<   2012年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

きよもりっ!42


平清盛42話視聴。鹿ケ谷の陰謀。
やっぱり2回見ちゃいました。1度見ただけでは全部理解できなかった(笑)

軽く歴史バレを読んだ時に、ドラマではあんなに仲が良い(?)後白河と清盛が
どう仲たがいしていくんだろうと不思議に思ってたんですが
ストッパーのシゲコちゃんがいなくなって後白河が好き放題しはじめて
清盛もそのチカラの大きさにヘキエキしてきたから対抗した、ぽい流れに
なってるなーと思いました。小競り合いから喧嘩の売り買いになっちゃった。

固めの杯を、と掲げた後白河の腕が良かった。(どこ見とる)
そして瓶子(へいし)が倒れた、のを「平氏が倒れた」とオホホと笑うメンバーが
平安チックだなあと思いました(笑)どこまでもミヤビ。

しかしそこで裏切り者、密告者が出た。
多田"蔵人"行綱ですが、この人最初は同じ源氏の傍流である頼政どのところへ行ったけど
聞かなかったことにされたからって、まさか清盛当人のところに行くとは思わなかった。
てか、頼政どのところには「同じ源氏だから打倒平家に立ち上がろう」って
ハッパかけにいったんだと思ったけど、
断られたからってなんで平家当人のとこに行っちゃんたんだ?腹いせ?
頼政どのに、平家すげーぞって言われてビビっちゃったんかなー。
そういう描写入れて欲しかったかも。(表情で演技する役者さんでしたねえ)

企てが直前で露見して、成親と西光捕縛。
西光が引っ立てられた庭は、むかし源頼朝が清盛にビビらされた場所。
セリフや取り扱ってる事柄は全然違うのに、頼朝と政子の場面を繰り返し混ぜることで、
清盛が本当に武士の世を作っているのか?いまの清盛は本当に武士なのか?と
視聴者に違和感を突きつける映像になってたのが本当に巧みだと思いました。
頼朝に「まことの武士というものを見せてやる」とその場所で言ってたはずなのに、
実際には今の清盛は自分を批判する者を足蹴にしている……
それがまことの武士のすることかと。ねえ。
視聴者だけが分かる違和感、清盛の転落ぶりでしたね……。

ところで政子ちゃんと頼朝、ついにくっつきましたが
政子ちゃんがとてつもなくヒーローで参りましたww
「共に行こうぞ!まだ見ぬ明日を!!」とか それヒーローの台詞www
政子ちゃん超カッコよかったっすww惚れたww
2度目に見た時に頼朝がどういう心境で政子ちゃんに「連れてってくれ」と言ったのか
推し量ろうと思ったんですが、
武士の心を思い出させてくれた、とかそういう理知的な感じじゃなくて
なんかもう「この勢いに流されたい!引っ張られたい!!」ってゆうその場のノリ、的な
考えなしな印象しかなかったですww行かないで!連れてって!ってだけ(笑)
まあ、何十年も引きこもってた奴を引っ張りだすには政子ちゃんくらいの
ドトーの前向きパワーが一番だったんだろうな(笑)(それまでに頼朝徐々に熱が入ってたしね)
個人的にこの組み合わせ好きです。すごくお似合いだと思う。プラスとマイナスでぴったり。

どうでもいいけど、岡田将生氏は本当に美形ですね。くっきり二重とか綺麗な指先とか。
水もしたたるイイ男、って本当だなあと見入ってしまった…今さら?(笑)

源氏側が明日を見つけたのに対し、平家側は清盛のダークっぷりが表面に。
平家の明日はどっちだ、ってな感じで来週はついに重盛が……。
間違いなく過労か心労だろう……あぁ、つらそうだな…(汗)
でもこの結末のためにこのドラマの重盛の性格づけがあるんだろうなと思うので
しっかり見届けたいと思います。

……乙前はいつまで出てくるんだろう……最終回までかなあ(爆)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-10-30 23:27 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)

1しゅうかん


「新婚さん」と聞くと、いまだにセリフだけ書かれた真っ黒ハガキを連想してしまう
生粋のローディスト、伊山です。こんばんは(笑)

氏名が新しくなって少し経ちましたがまだ全然慣れません。
感覚としては ペ ン ネ ー ム が 新 し く な っ た 感じ……(爆笑)
自分で名乗るものの、呼ばれることに違和感がある、そんな心境です(^0^;)

そう、印鑑変えなきゃいけなかったんですよ。すっかり失念してました。
職場で関連の書類を提出してくださいとのことで「印鑑を」と言われてやっと、
あっ新しい印鑑買わなきゃ、って(爆)
そこらのホームセンターで急場しのぎに200円程度のもの買って済ませましたが、
印鑑は意外と盲点でした。…ちょっとアタマ使ったら分かるやろ自分…。ぐぬぬ。

名義を変えなきゃいけないものが複数あって混乱しましたが、
とりあえずどんな場面でもすぐ使える免許証はすぐ書き換えてもらいました。
時間かかるかと思ったらこの頃はICチップ内蔵のためか、
5分くらいで手軽に終わりましたw (※住民票が必要です)
交通課のおまわりさんがハンディスキャン持ってきて、
「画面確認してください~」って免許証ピッ☆てスキャンしたら
更新情報が確認できて、それで終了です(笑)すげええw
交通課、そんな機械持ってるんだ~と思ってすごく興味深かったです(笑)

今の時期だけしか経験できないことを、存分に楽しもうと思っておる今日このごろです。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-10-29 23:09 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

オメガ30話


ついに聖闘士星矢オメガも30話。早いものです。
今回作画は高橋晃氏&大西陽一氏。すっかりおなじみのコンビとなりましたw

古谷さんのナレーションによる前回までのあらすじ。
…って、「火星衝突まであと11時間23分!」えええええww
「分」まで言っちゃうの~~(爆)こりゃシビアだ…。

では本編!
ハービンジャーにやられたコウガに追いついた新青銅たち。
ユナさんなぞ、コウガの心情を思いやって優しいです。
(アリアの遺志を継ごうと躍起になってるんだろう、それでは壊れる、みたいな)
全員でいっぺんに飛び掛るけども
ハービンジャーさん軽くいなしつつ1人1人に「予告」をしちゃいます。
「お前は肋骨の3番6番」「お前は鎖骨」みたく。
(ほかに何とか何とか骨とか専門的に骨の名称を言ってたけどこっちが把握できず(笑))
そんで言われたとおりの箇所を皆ぼきぼき折られちゃう(^^;)

d0025055_22591354.jpg
こんな表情もできるんだから気のいい兄さんだと思いきや。

どうもハービンジャーさん、「骨が強ければチカラも強くなる」とかって、
相当の骨好きみたい(笑)安易だろう……
強い奴がマルス様の世にふさわしい、骨のある奴はいないのかー、なんて
とことん骨ホネロックな奴(爆)
(大和屋暁脚本はだからこういう細かいところにツッコミどころがあると思う…(笑)
関係ないけどジャスタウェイ天皇賞6着おめでとう!)


ちょっと扱いづらいよ骨ロック
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-10-28 22:45 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

ニックさんの最新髪型情報


ツイッター情報ですが、お友達のともりんさんから
ニック動画をたくさん教えていただいたのでまとめ。


……最後、後ろをむいた時の後頭部にどうしても吹いてしまう……w



ドイツ語ですがなんとなく会話の流れは分かる感じ。
てか、これ質問者がだんだん飽きてきてるのが顔に出てるよね…(笑)
きっといつものごとく理論的で言いたいことを重ねすぎて
結論が後回しになっていく言い方になってるんだと思う…w
それにしてもオールバック頭髪&デコすごいことになってますな(笑)


これこそニック、という今までのイメージにいちばん近いニック。
去年の映像らしいですが英語だしこれまで聞かれた質問ばかりのようなので
みてるこっちも把握しやすいです。
映画は特定のを見てなくてザッピングしてその時やってるのを気楽に見る、みたいな?
好きなサーキットはやっぱり鈴鹿、それとなんだっけ、
ドイツのノルドシュライフェ?(ホッケンハイムの北コースか)、そこが素晴らしいと。
あといい成績を残せたからマカオ。なるほどね~(^-^)
やっぱりこれを見るとニックはデコを見せないで
前髪おろしてたほうがいいな~と確信させられます(笑)
最近のニックさんはいったいどうしたんだ髪型……。

去年のルノー時代には多少、公式のメッセージ動画が残っているみたいで
それもいくつかチェックしときたいですねw
つか今まで知らなかったよその動画……あわわ。

最新ニックさんの髪型情報でしたww
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-10-26 23:54 | ニック話 | Trackback | Comments(2)

きよもりっ!41


平清盛41話視聴。盛国はいつも見ている。

ん~なんというか、肩にチカラが入るというか、
全編に緊迫感がただよう内容でした。
陰謀への序曲、崩壊への入り口という感じ。

なんというか、視聴者が見てて不快になるというか嫌悪感を覚える
主人公の横暴ぶりって、かえって新鮮ですね(笑)いいと思います。
ここ最近の大河(に限らず)ドラマの主役って
主人公だからイイ人、とか主役だから間違ってない人、
みたいな傾向が多かったような印象なんですが(TVドラマ殆ど見てないから違ってたら御免なさい)
今回の大河は主人公が、清盛が徐々に自らの野望や権力に
ずぶずぶと溺れていって横暴、傲慢になっていってる様子が
丁寧に描かれてるなーという印象をもちました。
主人公だからってイイ人ってわけじゃないんだよねーって感じ(笑)
自分の思う政がしたいからって後白河の権力が邪魔になってきたからって
ウラで僧侶と密謀して諍いの種をまいておく、とか
普通のじいさんがすることじゃないですよ(笑)
重盛が、「父さんのしたかったことって後白河を立てることじゃなかったん!?(汗)」
ってビビるのも納得る気がします(苦笑)
(じいさんといえば歩く時に背をまるめてたり、「じゃ」とか言い出して
老年の仕草になってるのがすごいと思った。ライトの具合で本当に老齢に見えてくる)

全編にサイコロが転がる音が響いていて……タイトルとも合わさって効果的でした。
賽の目の行方。
そういや清盛と盛国、後白河と乙前(まだ居たww)との
双六の模様は巧みにカットを切り替えたりしてまるで清盛と後白河が
直接対決してるようにも見えましたね。いいなあ。
(個人的には、ときどき盛国が清盛の相手をつとめてるのかあと思えて萌えた(笑))

まだ居たといえば、比叡山の明雲…まだいたのか(笑)
あの演じる腹筋善之介さんは舞台役者さんだそうで、
強訴じゃ~と盛り上げるシーンはまんま舞台ぽかったですねw楽しそうだった。

源氏は伊豆でくすぶり中。でもほのかに火がともったかも。
父のことを語りだした頼朝を、何かに気づいたように見つめる藤九郎がよかった。
政子ちゃんのキャラ造形、いいですね~!情熱のおなご、って感じがいい。
後世に残る逸話からキャラ設定してるんだろうなと連想するんですが、
それでもなんというか、雄雄しい女性?(笑)な雰囲気が画面から感じられて楽しいですw

遮那王のアゴのラインが綺麗だな~とどうでもいいことを思いつつ(笑)
(弁慶は義経との関係性を強くしてるんだな~)

ああ、次回はちょっとどんよりしそうで楽しみです(笑)
知的な展開になりそう?録画見返さないといけないかもw ←嬉しがってる
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-10-23 22:37 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)

オメガ29話


オメガ29話。新展開!
OP映像が新しくなったよw前回は曲だけ新しくなったということですね。
新OPはなかなか正統派ヒーローものっぽくてかっちょいい。
やられるシーンから歌詞に合わせて立ち上がるカットとか盛り上がりますねw
今後現れるであろう新しい黄金聖闘士たちのカットもあり、
今後の展開を示唆するようなイメージシーンもあり……
って、特筆すべきは これッ! ↓
d0025055_1823317.jpg
一輝にいさぁ~~ん!!!ww

キタコレキタコレきたこれww
やっぱり兄さん登場するんですねっwさんざん待たせちゃってこのぅ(笑)
一輝兄さんの再登場が待ち遠しいですv(*´∀`*)

さ、期待高まる本編へ行きましょうw

黄金十二宮編
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-10-22 20:18 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

私事ですが


今回はちょっとプライベートなことを書きます。
興味がない方はスルーでお願いします。

読みたい方だけ
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-10-22 00:21 | 日記

ドラマ大奥


この秋の新番組、よしながふみ原作のドラマ「大奥~誕生編~」を見ました。
1話からこれは原作の再現度がすごいなと思ってたんですが、
2話が…これがまたすごかった。

大奥でいわば囚われの身となった有功(ありこと)が
己の身を嘆くシーンの材料として「夢」のシーンが加えられていました。
これねえ、直前の「論語」のシーンを踏まえて
真っ青な空に雲がぽっかり浮かんですごく印象的な画面になってたんですよね。
こういう、作品の世界観を壊さずに、かえってキャラ像を深めてくれる
改変というか付け加えをしてくれると
原作FANとしては嬉しい…というか、スタッフやってくれるな!って感じがして
素直に感嘆しますね。ありがたや。
それに今思ったんだけど、元高僧の人が今までのことは悪い夢やったんやーって
一般人が夢想するような敷居の低いシーンにしてくれたことで
共感もしやすくなってとてもいい演出だったんじゃないでしょうか。うむむ。
(1話でとても高潔なところを見せたお坊さんでも、
囚われの身は悪夢と思ってるし何も考えたくないくらいイヤなんだ…と理解しやすい)

ああ、ホメ言葉しかでてこないや(笑)
主演の堺雅人さんがすごいんですよ~宮崎ご出身なのに京の公家言葉がなめらか!w
個人的に、堺さんの京都なまりだけでゴハン2杯いけますww萌え!ww
この京コトバだけでもこのドラマ見る価値あると断言できる!ww
オススメです!是非(笑)

こまったな…このドラマ見た後かならず原作コミックスも読み返したくなる……
そのくらい、再現度というか一体感がすごいです。このドラマ。
設定考証も3人の担当がついてしっかりしてます。
奇抜な設定と食わずキライするのは勿体ないです。
ぜひぜひ堺さんの京コトバに魅了されてくださいw ←そこか
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-10-19 23:18 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)

ぼちぼち


コスモスが満開になる頃でしょうか…伊山です。
てか、ヒガンバナの最盛期が1週間くらいしかなくてビックリした。
あっという間に変色してって、かわいそうだったもん(^-^;)

食欲の秋とも申しますがファミマの……プレミアムファミチキが食べたくて
しょーがなかとです(笑)
おいらはカラアゲニストなので日本唐揚げ協会からときどきメルマガが届くとですが、
会長さんが最後に追伸として、
「ファミマのプレミアムチキン……すごかった」
って書いてあって うぉぉぉぉぉ!!ってなった(笑)
唐揚げ協会の!会長さんが! すごいって!!ww
どんだけのお味なんだ~プレミアム~><
……少しお高めなので気後れしてましたが
こりゃ食べに行かんといかんばい。(博多弁)

こないだ職場で、賞味期限ぎりぎりのお菓子を処分することになって
(詳しく聞いてないけどかなり大量なので、処分費用が50万くらいかかるとか……)
もったいないので職員さんみんなで好きに持って帰っていいよ~って
お許しが出たとです(・∀・)
自分も含めて、みんな我先にとチョコとかグミとか持って帰りましたw
そのまま食べるんでもいいし、板チョコなら湯せんして別のお菓子を作ってもいいしw
自分は賞味期限1ヶ月くらいなら日付過ぎててもまあいいかって食べちゃうタイプなので
あまり気にせず抱えられるだけ持って帰っちゃいましたwうへへ。
自分がいま働いてる倉庫はごくたまーにだけど
そうやって処分品をもらえることがあるんで、ちょっと嬉しいっすw
食べきれないくらいあるけどね(笑)

あ、気がついたら食べ物の話ばかりだ…ダイエットはどうしたよ(爆)
(停滞気味だよ…戻らないように節制しないと…。 でもチョコ……(葛藤))

10/19追記・さっそくプレミアムチキン食してみましたw
 なんつーか、油っこくないケン○キって感じで自分としてはさほどすごくなかったです(笑)
 ハーブチキンって素材の味自体は似たものに感じられちゃうのかもしれないなー。
 (個人の感想です)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-10-17 23:15 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

きよもりっ! 40


平清盛40話視聴。

シゲコちゃんがクローズアップされた話でした。
清盛に不穏な心情を抱いている(のを知ってか知らずか)、西光と成親を
わざわざ呼んで酒を勧めて和をとりもつあたり、
平家の流れをくみ、なおかつ後白河の妻として
両方をつなげる役割を気負わずさらっとこなしている感じ、
才女という印象が強かったです。
それに、梁塵秘抄の由来を故事からですね、とぱっと言うあたり、
頭のいい女性っていいなあと。

梁塵秘抄を編さんする後白河が昔の女性を思う歌を謳ってたけど、
それが終盤でシゲコちゃんを思う歌に聞こえるあたり、
本当に構成がうまい…。
こういう、起承転結というのかな、序盤のアイテムを後半で伏線になるように
つかう感じ、この脚本家さんの得意技、って感じがしますw
(そしてマツダショウタは本当に歌が上手い…今様CD出して欲しい(笑))

シゲコちゃん死因が分からなかったけどなんだったんだろうか…。
思わず、パイプ役を疎ましく思った勢力からの暗殺だろうかとか勘ぐってしまう(苦笑)
病気だったんだろうけど…その描写が欲しかったような気も。

清盛、相撲節会(すまいのせちえ)復活の話をもちかけられて、
視聴者としてはあの楽しかった行事をもう1度、ときっと軽く請け負うんだろうなーと
思ったのもつかの間、「自分の政をしたいから瑣末な朝廷の政には関わらぬ」とか
言い放っちゃってちょっとビックリ。
盛国が前回だったか、行き急いでる感じがあるとか言ってた気がするけど、
こういうことなのかなと思いました…。
あと、清盛の歩き方が!少し背が曲がってすり足になってた!老人!(゚д゚)
目じりのシワといい、老年期という描写が伝わってすごいなと思いました。
演じる松ケンさんまだ20代なのにね!
(あと時子さんも、語尾に「じゃ」とかついて老年ぽくなってきた)

時忠が…なんか、自分の地位を高めた貴重な人材がいなくなった、というより
純粋にかわいい妹が居なくなって哀しい、というような涙を流してたのが印象的でした。

てか、次回が気になる…!また乙前でてくるんか!!すげーww
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-10-15 21:12 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)