<   2010年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

もへ


いやーサッカー日本代表、パラグアイ戦見ましたよ。
ランキング差はあっても予選リーグでの活躍ぶりを見てたら
きっと接戦、もつれるだろうなと思えたので前半0-0は予想つきましたが、
もつれにもつれて、PK戦までいくとは思いませんでしたw
熱戦、まさに死闘でしたね~。
見てるこっちは寝る時間が…って感じでしたが(苦笑)
うん、でもほんと最後まで粘り強く戦ったと思います!お疲れ様!(^0^)
両チームとも全力を出し切った末の決着だったので、
きっと遺恨や後悔は少ないと思います。少なくとも見てるこっちはすっきりしました。
あとは優勝の行方ですね~。世界イチのハイレベルな戦いが見られるといいですね。

なんか、某韓流の大物俳優さんが亡くなったという話で…
うちのおかんが韓流大好きっ子なんで気落ちしてないだろうかとちょっと声かけたら、
案外あっさりしてて、ショックだけどそこまでじゃないわよ、と明るく返事してくれたので
ひとまずホッとしました。他のお知り合いが気落ちしておられるそうだけど…。
自分と同年代の俳優さんなんで自分もちょっとビックリしました。
割り切れない思いが残りますが…ご冥福を祈りたいです。

スポーツクラブにまた通いだしたら、
数ヶ月しか間があいてないこともあって、何人かのインストラクターさんから
「おかえりなさい。」って声かけてもらいました(^-^)
それだけで嬉しくてヤル気が出てくるからニンゲンって単純です(笑)
先日は腹筋の仕方(理屈から実践的なやり方まで)を教えてもらったので
これから参考にしていこうと思います~。(腸の調子も良くなるよ!)

そうだ、このブログ7月から少し仕様変更があって、
最新記事の下に少々広告が載ることになるそうです。
若干ご不便をおかけするかもしれませんが、ご了承くださいませm(_ _)m

…ウチは感想ブログだと思ってるのに何日か感想あげてないことにさっき気付いて(笑)、
これからもりもり書きます~w がおっ。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-06-30 23:51 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

ヴァレンシア?


決勝結果。 (いつも使ってるF1RacingサイトがNotFoundになってる…)

…知らないうちにヨーロッパGP(@ヴァレンシア)が開かれてた、って気分(苦笑)
最近ニュースがサッカーばかりだからさー(と言い訳)。

今回は可夢偉くんの活躍もあって、楽しく見られました!(^0^)
いや~やっぱ、応援する選手がいるってだけで全然違うねw
可夢偉くんの順位を気にしつつ、他ドライバーの動向を注目しつつ…。
そしたらウェバーの大クラッシュ!いや~めっちゃビックリしました(汗)
(ちょうどカメラが切り替わった瞬間だったから余計ビビった)
あれだ…だいぶ前、右京さんがキリモミ回転したレースの時のイマミヤさんの名言、
「オンボードに空が見えちゃいけませんよね」を思い出した(苦笑)
ウェバーには怪我がなくて何よりでした。ホント近代F1の安全基準って素晴らしい…。

中継終了時までぎりぎり粘っていたセーフティカー導入時の審議ですが、
どうやらレース後の結果に5秒加算されることになったようです(^-^;)
詳細は調べてないんですが、どうもS.C導入時に一定のスピードまで落さないといけないことに
なってるのに、そのルールを9台も違反していたとか…
これもうミスじゃないよねきっと即座にピットインしようって前のめりになって
たぶんそのルール忘れちゃったとかそんな感じだと思うんですけど(笑)
まあ、プラス5秒でアロンソが1つ順位を上げた程度で、さほど大きな影響はなかったようです^^;

そしてそして、可夢偉くんポイント獲得~!(^0^)
残り2周、いきなり2台もオーバーテイクとは!してやられました~w
ラスト3,4周残したところで最初で最後のピットストップ。よくそこまでタイヤ1本でもたせた。
加速がはやいソフトタイヤに代えた途端、ぐんぐんっと前方との距離を詰め、
あれーっと思ってる間に2台抜いて、自力で3ポイント獲得ですwwすごい!
イケそうなところで冷静にぐんと前に出る、そういう走りができる実力派ですよねえ。いいなあ。
印象的な活躍ができたことで今後の注目も集めそうですね。よかよか。


というわけで以下。

写真とか。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-06-28 23:50 | F1話 | Trackback | Comments(2)

さむらいぶるー?


なんかね、夜に日本とデンマークの試合があるって知ってたんですよ。

でも午前3時半からとかいうから、すっかり寝る気で布団入ったんですよ。

そしたら何故かしらんが、いきなり目が覚めて、何時か知ろうとしてTVつけたんですよ。

するってーと午前3時40分くらいで、しっかりサッカーやっとるわけですよ。

寝ようとしたんですよ。でも何故かしらんがTVはそのままつけっぱなしにしてたんですよ。

夢うつつの間に日本が1点入れて、気がついたら2点入ってて、

遠い意識の向こうでPKだ1点返されたと言ってて、どうやら3点目が入ったらしくて、

いつしか後半残り10分とか言ってて、ロスタイム何分とか聞えた気がして、

なんとなく、日本が勝ってました(笑)

…これって試合見たってことになるんでしょーか(爆笑)www

寝たかったんですよ…眠いんですよ…。
でもなんか放送してる時間に気がついたのならTVつけておこうかな、みたいな(^-^;)
まあ、でもホント、勝って良かったです!
自国開催以外で決勝リーグ進めたの、初なんだって?すごいですね!(^0^)
次も勝てるといいですねえ~。
(そしてデンマーク戦の視聴率、30%越えたんだって?wみんな夜中にすごいなww)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-06-26 00:27 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

しゅうまつアニメ


終末でなくて週末ですよ。わかってる?うんそうですね(笑)

ええと、ハガレンFAがクライマックスです。あと2回です。うわお。
ネタバレにならないかな?いいかな?
ああいう流れでエドの腕が戻るとは思いませんでした…ちょっと違和感すらあって。
でもエドの感情とともにぐわあっと盛り上がるのがいいですね!カタルシス。
実はあまりの作画動画の良さに、もう12話分くらいずっと録画し続けてたりするw
見返したくなったら作画とストーリー堪能しながら見返すんだ~うふふ。
あと2話、録画ミスらないよう気をつけないと!

ガンダム三国志、こないだはメインキャラほぼ総登場で興奮した!w
いつの間にか公孫サンの兄貴も軍を率いてる状態で(笑)、
あーでもほんとこの番組の公孫サン格好良いな~!
やっぱり白系の趙雲と共に並んでるとこなんで、個人的にウハウハでしたわww
しかしビウ城とかマニアックなところ突いてくるなあ…ア・バオア・クーだし(爆笑)
呂布トールギスにも従う者がいる、という描写もシビれた!いいなあ。
(貂蝉が特に萌えだ。うはうは。)

三国演義と並べて見てるとつくづく、「呂布」という武将への
イメージの変遷が分かる気がして興味深いです。
演義だと呂布は強いだけじゃなくてほんとに「強か」で、小細工とかつかってるけど
短慮だったばかりに結局他から蹴落とされてしまうんですが、
それでも本場中国では「武人」と呼ばれて「最強」の名をほしいままにしている印象。
だけど日本で呂布のイメージは、どちらかというと「武士」に近い気がします。
強くて寡黙で己の志のままに突き進む…。最近の日本製の作品における「呂布」のイメージは
演義のイメージとは実は全然違ってる印象で。
多分それは、「武人」「武士」と呼ばれる者たちへの捉え方が
お国柄によって全く異なっている、という証でもあろうかと。思ったり何たり。
どういう人物を「英雄」とみるかは、やはりそれぞれの文化で違うってことでしょうねえ。

呂布からみる「英雄」考察でした(笑)あれ?w

そうだ!もうすっかり諦めてた、アニメ「蒼天航路」が
ついにこっちでも始まったとですよ~!(^0^)わーいv
これも日曜、週末の放送なんですよね~(笑)ほんと、今期は週末アニメが忙しいww
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-06-23 00:45 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

25話


龍馬伝25話感想。 あ、もう半分過ぎてるんですね(放送は11月までとか聞いてる)。

今回は真木よう子さんに完全にやられた回でしたw
あの、よくある恋愛に奥手系の女性が、
徐々に男性に惹かれていく様子…自分は友好度UPイベントと呼びますが(笑)、
そういう描写がこうまで丁寧に表現されていると、
自分はいっきにメロメロになります(笑)かわいー!お龍さんかわいかー!!
あそこよかったですね、龍馬さんを見送ってしばし目線が左右に揺れて戸惑いを表したあと
確認するように、「う、み、」と笑顔をつくろうとする場面!
あれは良かったわ~恋愛に落ちた瞬間、つーかね(笑)よくあるよくある(笑)
そういう丁寧な表現、同じツンデレ系でもお佐那さんの時はなかった(笑)ので、
お龍さんの方が本命だなという受け取り方ができますw真木よう子さんほんと上手い。

龍馬さん、お母さんにそっくりな(そりゃ二役だもん瓜二つだわ(笑))お登勢さんと出会う。
…あれ普通の人ならドン引きだと思うんですが(苦笑)まあいいや。
草刈民代さんは演技ほぼ初挑戦とうかがってますが、すごく上手いですね。腰が据わってる。

海軍操練所が閉鎖となって…物とか放置状態だったようですが良かったのかな(苦笑)
最近 勝先生のしゃべりがあまり江戸っぽくない気がしてましたが、
悔しいよ、の言い方が江戸っぽくてほっとしました…ちゃきちゃきの喋りに惚れてます。
このドラマの描き方だと、慶喜公が居丈高になったゆえに勝先生をイビって辞めさせた…とも
とれますが(苦笑)、実際どうだったんでしょうねえ。
つか、このドラマの慶喜公、ただのイヤミな奴でちょっとむむむ。
(全体的に幕府方の描かれ方が不透明な印象で、佐幕派としては少し残念です;)

蛤御門のシーンは、久々に本格的(?)な戦闘シーンきたぞー!って感じで
けっこう爽快感がありましたw
幕末ドラマで盛大に闘う場面というと、ここと鳥羽伏見、寛永寺くらいなので、
戦闘シーンがあること自体が貴重な印象(^0^;)
そういや炎の中で立ち切腹したのは誰だったんでしょうか…久坂?(汗)

以蔵…半分武市さんに殺されるようなもんだよなあ…ぬぅ。
なんだか土佐だけが世の動きから取り残されてる印象を受けました。正解?

今回は龍馬さんもあちこち動いて、話も進んだのでドラマ見たーって気分で満足w
(あ、面白い大河感想サイトさんを見つけました!読み応えありです!→ 「妄想大河ドラマ」
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-06-20 21:34 | 龍馬伝 | Trackback | Comments(0)

ふむー


ハガレンFAの展開、面白い~w
原作単行本追い抜いてアニメが初見なので興味深く見てます。
残りエピソード3本お見逃しなく、ってエンドカードにも出て、
ああもう終わりなんだぁ…と寂しく思いつつ。
アクションシーンがすさまじかったです。目で追えない勢いw
この作品、おっさんじいさん愛されてるよなあ…。早く原作単行本も読みたいですw

新職場で早速同じ趣味の同志を見つけました(笑)
ガンダムトークとか萌えトークとか昼休みに語りっぱなしですw
オタ歴20年にもなると、もう素性を隠すよりも自然体でいるほうが楽だと分かってきたので
特に隠しもしないんですが、そうすると気負わずに過ごせて
仕事のオンオフがつけやすい気がしてます^^
職場自体も風通しが良さそうな雰囲気なので、ホッとしています~(^-^)
…あとは仕事についていけるかどうかだ…(苦笑)

ええと、またスポーツクラブに通いなおすことにしましたw
1月に辞めた途端、気をつけていても体重が少し戻ってきたので…(汗)
身体しぼり直します(`・ω・´) 目標、現在よりマイナス6kg!(控えめ)

あ、ぼちぼちワールドカップ見てます。
絶技、妙技を見たくてTVつけてはみるものの、
終始画面から聞えてくる、ブブゼラの「BOOO-」って音があまりに単調で、
しばらく聞いてるとアタマ痛くなりそうなんで(汗)、試合最後まで見ずに消してしまいます;
まあ見続けてれば慣れるんでしょうが…(^-^;)
とりあえず、日本の予選リーグ試合だけは全部見ておこうかなって気分ですw
(カメルーン戦勝ったからって急にニュースとかで取り上げ始めた印象で、
そういう手のひら返したような報道ってあんまり好きくないんですが…
まあ前向きになれる話題ってことでこういう時はいいかなと思いつつ)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-06-19 00:32 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

ようやっとカナダ


カナダGP決勝結果。

やっと見られましたがカナダGP、…うーん(苦笑)
どうやらタイヤと路面のマッチングが想定通りいかなかったみたいで。
タイヤ交換が多くて慌しい内容になったみたいですね。
…みたいですねというのは、実は今回あまり真面目に見なかったので(^-^;)
毎回なにか大きなアクシデントやどんでん返しが起こりがちなコースなのに
今回は珍しく(ホントに!)S.Cも出動せず、
どちらかというと淡々とレースが終わってしまったような……そんな印象でした(苦笑)
おかしいなぁ…ジルの呪い(!?)はどこへいってしまったんだろうか(爆)

えーとそんなわけで今回は感想は控えて
写真漁りに専念しようかと思います(笑)

あ、その前にこんなニュース。→ ニック、来季はDTMか
…このニュースの重要なところは、DTMに行きそうだと言ってるのがフランス人記者で、
ドイツのビルド誌はザウバーに復帰か、といってるところ(・∀・)
個人的にはビルド誌を信じたい心境ですw


ドイツ人ドライバー3人がサッカードイツチームの応援~。

花とヒュルケン。

お、3Dカメラ。飛び出すF1撮影中?

なんか気合いの入ったおっさんですw
(日本の銭湯には入れないだろうけど、特例で入れて欲しいなあ(笑))


………あれ?漁るほど写真無いぞ??おやや?
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-06-17 23:05 | F1話 | Trackback | Comments(2)

24話


龍馬伝24話視聴。

「愛の蛍」。

どんなタイトルやんと思いましたが、こうきたか。うーん。
唸らされました。

そう、武市さんが投獄される直前、お富さんにこう伝えてたんですよね。
「夏になったら蛍を見に行こう」
それを…お富さんがもたせた包みには 蛍が。
庭と牢で眺める蛍。…もう…もう。

そうきたかー!ずるい。
身が震えるほどの想いをおこさせる名シーンだったと思います。

お龍さん、徐々に龍馬さんに惹かれていく。
お龍さんの何気ないひと言で、龍馬さんにも。
この2人はどうやって流れていくのか。

弥太郎、ツンデレ!?ツンデレなの!?(爆)

以蔵…痛々しい(涙)あのヒゲは地毛(?)なのだろうか。うーむ。

なんというか、全編に「愛情」があふれていた話だったと思いました。

そうそう、池田屋事変は先週何が起こったか分からない風に不気味に描いてたけど
今週分で剣戟シーンを見せていて、そういう見せ方があるかー!と感心しました。
新選組、怖い雰囲気で描かれていてちょっと残念。
でも、市井の目から見た彼らはきっとあんな感じだったろうと思うので、そこも感心。
(紀行伝で紹介されてもらって嬉しかった~!すんごく教科書どおりだったけど(笑))
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-06-13 22:11 | 龍馬伝 | Trackback | Comments(0)

NEWとらる


「超電王トリロジー」Blueの回、見に行ってきました!
以下、がっつりネタバレ感想!

てんどん
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-06-13 00:59 | DEN-O | Trackback | Comments(2)

週末はあにめ


最近更新するたび何かの感想文を上げてる気がする…(笑)
ここ感想文ブログでいいですか、いいですよね?

ガンダム三国伝。
タイトルずばり、「孫堅、死す!」うっほーきたーw
こういう、サブタイでずばり内容表すあたり、10分番組の強さを感じますw
(下手にサブタイを隠さずに直球勝負)

孫堅ゼフィランサスが董卓ザクを追っていたら、袁術ズサの謀略にかかって
前に呂布トールギス、後ろに紀霊ハンマハンマ(そうきたかw)に挟まれてしまう。
紀霊は孫策とかが食い止めるものの、
孫堅は呂布の圧倒的なパワーの前に敗れてしまうのだった…
って感じですかね、あらすじは(笑)
孫堅パパが呂布にやられてしまうのは寂しいですが
それでも呂布は強さを求めて孫堅を認めながら必殺技2つ出すし(大盤振る舞い!)、
パパも息子達や部下(黄蓋ドム)を守るために散ったわけでね。
両方とも自分の信念を貫いただけ、という表現のあたりよく出来てるなあと感心。

パパが逝くシーン、すごく良かったです!
剣を孫権に渡そうとして…手に渡る寸前にがく、と力尽きてしまう。
ここ良かったな~! こときれる感じが視聴者にも衝撃的で。
他にも孫堅パパが首に巻いてる?マントがちぎれてゆるんでいるかと思ったら
剣を構えながら布を片手で取ってふわっと捨てるあたりの動きとかね!
見た目はSDガンダム、メカキャラなのに
動きやこときれる描写などはすっかり人間ドラマのそれになってて、
今回の演出にはひとしきり唸らされました~!(^-^)素晴らしかったです!

来週は趙雲が出てくる~!うふふたたた楽しみですww

最強武将伝三国演義
下ヒ城で呂布がたてこもっていたところ部下のクーデターにより捕らえられるまで。
陳宮が自ら刃を受けるあたり、凛々しかったです…(これぞ陳宮)。
しかしそれまで陳宮の野心というか、呂布をどこまで買っていたかが
テンポの速さで伝わりづらかったと感じたので、ここはやはり蒼天航路が心に残ったかなー。

相変わらず動きがなめらかで城攻めの描写とか映画みたいだなあと
しみじみと思います。
日本から見た三国志物語とのイメージの差とかを思い至ったり。
しかし、ささきいさお氏の声は本当にハマっているなあ…いいなあ。

ハガレンFA
Bパートから単行本未収録。初めて見る。
ちょっとエヴァの人類補完計画みたいなイメージもあったけど
天空の月からトビラがギィ…と開く辺り、ものすごく壮大でした。圧倒された。
予告でキャラたちがいたから少し安心できたけど…次回以降どうなるんだろう。
見逃せないなあ。ハラハラドキドキ。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-06-10 23:18 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)