カテゴリ:アニメ感想( 260 )

新年のおるふぇんず


オルフェンズ感想でっす。14話。
今回から新OPEDに変わりました~。
まあ初回からのインパクトがあった分これまでの映像が
好きかな~ってのはあるんですが
新EDはミカとオルガの幼少時の様子が垣間見られるので……(萌)
かわいかったす……とくにミカのカマボコ目とだぶだぶの服で膨れた様子が
伊藤悠先生の絵の雰囲気があって……うへへ(壊)

ええと前回のキス騒動?で翻弄されているクーさん(笑)
ふらふらになってる姿が可愛かったwちゅーされたことで結婚まで考えてるとはww
かわいいわあクーさん~。
そしてアトラもクーデリアの居場所を悟って迎えにくるあたりかわえええ。
アトラ、ミカがじっと見つめてる様子ですぐミカの変化に気づいたりして
本当にかわいいです。この作品に出てる女の子みんなカワイイ。憎めない。

ちょっと前から鉄華団が輸送するっていう荷物が少し怪しいなあ、ただの荷物じゃないだろうなあ
とうっすら感じていたらば、なんと本当にキナ臭い荷物で(苦笑)
コロニーでの労働者クーデターを誘発する武器を運んでいたと。
(図らずも鉄華団が武器商人みたいな役柄にさせられてしまった……)
しかも鉄華団が労働者たちの希望の騎士みたいな
うさんくさいキャッチコピー?まで付けられてると判明して見てるこっちも戸惑うばかり。
てか、ほんとうにうさんくさいなこの労働者クーデター……(苦笑)
不満があるとはいえ地道に働いてきた人たちだろうに
無邪気に武器弾薬手にして やってやるーいえーい、みたいに浮かれてる感じで
その何も考えてなさがむしろ怖いというか(汗)
武器を手にして戦う意味を見つめていない虚ろさ、みたいな。こわいわ。
オルガたちは勝手に祭り上げられてるし、かといってテイワズの事を考えたら首突っ込むわけにも
いかないし、どうする、ってところで引き。

それにしても自分ほんとうにミカのFANなんだなあと……。画面にミカが映れば
ミカの様子しか見てないもん(笑)
今回はぽつぽつしゃべってたしビスケットの様子とかに気づいて声かけたりとか
細々と動きがあったので見てて嬉しかった(笑)コーヒー飲んでたようだったし(笑)
(コーヒーが好きなんじゃなくて、選択肢の中で選ぶとしたらこれしかなかったんだろうなあ
っていうイメージ。ミカとコーヒー。)
まあたぶん、クーさんのことは何ら意識してないと思いますよ……(笑)
ああもうミカ好きだなあああ(萌)

そんな感じでミカ中心視聴していた今回でした(笑)
あっそうだ予告や新OPにちらっと出てた仮面の人(やっとガンダムぽい人がでてきた!w)
あれはっきりいってチョコレートの人だよね!!w声でまるわかりなんですけどww
隠す気ないよねこの仮面の人w最近は00といい、ガンダムの仮面キャラって
いじられる傾向がある気がするよ(笑)

あ、そうそう今週はやっとまともに「うしおととら」が見れたんですよ。
原作でも評判の高いかまいたち3兄弟の話だったんですけど(これは見逃せなかった)
ワタシ原作未読ですがこれ内容変更されてますよね?ちょっと雰囲気がちがった……感じ。
原作とニュアンスは変えてないだろうとは思うんですが
原作ではどういう表現でこのお話を作っていたんだろうとすごく興味がわきました。
レンタルコミックにあったら読んでみよう……。
うしとらはらんまと同時期にサンデー掲載されてたんでたまーに目を通したりは
してたんですけど、改めてきちんと読んだことないんで
この機会に気になるところだけでも読んでおこうかな。
ふすま?でしたっけOPでも描かれてる空中戦のシーンも見ておこうかしら。
アニメの出来が良いと、こうやって原作にも戻りたくなるってのが興味深いところですね。

そんなところですがまた~。ミカオル成分補給プリーズ……(言うとけ)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-01-10 23:17 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

おーるふぇーん


アニメ感想という名のオルフェンズ感想です(笑)
実は年始にオルフェンズの夢みてしまいましてね……(爆)
アニメキャラが夢にでてくるのって年単位で久しぶりだ(笑)
オルガやひもじそうな鉄華団の子たちがおかゆを食べていて
その途中でオルガが自分の記憶にしかない話をはじめて
皆してオルガ何言ってんだよ~みたく突っ込んでる、て内容でしたw
珍しく?ミカが出てこなかったのが面白かったです。
ワタシ三日月ファンだけど夢には出てこないのかなって。
いや、どうでもいいですね(笑)夢にまで出るくらい好きなのか我ながらww

年末に放送された13話はミカばっかりの話で満足でした(笑)
ミカが戦闘の途中でだんだん「うん……この気持ちは?」と戸惑い?みたいなのを
感じていたようなんですが、それが戦闘の高揚なのか、それとも敵が言うような
「人殺しを楽しんでいる気持ち」なのか、そこはミカも分からなかったようです。
(というか、どうやらアラヤシキシステムにそういう高揚感を増長させるような
副次作用があるのかもしれません。戦闘マシンと身体が直接つながってるもんねえ。
アキヒロの弟がいまわの際でも気持ちがスッキリと言ってたのも伏線かも)
しかし、敵と死闘を繰り広げながらも沈着冷静にモビルスーツの装甲のスキマを
的確に狙うミカは本当に死神だよ……表情も声のトーンも変えないで淡々とさ。
ミカがつぶやいた「こいつは死んでいい奴だから。」と、
以前ギャラルホルン側にいるアインが「殺していい子どももいる…」とつぶやいたのが
何となくリンクしているというか、対比されてるようにも感じられて空恐ろしいです(汗)

ミカ目線で見ると、艦に戻ったところで味方が何人か死んでいて
代わりに自分が死ねば良かったと悔やむシノが居て、
その背中に声をかけるミカと、宇宙葬をすることになってその場にいた皆の涙を見たミカは
さっきまでモビルスーツで死闘を乗り越えてきたミカとは同じミカなのに
状況が相反していて、そこがミカの手の震えに表れていたのかな……と邪推。
フミタンが言う「押し殺してきた強い気持ちがねじれて現れてくる」という姿なのかも
しれないけど、……個人的には戦闘の高揚感が、いつも冷静なミカの中で処理しきれないだけ、
だったらいいな~と思ったりしました。

……しかしだね、そこに名瀬さんが余計なことを吹き込むというかね(笑)、
「人死にが多い年は出生率が高い、隣にいる女が可愛く見えてくる」とかって
チューチューいちゃつく姿をミカに見せちゃうとね(笑)
ミカ、表面上はふーんとか顔しててもちゃんと脳裏に残ってるからね、
だからクーデリアが柄にもなくミカを抱きしめて背中ぽんぽんとかしちゃうと
お礼?にチューとかしちゃうんだよね(笑)これね(笑)ww
ここね、本当に見てるこっちは顔がポカーン(゚Д゚)てなりましたww
そんでヒトコマで飛び下がるクーさん(もうカワイイからクーさんでいい(笑))が
もうギャグになってて笑えるしww
てかね、抱きしめられたミカが「……は?(嫌悪)」て声出したのがほんとミカらしくて良かったww
でもクーさんが一所懸命理由をおどおど説明してるのを聞いてたら
何か言いかけたミカの口元がUPになって、でも言わずふっと笑った口元になって
そこからチューに至っているので、ほんとあの口元がミカの心境を的確に表してる感じで
とても良かったです^^ あ~……う、まあいいか、ふっ(笑み)、みたいなw
でもミカ、可愛かったから(キスした)、と言いつつ「ごめん、嫌だった?」
って聞くのすごくズルいと思うwwミカにそういわれたら嫌じゃないとしか言えないじゃないかw
ほんとこいつ天然の攻めだなwwたまらんなwww(萌)

はぁはぁ、まあそんなとこですっごく萌えた回でした(笑)
前半戦闘があって人死にがあって葬式のシーンとかもあって
すごくシリアスでしっとりした話でまとめるのかなと思ったら
最後のさいごにミカのキスシーンがくるとかほんとこのスタッフ困るわほんとww(困らない)
他にすごく感じたところは、弟が目の前で死なれたアキヒロが、
寄りにもよってその弟が乗ってたモビルスーツ鹵獲されたのを自分が乗るとか言い出して、
弟の思い出と一緒に乗る、とか言い放って、このキャラは強いなと。
それからオルガが敵一味にいたヒューマンデヴリの子供たち10数人を
まとめて鉄華団に引き取る、とかっちょいいことを言ってのけて、そこもシビレましたねw
(火星もいいところとは言えないが、食事にスープがつくぞ、って良いコロシ文句だよね)
男相手にはそういうかっちょいいオルガなのに、年上の女性(メリビットさん)相手には
オバさんて言ったのが聞こえてガキとかやり返されるあたりギャップ出てていいなw
(葬式を受け入れるあたり、チラリとメリビットさんに一瞥をくれる姿も良かった^^)
この作品はそういう、キャラの気持ちの動きを動作とか目線とか口元とか
細かい部分で表現してくれるんで深読みする楽しみもあってほんとう好きです^^

そんな感じでつらつら書きまくりましたが(笑)(毎回ここまで書き込みたいよ本当)
メインの話としてはクーさんの地球輸送が色々遠回りになりそうで
大丈夫かな~ってハラハラしたり、ギャラルホルン側にも確執が出てきそうだなとか
次回以降の楽しみもワクワクで、何が言いたいかっていうと
本当にオルフェンズ面白いです(笑)ふはは。

年末年始は録画の消化に追われてこれ以外のアニメ見れてないんですが(爆)
もうほんと皆オルフェンズ見ればいいよ、日曜日のBS11でディレイ放送も始まったよ!!
(ディレイも見たいけど大河ドラマシフトに関わるので無理~(笑))
そんなこんなで自分だけが楽しい感想文でしたww
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-01-07 22:05 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

2話まとめて


鉄血のオルフェンズ11、12話視聴。今回は2話まとめて。

うーん、この2週分はいろいろ考えさせられました。
まずヒューマンデヴリという設定を全面に押し出していること。
このネーミング上手いなと思うんだけど、要するに人身売買の被害者たちです。
奴隷……とまではいかないけどそういう立場の人間が存在しているという世界観。
メインキャラの1人、アキヒロがそのヒューマンデヴリで、
2話で鉄華団を立ち上げるまではオルガたちより1ランク下がる扱われ方を
されていたけれども、オルガはそのデヴリたちもまとめて鉄華団に加えたのです。
鉄華団では同等、家族とまで言われるようになって
本人いわく「楽しかった」と。「オレにも家族が居たんだって思いだした」と。
それまで弟の存在を忘れてしまうくらいだったと。それくらい過酷だったんだなと
うかがわせる台詞、これだけでも上手いなって思ったけど
アキヒロが弟の事を思い出した矢先に、敵モビルスーツにその弟が乗ってたという展開(^-^;)
まあそういう流れにもってこうとしているのが分かったのでそうきたかという感じでしたが(笑)
弟と直接対決をしたアキヒロは、
「デヴリのくせに楽しいとか思ってバチが当たったんだ」と自分を責めるのです。
ここね、とても切ないし辛いなって思いました。
奴隷として蔑まれていた立場の人の、物の考え方をこの台詞で端的に表現していたので。

実は作品内で誰も、アキヒロに面と向かって
「そうじゃない君はもう奴隷じゃない。差別は良くない」とかは言わないんですよ。
オルガは「そうか、楽しかったのがバチなら鉄華団に誘ったオレが悪かったんだな」
って自分が悪いように言い放ってアキヒロの言葉を暗に否定しました。
そういう返し方すごく上手だし、変に優等生ぽくないのがすごく良かった。
なんかね、そういう差別とか虐げられた者とか、デリケートな問題じゃないですか。
そこをあからさまに全面に押し出すんじゃなくて、
「当然に存在していること」として表現しているんですよ。わかるかな。すごいですよ。
キャラたちにとっては当然なので視聴者に向けて丁寧に説明することなく、
だけど差別があることを分からせる作り方をしている。
そして視聴者は敏感に感じ取って、アキヒロがんばれと思えるようになっていく。
ほんと、興味深い作り方になっていると思います。すごいわ。

でね、結局アキヒロは弟を亡くすわけですが(その辺丁寧に感想書きたいけど長くなるので割愛)
アキヒロ次週以降どうなるのか不安……またデヴリ根性丸出しになって
「どうせデヴリの自分なんか」とか言い出すんでしょうか……。
そうじゃない、と。作品内の誰かが言ってあげてほしいな。君は人間だと。
(我ながら感情移入しすぎだと思います……)

ええと、その点のほかは萌えも少なめで。ミカが例によってSで攻めだなとか(笑)
(おやっさんを助けようともせず、まあ大丈夫でしょとかワロタw)
それでいてタブレット端末で移動中もお勉強してたりとか(萌)
タカキ助かって良かったなあとかアトラちゃんとクーデリアはセットでかわいいなあとか。
宇宙で艦隊戦をやったり作戦がうまくハマったり、エイハブリアクターが重力制御を
してたんだなあと視聴者の代わりにクーデリアが恥をかいてくれたりとか。
(これも上手い表現でした。知ってて当然なことを踏み外すことで世界の常識を教えてくれる)
ガンダムは重力制御装置を持ってるから宇宙でもひょいひょい動ける設定なのですね……。

それにしてもこの作品に1つだけ注文を付けたいのは
宇宙戦での表現だわ……。いくらなんでも「遠方から発砲音が聞こえる」なんて表現は
使えるわけないっつーの(苦笑)
(ヘッドホンで音聞いてたけどさすがに萎えたわ;)
地味ーに気になってるんですが、宇宙での戦闘中でも銃火器の音、銃声が
パスッ、ボスッ、ドン、ボンッと聞こえるわけですよ……。地上ならまだしも……(^-^;)
アニメ的表現と割り切って見てればいいんでしょうけど……。なんか気になる(苦笑)
説明つけようと思えばつけられるんでしょうけどね。むー。
(なんでそこまで宇宙空間の表現に自分が引っ掛かりを感じるのか考えてみたけど、
あれかも、「逆シャア」でクェスがノーマルスーツ無で宇宙に飛び出してくるくる回転
してたのを見たせいかも。あれが自分にとってのファーストインプレッション・宇宙で、
そこから宇宙空間に対するイメージが固定されちゃったような気がするわ。むむ。)

今回萌えは少ないですが丁寧にていねいに作られていて
ほんと面白いです。オルフェンズ。EDの入り方がほんと秀逸……。
そんなこんなで(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-12-20 23:21 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

略称は鉄オル?


オルフェンズ10話視聴、明日からの手紙。
いやー、やばいわ、最近これ以外のアニメほとんど見てない…(苦笑)
おそ松さんはいつの間にか脱落したし(苦笑)、
うしとらは追えてるけど絵がきれいだなーくらいしか感想が浮かばないっす(^-^;)
ルパンといい、丁寧に作られているけど突っ込みどころが少ない、という作品は
特に感想をUPしなくていいかと思えてしまうのが贅沢なところ。

さておきオルフェンズ。火星からメールが届いてウキウキの面々。
この世界でのメールは惑星間通信みたいなもんなんでしょうか。
ビデオメールだけどまとめて届いてたみたいなので
火星にいるメンバーの誰かが撮りまとめて送ってくれたのかな。
そう考えるとちょっと微笑ましいw

今回主役のミカがちょっとしか出てこなかったんですけど、
先行して出発する鉄華団の艦を見送りながら寂しい、と言えるミカは
自己が確立してる子なんだなあという印象を受けました。自分の気持ちが言える子。
(しかしおやっさん、この子もガキなんだなあとしみじみしてたけど違う、違うよ、
ミカはオルガをただガン見してるだけなんだよ(笑)オルガに何かあったら嫌なだけだよ…)
ミカが呼ばれて、「うーす」て返事するところがかわいかったです……(笑)

物理的にオルガとミカが離れた話というのは初めてで、
何か起こるのかな?と見てる側としてはドキドキ(笑)したのですがw
どうやらオンナの影、でしたね。テイワズとの窓口係としてメリビットさん登場。
ハンカチの貸し借りとかエレベーターでの会話とか、
オルガにオトナの女性の雰囲気ぷんぷんまき散らしちゃう印象です(笑)
しかし……オルガ、鉄華団をまとめると気負うあまりに
女性にわき目もふらず家長とか居場所とか家族とかガチガチに固まっちゃってて
あやうい……印象です。ポキリといっちゃいそうだよなあオルガ。

それにしても今回ラストがすごく良かったですね~!
偵察で離れたモビルスーツが襲われて絶対絶命、キャラの顔のUPでああっと思った瞬間に
EDが流れてミカのモビルスーツが到着!っていうね!いうね!ww
ほんと、直前まで偵察にでた2人が死亡フラグ立てまくりだったんで
ヤバイやばい死ぬしぬとかハラハラしてたのが
ミカ到着!でカタルシス~すっきりしましたもん(笑)
すごく良かったです~。コクピットの中で「は~。」と息をつくミカと同じ息がでました(笑)
フラグへし折るミカかっちょいい(笑)

それにしてもこのアニメのスタッフ陣に踊らされてる気がしてきました…(笑)
フラグ立ててると視聴者にわからせてからのフラグブレイク(笑)なので
いっそ分かっててそこまで作ってるだろうと(苦笑)むぅぅ(笑)
制作陣の思惑にまんまと乗ってしまっている気がしています(苦笑)
それでもいいけどね!!

なんかまだ語り足りない感じですが(笑)、また次回以降も楽しみっすw
あっ今月のアニメージュ買わないと!アニメ雑誌買うの5年ぶり?くらいww
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-12-08 23:34 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

萌えアニメ


鉄血のオルフェンズ、順調にハマっています。
いやーオタク垢っていいねえ。好き放題書き込めて楽だわ(笑)(独り言)

ええと9話見ました。オルガが萌えキャラでした(爆笑)
なんか、鉄華団の仲間を家族と認識したオルガがいろいろ背伸びしてた姿が
萌えキャラで(笑)、名瀬さんみたくこちらのケツがかゆくなる感じでしたw
家長として振る舞おうと宴会ひらいたりお菓子買ってあげたり……
挙句酒に振り回されて道端で戻したり(笑)もう青いあおいw
そこがもー萌えでしたww
(しかも背中をさすってあげるミカの手!本妻!(笑))

ああ、いやストーリー的には木星の大企業の親分(もうヤクザマフィアの親分でいいよねw)、
マクマード氏と直接対面して、名瀬さんとこのチーム・タービンズと
兄弟の盃を交わす、ことになったオルガたちという感じで。
盃、というあたりがもうジャパニーズYAKUZA(笑)
名瀬さんと兄弟盃を交わす=木星マフィアの下っ端に入る、という形になるので
今後鉄華団が有名企業の庇護下になって動きやすくなる、ということになって
オルガはめっちゃキンチョーしつつもいい話なので嬉しそう。
そこでさっきの酒飲んでテンションUP、なんですけども(笑)
兄弟盃を交わす儀式のシーンは、鉄華団のメインメンバーが普段の服の上に
黒の紋付き羽織をはおって(笑)ずらりと整列してたもんで
なんだか世界観が面白いことになって楽しかったですw
(家紋代わりに鉄華団のマークが赤で染め抜いてあってそのためにこしらえたんかとww)
いやー、宇宙でモビルスーツ戦やるような世界観だと思っているのに
突如としてジャパニーズマフィアちがった(笑)ヤクザのような場面が出てくるとはねw
なぜか漢字でオルガの名前とか出てくるしww(御留我威都華とか(笑)珍走団かよww)

なんかもうこの話見てて生あったかい気持ちになっちゃったよ(笑)
しかし、シリアス面ではクーデリアがね、火星独立運動を続けていると
きっと戦争になるぞ、と脅されて(いや多分そうなるはず)、
自分の考えを貫いていいものか……と悩んだ挙句、結局理想を突き進むと決意してね。
そこがすごいなと。自分だったら「あなたの考え、戦争が起きますよ」とか言われたら
「アッハイすいません止めます」ってなるんだけど(笑)、
クーデリアはそこ曲げなかった。そこがすごい。よほどの天然か傑物か。
(現実世界でも理想を突き進んで社会構造を変えた女性政治家とかいるけど、
そういうタイプなのかなクーデリアは。そういう人物を描こうとしているのかしら)
クーデリア、鉄華団についていっていいのか……と一種空恐ろしいほどの先行き不安を
感じなくもないんだけど(苦笑)
そのへん、今度どう描かれるかってところでしょうか。

これね、もうほんとガンダムじゃなくていいんだけど(笑)
ガンダムっぽいところ全然でてこないwwこれからでてくるのかしらw気になってきたw
もう、とにもかくにも、この作品に今めっちゃ入れ込んでるんで
どうぞ生ぬるく見守ってやってくだせえ……っていうか誰か語ろう(笑)

そんなところで(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-12-03 23:04 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

半死半生アニメ


はっ、気が付けばもう週末ではないか。
すいません伊山どす。のんびりしすぎています(苦笑)

オルフェンズ8話視聴。というかリアタイで見てたのに
あんまりにも悶絶させられたもんで興奮が覚めて落ち着くのを待っていたら
もう週末という体たらく(笑)

今回は前回の戦闘のオルガ視点から。
というか前回戦艦同士がすれちがう瞬間にモビルワーカー射出して
相手艦に乗り込んで白兵戦挑んでいるというオルガの作戦無謀すぎるだろ(笑)
うまくいったからいいものの(苦笑)
そんで相手艦、名瀬さんが乗ってる船はいわゆる名瀬さんのハーレム艦で(笑)
乗務員全員女性。警備係とかオペレーターとか整備員もかな?女性だけで艦1隻動かしてる。
しかもみーんな名瀬さんのお手付き(笑)らしいからねw
招かれたクーデリアちゃんとか十代のみんなドキドキw
(さらに居住区には乳幼児5人も乗せてるという、名瀬さん器の大きいダンナw)
名瀬さんとオルガの交渉、やりとりを見てると
少年たちの目線に下りて対等に話してくれてるオトナの名瀬さんと、
体面をつくろいつつ相手の懐の大きさに押されて飲まれそうになっちゃう若造オルガたちの会話
という雰囲気を確かに感じさせられて、なかなか興味深かったです。
名瀬さんいわくの「青臭くてケツがかゆくなる」話題だったけども。
ちょっと嬉しかったりもするよね、そういう気概のある若造が向かってくるとさ。

まあ、そんで木星のマフィア企業(笑)「テイワズ」の庇護を受けられないかどうか、
名瀬さんの計らいでテイワズ社長と対面させてもらえることになりました、というところまで。
会話がメインの回でしたがやりとりの中でキャラクタの内面の変化とか個性とかを
しっかり描写してきてぐんぐん引き込まれる、という脚本だった印象で
すごく面白かったです。
そう、珍しくミカが落ち込んでてそこをオルガが見透かして彼なりの寄り添い方をしてたのが
なかなかいいシーンでした。そうだな、俺も頑張らないとな、って。
ミカはミカでオルガに見捨てられないようにしなきゃね、って本人の目の前で言い放って
こいつ天然だとワタクシを悶絶させたりもしてきやがりましたが(爆笑)

っていうかね、予告!予告がね!!
宇宙戦闘とかするロボアニメだと思ってたのに
なんでか名瀬さんとオルガとミカが 和装 してたりするからねwwww
黒の紋付着てたからね!!それも無駄に違和感なくて似合ってたからねwwww
もうたまらんちんですよなんですかこのアニメ公式が萌えころしにきやがってますかwwww
どうやらテイワズが和風の、日本テイストの環境らしいからそういう恰好するようなんですが
どうしたもんだこれはww普通和装は視聴者が同人でこっそり着せたりするもんだろ(爆笑)
ほんともう、見た瞬間ワタクシ冗談抜きで転げまわって床バンバン叩きましたからね……
そこまで悶絶させられたのいつ以来だこのうwww(アイマスでもそこまで悶絶してないかも)
もうやられましたこのアニメ……たまらんちんですどうしてくれよう(萌)

……ほんとワタシこのアニメどんだけハマってんだよ……
こらえきれずにとうとうtwitter別アカ作っちまったよ……(爆)@ma___iccana
サブアカ作ると管理が面倒だからしないと常々思ってたけど
そんなのどっか行くくらい萌えモエだよオルフェンズ……つ、罪な作品だ(汗)

いや、もう、ほんと、ここまで萌えたぎってしまったアニメは久しぶりです……
この萌えの嵐にいっそとことんまで翻弄されたいので
どうぞしばらく放っておいてください(笑)せめて生ぬるい目で蔑んで……www

なんかオルフェンズだけで埋まるなこれw
他にうしとら見ましたけど とら があくまで妖怪の理論で行動するのが
面白いですね。当時から斬新だったんだろうな。
うしとらを作ってるスタジオさん初めて聞く名前なんですがこの頃台頭してきた所
なんでしょうか。すごく気合い入ってて出来もよいので尊敬します。素晴らしい。

そんな感じで。失礼しました(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-11-27 22:52 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

見ているあにめ


おこんばんわです伊山だす。ぐだぐだしててすいません(苦笑)
毎日なんとか生活してます(苦笑)アニメがぼくの癒し(笑)

ええとオルフェンズ7話見ました。いさなとり。
女性キャラたくさん出てきました(笑)あとイタリアンマフィアっぽいにーちゃんも。
マフィアのにーちゃんは名瀬さんというそうですが(ときどき日本っぽい名前がでてくるね)
木星の大マフィアと兄弟の盃を交わしているそうです。ヤ○ザか。
しかしラストで態度が変化するあたり、義憤の人かもしれません。

今回は宇宙でのモビルスーツ戦がかなりアツかったっす!
しかし過去のガンダム作と決定的?に異なるのが
遠距離ビームではなく弾頭とグーパンチで殴りあうガチガチの戦いが繰り広げられることw
特に弾頭はパシュ、ボン、と鈍い音がするようないわゆる拳銃やライフルぽい
弾が飛びだす感じのやつなので、あんまり宇宙戦という感じがしません(笑)
艦隊戦もそんな感じ(笑)
いや、そこが無骨でいいんだけどもw
ちょっと煙が出すぎなんじゃないかなーとか思って
自分としてはやや醒めてしまったんですが(苦笑)まあ煙が出る特殊な弾頭を
使っている設定なのかもしれませんね(^-^;)←養護

新しく出てきた女性キャラは、チョコレートの人とはまた別の系統で
ミカのライバルキャラになりそうですねえ。どうだろ。
個人的にはあまり好きな感じのキャラじゃないんだけども(笑)
まあ次回以降キャラの掘り下げとかあるよね。期待。

これワタシ毎回録画してCMカット編集して(笑)、DVD3枚くらいに収めようとしてるんだけど
自分、本当に好きなんだな……とOPクレジット見るたび思います(笑)
だって伊藤悠さんと千葉道徳さんの名前が並んでるだけで毎回ニヤニヤするねん……。

他にはBSアニマックスで「うしおととら」見てます。
さっきやっとOPから見れました(笑)筋肉少女帯なんですねw
これ、夜に見るにはちょっと怖い……かも(苦笑)画面づくりというか
絵的に恐怖心を感じるように作られている印象です(^-^;)
原作マンガも書き込みすごくて怖いくらいだったもんなあ。忠実なアニメ化ってことでしょう。
妖怪ものとしては正しい作風なのかもしれませんw
あと、話には聞いていたけど人間の心理面での掘り下げというか作り込みが
深淵すぎてそこもちょっとコワイです(苦笑)
途中で脱落しても許してください(苦笑)(共感しすぎてひきづりこまれそうになるんで……)

あ、そうそう。

そうだそうだ
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-11-19 22:41 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

ニヤニヤあにめ


しばらく日が空いてしまいました。すいません伊山どす。おかげんいかがですか。
こちらはなんとか日々の暮らしにくらいついていっています(苦笑)

そんな日々をこなす自分の癒しはこれ。
鉄血のオルフェンズ(OPで毎回ニヤニヤする!音楽もいいしクレジットさいこう!)

5話、6話視聴。
5話、よかったですねええ。はやばやと宇宙で戦闘シーン。
アラヤシキシステムを搭載していると人体と直結になるせいか
動きがすいすい、自分の体を動かすかのようにモビルスーツを操れるようになるんですね。
(制御システムのパターンを超えるとかなんとか言ってたかな)
なもんで、宇宙空間なのにガンダムが地上で動いてるかのように
ひょいひょい軽やか!背面避けとかもしちゃう(笑)
あまりにヒラヒラ動くもんで、本当にここ宇宙?って疑いたくなるレベルでした(笑)
こういうの視覚的にも新鮮でいいですね。そうきたか、という感じ。
そのシステム搭載を見事あばいた敵の「チョコレートの人」も
冷静に事態を分析しているセリフ回しとかがすごくよかった。知能レベルがセリフでわかる感じ。
ミカヅキにも早々にライバルと認識されたみたいで
今後の邂逅がまた楽しみになってきました^^
それにこの話、内容がとっても盛りだくさんで、めっちゃ詰め込まれてて、
でも詰め込みすぎって印象でもなくてすっごく面白かったです^^
契約した会社があっさり裏切って、でもそのウラをかいて、さらにその裏の手を読んで、と
オトナの駆け引きがあったり極限の事態で状況を好転させないといけないピンチがあったり
モビルスーツの活躍があったりライバルとの初対戦があったり、と
本当に見どころたくさんでした^^
セリフや場面転換とかでテンポよく刻んで見せてる感じで
ダレるところもなくてほんと見やすかったです。情報量が的確というか。
正味20分でこの内容量、よくまとめたな~!って心底感心しました!楽しかった~。
こういう話また今後も見せてもらいたいですね。

次の6話は彼らのはなし、立ち位置とか周囲をめぐる状況とかの説明話でした。
といっても話が進んでないわけじゃなくて、地球行きの航路がとん挫したので
仲介を頼みに木星へ行くことになるんですが、まとまるまでにキャラたちの内面で
変化があったり維持があったり確認があったり、と
キャラが絡みまくってこれも見ごたえありまくりでしたw単なる説明話にならなかった。
あの、ほんと、これ声を大にして言わせてもらっていいですかね、ドン引きでもいいんで。

ミカ、総攻めーーー!!!wwww

すいません(爆)いや、あの、キャラ原案の伊藤悠さんの同人誌をふっと思い出したりする
シーンがあったりですね……(汗)いやーあの濃密な関係性。たまらんちんですわ(笑)むふふ。
そうでなくてもミカ、女性キャラとのフラグも丁寧に立てているし(笑)
総攻めやろ、天然攻めやろこいつは、とニヤニヤが止まりませんwww
あああ、そういう視点なくても楽しめるんで、オルフェンズは!!ここはガチで!(必死)
腐った目線でも楽しめるオルフェンズ、最高でがす……(こらこら)

……今オルフェンズ好きすぎて、録画何度か見返したりとかしてる……
ほかに消化するアニメいっぱいあるのに(汗) ニヤニヤが~

……ええと、ほかに「おそ松さん」と「うしおととら」見ました。
おそ松はもうこのままだらりと6つ子ボケツッコミ満載でやっていってほしいです(笑)
(6つ子の声優さん、ほぼ全員ガンダムに出てるよね……)
あとうしとらは1話冒頭見逃しちゃったんですが
途中からでも勢いに引き込まれてかなり面白かったです。潮14歳にしては声ひくいな。
作画が本当に原作そっくりだったんで違和感もないかと。
飽きるまで継続視聴のつもりです^^

今のところそんな感じで。オルフェンズいちおしでがす!ww
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-11-09 23:28 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

アニメみてるよ


どもです伊山どす。いかがお過ごしでっか。
ワタクシはホークスが優勝したのでほくほくでっす。明日から優勝セールじゃおらー(笑)

アニメぼちぼちみてます。癒し。

オルフェンズ
4話はメカはほとんど出ず、キャラが動く話でした。
ミカが、クーデリアお嬢さんにありがとう、と素直に頭を下げたシーンに
なぜかキュンとした自分(笑)
ごめんなさいとありがとうがちゃんと言える子だとは思っていなかったので
なんだかギャップ萌え?(笑)
相手組織のギャラルホルンに所属する美形にーちゃんずが少しキャラの特徴をだしてきたので
これからミカたち鉄華団とどうかかわってくるようになるか楽しみです。
ところでビスケットの双子妹、クッキーとクラッカーで、今回でてきたおばあちゃんが
プレッツエルさんということは、お母さんとかお姉さんとか(居たら)は
サブレさんとかクリスピーさんとかですかね?(笑)どうでもいいですね(笑)
あっ、アトラちゃんがすっごくきゃわいいですねvv
髪の毛のもったりしたのがふわふわうごくのがカワイイ(笑)
なんか、今回アトラちゃんの顔すっげかわゆく作画されてませんでした?w
いやーきゃわいいおにゃのこきゃわいい。この子はなるだけ戦争とか怖いことに
巻き込まれないでほしい(言霊になりませんように)

おそ松さん
3話のこぼれ話みたいに、短編いくつか詰め込んだスタイルのほうが
作品に合ってるような気もしないでもない。テンポよく見られる感じ。
しかしパロディやっちまったなあ(笑)さすがに今回修正いれたという一件は
致し方ないというか(苦笑)あれは怒られると思う(苦笑)
いやー、しかし声優ゴウカすぎてもう声で区別つけられないっす(笑)
どの「松」も美声すぎていっしょくたに聞こえるというかww
いえ、判別はつくんですけど、この声が「なに松」だったかというのが
まだ全然アタマに入らなくてですね…(苦笑)どれも美声というのにこんな弊害が(笑)
うん、でもほんと毎回本気でバカやってて面白いですこのアニメw
配信で忘れないように視聴しよう。

それ以外は今あまり追えてないです^^;
見たい気持ちを優先させているとオルフェンズが、ガチ一番でそのほかは後回しになっちゃうw
あっ、でもなんか、来月からうちで契約してるアニメチャンネルで
遅れて「うしおととら」が放送されることになったそうで♪
見られそうな時間帯のようなので、できるだけチェックしてみようと思ってますv
うしとら、原作ちょっとしか読んだことないですがアニメの出来が良いそうなので
楽しみです~。うしおの声、いまだに佐々木望氏のイメージ……(古)

そんなこんなで。アニメは癒し~。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-10-29 23:15 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

ハマりものアニメ


おこんばんわどす伊山だす。お元気ですか。

鉄血のオルフェンズ
いやー回を重ねるごとに面白くなってきてます。うひひ。
3話では銃で殺人するシーンがばんばんでてきて容赦ないなーって思いました(苦笑)
しかしそんな主人公でもあの絵柄だと許せてしまうこの不思議……。
てか本当に絵のチカラってすごいなと思いますねこれ。
オルガが無言で計上予算を見ている正面の顔のカット、ほんの一瞬でしたが
ほんとーに伊藤悠さんがよく描かれるような表情(目の色のない感じ!)で、
思わず一時停止してまじまじと観察してしまいました(笑)
いやースタッフさんすごい。そういう設定画があるのかもしれないけど、
本当に絵柄の特徴掴んで描いておられてほんとすごい。(それしか言えない)

クーデリアお嬢さんのいいところがたくさん見えてきて
この人のこと嫌いになれないとこが困りごとです(笑)
あんなツッコミどころ満載の髪型してるけどめっちゃ聡明でいい子なんだよ…
それから今回一騎打ちを挑んできた軍人?のおっさんも
嫌いになれないキャラクターでしたね……。苦い思いを残すキャラでした。
あそこで消すのが意味のあることなんだろうけどそれにしても惜しいキャラをなくしました。

そして相変わらずこの作品はガンダムじゃなくてもいいんじゃないかとしみじみ思う……(苦笑)
(「ガンダム」だからこそ見てもらえるって意見もあるようですが)


アイマスシンデレラガールズ
大ホールでの盛大なライヴシーンで終了しました。えがったえがった。
大人数でのライヴシーンはもうちょっと長い尺で見られるかと思ったけど、
今作はそこよりも多数の人数をいかに盛り込めるか、にチカラをそそいでいた
ように見えるので(笑)、ライヴシーンを楽しみにしていたワタクシにとっては
ちょっと残念ではあります(^-^;)
ゲームの方やってないからキャラ続々と出てこられても分からんねん…(苦笑)
ああ、でも武内Pのあのタメ台詞、「いい、………笑顔でした。」が
なんというか良かったですねえ。Pの表情の変化をあそこまでゆっくり描くとは。良かった。
そして急に我に返って「このライヴ、夜の8時までに15歳未満の子の出番終わらせなきゃ……!」と
突如冷めた目で見てしまった自分はなんて残酷なんだろうと思います(爆)
……すいません…出番が18時から、ってあってそれで各ユニットの歌とかあって
最後に大人数のステージって2時間以内でちゃんと終わらせられるの??って
不安になったもので(苦笑)みりあちゃんとか小さい子は早く寝るんだよ~(笑)
……めっちゃどうでもいいですね……(苦笑)

あとはおそ松さんを結局リアタイで見てしまったり(笑)
webでチェックしようと思いつつ余裕があればリアタイでもありかなと思いつつ。
昔のおそ松くんもあんな感じのノリだったような~とかなんとか。

そんなとこで感想でした。失礼!
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-10-22 23:15 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)