<   2012年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

かんそうぶん


最近大河や星矢オメガの感想文ばかりで
ワンパターン化しております当ブログでございます(笑)
すいません、見ては書いての繰り返しで(苦笑)
もっか、録画可能時間の残量、100時間ぎりぎりを推移しております(笑)
(95時間以下になると低画質の録画を薦められてしまう……それはなんかイヤ(笑))

ウチの録画事情はいいとして(笑)、
アニメをぼちぼち見ております。

坂道のアポロン
5話見逃しちゃったー。録画設定ちまちま変更しちゃいけねえや。
内容はしごく単純な学生さんの恋愛話で、四角関係になってるわけですが
オーソドックスゆえに面白いというか、興味惹かれるというか。
分かりやすいですよね。男の子Aは女の子Bが好きで、でもBちゃんはCくんが好きで、みたいな(笑)
ちなみにCくんはD子さんが好きなんですよ(笑)
ストーリーはこうして単純化できるんで
この作品の見所はやはり音楽シーンかな、と思います。
6話は演奏シーン少なかったけど、7話の文化祭の話は
ロックバンドのエレキのシーンも含めて大分長く、丁寧に見せてて
まるでその会場に一緒にいるような臨場感があって、総毛立つ感覚がありました。
欲を言えば観客生徒たちの絵をあまり挟むことなく
演奏シーンだけ延々と見ていたかった……けど、
生徒たちが呼び合って続々と増えてくる情景はカタルシスというか
気持ちが高ぶりましたねw学校特有の一体感を覚えました。いいなあ。
新キャラのキノコ頭の子、きゃぴるん☆(死語)としてて笑える(笑)すげえw

しろくまカフェ
チカラ抜いて見られていつもまったりしますw
OPがたまらなく好きだ……乗り物が変形するところがたまんないw
ちなみにEDが月替わり?のようですが、
個人的にこの売り方、アニメヘタリアを連想させます……。
なんでだ?作詞作曲が紗希さんだから?

録画がたまる一方ですがガンダムAGEも見ないとなー。見ないと批評ができん。
宇宙空間での戦闘シーン、甘いんじゃないですか。地上戦みたいなダラダラ感なんだけども。
親子3代100年を描く、って着想は面白いと思うんで
見ておきたいとは思うんですが~。内容に重さが感じられなくてなんか見づらい…。

あとはH×Hとワンピ……ワンピはJ誌面でごちゃごちゃしてて
ついていきづらい時があったので、アニメで色ついて見やすくなってるので助かります(笑)
長期アニメでも手抜きすることなく丁寧に作ってるのがすごいと思う。

だらだらと続けそうなのでこの辺りで(笑)
そうそう、お友達のあまみんの「日々徒然」で当ブログ紹介していただきまして
おかげ様でアクセス数が増加しておりますw
(日平均20前後のウチが連続3ケタアクセス達成(笑))
有難いことです……!楽しんでいただけてれば幸いなのですが(´∀`)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-05-30 20:47 | アニメ感想 | Trackback | Comments(2)

きよもりっ! 21


平清盛21話視聴。「保元の乱」。


……ふおおぉぉ…すげえええ……なんだこの格好良さは!!!

今回めっちゃめちゃ格好良かったです~(^0^)
やはり男性が鎧甲冑がちゃがちゃ着て刀振り回してると
いやでも気持ちが盛り上がりますねw
(兜締めてると顔が隠れて誰だか分かりづらくなるのが難点だけど(苦笑))

前半の軍議のやりとり、いい対比になってて良かったですね~。
崇徳側、藤原頼長がどう戦えばいいか異端なく述べよ、みたく振ってみたら
ガンダム、もとい(笑)鎮西八朗為朝が「夜討ちで!」
その言葉と表裏のように、後白河側、信西の前でよしともが
「夜討ちで!」と発案。
しかし、どちらの陣営とも、血を見たことのない公家が進んで採用したがらない(笑)
特に頼長が、「孫子にいわく……」と知識を披露して
夜討ちなど卑怯者のすることだ、と一刀両断。
(為朝、さっぱりわけわからん!と憤るが気持ちは分かる(笑))

それに反して信西が、同じく孫子の言葉を持ち出してくるも、
「同じところでとどまって考えていることが卑怯」と
同じ引用でも異なる解釈をして答えを導き出す。この流れ、見事でした!
どちらも知恵に長けた軍師タイプだけども
学問どおり受け取る頼長と柔軟な解釈がとれる信西。素晴らしい対比でした。
そしてこの両者が出した結論で、戦の敗者が決まったわけです。
…崇徳側、頼長の敗北が。

戦シーンもすごく良かったですね!
特に八朗為朝が射った弓がゴウ、と音を立てて相手に当たり、
なんと鎧を貫通して後ろの人にまで突き刺さる!
この表現!めっちゃ強い!かっこいい!!!
こんな迫力ある弓シーン、初めて見たかもww
CGをいい表現に使っていると思いますvこんな大河が見たかったw

清盛の叔父、忠正さんの登場も良かったですね~門が開いたら1人登場して。
そのまま清盛と弓交え一騎討ちとは!
盛国の解説の台詞にかぶって戦う2人のさまは、まるで少年マンガ!w
しかしめっちゃめちゃ格好良かったです!戦う男のたぎる血、みたいな。くぅぅ。

個人的にいちばん気に入ったのが、源為義さんについていた鎌田通清さん!
敵対勢力に回ったはずの息子をかばって弓を射られ、
傷は浅いから、と離脱してから為義さんの元へ報告にくるも、そのまま……。
てか、この報告シーン、傷のつらさを必死にこらえながら
殿に悟られぬよう伝えようと声を振り絞る様が……ほんとに、渋いというか……
格好いいいいい!!(燃)
すっごーく「男」を感じました。ダンディズムかも。
いや、主従燃えか?なんでもいい!(笑)
とにかく、この鎌田さんの重臣ぶりがとっても心に残りました!!演技素晴らしかったです!

とにかくホメ言葉しか見つからないや今回(笑)
鎧がちゃがちゃして動きにくかったろうに、役者さんたちよく動いていたと思います。
あとちょこちょこと邪魔にならない程度に挟まれた
待つ者…女性たちの姿もそれぞれで。武勲を祈る女、無事を祈る女。ほむぅ。

後白河からじきじきにお言葉が、といわれて身構えたら
「うちの血縁はこんな感じで」といきなり家系図語られて(笑)、「!?」となってたら
(さすが後白河、マイペースぶりは徹底されてる(笑))、
「そんなうちの貴族の家系、倒せるのはあんたたち武家だけ。もののふの時代を作るのは今」
とか発破かけられちゃったら、
そりゃー清盛もよしともも 血走った目でアイコンタクトとっちゃうでしょう(笑)
ここも、内にこみ上げる熱情、みたいなものが感じられて
すごく燃えました。アツかったですwいいな~台詞でなく画面で感じられるの、いいな~。

…と、そんな訳で全編アツかった今回(^0^)
45分あっという間に終わりました~格好良かった!!満足。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-05-29 23:01 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)

オメガ9話


はい、オメガ9話視聴!今回もアツかった!

パライストラが闇の小宇宙(黒いツタみたいなの)に覆われて
生徒たちはマルス兵(マーシアン)たちに選別と称した攻撃を受けちゃいます。
マルスに忠誠を誓え、と脅されても 我々はアテナの聖闘士だ!と
奮戦して抵抗する檄せんせー。作画かっこいい!w
ケガして休んでたソウマも加わって生徒たちは抵抗するわけですが
これまでの数話で出てきた雑魚顔くんたちも戦ってるのが泣かせますね(名前覚えてやれ)

一方、地下牢に閉じ込められたままのコウガくんと、新キャラ・ハルト。
ハルト、いわゆるクール系キャラ。車田調「フッ」がよく似合う(笑)
コウガを挑発し、即反応したコウガくんが「てめえっ!」と
ハルトの襟くびをガシッと掴む。……だが。
d0025055_2331473.jpg
!?

いきなり変わり身の術wwww
続けて牢屋を出るための小細工、火遁とか糸操作とかなんか色々小技をだしやがりますww
d0025055_2352040.jpg
「いわば、オレは忍者聖闘士!」(自称)

ちょwwwまwwwwwwwウケるwwwwww

しょーーじき、聖闘士星矢の世界観に「忍者」って合わないと思うんですよね(苦笑)
せめて「忍び」とかさ……それか、青銅以下の雑兵クラスでさ(^-^;)
火遁とかすっかり火薬使っちゃってますよ、道具使わないで戦うのが
聖闘士、闘士ではなかったのか!(力説)

……しかして、まあここまで堂々と出てきて自称しちゃったのならば仕方ない(苦笑)
聖衣装着シーンなんて無駄にカット割り多くて美形に描かれてて(笑)、
これ全部バンクに使うんならえらい時間くうぞレベル(笑)w
まーなんつーかね、クールで美形だけどやることちょっと常識から外れてる?、
表現の奇行士なキャラ?(爆笑)氷河ポジションかとww
そう割り切っちゃって見ればまあまあ見られます。女性にもさらっとホメ言葉出てくるし。
抜け目ない。この手のいわゆる突っ込み担当がいないとね(笑)

長くなったので続く。

聖衣装着するとメガネが消える不思議
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-05-28 22:55 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

きよもりっ! 20


遅ればせながら平清盛20話視聴。

なんというか、嵐の前の静けさというか、胎動するチカラというか、
勢いよく弾ける寸前の抑え切れない鼓動、みたいなのを感じました。
(かっちょよく言ってみる)

てかですね、萌えとか挟む余地がなかったっす(笑)
ここまでの話数つかって積み上げてきた人間関係、キャラ相関が
今回に結実したというか……はああ~そうきたか、みたいに
うならされました。脚本すごい。

一番ビックリ&感服したのが、叔父の忠正さんの去就……。
ドラマが始まった頃に保元の乱で忠正は清盛と対立する、みたいな
史実バレを見たことがあって、ああ~忠正叔父は清盛嫌いで対立しちゃうんだな~
って思ってたんですよ。
そしたら清盛の言動に敬愛する兄・忠盛の姿を見たかのような発言のあと
忠正叔父さんは平氏を離脱……その主旨は、清盛と同じ「平氏一門を思っての行動」
だったというこの展開!いやー深い。こちらの読みが甘かった(笑)
(一蓮托生でもろともに敗北したら全滅だもんね。少しは血脈を残しておかないと)
忠正叔父さんいちいち清盛の言動に反論してばかりの、いわゆる敵役キャラかと
思っていたけど、そう思わせた脚本の話の積み重ねの勝利、といいたいですね!
素晴らしい。
(絆など、はなっから無いわ!いかにも忠正叔父が言いそう。しかしそれを
清盛が素直に間に受けたのか?清盛は忠正を誤解したままなのか?そこが気になる)

忠正叔父の役割を途中から引き継いだ よりもりくん、今回大活躍。
こっそり平氏分離を画策。お母さん(宗子さん)にはバレバレだったけど(笑)
結局、忠盛叔父がその役割を担うわけですが……
叔父さんの離脱の伝言を清盛に伝える。
「メッセンジャーよりもり」って名称がとっさに頭に浮かんだのは自分だけですか(爆笑)
(家盛くんの最期の言葉を伝えたのもよりもりくんだったんだよな~(^-^;))
このドラマ、キャラの立ち位置、というかキャラ立ちを振り分けるのが
本当に上手い!
西行が出しなに和歌を詠むのももうキャラのお約束になってるしなww

保元の乱は教科書でも名前を見た記憶があるだけで正直どんな戦だったのか
さっぱりなのですが(苦笑)、
今回でだいぶ、しっかり頭に入った気がしますw
清盛が前回、崇徳に心を寄せようとして結局剣を向けたのも
この保元の乱の展開があったればこそ、だったかもしれません。
★清盛ら平氏の主な一党&源義朝……故・鳥羽院方、後白河天皇(信西、美福門院なりこ)
★平忠正叔父&源為義、鎮西八郎為朝(別名ガンダム(笑))……崇徳上皇、藤原頼長
要するに清盛は忠盛の頃から鳥羽院に仕えていたので
清盛も鳥羽方(=後白河天皇)につくのが自然の流れで、源義朝もそうなるわけですね。
対して忠正叔父やよしともの父、為義さんは
以前から藤原摂関家寄りだったため、摂関家が奉じる崇徳側へつく、と。
こーれは、ここまでのドラマの流れを見てないと
すんなりアタマに入ってこないかもしれません(苦笑)
それに、つまりは貴族が武士という駒を使っての代理戦争という構図なわけで、
そりゃー教科書でざっと教えられても小難しすぎるわなあ、って感じです(´ω`;)
今回、戦のなりたちがドラマというカタチでアタマに入って良かった。

鎧甲冑がしゃがしゃ着込んだ男たちが画面に出てくるだけで
なんだか興奮する(笑)ということが分かったのも収穫でしたw歴史ドラマっぽいぜ。
あと、鎌田正清がよしともの元に戻るところの演技も良かったですね!
お父さんにけしかけられて本音が出て、静かな表情のままふっ…と我に返るあたり。
キャラを大きく崩さない大げさな表情じゃなかったところがいいなと思いました。
(それにしても清盛と盛国といい、主従萌えが素晴らしいなこのドラマは!w)

清盛が前回、家族を大事にする軸をしっかりもったが故に上皇に剣を向けたシーンから
内面が変わったというか落ち着いた印象になった気がしました。
まるで「組!」で近藤さんが「俺は鬼になる」と宣言した時のような……例え違うかもだけど。
護りたいものを守るためなら悪事も辞さない、という意志を感じました。

戦が始まる直前を1話かけて描く、丁寧な話になっててすごく見やすかったです!
(名前表示など文字情報も多かったからかも)
前半、第1期もこんな感じだったら良かったのになぁあ……くぅぅ。
次回、楽しみでっす!(^0^)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-05-25 22:03 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)

オメガ8話


さーオメガ8話視聴!今回は画像満載ですw

……ってか、OPのアタマが録画できてないぃぃぃ!
先週までは6:31からの放送だったので録画設定もそれに準じていたのですが
どうやら今週から6:30ちょうどで放送が始まった様子……くぅぅ。
OPに声優キャストも表示されるので、OPアタマが見られないと
声優が分からない罠。くはー (今回作画スタッフ末尾からの録画スタートでした;)
本編見たら、どうもCMが入るタイミング全てが見直された様です。
OP終わって即本編、より 一旦CM挟んでから前回までのあらすじに入ったほうが
見てるこっちは集中して見られるかなあ。個人的には先週までのが好きです(´ω`)
というわけで、早速録画設定修正。んもーCMカット録画作戦がアダになったか…。

えとえと、今回演出は貝澤幸男さん!うおお!
東映アニメ作品ではワンピなどですっかりおなじみのベテラン演出家さんです。
(旧作星矢もされてるかと思ったらWikipediaには載ってなかった)
演出家さんが変われば画面も変わる。
今回本編冒頭から画面全体的におどろおどろしい雰囲気…これから何かが起こるぞ的な、
不安を呼び起こすような灰色基調の色合いだったのが印象的でした。

冒頭からして映画っぽい!
パライストラにカミナリが落ちたと思ったらそれはエデンの技で、
エデンは一撃で相手を撃破……
その一連のシーンは、シルエットや黒い画面を効果的に使用して
物語の「予感」を感じられるようなものになっていて、おっ違うな、という印象でした!
d0025055_2152074.jpg
一瞬エデン(右)が腰を低くしたと思ったら、火花散って相手が倒れたり
d0025055_21543453.jpg
エデンに焚きつけられたコウガたちをナナメに切り取った構図で見せたり

意欲的なレイアウト、カットが多かったです。かっちょいい~~。

さて、パライストラに空飛ぶ馬車…(白馬の作画がやたら良かったw)が降りてきたのを
目撃したコウガくん、
優しい小宇宙を感じ、あれはきっと沙織さんだと勢いこんで
自分の試合の直前だというのにアテナの謁見の間へ飛び込もうとします。
(ユナが止めるんだけど、そのシーンも引き寄せる手首、止まる足元を見せたりして映画的)
そこへ妨害が。アテナに近づくな、と攻撃するのは何故かマルスの手下(マーシアンとな)。
どうして聖闘士養成所であるパライストラに敵の姿が、と
謎に思うこともせず(考えろコウガw)、一心に沙織さんの下へ近づこうとするコウガくん。
ここ、旧作劇場版などで一心不乱にアテナを求める星矢の姿にかぶりました。

画像満載、折りたたみます。

以下つづくぜアツイぜ長いぜ
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-05-23 22:30 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

れつ……れつ(謎)


時々タイトルがめんどくなるので気にしないように(笑)

金環日食は結局、ウチの地域では曇ってて、見られませんでした(´・ω・`)ショボーン
小雨も降ってたしなあ…。
ただ、最大食と思われる時間には、これから大雨になるのかなってくらい
外がどんよりしたので、たぶんお陽さまの光が少なかったんだと思います。
テレビ見てたらみんな大騒ぎだったようですね。いいなあ。

虫避け対策、さっそく2種類購入しました!迅速。
1つは玄関に置くやつ、もう1つは電池で動いて持ち運びできるやつです。
半年もつようなのを奮発したので出費はキツイ…が、
夏いっぱいはもってほしいっすな(笑)
早速効果がでたのか、ゆうべは何も邪魔されることなく安眠できました。えがった。

……てかね、虫妨害でぐっすり寝られなくて
地区の一斉清掃に遅刻したんだよね(爆)10分寝坊。
しかも地区の担当者さんから直接「ぴんぽーん」って起こしてもらった(爆)ww
「すいませーん、今日一斉清掃なんですけど~」
「ごご、ごめんなさいっ寝坊しましたっ!!」
てなやりとりが(恥)
遅刻した割りにあまり掃除に役立たなかったし……とほほ(´д`)
まあ…こんな時もあるさ(苦笑)

そんな感じです(´∀`;)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-05-21 21:28 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

つれ……づれ……


おばんわんです。虫(蚊?)の羽音に睡眠を妨げられている伊山です(苦笑)
虫避け対策なにか…しなきゃ…。パチパチ手を叩いてるだけじゃラチあかん(爆)

もうすぐ金環日食だそうで♪
うちの地域は惜しくも部分日食になるんですが
当日はどうやら自宅の台所から見られそうだと分かったので
(ちょうど朝日が差し込む方角のようです)、
ちゃらっと観測してみようかな~と楽しみですw
だーいぶ昔(15年くらい前?)に祖母と墓参りに歩いていたら日食の時間と重なって
2人で空を見上げた時のことを思い出します。
…そして今、その日2人で歩いた土地のそばに住んでいたりします。
運命、なのかなあ。どうだろ。

そういやウチのHDD…ついに容量が足りなくなってきたよと
低画質の録画を勧められるようになってきました(爆)
こりゃいかんと慌てて録画済み番組のDVDダビング→消去を繰り返しています…けど、
どうしてもオタクの気質というか…保存したい番組ばっかりなんですよねえ(苦笑)
ダビング進まねー進まねーww
しかも、画質重視の高速ダビングが推奨されない詰め込みダビングなもんで
時間も等倍かかるし、めんどいめんどい(´д`;)
うぅ……オタクのこだわりって大変ねえ(笑)(自分でいうな)

ああ~ガンダムage…早く視聴をすすめなくてわ…容量一番圧迫してるよ(´Д`;)トホホ

よくわからないまま、これにて(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-05-19 23:00 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

新Winner(F1)


先日行われたスペインGPで、ニコに続き初優勝者が誕生!
その名は パストール・マルドナド!

………誰だっけ?(爆) 

うそですごめんなさい今季のウィリアムズのドライバーです(苦笑)

決勝結果。 優勝コメント。 大統領からも祝福が!(ベネズエラ人とのこと)

ニュースでしか見れてないのでどんなレース展開だったのか
自分は分からないのですが(録画!録画はどこじゃ!(笑))、
かなりクレバーな、初ポールとは思えぬ落ち着いたレース運びをしていたようです。
(初優勝がポールtoウィンっても良かったねえ)
マルドナド、おめ! あやかって翌日の昼食をマ○ドナルドにしたのは内緒だ!(笑)

しかし、レース後にちょっとケチ?が…。
ウィリアムズガレージで火災 (チームクルーが負傷して入院中だそうです)
出火原因は調査中…とのことですが、ボヤではなくパドック中に煙が広がるような、
けっこう大きな火事だったようで、大変だったみたいです(汗)
F1は安全対策についてはしっかりされてるはずなので、ちょっと心配ですね。
(他チームのクルーが積極的に消火にあたってくれたとか。いい話)

あ、ちなみに可夢偉くんは5位入賞!ポイント獲得おめ!
レース展開に悔いが残るとのコメントがあったようで惜しかったのかな。うむむ。

うーん、初優勝者が次々誕生する今季、返す返すも映像が見られないのが残念だぜ……。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-05-16 21:27 | F1話 | Trackback | Comments(0)

オメガ7話


星矢オメガ7話感想。

今回は聖闘士ファイトのベスト8の試合がメイン。
コウガくんが優勝したいのは、勝者にアテナ謁見の権利が与えられるからですが、
優勝候補といわれるエデンを一方的に敵対視しております。
イケすかないやつ、程度だけど(笑)
エデンはあまり注目してなくて、君の試合はボクの前座だ、とか言っちゃう(笑)
まだなんとなくエデンの性格はつかめない感じなんですけど
一輝タイプというより貴族か孤高の王子様タイプぽい。ミスティタイプでないことを祈るw

エデンと張り合ってるコウガくんをなだめるソウマくん。
この子、目の前のコウガと直接対決するってのに
コウガくんの面倒ばかりみて相手のことばかり気遣ってる…
自分自身の優勝目的(シルバー聖闘士に昇格)に集中したいだろうに
コウガくんを抑えたり(「問題起こして俺の不戦勝ってのはやめてくれよ?」はお見事)
早く寝て明日に備えろって注意したり、
気苦労が絶えんな……。ムードメーカーって設定らしいけど、この気ぃ遣い様は
いっそ泣ける(苦笑)いい子や。

そんなコウガくんですが寝付けず、ソウマくんが尊敬する父親というものに思いを馳せる。
そこに檄せんせー登場。
コウガくんはよく星矢と比較されるが、その星矢とは?と疑問。
檄せんせーは昔星矢と戦ったことがある……と銀河戦争を回想。キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
1枚イラストで3カット、旧作の銀河戦争の様子を書き下ろして
見せていただきましたwスタッフさんどうもありがとうw
(旧アニメ聖衣だったのも嬉しい)
しかし……檄さんのハンギングベアーって首締める技だったんだが
イラストはどうみても「肩もみ」………。時代って世知辛いねえ(苦笑)

長くなったので続く。

画像あるよ
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-05-15 21:50 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

壮大に対決!


劇場版「仮面ライダーvsスーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」観にいきました。

……が、こちらの時間調整不足で最後まで全部鑑賞ができず……(汗)
今回は感想が書けません(涙)
(上映終了時間の予測を見誤ったよ~60分程度だと思ってたら90分あったんだもん;)
終盤のいいところで離席せざるを得なかったので
個人的にも残念無念。結末まで見たかったです……(泣)

ええと、とりあえず見たところまでの感想だと
・オーズ、ディケイド、フォーゼ、ゴーカイジャー、ゴーバスターズがメイン
・電王(デンライナー)が出ると聞いてたが出番ちょっと;
・デンライナー'sのコントは勢い不足(苦笑)
・海東くんはやられて転がってばかりだったね(笑)
・戦隊の敵をライダーが倒したり、その逆もあり、でなかなかカオスw
・戦隊の技をライダーがアレンジしたり、ライダーの技を戦隊が分けてもらったり、と
 使い方がなかなか良かった
・目玉の、オールライダー&オール戦隊集合の画面は、壮大というよりも
 いっそ「バ……バカじゃね!?www」といいたくなるレベル(爆笑)

こんな感じで……。
返す返すも最後まで見られなかったのが残念です…EDでキャストとか見たかった~。
(オリジナルのキャストさんは声アテてなかったよね?声優さんの吹き替えだったよね?)

またいつかリベンジしたいっす……。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-05-14 22:22 | 映画話 | Trackback | Comments(0)