<   2012年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

もう5月


ああ、もう4月も終わりですねえ(苦笑)
まったりとGW中…という方も多いでしょうか。ワタシも少し休みがもらえましたけども。
みんな、祝日でも働いてる人がいることを忘れないでネ!ww

おくればせながらPSP俺屍をプレイしてますw
かり物なのですが携帯ゲームは久しぶり~。ぷよぷよやりたくなるw(何故)
えー、子孫は今17代目で、大体30年くらい経ってます。
(リアルで考えると30年で17代?って話ですが、いいんです1代平均2歳だからw)
 ラストダンジョンまであと1歩、なので踏ん張りたいです(苦笑)

 このところTV見てると考えることが多くて…マスコミとの接し方とか。
 いわゆるリテラシー、ってやつだと思うんですが
 あまり鵜呑みにしすぎてもいけないし、かといって全部ナナメに見るのも
 オトナゲないというか…。大衆や流行も大事かな、とな。
 社会の裏側を推察しながら、ニュースが報道される意味とか得するもの、損すること、
 邪推しつつも清濁併せ呑むオトナになりたいなあとか。思ったり。
 とりあえず今上陛下ご夫妻のお墓、埋葬の話はなんだか親戚の祖父母が
 周りの家族のことを思いやっていただいたうえのお話だと理解はできるんだけど、
 でもこちらからしてみたら祖父母が居なくなった世界のことを想像してしまって
 それだけで寂しくなる、そんな話題だなあとか思ったりしました。
 自分がいなくなった後の世界の心配をする心境ってどんなんだろう。まだ分からない。

 GWはおいしいものでも食べに行こうかな~。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-04-30 22:26 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

5話雑感


5話感想に書ききれなかったところを。

南十字座(サザンクロス)の聖闘士がソウマのお父さん、という設定のようですが
サザンクロスの聖闘士って居たっけーと調べてみたら、
旧作劇場版第1作目に出てきたゴーストセイントの1人でしたw
あれは過去の英雄が亡霊となったという話だったそうなので、
ソウマのお父さんは 邪神エリス復活時には実は白銀聖闘士として存命だった…
という裏設定でもあるのかも。
旧作アニメのオリジナルキャラクターをこんなふうに救い上げて
練りこんでくるオメガの設定、こうやって探すのもなかなかおもろいですw

あと、南十字座が見えるってことは、
パライストラは南半球にあることになるんだが……いいのかなあ(笑)
(ギリシャじゃないの??)

永久氷壁ってのも、あれはシベリアの凍土にあるから納得できるわけで、
あんなただ高いだけの山にあってもこじつけ感満載…(苦笑)
単に永久氷壁言いたかっただけちゃうかと(笑)んもうw

あー、でもソウマくん回だったのは確か。ソウマくんの作画気合い入ってた。
主線の一部を太くして輪郭や身体のメリハリを利かせてたのは良かったです(^-^)

そんな感じで。ツッコミでした(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-04-30 00:14 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

オメガ5話


聖闘士星矢オメガ5話視聴。

…いかん…若干モチベ下がってきた…(苦笑)

今回は脚本がどうもイマイチだったような…。
やりたいことは分かるんですけどね。
困難に立ち向かう少年たち、友情、勝利!みたいなね(笑)
んだけども、どうも陳腐というか、旧作星矢を意識しすぎて
空回りしちゃったみたいなね…。型にはまりすぎてた気がします(苦笑)

あの、ソウマくんにつっかかってくる、とびうお座のなんたらいう
不良顔の子がどうも意図がわからんというか…
ソウマにイライラしてるみたいだったけど、特にソウマに関係があるわけじゃ
なかったみたいで単にソウマの親の悪口言いたいだけじゃんみたいな…。
ちゃちいイジメみたいで何がしたいのか意味不明でした(苦笑)
足止めだけのキャラ?みたいな……そういう子にしたいわけじゃないだろうに。

ソウマくんは過去にお父さんが正体不明の敵に倒されて、
父の敵を討ちたい、強くなりたいという目的が明かされたのは良かったですが、
コウガくんと2人揃って足止めされた時に、
自分が白銀になって強くなるみたいな目的から外れて
仲間のコウガくんを先に行かせるために氷を溶かす、みたいな描写になってて、
それが納得いかんかったです……。
お前自分が強くなりたいんちゃうんか、なんでそこでコウガやねん、みたいな(苦笑)
これって現代的視点で見ちゃってるかなー。旧作では確かに
「ここはオレが食い止める、お前は先に行ってくれ!」な場面は沢山あったけど
それは共通の敵を倒すため、同じ目的を果たすため、だったでしょう。
今回の選抜キャンプの目的というか、目指す目標はコウガもソウマもそれぞれ、
それならソウマくんだけが身を挺してコウガを先に行かせる必要は
なかったんじゃないかなーって。思ってしまうわけですよ。
結局はコウガくんが2人揃って合格したいとソウマくんを背負ってゴールする
カタチになるわけですが…。そのシーンを描きたいだけちゃうかと。
なんか穿った見方になってしまうわけですよ…(苦笑)
そのシーンを描きたいなら、もっとそれぞれのキャラ造詣とか設定とかを落とし込んで
キャラがそう動くだろうなって納得できるように動かしてくれないと…。
見てる側はキャラに感情移入しにくいと思いますですよ……。控えめに批評。

それにしても市センパイ…「ゆとり世代が」とか言ってくれちゃったけども(笑)、
道間違えるとかおもろいからねww市っちゃんがんば!w

次回はこの選抜キャンプで抜けた子たちが「聖闘士ファイト」と称した
いわゆる勝ち抜け戦?に挑戦するそうですが、
勝利すると白銀聖闘士に昇格できるとか言ってて……。し、昇格ってそんな(笑)
聖闘士ってそんな昇格戦とかでレベルあがるんだ(爆笑)
すげーwwおもれー(笑)(旧作だと獲得した聖衣がすでにランク付けされてた感じだったけど)
…どうなんだろうなあ…そういう設定少しずついじってるのも
新世代ならではなのか、それとも新作に無理がでてきてるのか(苦笑)

引きで新キャラ・エデンが登場。髪型がアベル(旧作劇場版の太陽神)に似てるー!w
新作銀河戦争?な6話以降に改めて期待しよう…と思います(^-^;)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-04-29 22:56 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

そういえばF1


ああ、そういえば先日の日曜にバーレーンGPが開催されました。

決勝結果

今季復帰参戦のライコネンとチームメイトの新人・ロマングロージャンが
揃って今シーズン初表彰台!うわお。レース後コメント。
…ロータスめ……このマシン開発を何故去年してくれなんだ……(今更)

優勝はヴェッテルくん。なんと4戦目にして今季初優勝とな。ほほう。
どうやら今年は苦戦しているようですねえ。
可夢偉くんは中段で揉まれて13位フィニッシュ。残念。

というか、今回のバーレーンGP、開催そのものが危ぶまれてたんですよね。
去年の中東一帯でひろがったいわゆる「アラブの春」の波及で
バーレーン内でも宗教がらみの対立から国内で争いが起こっているそうで、
F1開催も信者数の差からくる生活格差を煽る一端である(※だいぶ端折ってます)、との
抗議活動の対象になっていた模様。
(要するに、貧困者が多いのに金持ちの道楽競技なんか呼ぶんじゃねーよ的な)
なので、F1関係者のそばで爆発があっただの身の危険を考えてチームクルーが帰国しただの
いろいろ不穏な話題があったようです(´ω`;) (記事探したらこれ とか これくらいかなあ)
どうやらバーニーエクレストンが押し切ったようで今回の開催になったようですが
ドライバーたちもいつ巻き込まれるか、気が気じゃなかったろうなあ……(汗)
国際情勢からみて危うい国にはなるべく近づかない方が
いいんじゃないでしょうかね(苦笑)結局レースは行われたけどね。

ちなみに我らのニックさん(笑)は、観戦しながらツイートしていて、
「ここDRS使うと楽そうだなあ…2年前は無かったんだよなあ(要約)」みたいなことを
ぼやいておりました(苦笑)もう…すっかり いち観戦者のようです(^-^;)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-04-26 23:11 | F1話 | Trackback | Comments(2)

春のアニメ感想


春のアニメ新番、そろそろ出揃ってまいりました。
今年は自分にとって星矢オメガという大きな作品が光臨してきましたが(笑)、
他にもチェックしたい作品が多めで、個人的にも豊作という印象ですw

へうげもの
ちゃんとタイトルロゴにアルファベットで「HYOUGE-MONO」って書いてある!(爆)
でもクチで発声する時はHEUGEMONOって読みます。ごめんなさい(笑)
昨年衛星放送でアニメ化され、見たいナーと思っていたら
1年後に無事地上波に降下。ありがとうNHKありがとう(笑)
原作が特徴的と聞いてはいましたが、アニメもだいぶトンがってますねw
古田織部(いまは佐介。さすけ……)が主役で
序盤はまだ武功と趣味の陶芸(茶器とか)の目利きとでゆれてる感じですが
これはあれですね、あっさり目利きに流れそうですねw目利きに葛藤する姿が笑えますw
たぶん原作を可能な限り動画化してると思うので(アニメならではの記号が少ない印象)、
原作FAN満足の出来なんじゃないかなーと推測。
戦国時代の描写もリアル路線で丁寧なので個人的にニヤニヤしながら見られます(笑)
全38話ということなのでゆっくり腰を据えて見る予定です~

しろくまカフェ
前回も書きましたがこれは興味深い作品。
OP、ED、予告に実写映像も挟んでることで
なんというか人間と動物が混在する楽しい世界観の一旦を表現してる気がしますv
コミックの雰囲気をだーいぶ広げてるので
ちょっと印象が違うなーって部分はありますが(動物同士の会話とか増えてる)
肩のチカラ抜いてゆる~く見られるのがいいですね(^-^)
あと、現在「旬」と思われる男性人気声優陣が多数出演されてるにもかかわらず
かっちょいい美形人間ではなくリアル動物の声をアテてる、ってのが相当なギャップで
かなり話題ポイントなのではないかと思われます(笑)
まつげが長いラマが小野D…ナマケモノがスギヤマ紀章…あああ(笑)
(しかし皆さん特徴をつかんでて本当上手い。声優さんてマジすごい)

坂道のアポロン
お友達の地元が作品の舞台になっていると情報をいただき、
雑誌でも紹介記事を読んだらスタッフ的にオイシイ作品だと思ったので視聴開始。
キャラデに結城信輝氏、音楽が菅野よう子女史、監督が渡辺信一郎氏、ときたら
前半でエスカフローネと連想するか、後半でカウボーイビバップを思い出すか(笑)
要するに豪華スタッフ陣ということですねw
(そしてOP製作に中澤一登氏、ED作画に林明美女史と
渡辺監督FANならニヤリとする豪華スタッフ参加もオイシイ)
1話を見てみると時代設定が昭和40年代ということのようで
やや懐かしさを感じさせられる色合いと風景にホッとなごむ。
そしてどうやらテーマが音楽、それもJAZZということで
この豪華スタッフ陣の配置にも納得。菅野よう子女史の本領発揮か!w
雑誌の記事を読むと、実際に作品内のシチュエーションにあわせた環境で
若手プロの演奏をそのまま収録して、しかもその演奏動作を
そのままアニメに作画している(!)らしく、
臨場感ハンパないです(笑)人物ぬるぬる動くよ(笑)
これは音楽好きな人にはたまんない作品になるんじゃないでしょうか(^-^)
素朴な長崎弁(佐世保らしい)とも併せて、どこか懐かしく心躍る作品に
なりそうな予感がしますv
(しかし……主役の男の子2人フォモくさい……なぜか香るよ!なんでだ!(爆))

そんな感じで。
あ、特撮の録画設定消去しました。もう視聴が追いつかんです(泣)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-04-25 21:04 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

遅ればせながら


実は桜が咲き始めた頃から
職場近くの桜並木を定点観測しておりました。
すぐにブログに上げようと思っていたけど…
なんか遅れてしまって今の時期に(爆)今は八重桜が咲いてるよ…w

出遅れ感満載ですが(苦笑)、同じ場所で桜を観察してると
咲いて散るのが目に見えて分かって、とても興味深かったです(^-^)


d0025055_17392873.jpg
d0025055_17395282.jpg





d0025055_17474990.jpg
d0025055_17434081.jpg












d0025055_1757687.jpgd0025055_17571780.jpg






上から、3/31→4/2、4/3→4/5、4/6→4/7、4/9→4/12です。
だんだん葉が出てきて花と葉の割合が変わっていくのが見てとれますね。
逆光気味で見づらくて申し訳ない。

今は八重桜、それからハナミズキ、牡丹、ツツジなど
色味の強い花が増えてきて、いっそう目に鮮やかです(^-^)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-04-25 19:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

オメガ4話


さて、星矢オメガ4話。OPクレジットには前回に引き続き直井氏のお名前。
特徴覚えていればどこらへんの作画されてるか分かるんだろうけどな~。
(そこまではいたしません)

待ちに待った新キャラ登場は、紫龍の息子・龍峰くん。
前回も画像で載せましたが、ほんっっと、アンドロメダ瞬くんに似ている(笑)
いやーキャラデの馬越さんも似たイメージであるとの
コメントを出してたのを読んだのですが、……それにしても似てる(*´ω`*)
旧作アニメ当時、ばーりばりの瞬ちゃんFANだったおいらにとっては
どうしても気になる存在ですのことよ。
ちなみに声は柿原徹也さん。正統派アンドロメダ瞬系ボイス(笑)←言うてやるなや

また書いてて長くなった(苦笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-04-23 23:41 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

きよもりっ! 16


平清盛16話視聴。

きよもりくん、跡継ぎに。

今回は忠盛パパがいなくなる話ってことで
これまでを振り返るような内容になってたのが印象的でした。
宋国の剣をうまく絡めて、忠盛パパがきよもりくんにとってどんな父親だったのか、
どんないきさつがあったのかを回想シーンを挟んで丁寧に見せていたと思います。
(剣は1話でパパが通りすがりの海賊から取り上げたもの、
その剣を通して心の軸を持つことを、忠盛パパ→きよもり→息子と伝えてく、などなど)
結末としてこの親子に共通の夢・目的を持たせて
父子のつながりの強さのようなものを強く印象づけていたように思いました。
父の夢を子が引き継ぐ。みたいな。いいねえ。

引継ぎ式のシーン、良かったですね。家長が中央にどっかと座って
一族、家臣が左右に平伏する感じがいい。大河ドラマっぽい(笑)威厳があった。

というか、平家ってほんと家族のつながりしっかり描くよね。
忠盛パパの遺言というか家宝引継ぎ式でも兄弟やメインキャラの顔出しもして
特徴付けも兼ねてるし(マニアックな見方)。
なんかあれだな、なんとなくこの脚本家さんは平家一門を
イタリアのマフィアみたいに捉えてるのかなあって思った。ファミリー結束とか。
個人的に、家盛くんの立ち位置を引き継いだ、頼盛くんが気になります…
冷ややかな目で清盛を見てるよね。そこがいい(笑)

源氏でも源為義じぃじが孫に弓を教えたりするシーンもあって
家族の交流というか、そういう……「親から子へ、子から孫へ」っていう流れを
前面に押し出さないカタチでそっと伝えてる気がしました。ちょっと泣ける。

それにしても忠盛パパ、ナレーションでいなくなっちゃった(・ω・`)
死去するシーンは直接描かなくて
幻?のパパがきよもりくんと剣を交えた直後消えてしまう。
ドラマでよく見る表現だけど、これはいわゆる「泣かす」演出でしたな~。
ただ、脚本家さんが「泣かそう」としてないような…照れとか恥ずかしさが
脚本から感じられた気がして。それか、演出家さんの塩梅かな~。うーん。

個人的には忠盛パパが亡くなるシーンを入れてぐわわっとドラマを盛り上げてほしかった
ですが……。なんというか、「大河ドラマ」のセオリーってあるじゃないですか。
過去作いくつか見てきましたが
主人公の「父」が亡くなるというのは主要人物の1人が単に居なくなるだけじゃなくて
主人公の前のひとつの「壁」が消えることで、
その「壁」を主人公がどう破っていくか、受け入れていくか、っていう
大事な題材だと考えられるんですよね。
そこを今回は「夢の継承」というカタチでつなげてはいるものの、
大きな壁が消えた、という描写にはしてなかったと思うので……。
前向きな継承でいいかもしれませんが、
なんとなくもう少し、喪失感みたいなのを感じたかった気がします(苦笑)

ちまちま他メディアでネタバレも読むようになってきましたwさてさて今後どうなる。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-04-22 22:03 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)

なんとなく補足


…ちょっと自分のオメガ関連の記事を読み返してて思ったのだけど、

専門用語、多すぎね?(苦笑)

うちのブログの来訪者さま、その記事目当てで来られてるなら
きっと読み仮名なくても読んでくださる同志の方々(^0^)なのでしょうけど、
読み方忘れた、とか耳で聞いてるだけだとこの漢字なのか分からん、
なんて方たちがいたら困るかな(笑)考えすぎかなw

まあ、とりあえず自分は読めるんだけど読み方忘れた方のために
「星矢オメガ」の専門用語を書き出しておきます(笑)
ちなみに自分のPCには「聖闘士星矢」を辞書登録しております(爆笑)

★聖闘士星矢……セイントセイヤ。
 (作品名ですが「括弧」つけずに書き込んでても作品名を指している場合あり)
★聖闘士……セイント。
 (コウガくんたちが所属してる戦士たちの総称。アテナを護るのが使命)
★青銅……ブロンズ。
★白銀……シルバー。
★黄金……ゴールド。
 (聖闘士の中のランキング。青銅と書いてればブロンズと読んでください(笑))
★聖衣……クロス。
 (コウガくんたちが装備する鎧みたいなやつ。今作は特殊な素材で作られてるそうな)
★小宇宙……コスモ。
 (作中で語られてたので説明省略。しょううちゅうと読んではいけない(笑))
★銀河戦争……ギャラクシアンウオーズ。
 (原作で物語の発端となったトーナメントバトル。詳細は省略。こう読め(笑))
★聖域……サンクチュアリ。
 (5/30追記。せいいきじゃないよ、この作品においてはもう、こう読めww)

……今のところこんな感じだろうかw
もう、自分が旧作世代どっぷりなので自分が分かり良いように書いてるけど
もし読めないって言われたらなんか悔しいので(笑)
とりあえず用語集ということでww

3話見返して気づいたけど、黄金聖闘士が現状で2名居るらしい……。
1話で星矢ちゃんが行方不明?になった当時は黄金は不在で、
それから13年のうちに2名増えたってことになりそう。
するってーと誰だろう……
ネットの予想じゃ貴鬼(キキ)が有力候補だったし自分もそうだといいなと思うけど、
あと1人は大穴として一輝兄さん推しておきます(笑)バルゴの一輝(笑)
(乙女座の聖衣はげしく似合わないけどな……そこを敢えてw)

…コアFANのたわごとはここまで(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-04-19 19:28 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

オメガ3話


放送翌日に録画をばっちり見てたんですが
感想まとめるのに手間取りました。だって……(T^T)

まあそれはおいといて、
OPに作画陣クレジットが出るのですが(ワンピと同じでEDがない)
真っ先に目をひいたのが直井正博さんのお名前!
この方も前回のお2人方と同じく、旧作でローテーションで作監をされてた方ですv
(あまりの美しさで話題になった、宝瓶宮の戦いを担当されてて、輪郭の描き方に特徴があります)
もう3話続けて旧作スタッフさんが参加されてるとなると
これはアレですね、あえてお声をかけて1カットでも描いてもらっていますねこれは(笑)
でも、ご本人方もきっと嬉しいでしょうし、いいことですね(^-^)
こうしてコアFANへのアピールにもなるしね(笑)

そうそう、OPにSE(効果音)が新たに入りました!シャキーン、とかドカーン、とかw
印象的だったのがコウガくんのペガサスクロスに光沢がきらめく瞬間に
「キュピーン☆」って入るのがすっごく旧作ぽかったですw
欲を言えばもう2,3箇所SE入れて音楽との一体感を高めてほしいかもw(エラソウ)

今回は聖闘士養成所、パライストラへコウガくんが入学するまでの話でしたが
新キャラの女性聖闘士、ユナちゃんが登場。
小宇宙が高まると風が巻きおこったり、初登場で鷲が飛ぶカットが入ったり、と
本人を象徴するビジュアルが上手く挿入されるのが良かったです。
(しかし聖衣を装着するシーンはどうしてもプリキュアを想起させる(笑) 羽飛ぶし)
声が雪野五月さんで、張りのある滑舌の良い声がキャラの芯の強さを
これでもかと表現されていると思いましたw(強そうだ……)
てか、仮面キャラって今時見ないよねw新鮮で珍しい感じかも。

回想シーンで黒以外の主線で表現された絵がかわいかった。今の東映ぽいw

ユナちゃん優等生キャラで、星座を読むことで予知とか未来をよむことができる
(説明セリフありがとうソウマ(笑))、いわゆる優等生キャラで
仮面を外して自由に思うまま過ごしたいと思っているけど掟に従っている子。
結局コウガの励ましや闘うことでで気持ちが吹っ切れて
「自らの心の掟に従う」と仮面を外して過ごすことになります。
ここで気になってたのが、聖闘士星矢独特の「聖闘士の掟」。
アレですね、女性聖闘士は仮面の下の素顔を見られたら、
その相手を殺すか愛するかしかない、ってやつw
新キャラで女性聖闘士が発表された時からこの掟どうするのかなと思ってたんですが…
仮面を外しても、「誰も殺さないし愛さない」だそうですよ。ふむぅ。
こういう「古い掟に縛られるだけでなく、それを打ち破る心の強さをもつ」
という流れにもっていきました。スタッフの皆さんの工夫が感じられますw
こういう、「社会の息苦しさに立ちむかえ、戦え」というメッセージは
旧作星矢にもありました。上手く現代的にアレンジされているかと思います(^-^)


あー長くなった 以下続く(苦笑)

本当に長いよ(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-04-18 22:30 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)