<   2010年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

雑多なアニメ感想


少し感想がたまってきたのでアニメ雑感。

戦国BASARA弐 見てます。合間にだぶるおーのCM入るの楽しみだったり…(笑)
なんかね、これ残念です。夕方枠になって勢い無くなっちゃった印象(・ω・)
戦国時代版聖闘士星矢って感じだった前作(笑)、だけど
あれはやっぱり深夜枠だったゆえの暴走wだったんだねーって思っちゃって。
夕方枠に移動したら、破天荒ぶりがなりをひそめて
ストーリー重視というか、大人しくなった印象です。ざんねん。
だけどこないだの、瀬戸内決戦、秀吉が拳で海を割り(笑)、
波が引いて戻ってくるまでの間に派手なアクションドンパチやらかす話は
深夜枠のノリと勢いが戻ってきた感じで楽しかった!(^0^)動画もよかったしね!
ストーリー重視でもつまらないわけではないので、最後まで見るつもりでっす。

日曜の最強武将伝。
ちょうど次の話が赤壁前哨戦です。チェックしたい方はぜひ。
諸葛亮が呉で舌戦を繰り広げる話、こじつけじゃねーかwとか見ててニヤニヤするとこも
あったけど、ほぼ原典(三国演義)通りに話が進んでて
ほんと見てて感心しましたw 
原典だとこのキャラこんな性格付けだったなーとか(笑)マニアックな楽しみ方とかもw
でも、魯粛さんはただワタワタオタオタしてるだけじゃなくて
きちんと諸葛亮に対して意見してたり、地に足ついた外交官という印象を与える立ち位置に
なってたりして、現代の感覚にあわせてあるんだろうなーって思ったりも。
周瑜のデザインとかもちょっとレッドクリフ意識してる?
(それか現代中国のセンスが加わってる?)
…等いろいろ裏読みもできて楽しいですw 諸葛亮どうみても腹黒の悪党だけども(爆)w

土曜日のガンダム三国伝( ̄∀ ̄*)ニヤニヤ
先日の、劉備が葛藤のすえ曹操の誘いを断る、って話はなかなか意欲作でした。
タイアップ作だからと思っていた、毎回の必殺技のシーンがなかった!ビックリ。
必須かと思ってました(笑) そしたらこの回の演出、小坂春女さんだったんでなおビックリ。
東映動画の方じゃなかったっけか…以前スラダンや朝の少女モノでよくお名前みた方。
心理描写が大事なこの回で演出されるという事に小坂さん起用の理由が見えたような。(エラソウ)
いやー庶民ジムがわらわらいて、相変わらずこの世界は面白いと思いました(笑)
こっちは赤壁はまだしばらく遠そうです~
(曹操と袁術の立ち位置を変えることで、曹操は彼なりに志をもった正義の侠、という
キャラ造形を崩さないようなストーリー展開にもっていってるあたり、
この作品のスタッフの意地というか愛を感じました。立派。)

最近見てるのこのあたりかな。
あっ、BD改はセルが出てきてます!声も変わってません!
そして武将伝を録画してるのでワンピが見られてません!ワンピ見たいです!(爆)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-08-28 00:34 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

なつがくーれば


夏を感じながら出かけたりしてみました。
……暑いのキライなんだけどね……。
ずっと室内でシゴトしてるからさ、たまには外に出ないと(苦笑)

途中、ちょっと目を引くお店がありました。
d0025055_23384321.jpg


F岡県K市にあるお店で「とわいらいと」さんです。
入り口に張り紙がありました。
(要旨)「この店はアニメ・漫画・ゲーム・特撮・SF・同人誌などが好きな方たちが
集い、語り合うことを目的とした場所です。※メイドさん喫茶ではありません!」

ほほ~(・ω・*)

通りすがっただけなので店内の様子は不明なのですが、
個人的にこういう主旨の場所は好きです。イイナと思います。
最近はネットで交流が深まるようになったけど、やはり生身のニンゲン、
結局のところ直接触れ合って語り合う場を求めたくなると思うのです。
外観がアレ(……)だけど、もし自分の家の近所にあったら1度足を運んでしまうかも、
そう思ってしまったお店でした。

(常連同士で派閥争いとかカプリングトークでケンカとか起こりませんように)←こらこら(汗)

あとは
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-08-25 23:36 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

34話


龍馬伝34話感想文。

長次郎さんの話。

大泉洋氏って演技上手だなあとしみじみ思いました。
目線の動きとかやや自嘲気味に笑う表情とか。
床を転げまわらんばかりに悶絶する感じとか。
ほろっと涙流したあとに呼びかけられて目をごしごしする仕草とか。
(あと遺体の演技とか(爆))
どれとっても全く違和感なく、ちょっとした演技のアクセント(ワンポイント?)をいれる感じで
とても自然でした。感服です。上手いなあ。

個人的には長次郎さんの感覚理解できます。
自分たちの仕事になる取引をみすみす見逃すなんて。
他の武士たちの発言が戯言にしか聞こえない。
特に金銭や実利面で動いている人ってやっぱ目線が現実的になるよねぇ。
そして追い討ちをかけるように、「お前は商人だから」(ほんとは「ニセ侍」、だけど)。
ここで元々の素性が大きくのしかかってくる。
日本のためと大儀を掲げていたって、結局自分の出自が商人だから
侍のような思想ができないのではないか?
…ここで出自を絡ませてくるとは。なかなか巧みな伏線だと思います。
長次郎さんの人生の線がこうして1点に集約されて…直接画面はなくても切腹という最期。
上手いなあと思いました。感じ入った。
(しかし、龍馬さんが全て正しいみたくも聞こえる社中の言はちょっとイタイ(苦笑))

龍馬伝では、何かターニングポイントとなるようなエピソードの時は
たいてい雨が降りますね…1話からずっと。
あと、ちらっと思ったんですけど、今回みたいにサブキャラがいなくなる話って
1話完結とかでぱっと消える方が印象に残りやすいんじゃないですかね。
そう思うと、以蔵とかは…なんかね(^-^;)

それにしても次回タイトル…  「薩長同盟ぜよ」 
ぜよ……ぜよ!?(笑)
どうなるんだろう…来週(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-08-22 22:35 | 龍馬伝 | Trackback | Comments(0)

立て続けにニック話


さて、早速ニックのピレリタイヤ テスト走行が開始されました。
記事はコチラ

ほぅぅ、マシンはTOYOTAのTF09なのですね。(めっちゃ白いけど)
トヨタマシンをニックが駆る…去年だったか、ふと乗るかもみたいな話題(妄想?)が
出たような覚えがあるのですが、現実になったわけですね。感慨深い。
どこか、別記事でピレリ側からの就任おめでとうコメントとして
「ニックはテスト走行において必要である、速さも安定性もフィードバック能力も高く、理想的」(要約)
という内容のものを見たのですが、

……そうか……やはりどこまでもベンチマークなのだな……

と思ったのはおいらだけでいい。はふぅ。

一応、これも貼っておくね。(テスドラ就任感謝コメント

あ!そうそう、まだ触れてませんでしたが、
ニックに第3子誕生! (^0^)ノ オメ!

お名前は「ユストゥス」くんだそうです~~お珍しい。
どうやら名前の頭文字を「J」で統一してるみたいです。ほほう。
家族が増えたハイドフェルト家、ほのぼのなのようです(*^-^*)
(このリンク先の記事にパトリシアさんの写真があるんだけど、
きれいなオシリでうっとりしました~) ←どこ見とる
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-08-19 23:18 | ニック話 | Trackback | Comments(0)

…これは……(ニック話)


久々、ニック記事更新!…なんですが。

…なんかですね、ニックが解雇されたって話(汗)

ニック、ピレリタイヤのテストドライバーに

リンク記事や他記事を読むと、今回ニックは
メルセデスのサードドライバーの契約を解除されて、
来季新しくタイヤ供給する「ピレリ」タイヤに
専属テストドライバーとして雇われた、ということらしいんですわ。

…( ´゜д゜)エー

これなぁ…。素直に「ワーイw」って喜べる内容じゃないんだよなぁ……。
サードドライバーだとぶっちゃけ、レギュラーに何かあったらレース出られるじゃないですか。
(ニコとミハエルのFANの人、ごめんね;)
でもタイヤメーカーのテスドラですよ。レースのチャンス極薄じゃないですか(爆)
これなぁ…。栄転だよ、って言われて異動したら左遷だった、みたいななぁ……(爆汗)
アイタタタ;

公式コメントとか読んでも、正直こっちにとっては白々しすぎて目が泳ぐというか(苦笑)
今に始まったことではないんだけど…。
本当にニックがそう思ってるのかな、って思っちゃうのも確か。

でも、まあ契約云々に関しては疑ってないので、するってーとつまりは
ニック本人が納得してテスドラでもいいと。テスドラがいいと。テスドラやりたいと。
そういうことなんだろうなと解釈して、納得することにします。
まずニックがしっかりテストしてデータ残して、ピレリがタイヤ開発する。
来年のF1シーズンを安全なものにするための下地を作る作業ってことですもんね。
メディア露出は更に少なくなるだろうけど(涙)、
ニックがやりたい仕事なら見守ることにします。うぅぅ。

…最初この話聞いたとき、ニックっていつまでたっても「ベンチマーク」だな、
って思いが一瞬脳裏をよぎったのは否定しません…(^-^;)
(HANDSの時とかさぁー…まあいいや…。いつまで根にもってるんだワタシャw)

ニック、開発がんばってね~~!(^▽^)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-08-18 00:32 | ニック話 | Trackback | Comments(2)

33話


龍馬伝33話感想文。

あーもう33話か。3部に入ってから加速度的に物語が進みます。

今回は実践的な亀山社中の取引の話。
実際に船を操ったことがある者たちでないと分からない面でのやりとりや
商売の駆け引き、みたいな空気感が伝わってきました(^-^)
当時も実際はああいう感じだったのかなあ。
(喜んで大砲に乗っかったりはあったような気がするww)

今回は光線、光の使い方と映像の演出がキレイでしたね!
前画面のフェードアウトとかぶるようにフェードインとかですね…
明かりにカブって龍馬さんが立つと、龍馬さんだけくっきりシルエットになって
お元さんとの色の対比とかですね…
なんか、こう、光の使い方にすごくホレボレしました。うっとり。

長次郎、フラグ立ちまくりじゃのう……といってたら、
次回はすっかり長次郎さん回の様子。うおお。
留学したいって気持ちもわかるし……うーん来週気になる。

そういや弥太郎出てきませんでしたね!2回目の弥太郎抜き回。
あっあと、手紙やなにやらで、登場人物がナレーションする場面が多かった気がします。
偶然にしては…うーん。多用するのは却って意図的なものを感じますが。
(どうも相変わらずこの番組に出てくる手紙は現代文で書かれているのが気になる…)

気になるといえば、大浦さんやお元さんがつかう方言は
どことなーく九州っぽい発音ではなくって若干気になります(笑)
でも土佐弁の人から言わせたら、やっぱり土佐ものがしゃべる方言はすこーし違うようだし、
出身者じゃない方が話す方言ってどうしてもそうなっちゃいますよね(^-^;)

さて、次回はお涙回になるか…。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-08-16 23:12 | 龍馬伝 | Trackback | Comments(0)

すくつイベント


ポッドキャスト(個人でweb配信するラジオみたいな)番組、「エフワンのすくつ」
リスナー'sイベント、名刺交換会に参加してきました(^-^)

名刺を持参すること、が参加条件なので直前までに10枚前後作成してほくほくと推参。
参加者皆さんと名刺を交換させてもらいました♪
皆さん名刺凝ってる!すごいな~。

こぢんまりした集まりになりましたので、まったりと熱くF1トーク。
気がつけば食事中も含めておよそ6時間もF1絡みの話ししてました(!)ww
F1歴長い方と思ってたけど、6時間もF1中心で話ができる程アツイとは
自分でも思ってなかったので、内心ビックリ(笑)
ヘタに時間重ねてると、その分アウトプットできるんだなー。ふむー(笑)

色んな話題が出ましたが、特にF1ドライバーと裸の付き合いができるか、という話は
盛り上がりました(笑)気まずいよね、って(笑)
あと女性ドライバーについてとかサーキットレイアウトについてとか、
食事中には鈴鹿や海外観戦について語り合ったりして楽しかったです(^-^)
やはり、サーキットに気軽に行けるかどうか…がカギだね、とかも。
西日本ではあまりモタスポイベントは盛り上がらない…という嘆きの声もありました。うむむ。
皆さんいろいろな見方でF1やモタスポ見ておられるんだなーと
勉強になった感じです。人様のお話を沢山聞くのって無条件で楽しい。

少人数ならではの熱いトークが繰り広げられて、有意義な時間が過ごせました~(^-^)
参加者の皆様お疲れ様でした!
(しかし、参加者の男性の皆様、みな イ ケ メ ン …!F1好きはイケメンが多いのか!?www)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-08-14 22:54 | 日記 | Trackback | Comments(2)

封鎖されちゃったよ


「踊る大捜査線Movie3 やつらを解放せよ!」
を見てきました(^0^)
映画全部劇場で観ている身としてはこれは見逃すわけにはいかないっしょw
ってことで、楽しくネタバレ感想!!

おもに事件は現場で起きてる
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-08-11 00:00 | 映画話 | Trackback | Comments(0)

32話


龍馬伝32話感想文。

今回はなかなか面白かったですw
いつぞやの、権平さんが突如遊びに来た話みたいに
本筋の途中でふらっと、以前のキャラが様子見にきてドラマを整頓する、
っていうパターンでした。重太郎さん。
この人、すっかり溝渕さま亡き後(まてまてw)のギャグ担当だ(笑)

いやーおりょうさん可愛かったwwニヤニヤ(・∀・*)
龍馬さんに仲間会わせたるって言われて笑みがこぼれてしかたないおりょうさんv
かわええ~にやにやww
いいよねえ、すわライバル登場かって思わせてそうじゃなかったって安心した時の
胸キュンぶり?(笑)

今回冒頭を少し見逃してしまって…。新選組出てた!?ふおおお。
なんだか龍馬さんの行動だけ見てると、いったいどこで狙われるようなことをしたのかな?
ってピンとこないんですが…(^-^;)自分のようなものは狙われるがじゃき、と言われても(笑)
特に反幕のようなことを大っぴらに言ってない気がするんだけどなー。
言うとしても個人相手だし、直接幕府の要人に会ってるわけじゃないんだけどさ。
あちこちふらふら動いてるだけで新選組に狙われる理由になるのかなーって
説得力が足りない気が(苦笑)まあ…脱藩浪人たちがたむろって動いてるだけでも脅威なのか。

そんなふらふら龍馬さんですが、近藤さんと対峙するとは!
しかも上手に薩摩弁あやつってwwそうきたか(笑)
(この作品、こういう風に「方言」を使うの上手いよね。いつぞやの加尾さんの京都弁みたい。)
ここ面白かった~。ああやって龍馬さんと近藤さんが出会ってたら面白いかもw
近藤さんも、なんかシブ格好良かったなあ。
最近あんな風に近藤さんを背中で語らせるような姿で描かれるの少ない気がするんで、
なんだか嬉しかったです(^-^)

そうだ、高杉と桂さんが同じ画面に出たの初めてな気がしますが、
今回のように長州藩士の中に高杉がポンと入ると、
ものすごーく「長州」のニオイ(勢いというか、アツさ)を感じられて
高揚感を覚えました。ああいう空気感だったのかもなあと思えて。
演じる伊勢谷さんが、ものすごーく高杉(!)だからかもw 存在感すごいです。

手土産に軍艦と銃。幕府には表向き長州征伐のための武器調達。
それを龍馬さんたち亀山社中が裏から手を回して長州へ運ぶ、という計画。
3部になってから本来視聴者が見たかった展開になってきてるような気がします(笑)
一筋なわでいくかな?なんだかんだいって毎回楽しみですw
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-08-08 22:25 | 龍馬伝 | Trackback | Comments(0)

あにめしちょう


先日電車内で、リーマン風の男性が3人、
三国志の話で盛り上がっていたので何となく聞き耳をたてていたのですが(笑)、
途中で1人が「そういや土曜日にもガンダムで三国志やってるよな。ケロロの後。」
と言い出したのだけど、あとの2人は初耳だったらしくて反応が薄く、
何となく話が流れてしまったのだけど聞いてたおいらは
「知ってる!知ってるよ!おいらは見てるよ!兄さん語ろう!」
…って勢いで心の中で盛大なエールを送りました(笑)
いやースルーされた兄さんカワイソウだった。おいらだったらガッツリ食いついてたよw

…てことで最近のガンダム三国伝ですが(笑)
呂布トールギスが袁術陣営に降って少し経ちましたが
相変わらずカッチョイイ呂布wwもうね、なんというか居るだけで格好いい(笑)
ガンダムキャラでここまで存在感のある人物造形が描けてるってのが
本当すごいな~って思いますw子どもさんでも十分しびれる格好良さ。ふふ。

こないだは呉陣営が2,3回にわたって描かれましたが、
……ぶっちゃけここまで呉陣営を丁寧に描いてくれる三国志アニメって
これだけじゃなかろうか…?と思ってしまうほど、
呉FANにとってたいそう嬉しい描かれ方です(^-^)
(いきなり竹筒で魚蒸すとは思わなかったけど…(笑))
自分の三国志のとっかかりが、呉のファミリー属性だったので、
今作みたいに家族的絆の描写とかあるとなんだか家に帰ってきたような安心感が(笑)
(陸遜が周瑜に弟子入りとかまたマニアな…呂蒙は?)
しかし、敵の水軍をそのまま乗っ取ってしまうのはどーかと思うがww

それにしても紀霊ハンマハンマの作画がいやに丁寧だったのは何でだろう(笑)

最強武将伝の方は先日孔明ちゃん(すいません諸葛亮)がでてきました!
声はアリキリの石井さん。なかなかハマってます(^-^)
劉備の泣き落としであっさり意思をひるがえすあたり、あなどれないかも(笑)
官渡の辺り、前後編に分けて描かれてて、ここはなかなか燃えましたw
ちゃんと張コウと高覧も出てきた!おっさん顔だったけど!
人物入り乱れて駆け足ながらも流れをしっかり見せて、
戦闘シーンもかなりチカラ入ってたんで
魏FANの方も満足いく出来になってたと思いました(^-^)保存ケッテイ。

ほんとはあと蒼天航路も見たいんだけど、ついチェックを怠ってしまいます…
しかしNHKでずーっとアニメ蒼天のBGM使ってた番組があって、
スタッフわかってんなあとかニヤニヤしたw 曲もいいんですよアニメ蒼天。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-08-08 00:30 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)