<   2013年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

オメガ42話


聖闘士星矢オメガ42話!今回脚本がシリーズ構成の吉田玲子さん、
作監は大西陽一さんで演出が貝沢幸男さん!なかなかに豪華ラインナップ。
個人的に貝沢さんはベテラン演出家さんなので
旧作アニメの雰囲気が感じられるような独特の画面を期待。

地球が闇に包まれるまで あと3時間30分! ひょー追い込んできたなあw

前回までのあらすじもさっと流して即本編。濃ゆく詰め込んでくるとみた。
さっそくマカツ宮へ足を踏み入れるコウガとユナ。周囲は古ぼけた本ばかり。
(本の墓場みたいとはユナの弁だが、ちがうよ古書の香り漂うシアワセな空間だよw)
と、傾きかけたアテナ像に祈りをささげる山羊座の黄金聖闘士・イオニアと邂逅。
アテナ像、沙織さんにそっくりです。
パライストラの元学長なのにマルス側に立つ彼の立ち位置を早速責めるコウガくん。
「語らねばなるまい……、何故アテナを崇拝する私がマルス様をあがめるのかを」
誰も聞いてないよww
(新黄金て聞いてないのに勝手に語りだす奴ばかりだよなあww)

ツッコミどころ満載
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-01-31 23:30 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

きよもりいんでっくす


2012年NHk大河ドラマ「平清盛」感想文インデックスです。
1年つらつらと書き続けていたものをまとめてみました。
後で読み返す時に便利かもしれません(笑)


1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話

21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話

31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話

41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話 総括


※リンク切れ、リンクミスがありましたらご連絡くださいm(_ _)m
ちなみにカテゴリ名の「きよもりっ」とは、
1話か2話で清盛が「たいらの、きよもりっ!」と名乗ってたのがかわいかったので(笑)
そのまま使いましたwひらがな4文字という流行っぽいのも狙ってたww
このドラマ以降キャストさんたちが出てらしてる別番組も気になって…
「新選組!」のような位置づけになってきております。
クセになるスルメ大河。貴重なり。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-01-31 00:01 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)

ながさき紀行


少し前のことですが、バス旅行が当たったので
長崎へ日帰り旅行してきました♪
集合時間は当初より遅くなって午前8:10。
登校途中の中学生に混じって集合場所へ向かいました。

最初に向かったのが、佐賀県鳥栖市にある宝石工房。
ひと抱えもあるような巨大な天然石が展示されていました。
ここでネックレスとか宝石をたくさん見学。記念に天然石(マグネサイト)を頂戴しました。
…ぶっちゃけ、このバス旅行のメインというか
行程の目的の大きなものがこの宝石工房でのお土産購入かと(^-^;)
後で聞いたところ、大体のバス旅行はそういうものらしいです(笑)

そのあと高速に乗って約1時間。この旅行はバスガイドさんが居なくて
添乗員さんが簡単に案内してくれるだけなので
車内は特に盛り上がることもなく静か。
お連れがいる方がめいめい談笑されてる程度で、単身参加のワタシなぞは
ゆっくり車内で昼寝させてもらいましたw
バスもぎゅう詰めかと思いきや、リクライニングができる程度にはスペースがあり、
なかなかに快適でした♪(^-^)

長くなったので折り畳み
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-01-29 23:17 | 日記 | Trackback | Comments(0)

オメガ41話


聖闘士星矢オメガ41話ですっ!早く上げるといって遅れてスイマセン(爆)

今回はグロス(外注)。作画レベルは前回より良かったと思うけど、
演出絵コンテがちょっと……という印象でした(エラソウですいません)
40話が良かったから見比べてしまった、のはあるかもm(_ _)m

地球が闇に包まれるまで あと4時間12分! 一気に進んだ~!

39話で「時間の果て」とやらに飛ばされたらしいハルトと龍峰。
時間の果て、って何ぞや。
d0025055_23545152.jpg
d0025055_2355127.jpg
こんな感じのとこでした~!(わからん)

まあ、ハルト曰く「黄金聖闘士の専売特許で訳のわからんところに飛ばされた」
って感じでしょうかww
(ハルトの言語センスがいまひとつ分からん……ヤバイとか使うし)

同じく飛ばされたトキサダ現る。どうやらメディアに身体のこと?を取引きに
ハルトたちをここへ飛ばしてこい、と指示されていたようであります。
我が身を犠牲にしないと送り込めなかった、とはトキサダ談。
「ここは時間の果て、時を超越した空間。ここを出ることは叶わぬ」
龍峰くん「早くここを出てコウガくんたちと合流しなくては……」
トキサダ「お前たちは人の話を聞いていなかったのか」 ←ギャグだ!ギャグだ!(笑)
(ギャグ作品なら大げさに突っ込んでるとこだが速水奨ボイス、いたって冷静ww)
しかも畳み掛けるように「入り口があるなら出口があるはずだ!」ってハルト理論(爆笑)ww
お前それ闇の遺跡でも言ってたなww
ハルトに最近流行りの脱出ゲームさせてみたい(笑)

話の順序多少入れ替えてます
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-01-25 00:41 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

オメガ40話


今回で聖闘士星矢オメガも40話!更新遅れてすいません!(汗)
今回はオメガ脚本陣きってのストーリーテラー、横手美智子女史のお手並みが見事でした!
みるみる話しに引き込まれてしまって、心に響く良回だったと思います(^-^)

そんな40話、地球が闇に包まれるまで あと5時間7分!早っw

天蠍宮でまちうける人物。
今回、彼女の心象風景なのか天蠍宮の装飾なのか、「砂漠」が印象的に挿し込まれました。
サソリの生息地は砂漠。乾き、過酷……そんな砂地を踏みしめる、彼女。ソニア。

ソニアが繰り返し思うのはあの日の記憶です。
弟、エデンと初めて会った日。
「この子が……ワタシのおとうと?」
d0025055_22314633.jpg
(かわい~v目がまんまる~~v)
この日のことは、彼女にとって忘れられない記憶。

ソニアと絡むのは蒼摩(ソウマ)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-01-20 23:10 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)

わびもかねて…


去年に引き続き今年も健康診断を受けてきた伊山です。ども。
またバリウム飲んできたよ……人類の敵め(怒)
前日から絶食しなきゃなので空腹とも戦いつつ、なので
実は熱出したくらいイヤだったんだけど(笑)←コドモか
腹据えて飲んでしまえばとりあえずなんとかなったんで
1つオトナになったなと思いました(爆笑)
今年は覚悟を決めてたせいか、あまりおぅえっぷにならなかったよー(どうでもいい)
この正月節制をしなかったので少し体重増えてたのが残念です……
引き続きダイエット頑張ります(苦笑)

あと、すいません詫びなんですが
今週の星矢オメガ感想は週末、ヘタしたら来週になるかもしれません……(汗)
なるべく今週中にあげられるよう努力します(汗)
まだ録画見られてないんだよね……ワタシも早く見たいんだけど(爆)
終盤に向けて盛り上がり始めたところなので
なるべく早く録画見られるようにしておきます><

ええと…そんなとこかな。
来週長崎へ旅行いきまーす!最初の案内では6:50集合ってあったけど
後日詳細な日程の連絡きて、8:10集合になりましたー!(笑)わーいww
日帰りバスなのでちょっとキツイかもしれないけど楽しんできまーす。

そんな感じで。ダラけててすいませんm(;_ _)m
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-01-16 23:36 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

男女逆転


映画「男女逆転大奥~永遠~」観てきました!綱吉・右衛門佑編。
原作FANなので原作コミックとの比較目線で鑑賞。
以下、ネタバレ感想!

えもんのすけ
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-01-16 22:54 | 映画話 | Trackback | Comments(0)

「Z」


ワンピースフィルム「Z」を見てきました!
ちょうど冬休み向け映画の公開が重なってまして
朝イチの上映回から激込み!チケット売り場まで遠かったです……(苦笑)
公開から約ひと月経ちますが未だに劇場では最も大きいスクリーンでの上映でしたw
大人気でなによりですw(その分入場特典はすでに終了してたけど)
ネタバレつぶやきつつ鑑賞感想!

コラボ多い
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-01-14 23:26 | 映画話 | Trackback | Comments(0)

史跡 岡城跡


先週の話ですが大分県の竹田市に行ってきました。
だいたいクルマで3時間くらい。途中で40分くらい道に迷ったけど(笑)

竹田市は初めて訪れましたが めっっちゃ山の中でした(!)。
というか、山の隙間に町が出来ている感じ。
竹田市の市街図を見たら典型的な城下町の道筋になってるので
おそらく岡城を中心として発展した町だと思われるのですが
全体的に坂道を上り下りして、川沿いの低いところに町の中心部があって
東西南北を山に囲まれていて……
よくこんな険しい場所に城建てて町つくったな!!って目からウロコな土地でした。
攻められにくく守りやすい土地だからこそ城建てたんだろうけど……
返せば生活はしづらい場所ってことかと(苦笑)
この土地に人が住んでいる歴史、時の流れに思いを馳せました……。
d0025055_2359717.jpg
ここが城の入り口。
史跡保護料として300円かかります。
支払ったらいただいた入城チケット(?)がコレ↓
d0025055_0113782.jpg
 シャレオツ!
巻物くるくる開いたら城見取り図と歴史が書かれてありました(^-^)

ここは名曲「荒城の月」のイメージとなった場所でして、
高い石垣が有名です。
前述したように山の狭間の城で、しかも最も低い川を見下ろす崖の上に建っていたので
石垣も山の中腹からそそり立つようにつくられてて、
かなり迫力がありました。
d0025055_0155195.jpg
あと「荒城の月」作曲の滝廉太郎の像もあり。
d0025055_0403876.jpg

城跡はどこもだいたいそうであるようにここも公園として整備、保護されていまして
昔の石垣のまましっかりと残っている印象を受けました。
台所の跡や武器庫の跡、金庫の跡とかね。見取り図もばっちり。
(城内敷地に家老の家もあったぽい)

城の成り立ちとしては元々平安末期、源平合戦の頃に作られたとかいう伝承があるらしく(!)
こないだ清盛で触れたばかりだよ!と1人興奮(笑)
その後、豊後(大分)の有力豪族である大友氏の分家である志賀氏が治め、
戦国時代になって新たに中川氏が入城し、城としての体裁を整えたとのこと。
すると岡城は中川氏によって築城されたと考えた方がいいのかな。
以降、明治の廃藩置県まで中川氏が治めていたということのようなので
竹田といえば中川、と覚えるのがよさそうです(以上、自分メモ兼ねて)

城内公園かなり広かったので寒さもあって全ては回らなかったのですが、
奥まったところに神社があったのでお参りしてきました。初詣(笑)
ほんとにかなり眺めの良い、高い場所にあったので
高所恐怖症のワタクシ正直ビビりまくりだったんですが(笑)、
先人の努力というか、ここに城を建てたのか、という歴史の「思い」を感じ取れる
興味深い場所でした~。
去年夏の豪雨災害がひどかったと聞いてましたが今はあまり爪痕も見受けられず、
観光地としても頑張ってほしいところであります!

…昼食に寄った定食屋さんのとり天定食が美味だった……!
そんなところで!w
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-01-13 23:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)

オメガ39話


年明け1発目の聖闘士星矢オメガは39話!もうそんなに?早いな!w
地球が闇に包まれるまで あと6時間25分! もう刻のリング半分進んじゃったよ!

エデンとフドウさんの決着は実は互角で(フドウさん、激突せずにしゅたんと体勢整えて着地)
しかし処女宮は通すカタチに。
マルスかエデンか、どちらが正しい世界を作るか見極めるとのことですよ。負け台詞?

さて、前回突如現れた水瓶座に弾き飛ばされ、あわや十二宮から落下しかけたコウガ、
しかし飛来した何かによってテレポート。
青銅たちもコウガと同じく次々と、少し先に進んだ天秤宮の、岩山の上にテレポート。
飛来した物体、天秤座の武器に見えたけど……って、
同時にテレポートさせられた水瓶座・トキサダの前に立ちふさがったのは
新たな黄金聖闘士!↓
d0025055_23194259.jpg
「オレは均衡と調和を司る天秤座・ライブラの黄金聖闘士、ゲンブ!」
しゃきーん!(仮面らいだーのようなポーズ付き)
d0025055_2320557.jpg
 ……失礼しました、キメ顔はこちらです(笑)

(画像でお分かりのように今回作画の谷間回です…
作監が八島善孝さん、作画に佐々門さんなど。
なんだか無駄に手の動きが付いたポーズとかが多かった……(苦笑))


まあ前回予告でも出てたんでオドロキは無かったです(笑)
むしろ驚いたのが高みの見物をさせられている青銅たち。
あいつは紫龍が守っていた黄金聖衣を奪っていった奴、と身構えますが
当人まあ見ていろ、と余裕綽々。トキサダと対峙します。

千日戦争の解説もあったよ
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-01-08 23:16 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)