<   2012年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

きよもりっ! 33


平清盛33話視聴。今回の話、好きー!

ちょっと肩のチカラ抜いて見られる回でしたね。皆、舞う舞う(笑)
文化的要素の強い回だと思いました。
「文化」って表現するの大変ですよね。目に見えないというか、
改めて言われないと実感しづらいし。後世にならないと分かりづらいというか。
そこを「宴」の設定で綺麗に乗り切った感じでした。
個人的には、こういう文化的表現大好きなんで、たまらんかったです~(^0^)

お公家さんの「雅」勝負。舞いは息子の重盛と宗盛が受けてたつ。
ってか、源氏物語じゃないけど若いおのこが揃って舞うと
めっちゃ映えますね~!w足を踏み鳴らすところとかキレイ。うっとりしたv
(てか、相島さんと細川茂樹さんは舞まですることになってすごいなあ。
シゲコちゃんの舞も史実エピソード入れてかっちょ良かったです。大酒飲み……)

それから和歌勝負は経盛が遠慮するほどの才覚相手に
ぽっと出のクマ、もとい(笑)、熊野から来た忠度(ただのり)が互角の勝負!w
あの、和歌の字幕の文字がただのりの時だけ下手かったんですけどww細かい(笑)
和歌勝負は浪々と歌い上げる「間」がもたない危うさがあるんですけど
カット割とか登場人物の表情とかで盛り上げてた感じでした。
(ピントは合ってなかったけど経盛が1人聞き入って表情変えてくのが可愛かった!)

今回は時忠いわくの「目立つことはめったにない」経盛が
色々めだってて良かった!(笑)「今回は見えてますぞ」ウケタwwww
やっぱり経盛のステルスはお約束やったんや!wwうひゃひゃww
(盛国のツッコミスキルが素晴らしすぎる!「褒めておりませぬ」とか平然と返すな!w)
自分は経盛みたいな端っこの人が好きなので(笑)、
モリモリ一族(笑)の中では経盛がもっとも好みでありますw
教盛との2人で一心同体なのもいいけどね~ って話がずれたw

今回は清盛の誕生日会(笑)ということで、清盛がいちばん楽しそうなのが
良かったですね~(^-^) 愉快ゆかいと舞ってみたら太陽を呼び戻しちゃう(笑)
あれ、夕陽がたまたま雲から出てきただけでしょ?タイミングが良すぎたのかw
でもそうやって太陽=天が清盛に味方している、ついているんだ、って思わせるほどの
勢いがあると。そこは表現されていると思いました。
タイミング良く太陽出てきたらおおすげーとか思うよ(笑)
史実上の清盛の事業、大和田の泊開港に厳島神社改修も触れられましたね。

後白河の周りなどもちょこちょこ、人物の動きがあって。以仁王って有名だよね?
あと小さい牛若も出てきました。清盛を父と信じている。(ちょっと切ない)
ウサギ丸!子どもが仔兎丸とかどんなネーミングセンス!wwたまらん、かわいいww
それから乙前を見てて思ったんですが、マツダセイコってこのまま年を経ていって
日本のおばあちゃんと言われるような人になりそうな…気が早いですがそんな予感が。

個人的に、清盛が「兄上」「父上」「おじじさま」と呼ばれているのが
なんともいえず感慨深く……。本人いわく「もう50年も生きてきたのか」というのが
沢山増えた家族一門、子や孫たちに囲まれている姿に現れてる気がして。
1人の人生を描く、というのはこういうことなんだなあと
しみじみ感じ入る次第でした。

あれ、次回白河法皇がでるの?すごいな!楽しみ!w
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-08-30 23:23 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)

オメガ21話


オメガ21話だよ!
脚本は横手美智子さん、作監は高橋晃さん。太い主線もおなじみになりましたw
高橋氏の作画は太い主線で整った顔だちのキャラを描くのが特徴なのですが、
今回はその線に土くささというか……「時代」を感じさせるものが
混じったような印象がありました。作画スタッフさんに旧作アニメ製作者がいたのかな?
(ひとつの場面でもカットごとに作画が異なるのは伝統とはいえなんとかならんですかね…(苦笑))

さて、目の前でアリアが去っていって、ヤケクソ気味になるコウガ。
地面がすがすグーで掘ったりして。なんか、懐かしい表現だなあ(笑)
そんなコウガを見かねて、ユナがおもむろに彼の手をとり、ある場所へ連れて行く。

そこは氷で出来た切通しの谷。先が見えないくらい遠く、暗い。
「慟哭の谷。ワタシが聖衣を得るために修行した所よ。」
……ちょっ、ユナさん、するってーとここは14話の故郷の近くですかい!
あんたコウガの手をどこまで引っ張ってったんだww
(雷の遺跡を目指してたはずなのに……風の遺跡とそう遠くない場所にあったってか)
なんでこんな所に連れてきたかというと、コウガが弱いから。
ここで修行しろ、と遠まわしに言うとるわけですな。
d0025055_23175257.jpg
「コウガのバカ!」(この髪の毛の表現とかも古っぽいよなあw)

アリアを連れ去られてつらいのはコウガだけじゃない。
なんですぐにアリアを連れ戻そうと立ち上がろうとしないのか。
叱咤激励します。
それでもコウガには届かない。エデンが強いから、とか言ってグダグダなコウガくん。
ユナでなくともグーパンチで殴りたくなるへこたれっぷりですな。
(でも女の子とはいえユナさん、それ聖闘士のグーパンチですからねww)
そのままふらふらと慟哭の谷へ足を向けるコウガ。
彼に待ち受ける試練とは。連れてきたユナさんも分からない……(ええっ!?(爆))

意外な試練
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-08-29 23:46 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

秋のあしおと


雲ひとつない青空にトンボが群れなして飛び交い、
田んぼで稲穂が顔を出し始める季節となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか伊山です(笑)←なにこのマクラ

夏といえば 花火!Fire Works! 
てなわけで、近場の花火大会へ足を運んでみたですよ。
d0025055_22442836.jpg
こんな感じ。

風が強かったので少し花火が流れてしまっていましたが
大きな尺玉?が何発も打ちあがって空気を振動させる、夏の独特の情景が感じられて
とっても満足しましたv
屋台も30~40ほど出てて、特に肉系が充実!w
カラアゲ3種類もハシゴしちゃいましたwwうひひ。
(そしていま屋台はホルモンがアツイ。同じホルモン屋台4つも出てた)

朝晩じょじょに風が涼しく感じられるようになって
セミの鳴き声より鈴虫、コオロギの鳴き声が増えてきて、
少しずつ秋の足音を感じている昨今であります。
あとは殺人的な日差しをなんとか……(苦笑)

そうだ、カラオケ行きたいナーと言ってたら友達が誘ってくれました!やったーw
早速3時間がっつり歌ってきて満足まんぞくw
戦国鍋TVの歌、増えてた~!でも知らない曲も増えてて凹んだー!(笑)
(福岡では未放映の回で使用された曲みたいでした)
あと懐かしアニメのスイッチが入って、トルーパーとか星矢のイメージソングとか
たんまり歌ってきたー!ww
後でリモコンの履歴見た人、ぜひ盛大に突っ込んでやってください(爆笑)

あっ、オメガ21話視聴済みです!今回もご期待あれ!うひひ。

そんな感じで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-08-27 22:42 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

アリアたん


オメガ20話のアリアたんが最高に最高にきゃわいかったので
アリアたんの画像だけを集めてみましたww

アリアたん写真館!(笑)

ではどーぞ
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-08-23 22:34 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

オメガ20話


いやーオメガも20話ですか。毎週感想書いてると感慨深いです(笑)
今回は作画監督(&作画)にキャラデの馬越さん、
脚本はシリーズ構成の吉田玲子さん、といわゆる「本気回」。
スタッフクレジット以上に迫力ある、盛り上がる回でした(^0^)

絵がものすごーくキレイかったので、今回は画像最高枚数で!
そのくらいの良さと勢いがあった!

5つの遺跡を巡る旅も残るは雷の遺跡のみ。
てっきりエデンがコア破壊候補かと思ってたら、
意外や「シャイナさんから呼び出しが」あったとは。えええ~(笑)
ふらふら旅をしてるコウガたちにどうやって直接連絡とったんだシャイナさん(爆笑)
(てか、まずまっ先にマルス側の罠を疑ったおいら…汚いオトナになったものだ…)
残る1つの遺跡攻略に心躍らせるアリアやコウガたち。作画整っててかわええぞ。


以下、画像満載でお届けします。

そういや今回は具体的な場所が分からずじまい。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-08-21 23:54 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

きよもりっ!32


平清盛32話視聴。「百日の太政大臣」。

……ぶっちゃけタイトルに偽りアリだと思った人、手ぇーあげて(笑)
太政大臣として、の描写より
どうやって太政大臣になったか、の描写の方に重点をおいた回でした。
盛国が清盛の子どもらに囲まれて「この国の偉い位はなぁに会議」をやってたのも
視聴者のツカミとともに、子どもらが「貴族の子」として育ってるのが分かる感じで
興味深かった。清三郎が…清四郎が…大きくなって……(ホロリ

大納言、から太政大臣にいたるまでに内大臣、右大臣、左大臣、と
まだまだ大きな位を通らねばならない。でも
荘園を寄進してもらう手はずを献策してもらったり東宮大夫に(妹から)推挙してもらったり、と
道は清盛に向かって拓けている様子。
その実感が「困った時には誰かが助けてくれる」発言だったかも。
お金や労力を惜しまず貴族にそそいできたから。ちょっとずつ驕ってきてる?

それにしても時忠が帰ってきたかと思えば娘婿を手なづけろ発言とかして
「この人ちっとも変わってない」って盛国に突っ込まれるの、すげーワロタww
このドラマ見ててここまでハラ抱えて笑ったの初めてやったわwwナイスツッコミww

ああ、清盛の息子たちはもう大体区別つくんですが
藤原摂関家の兄弟らはまだ全然区別つかんです……。役者さんで区別してる(笑)
(相島一之さんが出られるとわー!納得&盲点の配役でしたw)
名前も似通っててややこしいな……とりあえず、宴の舞姫を追い払ったのは
相島さんと認識。(兼実……?)

そう、その宴、盛国がすれ違った女性が、誰あろう乙前!
そして祇園女御でした!どひゃー!( ;゚д゚)
乙前として後白河に会った時でもうけっこう歳いってる設定だったと思ったから
同一人物じゃないなーと思ってたんだけども。同一人物でしたー!ww
つか、すげぇよマツダセイコ。齢70になろうかという役なのに
凛としたたたずまい、ビブラートを聞かせた歌声!たまりません!!
この人こういう、年齢不詳の役が本当にハマってますね……すごかった。
盛国と会ったことがあったのね…。

(どうでもいいが、舞姫がいないとなった時、息子らから
「何とかせよ、盛国!」と乞われてたから、思わず
 盛 国 が 舞 う のかと思ってしまった……(笑)
いや、出来そうじゃん。「殿の仰せとあらば。」とかいって。ねえ(笑))

一方の伊豆、源頼朝だけども逢瀬を重ねた八重姫との間に息子が誕生。
あぶなっかしい手つきで抱きかかえ、
「流刑人の身で天涯孤独の自分が、家族をもてるとは思わなかった……」と
涙をひとすじこぼすシーンが良かったです。胸しめつけられる感じ。
でも。
生まれたばかりの千鶴丸は帰ってきた義父・佑親さんに命をとられてしまう。
あの、「チャキッ」って刀を抜くようなSEが入ってたからきっと血まみれですよね…(汗)
目付けの佑親さんからしたら、頼朝は罪人、しかも処断したのは
出張先の都で権勢を誇り、あまつ声をかけられちゃったりした、
平清盛ですから(苦笑) 佑親さんとしてはただただ、怖いよね~…。
このシーンの演出というか見せ方、午後8時のぎりぎりラインでしたよね(苦笑)
音だけ、悲鳴だけで何があったのか想像させるのが精一杯。
それが却って印象強く、感情移入しやすかったような気がします。

清盛は宴の席で、後白河と丁々発止。火花散るちる。
後白河、魔よけの紙面みたいなのまた付けて…。しかも似合うし(笑)。
後白河の常軌を逸した行動はいっそ1本筋が通ってる印象で、かえってすがすがしいですw
ああここまでされるとこのヘンな人楽しいなあみたいな(笑)

太政大臣はナレーションのみで語られ(笑)、次回は清盛50才の誕生パーティ!(笑)
貴族一門入り乱れてすごいことになりそうw 楽しみ楽しみvv
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-08-20 23:54 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)

おきにいり


先日大量買いしたコミックの読破に追われております伊山です。
いや、1度全部読んでるんだけどね。再読。

最近薦められて見てみたらおもろかったアニメ。



「日常」は最初、ほのぼのでのんびりテイストなのかなと思ってたんですが
すっげーテンション高くてついてけないなーと、放送時は期待はずれだったけど、
テンション高い作品だと踏まえて見ると
かなり楽しかったです(笑)よく動くしね。
京アニは本当に底力があるスタジオだよなあ。スタッフさんたちのヤル気がちがう(笑)

凹んだ時は脳内でOP再生して元気アゲてますw
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-08-17 23:17 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

立秋過ぎ


先週くらいから急に朝晩の空気が涼しくなったような気がします。伊山どす。
夜には虫の声もよく聞こえるようになりました。
ほんと、季節を毎日全力で感じております(^-^)

節電、節約のためと、自宅にいてもなるべくTVをつけない、
つける時はPCかクーラーを切る、といった
ダラダラ電気を使わない生活をはじめたところ、
てきめんに情報に疎くなりました(苦笑)
ながら見、ながら聞きは本当に情報の取得に役立ってたんだなあ……と
今になってしみじみしております(^-^;)
まあ、それでも世間様の動向についていけないほどではなく、
ネットと1時間程度ニュース視聴すればだいたい把握できるんですけどね。
なんだろうね、この生まれた時からTV漬け、TVっ子の代表のようなこのおいらが
TV離れですか。この年で(爆笑)
やりゃあできるもんだなと自分で自分を褒めてあげたい心境ですww

でもやっぱりTV恋しいよ~。だらだらつけっぱなしの生活楽しいよ~(笑)
だけどTVつけっぱなしだと心理的に金銭面の負担考えちゃって
自分でストップかけちゃうんだよ~。
結果的に節約になってる(と思う)んでいいことだろうとは思うけど(笑)
うん、今のガマンが来月の電気代節約になってもどってくる。耐えろ。自分w

とりあえず見たい番組だけチェックして選んで見るようにしてます。
今週清盛無くて寂しいな~。曜日の感覚ズレますね(笑)

そうだ、オリンピック終了後に録画チェックしたら、
全然別の番組ばかり録れてて(録画時間がほぼ競技時間)、
さくさく削除したんでHDDすっきりしました(笑)
こういう、無駄に録画しちゃうのも止めたいんだけどな。
設定いじると「まとめ番組」として1作品1枠で録画する設定自体をいじっちゃうから、
枠が増えて収拾つかなくなるのよさ。訂正するのもめんどくさいし(笑)
しかしHDDレコーダー、ほんとうに便利ですな。録画追尾機能とかあるし。
ファンネルか。有難や。

あー、今年ほとんどオリンピック見なかったな~。
節電もあって、1つの試合じっくり腰据えてみる、ってことがなかった。
4年に1回なのにな~。もったいない。8時間の時差は大きかったか。

夢になんとなくセミが出てきた気がしてたら
ベランダにセミ・ファイナル=死骸が転がっていた。
なにか念でも拾ったかな……。そんな残暑の日々です。(謎)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-08-15 23:44 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

オメガ19話


オメガ19話視聴~。今回は初めてリアルタイム視聴しました!
でも1度見ただけだとなんかモニョって仕方なかったんで(笑)、
録画見返して感想文です。

今回演出は羽田野浩平さんという方でしたが、
縦方向にスクロールする2画面分サイズの絵を使ってらしたり、
人物をナナメに配置したり遠景シルエットのレイアウトを使ってらしたり、と
丁寧なお仕事をさりげなくされていた印象でした。調べたら元タツノコプロとか。
作画もキレイな印象でしたし、けっこう良かったかも。

ええと、五老峰にたどり着いたコウガ一行。ハルトも「遅かったな」と合流。
ああ、背景があの五老峰だ。美術監督鹿野良行さんて旧作アニメもされてなかった?
皆で龍峰に会おうとすると、ユナいわく「清廉で、静ひつな小宇宙」が皆を包む。
d0025055_1410377.jpg
紫龍が老師になってる~~!!

いや……座ってる場所とシルエットがまさに老師(苦笑)
これは旧作FANにはドキッとしたんじゃないですかね。
d0025055_14151198.jpg
お出迎え?紫龍と春麗のツーショット。紫龍は五感を全て失い、座してるだけだとか。
本編中、紫龍1度もしゃべりませんでした。残念。でも納得。
(まあ……小宇宙で会話するといっても限界があると思う(苦笑))

おりたたみ。

春麗若いよ……
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-08-14 20:58 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

阿蘇へいってきました。


お盆休みを利用して急きょ、阿蘇へ遊びに(シャレじゃないぞ)行ってきました~!w
しかし、空はあいにくの曇り空。時おり雷雨にも見舞われて(苦笑)、
あまり風景はマンキツできませんでした(^-^;)
せめてこんな感じ?
d0025055_15261724.jpg


d0025055_15323569.jpg
阿蘇周辺は先月の大雨でけっこう大きな被害が出たところで、
特に南阿蘇地方は今も交通事情に支障があったりして、
お宿と連絡がとれなかったり避難所生活をしてる地区もあるそうです。
確かに風景を見る限り、随所に重機が入ってたり泥がついたままの車とか、
秋頃再オープン!と謳ってるお店とか見かけました。
大観峰からも被害がでてそうな河の様子とか見てとれましたよ。
今回はそのあたりは冷やかさないようにして、阿蘇山中心に巡りました。
…肝心の山頂はどんより雲に覆われてて、壮大な風景は期待できませんでしたが(苦笑)

写真多めに。

まあお天気の機嫌がよくなかったと
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-08-14 16:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)