぅ……HDの容量空けねばのぅ……。

そんなこんなで(苦笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-07-27 21:36 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

ひさびさにあにめ


おこんばんわどす伊山だす。おかげんいかがですか。
最近更新とどこおっててすいません……(苦笑)

しばらくアニメ感想が止まってたなと。
といってもほんとこのところ録画再生するタイミングを逸していて
リアルタイムで見られるものだけ細々と、とびとびで見てたりします(苦笑)
具体的にはうしおととら、とか アンパンマンとか…(笑)
いや、アンパンマンちょっとハマりそうでこわいです(笑)
作画とか演出とか、そっち方面で気になるw
CSやBSでがんっがん再放送してるんですけどアレ(笑)、
子どものために録画してるんですけど、横から見てるといろんなキャラがごった煮で出てきて
でも世界観はちっとも崩壊してない、という稀有な現象が見られておもろいですw
さすがだわ やなせ御大……。シリアスから不条理展開からなんでもアリで
それでいてキャラ崩壊も世界観崩壊もない、という安心して見られる世界。たまらん(笑)
それに作画がときどき意外なというか動きが良かったり
演出が毎回いい意味で安定してなくて作家性があるというか意欲的というか、
なんというか作品世界の中で遊べる範囲で自由に動かしているというか……
そういう、本来とは異なる部分で楽しめて見てしまうんですよねこの残念なオタクは(爆)
いやー……ハマるというか、クセになりそうですアンパンマン…ww
(さすがにそこにハマると沼というか足を踏み入れてはいけないと思うので自重するけどw)

うしとら は10話くらい見て、2期に入ったころからお休みしてたんですけど
先日2期が終了した、完結と聞いたのでディレイ放送で追いつこうかと。
BSアニマックスでの放送時間がちょうど見られる時間帯なので
これからなんとか最終話まで追いつこうかと思いますw
飛び飛びで見てましたがほんとあれ作画も演出も音楽も演技も
全力で原作リスペクトしてるのが画面見ててもばんばん伝わってくるんで
めっちゃ圧倒されますね……。白面の者すげー怖いし。作画も迫力大。
(つか、白面の声って加工されてるけど林原めぐみさんなんですね!!すげー驚いた)
最後までどうにか追っかけていきたいです、楽しみ。
生活時間的に見られるかどうか毎週綱渡りではあるけども……(苦笑)
(平日夜10時ごろって子どもの寝かしつけとカブっているんだよね……なんとかしよう……)

他に、今になって5年前のガンダムAGEを見てたりします(笑)今更ww
あと7話くらいで見終わるんだよーなんとかデッキの容量明けときたいよー(笑)
ええと、今になって見てるとやっぱり「優しいガンダム」だなーって思います。
主人公が敵方の事情を見聞きして考えが変わって、まではよくあるけど
強いモビルスーツをうまく操って「なるべく敵を殺傷しない」戦闘をしよう、と
いう結論が出たところがうおおって思いました(笑)そうきたか……
まあ最後まで見てみます。前半主人公で終盤おじいちゃんになったフリットが
ほんと老がi…げふんげふん(笑)フリットじいちゃんもどうなっていくのかな。

あ、最新のアニメは今視聴止まってます……(苦笑)文豪犬とガンダムユニコーン。
続き見たいんだけど……子どもが居ないか寝てるタイミングでないと見られないので;
でも文豪犬の方は最近友達が夜中の放送を見てハマってくれて(笑)、
自分が録画したまままだ見てない話までダビングして送っておきましたww
読書好きな人に文豪犬見せるとハマってくれるかもしれません~うふふ。

そんな感じでとりとめなくなりましたが(苦笑)
アニメたくさん見たいよ~来週からのアルスラーン2期早く見たいよ~うずうず。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-06-30 23:30 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

たまにはふるいあにめも


おこんばんわどす伊山だす。おげんきですか。

毎週水曜日にスカパーテレ朝チャンネル2で放送していた
聖闘士星矢再放送が先日とうとう最終回を迎えまして(涙)
毎週の楽しみがひとつ無くなった……という感じです(苦笑)
調べたらちょうど1年前から見てるのですっかり習慣になってしまってました。
終盤のポセイドン編は、それまでのアスガルド編までと比べて
格段にテンポが良く、1話にぐいぐい内容を詰めてきてたので、
今見るとなんだか残り1クールで終わらせるのが確定してたんだろうなあ……
っていうオトナな事情があったのかしらとうがった見方をしてしまいました(苦笑)
たぶんポセイドン編で放送終了するって制作側に伝えられてたんですよねきっと。
そんで残り1クール13話でどうまとめるかって
ストーリー構成きちんとやって内容詰め込んで終わらせようっていう
段取りが見えた感じだったんですよね、ええ(笑)
確かワタシの記憶だとポセイドン編のアニメ始まるころには
原作のポセイドン編はほぼ終わっててハーデス編に入ってたと思うんで、
話を再構成しやすかったのかなと。うがった見方ですが(苦笑)

いやーでも却って話詰め込んでくれた方がテンポ良く見られて楽しかったです(笑)
特に最終話前は、7つめの最後の柱を倒してポセイドンと対峙して
一瞬倒したと思ってメインブレドウィナに向かったところでポセイドンが真の覚醒をして
青銅たちがやられて、聖域から黄金聖衣が飛んでいったと思ったら星矢が立ちあがって
シャイナさんがかばって氷河と紫龍に黄金聖衣が装着された、
ってとこまでが詰め込まれてましたからね(笑)どんだけ流れ早いんだよって(笑)
アスガルド編で1クールでの話の構成をつかんだ感触をそのまま原作付のポセイドン編に
応用しようとして、やっぱり原作の内容収まらんわ、詰め込んどけ、って
なったような印象さえ覚えます(笑)わはは。
うーん、でもそのくらい原作付アニメをほぼリアルタイムで製作していく、って
難しいことなんだろうなあって思えました。ジャンプ載ってすぐ脚本書く感じだったろうし。
まあ、そのへんのオトナの事情はいいや(笑)おいとこう。

そんでテンポが良くて面白かったのと、やはり荒木伸吾さんの作画は綺麗だなあと
いうのが大きな感想で(笑)、あとは終盤になるとさすがに演出とか見せ方とかが
固まってきちゃったかなあとか(放送初期の見せ方の試行錯誤がおさまった感じ)
原作の表現に沿った画面づくりになってきてるなあとか
今の感覚で見るとみえてくるものがあったりして。マニアックな見方ですが(苦笑)
なかなか興味深かったです。長期アニメってやはり色々あるんだろうなあ……。
どうでもいいですけどアイザックの声って中尾隆聖さんだったんですね……まだ声がお若かった。
あとバイアン!シーホースのバイアンの声、速水奨さんで
それがまー、めためた美形声!wお若かったこともあるんだろうけど
なんというか本当透き通った印象の声質で、今聞いても素敵だなーってうっとりしました(*´∀`)

というわけで再放送の聖闘士星矢は惜しくも終わってしまったわけですが
(しかしスカパーでは別枠でよくディレイ放送してたりするのでまたいつか再放送するだろう)
この頃はスカパー視聴のおかげで色んな作品の再放送を見聞きする機会が増えまして、
今見ると新たな発見とか失われてしまったものの憧憬とか
いろんな感情を得られることが多くなりました。
例えばYAWARA!にワタシが尊敬するアニメーターの逢坂浩司さんが参加されてたとか
ドラゴンボールにサムシング吉松氏こと吉松孝博氏が参加されてたとか
初期のアンパンマンに今は亡き内海賢二さんや塩沢兼人さんがゲスト出演されてたとか
(ばりばり第一線の頃の声だったよ……懐かしや……(涙))、
もう他にもいろいろ。どの作品見ても聞いても、どこかに必ず新しい発見があります(笑)
いやー再放送ってすごい。すべてに歴史がある。ありがたや。
現在アニメスタッフとしてトップで走っておられるクリエイターさんたちも
最初は動画とか演出助手とかで下積み時代があったんだなあとか
EDクレジット見てると感慨深くなります……。この頃から動画されてたんだー、とかね。
もうマニアックな見方で本当すいません(苦笑)が、これが楽しいのですww
これだからアニメ好きはやめられない……際限ないよね(苦笑)
だから衛星放送は自分には毒だって言ってたんだけどね(苦笑)あはは。

まあそんなこんなで再放送見てると楽しいっす。スカパーばんざい(笑)
今はネット配信とかでも色々見られるようになってきたんで
機会があれば昔の作品にも触れてみられると良いかと思います(*´ω`*)
あ、最新のアニメは今見れてないや……(爆)また今度(苦笑)
ではでは。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-05-06 23:53 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

春のしんばん


おこんばんにゃ。伊山どす。福岡は元気ですよ~
ええと春から始まったアニメ新番組をいくつか視聴。

「ガンダムユニコーンre:0096」
駆け足で最新3話まで視聴。
これこれ、ワタシが知ってるガンダムってこれだよ!って言いたくなりました(笑)
ミノフスキー粒子が出てくるし人がさらさら死ぬし宇宙空間でのふわふわ具合とか(笑)、
そうそう、ワタシが見たかったガンダムってこうだったよ、こう、って
ちょっと嬉しくなった感じでした(笑)
(…いや、オルフェンズをディスってるわけではないんだ(笑)
本来ガンダムシリーズってこんな印象を受ける作品だったってことで)
それにしても劇場版を再編集したとはいえめちゃめちゃ絵が綺麗ですw
キャラはもちろん、手描きモビルスーツもなんというのかな、重さがある動きというか、
立体物の回り込みの構図とか厚みがあって……って、言いたい事分かりますかね(苦笑)
とにかくよく動くし絵は乱れないし、構図や演出よく考えられてると思うし(エラソウ)、
作画もすっごくレベル高いなーって感じるところが多くて
見ててうっとりすることが多いです^^主人公のバナージくんよく表情が動いたりしてすごい。
ええととりあえず視聴継続です。キレイなガンダムを見ていたい(笑)

「文豪ストレイドッグス」
1話見た!綺麗な画面!w
異能力の表現もキラキラしてて原作コミックが世界がこんなに綺麗なんだな~って
変な感心をしてしまったくらい(笑)いやー色がつくっていいですね(笑)
元々原作コミックがあまりスクリーントーンを使わないというか白黒の印象が強い画面なので
アニメで色がついて動きがでると文豪の世界がこんな感じだったのかあ、と
改めてアニメの映像のチカラを思い知る感じでした。
モノローグを画面右に原稿用紙の枠で出すのも面白いですね。
あと「文字」を印象的につかうタイトルバックとか。
気になっていた監督さんや作画スタッフのお仕事ぶりも想像していた以上に素晴らしくて
もう一目で録画保存を決めました(笑)もともと好みのスタッフさんたちなので信頼度抜群。
ウテナテイストは……まだ出てなかったです(笑)出てこないかな?多分。
そう、面白い構成になってて、A,Bパートが終わったらOPになって、
予告が映ったらすぐED、という変則構成になってたのが斬新でしたw
2話以降はどうなるかな?OP、すごくかっちょいいというかスタイリッシュで大変良いですw
見られる環境にある方はぜひ~。見る人を惹きつける魅力のある画面づくりです^^

今のところこの2本を追っかけていこうとおもっとりますw
今更ながら5年前のガンダムAGEを録画消化し始めてて(爆)、
これ今みるととても「優しい」作品だなあと思ったりしています。
これもそうだけど、トミノさん以外の製作のガンダムって全部「俺ガンダム」なのか……って
認識を新たにしております……ええ、オルフェンズとか色々ね(笑)
まあいいや、ちまちま録画くずしていきます。容量を空けねば……(苦笑)

そんなかんじで。とりとめなくなく。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-04-18 23:44 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

孤児たちという意味らしい


いやー、終わりました「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」
全25話、しっかり完走いたしました。ご存知のとおり?ハマリしました(笑)
もう最後どうなっちゃうか心配で心配で……放送日前日には最終回の夢もみましたもんね(笑)
(ミカがオルガとの過去を長く回想してはッと目覚めたらオルガが撃たれた、みたいな内容)
どんだけオルフェンズのこと気がかりなんや自分……とツッコミいれつつw
ほんとここまでハマれたアニメ久々だったので
嬉しいやら照れくさいやらです(笑)
そしてここまでハマるのならブログカテゴリ作ればいいんじゃないかとセルフツッコミ……
いや、もうここまできたらさらっと流します(笑)

長くなりそうなので感想は以下おりたたみ。

萌え&燃え
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-04-02 23:44 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

どうなるんだオルフェンズ


おこんばんわですアニメ感想です。
オルフェンズももう24話になりました。うーむ。

前回で地球での目的地、市街地に入ったところで引いたと思ったら
もう3日すぎてる状態から始まって、いきなりビックリしました(汗)
その3日間は消耗戦だったようで、鉄華団に相当死傷者がでてるもよう。
肝心のモビルスーツは後方でちまちまと戦闘してて、
なぜ前線の市街地に出ないかというと、エネルギー源であるエイハブリアクターが
生活環境に干渉(電磁波とか電気信号を使えなくさせちゃうらしいです)するため、
市民に悪影響をだしたくない、とのことで。
川の水を止めていたと思われるので、それまではおそらく出しては引き、の
戦闘行為だけ続けていたんでしょうね。きついな。

護衛しているマカナイ氏の要求である、代表選挙開催はもう数時間後となり、
オルガは突破するために特攻を決意します。
メリビットさんが決死の説得をしたけど……もう鉄華団でまっとうな正論が通じる状況では
なかったという……。
ただ死ぬだけではない、意味のある死を……と言われても
正直こちら視聴者側にとってはなんでそこまでするの、とゾッとする理論展開
ではあるんですが、なんか、こう、死んであだ花散らせる、っていう
まんま極道モノの心理状態になってる感じでしたね(汗)
個人的にはメリビットさんの決死の引き留めに心底共感しました(苦笑)
というか、そもそもなんでこんな必至の戦闘をしてるのかっていうと
単にじーちゃん1人を目的地まで送り届ける、って仕事の依頼なだけのはずなんですが……
どうして死傷者をだす特攻戦になってるのか、そこをオルガは冷静に考えてほしかったです(汗)
鉄華団存続という道をなぜ選べなかったのか……
もう戻れない、ではなく 火星に戻って立て直そう、じゃダメだったのか。
その点、ほんとオルガ達若いなあ……って思います(苦笑)

ああ、えっとあとグレイズアイン(哀)……巨大モビルスーツが襲ってきてですね……。
ヒトツ目のモノアイでアインの声とともに感情を感じさせる挙動をしたりして
ああ、アインが……って本当に切なくなりました(汗)哀しい。
圧倒的な攻撃で約3名退場。約、というのはシノの生死が不明に描かれてたので。
終盤にメインキャラがばたばたと消える、トミノガンダムの踏襲をしなくても
いいんですヨ……とつぶやきたくなりました(苦笑)そこはガンダムなのね(^-^;)
アイン、どうやらモビルスーツとなったせいか記憶の混濁?が始まってるようで、
そもそもの元凶はクーデリアだ、ってなって市街地へ特攻。
(当然信号機なども消える)あと路地1つで目的地、ってところで
マカナイ氏やオルガらが襲撃される。もうここまでか、ってところで
ミカが登場!……ってとこで引きでした。
あああ、あと1話でどうやって終わらせるのさこれ!!!(爆)
(アトラちゃんがわが身を省みずクーさんをかばいに行ったの最高に最高だった!
そしてその2人をかろうじて守ったオルガにハラショーw)

そうだ、次回予告でガエリオが泣いてたんですが(汗)、
あれ多分、突如現れたのが親友のマクギリスだったのが判明するんだろうなあ……。
ガエリオ、ここ2、3話でみるみる可哀想キャラになっていってます(苦笑)
最初はチャラ男系キャラだったのにな……。

やー、もうグレイズアイン(哀)の迫力にこちらも背筋が凍ったし、
個別通信でこっそり弱音はいちゃうオルガに大胆に背中押しちゃうミカの
オトコマエっぷりに哀しくも萌えちゃったり(苦笑)、
ほんと見てて忙しい回でした……。
モビルスーツ戦のカットも多かったし制作側かなり大変だったのでは(^-^;)
スタッフの皆さま本当にありがとうございます……!

最終話、もうどうなるかさっぱり予測不能!w
つつしんで公式様が提供される結末を享受する覚悟でございます……!
(そして最終話は通常より30分遅れで放送、てどこまで視聴者を身もだえさせる気やw)
そんな感じで……。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-03-21 23:11 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

とつげきアニメ感想


おこんばんわです伊山どす。潔くオルフェンズ感想でっす。23話。

いやー……なんつーか切ない話でした。
ミカが、オルガにビスケットの最後の?言葉を伝えるとは思ってなかったんですが
そこでオルガ泣きそうになったもんでミカわざとらしく席をはずしましたよね(笑)
そういうとこは萌えだったりしたんですが(笑)、今回は全体的に切なくて。

雪辱の機会を与えられたマロ眉カルタねーさんが
騎士道よろしく決闘の申し込みに乗り込んできたんだけども
(赤マントをひるがえしたモビルスーツ見てオルガ、あれ?って顔してたよね、きっと
3話のクランクさんの決闘うんぬんを思い出したんではないかな)
その決闘を受けるかどうかの返答とかそういう段階すっとばして
ミカがあっちゅーまにカルタ隊3機ぶっつぶしに飛び込んできたのには
正直 さすがミカさん って思いました(爆汗)
つーか、ミカがバルバトス乗って待機してる時に
生身さらしながらカルタ隊がガン首揃えてるなんて場面見た瞬間に、
ああこれやばいミカさん絶対ボコる間違いない((((;*Д*)))って
心底怖かったですもん(汗)キレッキレの三日月さんの前にのこのこ現れたらアカンて……。
(案の定、最初に突撃された部下の人、なんかぽそって音して落ちてったもんね(汗))
ここはさすがの鉄華団でも「ひでえ」とか言われてましたな(苦笑)さすがミカさんやでぇ……

結局三日月無双でカルタねーさん一方的にボロボロにされて(いっそあれは虐殺だったなと)
かろうじて寸でのところでガエリオが新MSで助けに来たわけですが
(キマリストルーパー、ケンタウロスみたいなシルエットでまじかっこええ!)
その声をマクギリスと間違えたままカルタねーさんは逝ってしまいました……。
タイトルの最後の嘘、ってカルタねーさんへのガエリオの優しい嘘だったんですな(´・ω・`)
切ない……。

それにしても切なさマックスなのはアインだ(汗)
アインの意識が戻りましたってガエリオが連れてこられたのがMSの格納庫で
ん?って思ったら元気なアインの声が目の前の新型MSから聞こえてきて、
ここでワタシちょっとゾッとしたんですけどアイン、MSの一部になっちゃったんですね(汗)
一瞬見えたコントロール画面の上に、「グレイズアイン」って表示されててですね……(怖)
(これはいわゆる「バルバトス三日月」ってことでこのネーミングセンスちょっと待て)
しかも背中にアラヤシキコネクト3つ、腰から下が直接マシンとつながってる、という
シルエットでですね……あああ、アインもう君は食事も生殖行動もできなくなったんだな(爆)
つらいわ……せつない……。ガエリオでなくてもこれでいいのか……?って
問いかけられてる感じがしました(汗)

さて……予定された放送話数はあと2回なんですがこれ終わるんでしょうか(爆)
地球での目的地に着いたところで続いたわけですが……この作品ほんと
ジェットコースータードラマだから先読みとかまったくできない;
公式さまが提供されるお話をそのままありがたく頂戴するだけでありますm(_ _)m
(ネット配信の次回予告、三日月バージョンで淡々と語るだけだったから
またそこで地味にミカ萌えるわけですがまあそれはそれとして(笑))

2期があるというウワサですがこのまま日5枠でいけるのか……?
放送枠変わるか劇場版で終わり、とかありえそうだな~どうなるかな~
そんな感じで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-03-14 22:37 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

しりあす急展開


おこんばんわですオルフェンズ感想文です(笑)
あの、21、22話とシリアス展開が続いてあまり萌え~とかうひょ~とか
言いづらい内容になってきたんですが
やっぱり感想は書きたいもので(笑)、2話分まとめてです。

21話では参謀のビスケットが死んでしまって……!
冒頭からいきなり故郷の火星の様子が出たりして伏線ばりばりだったんですが(苦笑)
まさかいきなりメインキャラの1人が退場してしまうとは……。
さすがにビックリしてこの話はまだ2度目を視聴できていないです(苦笑)

あの、突如乗り込んできたマロ眉ねーさんことカルタさんですが
行動がいちいち大げさなだけで、軍人、指揮官としてはすごくちゃんとしてますね。
戦闘状況の変化に的確に対応してて戦術の指示も巧みです。
その辺はめっちゃ勉強したんだろうなあと思われます。
22話でなんとか逃げ切ったようだけどどうやって切り抜けたんだろうか……。

地球に到達した直後から「火星へ帰る」「帰ったら」みたいな会話が
あちこち出るようになったんですがこれはどういう伏線なのか……。
帰還を期待している仲間のなかで、まだできない還れないと1人言い切る三日月が
いっそ浮いて見えた。てか、22話思ったけど
ミカ、正直ビスケットが退場しても特に感情を揺さぶられてない感じなんですよね……(苦笑)
いっそ「オルガを危険な目に遭わせようとした奴」としか認識してないような
雰囲気すらあってね(苦笑)こわいなー(苦笑)
そんでね、さすがにオルガかなり凹んでたんだけどミカがばんってトビラ開けて現れて
泣きごと?言うオルガに突きつけた言葉が
「オルガ、俺は次なにをすればいい?」だもんね(汗)
一見、これミカがオルガを強い言葉で励ましにきたように思えるシーンでしたが
見ててミカ、一方的に自分の言いたい事だけを言いに来たように思えました。
「俺は何をすればいい、目指す場所はここなのか、連れてってくれるはずだろオルガ」
だもんね、いつもはオルガを見上げているミカがオルガの胸倉掴んで
瞳孔ひらいた目でガンつけてくるとオルガでなくてもヒイィってなると思う(苦笑)
てか、ここかーなーり公式様最大手と感謝申し上げたい気分でした(笑)
ひさしぶりに公式ミカオルきたーーー(*゚Д゚*)って内心テンション上がってましたww
ありがとうミカオルありがとうミカ攻め……感謝かんしゃ……(オイ)
2度目視聴したらちょっと落ち着いて見られましたけど(笑)
だけどもしオルガがこのミカの行動で立ち上がらなかったら
たぶんミカ、いつも右ポケットに忍ばせてるはずの銃でオルガ撃ってた気がするんだよな;
そのくらい、このシーンのミカは「オルガと俺」しか見てなかった感じがしました……。

すごいよねこのくらい共依存の関係性を描きだせるアニメがあるとは参ったわ(苦笑)
しかも地上波日5、やられた(笑)たまらんわ……見てるだけでいいこの2人。うん。
萌えます、ありがとう公式様ありがとう(笑)

ええと、何の話でしたっけ(笑)
あと2話?3話?で終わりみたいです。ブレーキ役、穏健派だったビスケットが退場して
前に突き進むしかないオルガとそのオルガにブレーキなぞを与えないミカ。
鉄華団は独立愚連隊になっていきます…オルガの演説といい、ほんとこれ不良モノだな(笑)

ああ、そういえばギャラル組のアインはぎりぎり退場をまぬがれましたけど
この世界は延命医療が発達している設定だそうで、アインは機械化すれば復帰できそうな……?
しかしアラヤシキをそそのかすマクギリスさん、オルガをそそのかすミカと対比してる感じも
あって、気になります……。
(そして自分で鉄華団かくまってるくせにしゃあしゃあと内通者がいるぽいよとか言うあたり、
ハラグロ通り越してサイコパスのにおいがしてきたよ……(苦笑))

なんかまとまりなくなってきましたが(苦笑)ほんとシリアス展開になってきたので
ますますハラハラしながら続きを見ていきそうです……
最後まで見守っていこうと思っております。
(しかしラストまでの内容によってはケチョンケチョンに言う覚悟あり(笑))
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-03-07 23:08 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

おるふぇんず


お~るふぇーんず、20話です。もう20話か~。

前回地球降下作戦で無事不時着?したところが海辺だったので
予告映像とかもキャラが上半身タンクトップとか身軽な恰好だったため、
すわ、水着回か!?と色めきたったのですがそんなことはなく(笑)、
単に「波打ち際の潮風がべたべたして暑い」から脱いでいただけのようでした(笑)
てか、火星生まれの鉄華団のみんなは「海」とか「魚」とか未知のもののようで
魚を不気味がったりするところはなんだかヨーロッパ人な反応ぽくて興味深かった(笑)
(そういう異文化をさらっと描けるあたりこの作品の強みだと思ったり)

んで、不時着したのか本来の目的地だったのか、
着いたところがクーデリアが目的としてたマカナイ氏の別荘である孤島で(笑)、
(背景画が波打ち際から徐々に広角に描かれて、オチとして孤島だったと分かるように
描かれてるのがまた芸コマ)
そこらへん物語の展開の都合上という気がしないでもないですがw
そのマカナイおじーちゃんも言うことには
鉄華団を評価するからワシを経済圏代表者選挙の場に連れて行け、と。
評価のしどころがどうも、他経済圏の利権を得られるきっかけをつくってくれたから、という
ことらしいのですがあのドルトコロニーのクーデター、結果として成功したぽいですね。
(正確なところは描かれなかったけど、クーデリアさんの宇宙演説から世論が動いて
労働者側に有利になるようマスコミが誘導した可能性がありますね)
他経済圏にうまみが転がってくるから、鉄華団に表彰状を送りたいくらいだと(笑)
そうは言ってもマカナイのじーさん、実は現在失脚してて隠居の身(!)、
何の権力もないはずなのに選挙に出たいとはこれまた。オルガでなくても呆れますね(苦笑)
まあ、火星への帰還の協力をちらつかせて脅されるとオルガ団長も考えますよねえ~
ってわけでマカナイ氏の話に乗ることに。どうでもいいけど蒔苗東護乃介、とはけったいな名前……

実は今回サブタイが「相棒」だったのだけど、
話の中心はオルガとビスケットの衝突の内容でした。
ビスケットの兄さん、ドルトコロニーの騒動で自死してしまったそうで
その遺言というのが「家族や仲間を危機に陥れることなく、穏やかに堅実に生きろ」
というのでね、ビスケットが落ち込んでるとこにオルガ団長意気揚々とやってきて
「オレはマカナイの話に乗るぜ、ドンパチするかもしれないぜ」とか言い出すから
そりゃ衝突もするよねと(苦笑)まあオルガもお兄さんの件知らなかったからね。
(前も言ったけど、情報があるか無いかでいざこざを描くのほんとう上手いですこの作品)
ドンパチやらないで素直に火星に帰ろうよ、とビスケットのいうことも一理あるのです。
……てか、ビスケットは鉄華団のお母さんだから……(´・ω・`)
まあ、組織としてそういう穏やかな立場の人がいてもいいよね。居てこそ、というか。
オルガもビスケットもそれぞれオトナに話を聞いてもらって、まあまあ、と
慰めてもらうのですがそんな風景も若人ならではというかね。和みましたね(*´ω`*)
てか、サブタイが「相棒」でビスケット中心ということは
オルガの相棒はミカでなくてビスケットなのだな……。
ミカはオルガの相棒というより片腕……?半身……?なんなのだろう。
ミカFANとしてはそのへん気になりました(苦笑)

どうでもいいけど、オルガがイラついて両開きのトビラをガァン!と蹴り開けたのだけど
蹴った反動でトビラが戻ってきて、結局手で押して開けざるをえない、て動きの描写があって
これは上手いなー!と地味に感動しました(笑)
なんというか、思春期とかにそういう行動やるよねっていう(笑)
かっこよく蹴ったつもりがやっぱり手で開けるよね、っていうちょっと情けない感じが
その何気ない行動に表現されていた感じで、思わず笑ってしまったけど感心しました。
そんなふうに人物が描写されるのが細かくてすごい。

まあ結局、マカナイ氏のところに鉄華団が居ることがギャラル側に漏れて
きっこねーさんボイスのマロまゆねーさんが出張ってくるところで引きなわけでしたが
あれです、アイン、退場したかと思ったら一部壊死しかけた状態でかろうじて
永らえている様子。おおう。
ガエリオが元に戻せと主張しているところに、こっそりマクギリスさんが
「アラヤシキを使っちゃえ」と囁く……いいのかなあ。そこが今後の肝かしら。

といったところでまた存外長くなってしまいましたが(笑)、
残り4,5話というところなのに着地点が全く見えずますます面白いですw
公式サイトで見られる予告がまたきっこねーさんの無駄遣い……いや、正しくキャスティング
されているのが分かるのでwこれ必見ですね(´ー`)サスガでした

今回ミカの出番少なかったですが(かたくなに魚料理を食べないミカ……)、
次回も楽しみっす!w
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-02-26 22:22 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

がっつりアニメ感想


おこんばんわどす伊山だす。
オルフェンズ感想でがす(笑)
もう19話、いやー冒頭アバンタイトルからミカクー(ミカ&クーデリア)いただきまして
ありがとうございますありがとうございますm(_ _)m
ミカと握手をするというのは1話でもあった繰り返しの描写なのですが
あの時みたいに汚れているというミカに対してクーさんも自分も汚れた手だと。
その姿にふっと表情がゆるむミカもよかったですし、
自分から握手をしにいったミカもすごく良かったです(結局ミカが良い(笑))。
ミカの手、大きいとクーさんも言ってたしそう分かるように作画が描かれてましたが
いやーワタシ実は「手フェチ」なとこがありましてね……
クーさんの女の子っぽい小さな手とミカの骨太ながっしりした手が
握手で分かるように描かれていて、萌えましたね。ええ。萌えました(笑)
ありがとうございますありがとうございます(礼)。

今回はガンダムっぽく地球降下作戦。ド定番の作戦ともいえますw
それがまた面白く描かれてましてね。地球外縁を警備するという名目で
前回から出てきたマロ眉のヘンなねーさん(cv:きっこさん)が10隻くらいの艦隊で
応戦してきたんですが、その戦闘描写がテンポよくムダもなく、
明快に描かれてたので見ててとても爽快でした^^
鶴翼の構えで応戦するっ!とか台詞も出てきて、しみじみ。
中世戦争の陣形表現が一般に受け入れられる時代になってきたのか……と。感慨深いっす。

で、突入するは鉄華団の艦、イサリビなわけですが
それまでどこでえい航していたのか、以前接収したブルワーズの艦を盾にしながら
相手艦隊近くまで突っ込んできて、仕掛けていた'チャフ'を撒き、
(チャフってのもなんかこー、宇宙戦というより前時代的な印象を受ける……
そこでミノフスキー粒子とか出てこないあたりがオルフェンズらしさか(笑))
敵通信をかく乱させたところで情報集中施設(いわゆる本陣)を攻撃、
そのドンパチやってる隙に本来地球へ降り立つべきメインクルーが
別空域でスペースシャトル(降下船)で大気圏突入を狙う……という展開でした。
沢山モビルスーツも出てきて戦闘も盛り上がってましたよ!^^
残り話数的に最後の宇宙戦闘シーンだったかと思うのでリキ入ってた印象w
艦隊戦もやってくれたし、戦争での定石と言われる戦闘パターンはこれで大体なぞったかもw
(あの地球外縁軌道のモビルスーツ部隊はあれ、突撃の時決められた動きをしてたよね、
きっと何度も練習したんだよね、ジェットストリームアタックみたいなもんだよね(笑))

しかし相変わらずムチャで無謀な作戦立てますねオルガ団長……(苦笑)
それゆえか、ミカがぎりぎりまでスペースシャトルに接舷できなくて
あわや地球の重力に引きずられるか、と際どかったんですが
(ミカ、一瞬目線をずらして遠いところみてたよね、あれは死を覚悟してたよねそうだよね)
直前に撃破した敵モビルスーツを文字通り盾にして(笑)、大気圏突破するという
荒業にでましたよ(笑)バルバトスからの意思もあった?と感じられるような描写だったのも良。
ミカが助かったと分かった時の皆の表情ったら……!(萌)
特にオルガは何度も「ミカ!ミカァ!返事しろ!」って必死に呼びかけてたんで
個人的にそこも萌えました(笑)ふへへ。

初めて見る地球の風景にきょろきょろ見回して、ぽつりと、
「あれが、三日月……」と、自分の名前のいわれとなった天体を見つけたミカの言葉に
なんだか本当にしんみりしました。三日月見てみたいって言ってたもんね。

ところでギャラルホルンのアインはあれ、しんじゃったのかな……?
脱出ポッドだしてた?よくわからなかったけども、しんじゃったらしんじゃったで
あれでいいと思うのですが、どうなんだろ。むむ。
この頃地味~に、ギャラルのガエリオとアインの身長体格差に萌えていたので
退場したとしたらひそかに残念でございます(苦笑)

というところで今回も面白かったんですが、……あの、次回予告のカットに
こそっと混ぜられてた1カット、アトラちゃんやミカが何気に成長している?大きくなってる?
画像があったんですが……どうなの、どういうことなの。一気に年数経っちゃうの。
個人的にはアトラの妄想シーンであってほしいと願っとります(苦笑)

つづくよ!
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-02-18 23:31 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)