<   2012年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

もうすぐ


9月も終わりですね~こんばんわ。
田んぼのあぜ道に真っ赤なヒガンバナが目立つようになってきました。
ヒガンバナはこの時期好きな花です。集団で咲いてても1輪で咲いてても
どちらも映える感じなので。でも毒があるから触っちゃだめだけど。
(こないだWEBで見かけた和風のイラストで、キャラの手にヒガンバナが握られてて
持っちゃだめーって素で突っ込んでしまった…(笑))

ええと、6月から体重計にのって「測るだけダイエット」をしてるんですけど
この3ヶ月で約5kg落ちました!w
(「約」っていうのはサバを読んでいます(笑))
最初の2,3週間くらいはどうやったら体重落ちるのかよく分からなくて
うーん数値が変わらないなあとか思うだけだったんですけど、
前日、前々日に食べたものを考えながら測るようにしていたら
9時以降に食べるとてきめんに増える、とかアイスは夜に食べたらアカン、とか(笑)
いろいろ実感できるようになってきまして、
それで徐々に自分で食事のコントロールをするようになっていきました。
測るだけダイエットってそういうダイエット方法なんでしょうね。

やっぱアレですね、炭水化物を夕飯にがっつり摂ると数値にでますね(笑)
なので、ここひと月ほどは夕飯に白米を食べずにおかずのみにするとか
1品料理だけにするとか(お好み焼きやスープなど)、
ひとまず夕飯の食事の量を減らすようにしています。
それだと割りとラクに数値は減る感じですね。
あとは基礎代謝…筋肉つけないと総摂取カロリー(1日に食べていいカロリー)が
増えないので、なにか筋トレをはじめないといけないかなあ、って感じです。

かといってスポーツジムでやってたようなメニューは自宅では無理だしなあ…。
腹筋くらいしか思いつかないです。なんかないですかね(笑)

ああ、それにしてももう10月かあ。去年は10月入っても半そで着てた気がするけど
今は七部袖か半袖に1枚羽織る感じですね。
平年並みという感じですがどうですかね。去年やおととしの暑さが異常だった。
涼しくなってきたら秋の果物が店頭に並ぶようになってきて、
特に今住んでる土地は果物が豊富だから、梨とか柿とか秋の味覚ウハウハです(謎)。
食欲の秋……いい響きだ。うっとり。

ミスドの半額セールもいいけど、今はサーティーワンのアイスクレープが食べたい。
ビバ、食欲の秋!(台無し)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-09-27 23:48 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

オメガ25話


オメガももう25話ですか~。
ネットのうわさによると1年放送予定らしいので
折り返し地点というあたりでしょうか。長く楽しめるといいですな。

珍しく前回からの引き(続き)から。
地面が割れて龍峰、ユナ、ハルトたちが落下、「闇」に飲まれてしまいます。
3人が落ちたところをしばらく進むと大きな扉が現れる。
(ちなみにハルト、入り口があったんだから出口があるだろうって
オマエ落ちてきただろ、その論理おかしい(笑))
扉にはギリシャ語(?)で「贖罪」と「悔恨」。
とにかく先に行こう、と3人が扉に手をかけた途端、もくもくと闇に包まれてしまい、
気がついたらそれぞれがそれぞれの過去の風景の中に。

ユナは戦火で無くなったはずの自分のふるさと、
ハルトは忍者の里で兄と慕っていた元ウルフ聖闘士の元に、
龍峰は入学した当日のパライストラに。(入園と言っていたが入学の方がしっくりくるような…)

3者3様の過去との向かい方、その場面の見せ方がかなり良かったです。
上手くまとめていたのでとても見やすかった。脚本の村山功氏、素晴らしい。
ユナは幼少時のお友達に呼び止められて、村が戦火に襲われた当日と知る。
ハルトは兄者と対峙し、どうしてあの時逃げたと責められる。
龍峰は同じ日に入学した山ねこ座リンクスのミラポロスの姿に心を痛める。
(山ねこ座って旧作劇場版真紅に出てたよね~青銅に降格したのか…(苦笑))

こんな感じで自分の姿を見守る龍峰。
d0025055_1422863.jpg
ミラポロス、元気があってかわいい。(作監が小泉昇氏のためか、子どもがめっちゃかわいいv)
d0025055_1443738.jpg


ユナは戦火で1人生き残った自分に悔恨と今なら守れるかもという贖罪を。
ハルトは兄を見捨てて逃げた自分に悔恨と聖闘士を名乗る資格の有無という贖罪を。
龍峰はミラポロスのライバル視から逃げた悔恨とその気持ちに報いるという贖罪を。
3人がそれぞれの過去、悔恨と向き合って。

ユナは村を守れなかった悔しさを糧にアリアを守りたいという気持ちを思い出し、
ハルトは逃げた悔しさを自戒としてもう2度と仲間を見捨てないという決意を抱き、
龍峰は聖闘士同士切磋琢磨し強さを求める気持ちをミラポロスの幻に誓い、
それぞれが過去との離別を遂げました。良かった。

ミラポロス、ソウマみたいに軽口で龍峰を励ましたり
(龍は空を向いて昇るんだから顔を上げろよ、とか)
目標は黄金聖闘士だ、村がまずしいから黄金聖闘士の強さで世界を救うんだと
強さを求める気持ちがしっかりしていたり、と元気ないい子でしたが
龍峰がみるみる頭角をあらわしてミラポロスを打ち負かすようになり、
そのことに龍峰が遠慮というか1歩ひいてしまう態度をとったことでミラポロスは希望を失って
旅に出た途上で命をおとした、らしいのです。おぅぅ。
その過去と向き合ったことで龍峰、聖闘士同士の研鑽の大切さ、仲間の大切さを思い出して
過去を乗り越えるというエピソードはなかなか良かったと思います(^-^)
(あえてツッコむなら、パライストラはある程度年齢がいってから入学するものだと
思ってたので、小学生くらいから聖衣持って入る場所とは思ってなかったわ~
師匠との修行期間はそれほどなくてすぐパライストラに放り込まれる感じなのかな…)


3つの話が破綻なく構成されていたので物語もとんとん進み、
起承転結も利いていたので放送があっという間に終わった印象でした(^-^)
毎回このくらい惹き付けられたいものです(笑)

次回はまたもや因縁の対決、ソウマとソニア。お父さんの一摩さんも登場しそう。
ちらっとエデンも出てたようだし、しばらく過去話が続きますね。
また主人公が出なかったよ…(笑)次も楽しみです!w


漫画・アニメ
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-09-26 18:31 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

きよもりっ! 37


平清盛37話視聴。

重盛は悪くないよね~!(唐突)
なんというか、すごく順当な、理にかなった処断だったと思うのに、
平家の中がおかしかった。いびつというか。
重盛は有職故実=社会のルールにのっとって息子が悪いと叱ったのに、
寄りによって家族、平家の中では
「いじめられたんだから平家として仕返しだ」的な雰囲気になってて。
そのいびつさというか、ゆがみが、
視聴者に「平家の驕り」を連想させ、平家が徐々に「驕り高ぶって」いく姿を
見せてる形になっているのでしょうね。すごいなあ。
清盛の孫にあたるすけもりくんが「僕は清盛じーちゃんの孫だぞー」とか言ってるあたり、
いつの時代も3代目はこうなっちゃうのかなーって思いました(苦笑)
徳川3代家光とかさ(苦笑)

細川茂樹氏演じる藤原基房がすごくイイ!w
顔芸もすごいし(笑)、なんというか悪の公家がすごく似合う(笑)
あの、輿に乗って鼻歌うたってるとことか、アレですよねリムジンハイヤーの中で
カラオケ歌ってるようなもんですよねww超ゴキゲンw
でも襲われた時、「おたすすすけけけ」みたいな(笑)すごいわこの演技w
藤原家の面々、濃い役者さんばかりで濃いメンツなんで(笑)、
いっぱつで覚えやすいですw 奥州藤原家の京本政樹氏もすごいな~。

あの、今回すごく感心したのが、無駄なシーンが一切なかったこと。
どのシーンにも意味があって、どこか省くとつじつまが合わなくなっちゃう。
そのくらいよく練られて考えられてた1本でした。
金といえば奥州、藤原家の官職は?ふむ、では重盛を呼べ、で次のシーンでは
重盛がお公家会議で奥州藤原家の官職を上げる提案、とかいうつなぎでは
この無駄の無さに感動すら覚えました(笑)
清盛が都のことは時忠のシゴトに任せるわーってだけで
意を汲んだ事件が起こるあたりとかも、ぼんやり見てたら分からなかったw
こういう、ずばっと次の場面に切り替える演出、脚本には、
見てるこちらも思考を刺激させられてとても面白く感じられます(^-^)

殿下乗合事件は史実で、かむろちゃんが闊歩したのも話が残ってるそうですが、
その2つを組み合わせて関連付けたというのがこのドラマのオリジナルだそうで、
でも整合性がとれてて全然不可思議な部分もなく見られたのがすごいなと思いました。
赤い羽根の使い方が良かったですよね~。
かむろちゃんがすごく整った顔してていいなあって思った…。
ああいうのが出てくるのが平安ファンタジーだよなあw
あと時忠…。この人の存在がこのドラマでますます大きくなってる気がしますw
いらんことしぃ、いらんこと言ぃのおっちゃんやのに(笑)
(天下のじゃにーず俳優つかまえておっちゃんいうなや(爆))

次回のタイトルがそのものズバリ、「平家にあらずんば人にあらず」!w
時忠のおっちゃんがなんぞしでかすのか!?楽しみですw
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-09-25 23:52 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)

フェスティバル!


秋晴れの連休のさなか、中津市で行われた
「からあげフェスティバル」へ行ってきました♪(^0^)
パンフレット。
d0025055_2214063.jpg
会場!!
d0025055_221673.jpg


晴れていい天気でした~その分、日よけもタイヘンでした(苦笑)
前回参加した時より時間が良かったのか人出も多くて、
あちこちで順番待ちの行列ができていました。
(最後尾コチラの看板がにょきにょきと)

今回は約40店舗もの参加数!ショッピングセンターの駐車場を借り切って
ステージイベントや限定ショップ、周辺自治体のテナントなど多数出展しており、
もうすっかり地域のイベントとして定着した感じでした☆
テレビの取材も来てたしね。芸能人見たよ!

会場の雰囲気。大盛況!
d0025055_22451459.jpg


さて、今回も勇んで事前に店舗チェック済み。厳選した5軒のお店を食べくらべ。
招待出店として関東の人気店の唐揚げがあったんですが、
さすが中津周辺の定番のお味とはひとあじ違ってて、でもすっごく美味で、
食べ比べてみると違いが実感されるなあって印象でした。
並んで買った甲斐があったよ~ほんとどれも美味しい!(*・∀・*)
お気に入りのお店の唐揚げは、ふたたび並んで自宅お土産用に買い足しましたww
お腹空かせて行ったのに唐揚げづくしで食べすぎちゃって、
併設テントのワールドチキンスタジアム=世界の鳥肉料理コーナーには
足を運べなかったのが残念(>_<) 珍しそうな料理食べたかった……。

ちなみに、ショッピングセンターの敷地内なので
店内のスーパーでオニギリを買ったのですが
もうなんかお店も「分かっている感」があって(笑)、オニギリ特売とかコーラおすすめ!とか
一緒に盛り上がろう的雰囲気だったのも面白かったですw

車内にただよう持ち帰り唐揚げの香りの余韻にひたりながら帰宅するのもまた楽し。
ステキなイベント、今年も参加できて本当に良かったです!


……ちなみに。
会場への移動ルートに国道212号をつかったのですが、
途中の山国川に沿う辺りは7月の集中豪雨で大きな被害をうけた場所でして、
今もあちこちに被害の爪あとが残っておりました。
1階まるごとトタンで補修中の住宅とか窓枠から下が流されたようないびつな倉庫とか、
橋脚だけ残して欄干、通り道の部分がすっぽり喪失している橋とか(汗)
同じ方向に倒れたままの樹木やごろごろした岩が放置されたままだったりもしました。
まだ道路も完全復旧ではなく、片側交互通行になっている所も5、6箇所通りました。
(道路の片側、すっかり削れて無くなってたり(汗))
まず通行できるだけでもすごいなと思ったし、
復旧させるために日夜働いておられる現場のおっちゃんたちもすごい、頑張ってって
思いました(*´ω`*)
完全復旧には今しばらく時間がかかるかと思いますが、
沿線のお店で営業を再開されたところも見かけましたし、
今回の唐揚げフェス参加店舗でも影響を多少受けても参加されたお店もありました。
被害地域のみなさん自らが立ち上がって頑張っておられるようです!
できれば今後もこういうイベントや周辺の観光地へ足を運んで
元気の循環のお手伝いができればいいな、って思いました(^-^)
耶馬溪のドライブインや道の駅、青の洞門周辺は率先してお客さんを呼んでおります!
中津周辺へおいでの際はぜひぜひ、唐揚げ&観光で楽しんじゃってくださいv
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-09-24 22:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)

きよもりっ! 36


平清盛36話視聴。巨人の影。 …ジャ○アンツではないw

平家の棟梁として踏ん張る長男・重盛くんの話。
清盛の大きさが画面のはしばしから伝わってくるような内容でした。
重盛くんが自己判断で頑張ろうとしても
周囲や清盛本人が「やっぱり清盛でないと……」みたいな重圧をかけてくる。ような。
あれですね、1代で会社を大きくした社長が引退して
若社長に跡をゆずったけど、会長権限で後ろから経営方針にクチ挟んでみたり
トラブル解決にしゃしゃり出てきちゃったり。そんな感じでした(笑)
いつの時代、どこの組織でも一緒だねえ…組織ってどうしてもそんな側面を持つのでしょうか。

重盛が会長、もとい清盛の方針と妻の夫がらみで板ばさみになって
進退窮まって声も発せない瞬間に、坊主姿の清盛がさっと現れた場面では
ほんと、助かった!と思いました。そのくらい清盛が大きな存在になっていると思えた。
まさに巨人の影。長男たいへんそうだな~(汗)

後白河が…なんというか、少し前に清盛が病より生還してからというもの
清盛のイヤがることをやって気をひきつけようとしているみたいな言動が多いのが
気になりますwワシも剃髪するーって対抗勢力の寺社で得度したり。
史実では徐々に対立が深まり、という表現になってたけど
実際のところ案外、本当に後白河の駄々、イヤがらせだったかもしれませんね(爆)
それにしても清盛も後白河も老けメイクしないな~。
盛国やウサギ丸でさえ鬢のあたりに白髪混じってたのに……。
あまりに若々しいのでこのごろは清盛を見るたびに「50さい……50さい……」と
自分に言い聞かせながら見ています(笑)

ああ、ウサギ丸たちに「ん?できんのか?ん?」みたく目を丸くして覗き込むシーン
良かった!wきよもりかわいかった(笑)

福原の邸宅にある、中華風のピンクのぼんぼり、すごくキレイですね!アレすき。
豪華な暮らしをしているというのも目で理解できるし、良い小道具だと思います。

重盛の義理の兄弟になる藤原成親が、平家に裏切られたと思って
恨みを深めていきそうな展開になる、その下地が描かれていたと感じられました。
これまで確かにビミョウな言動をしていたけど(平家と姻戚なので日和見ぽかった)、
このあたりから成親の因縁が回ってきそうですね。

遮那王こと後の義経が神木隆之介くんなんですが……
調べたらもう19才なんだそうですね(!)。りっぱな青年になって……。ホロリ。
雰囲気も良いし、注目だな~。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-09-22 00:03 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)

そろそろ


アウトプットの時期かもしれない、伊山どす。こんばんわいん。
念願の焼き肉、行ってきたので満足まんぞくです(笑)

今週くらいから日中でも過ごしやすくなってきて
早いところではすでに稲刈りが終わっている田んぼもあるようです。秋っすな。
トンボも飛び交い、空も高くなり、
ぼーっとクチあけてチャリンコこいでると
鼻やクチに羽虫が飛び込んできたりします(爆)気をつけて!←オマエがな

前々から風呂おけの排水がよくなくて、だましだまし使っていたんですが
先日ついに全く水が抜けなくなりまして……。
洗剤とか流しても効果なかったんで仕方なく「トイレのスッポン」
(お椀型の吸盤のやつ…。どうやら正しくはラバーカップというらしいが、
あれは「スッポン」だよねえ)を購入。
さっそく使ってみたところ、素晴らしいほどに効果バツグン!w
あっという間にキレイに排水されるようになりました(^0^)
きっと引っ越す前からのゴミが詰まってつまって……の状態になってたと思うので
もっと早くからスッポン使っておけば良かったです(笑)さすがスッポン。
これでお風呂の準備に時間かけなくて済みます~えがった。

近所に全国チェーンのレンタル屋があるんですが今まできっかけがなくて利用してなくて、
先日やっと初めて利用してみました。
…思ってたより高かった……(泣)通常料金ってバカ高いのねえ(汗)
こりゃクーポンとか100円セールの時じゃないと利用しづらいわ;
会員になっておけば便利とは思うけど、もうあまり利用しないと思います(苦笑)
ここ最近のアニメ関係の品揃えは優秀な店なんですけどね。
何故かピングドラム入ってないし(爆) (←些細だが自分には大きな理由)

さて、週末は唐揚げフェスタへ参ります。
下調べをしておかねば!(気合い充分) 行ったらレポ上げますね!お楽しみに!(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-09-21 22:26 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

オメガ24話


聖闘士星矢オメガ24話視聴。
今回の作監は宮本絵美子さんという方で、作画陣に小泉昇さんなど
定評のあるスタッフさんが固めたという印象でした。
脚本はシリーズ構成の吉田玲子さん、演出は東映アニメのベテラン、貝澤幸男氏。
今回はこの貝澤さんの演出力爆発!といった感じでしたv
(個人的にオメガで貝澤演出だな~と思ったのは8話。おっ、と思わせる画面だった)

新青銅5人が集まり、残るはカミナリの遺跡の破壊のみ。
そこへ現れたのが
d0025055_2271150.jpg
シャイナさん!

仮面をつけていませんが、私服だからかな。(オメガ1話で仮面取れてるから?)
まぶしそうなまなざしで、若き新たな青銅5人を見つめます。
コウガが、(風の遺跡で)星矢に会った、アテナを託されたと告げると
「そうか…星矢がお前を立派な聖闘士と認めたのか」と感慨深げ。
ここでコウガに伝えなくてはいけないことがあるそうです。
(ユナちゃんならここで気を利かせそうだと思ったw)

出生の秘密……が?
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-09-19 22:48 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

ふぁいなるだんす


「踊る大捜査線 The Final -新たなる希望-」観てきました!
るろ剣と2本立て(笑)
直前に放送されたThe LastTV もしっかり見たうえでの映画ファイナル。
めっちゃめちゃ楽しみにしてました!(^0^)

というわけで 絶賛ネタバレ感想っ!

シリーズほとんど観てる…はず
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-09-13 23:03 | 映画話 | Trackback | Comments(0)

オメガ23話


聖闘士星矢オメガ23話でっす。
脚本大和屋暁氏ということで、ちょっと時代がかった口調が印象的でした。
「聞き捨てならねぇな」とか「能書きはその程度にしてもらおう」とか。
最近のアニメでそんな言葉づかい、あまり聞かないよねwそこがいいw

ハルト、龍峰とコウガ、ユナ組がどこぞの森の中で合流。
腹ごしらえも兼ねて互いの情報交換をしたところ、
アリアは元聖域というか、今マルス軍が本拠地にしているバベルの塔辺りに
捕らえられているというハルト情報。
(マーシアンを締め上げたらしい……お前いくつやw)
カミナリの遺跡はさておき、またバベルの塔へ戻るんか……。
まあアリア奪還が主目的になってるぽいからいいか…。
ただ、ソウマの行方は掴めず、ひとまず4人で本拠地に乗り込みます。
……夜陰にまぎれて忍び込んだが突入は朝日とともに、って若いよなあ(笑)

ユナ&コウガ組の前に盾座の白銀聖闘士が立ちはだかる。
※都合により画像省略※
(デカブツがごつごつの盾を機動隊よろしく前面に構えるだけの、いかにも雑魚キャラでしたw)
そこへ颯爽と現れる影!
「ライオネット・ボンバー!」 ←全身に炎をまとって肩からタックル!
あっさりと盾座を撃破してしまった、彼こそソウマ。再登場!
(……あれ、旧作のライオネットボンバーってヒザ蹴りじゃなかったかな……)

再会を喜びあってコウガたちに修行話を回想するソウマ、って
こらこら、ここ敵の本拠地ど真ん中ww

以下、おりたたみ。

突っ込むのも野暮だけど
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-09-12 21:45 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(2)

流浪人


映画「るろうに剣心」観てきました!
事前情報はなるべく入れないようにしてたのですが、
どちらかというとアクションの良さを観に行った感じです。

以下、ネタバレ感想っ!



 ……ダンゴはどうなったー。

意外と長くなった
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-09-10 23:20 | 映画話 | Trackback | Comments(0)