<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

クロカン12・13

2話分まとめて。

「人質松寿丸」。松寿のけなげさが光りましたね。
(父上が小便たれだった、てそれ演じたのキミや、みたいな野暮ツッコミw)
松寿丸が人質行きます、てことを伝えてるシーンで、
てる さんがなんとか必至に止めようと説得してる姿、真に迫ってました。
その間ずっと無言の官兵衛も良かった。父親は口を出さない。

松永久秀、出てきましたねー!ミッキー・カーチス氏。ハマってたな~( ・∀・)
爆死の場面が描きたかっただけかもだけど、
信長に人質とられたら最悪どうなるか、てのを見せる意味合いもあったかもですね。

あと、信長は親子でも道具あつかいだけど
官兵衛には親子の情をかける、とか
なんというか信長陣営と官兵衛を上手く対比して見せてる気がします。
あっ、御着の殿様が「清盛」で出た双六使ってた~!即座に反応した元清盛クラスタw
おもしろかった。

「小寺はまだか」。御着の殿様をいいように手玉に取った感じw
クセのある上司をうまく乗せるには、てハウツーを見た気がするw
半兵衛が黒田の父ちゃんと面識あわせたのが意外だったけど、
半兵衛が官兵衛へ示唆するようにもってく展開に繋げてたので上手いなと思いました。
てか、あんな導きかたは官兵衛がアタマいいから通じたんだと思うよ(苦笑)
おバカさんだったら書面焼かれた時点でずんばらり斬ってると思うw

そもそもの大義は天下太平。戦乱を無くすための戦い。
両兵衛や秀吉の願い。
最近の戦国ものはそういう描かれ方をすることが多いですね。天下布武からかな。
そう、信長の鉄鋼船とか本願寺との戦いとかで
村重に心境の変化がでてきた様子。これいい伏線ですね。納得だな。
(個人的に九鬼嘉隆の名前が出てきてニヤニヤ)

なんというか、だんだんと落ち着いた展開になってきて、質が上がったというか、
見ててじわじわと面白いな~と感じ入る面白さになってきた印象。(謎)
この流れで進んでいってほしい所存。

初回から思ってましたが、黒田家の絞り染めのお着物、いいな~。
ハイビジョンだとちゃんと絞りのシワまで見えて、良さが伝わってきます。
そういうところからも画面づくりへの真剣さが見えてきて、有り難いですね(^-^)

そんなところで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-03-30 22:57 | クロカン! | Trackback | Comments(0)

さいごのオメガ


聖闘士星矢オメガ、終わりました!
残り3話をまとめて。

ええと、サターン城へ向かってぴゅーんと飛んでいた新青銅と星矢たち、
城に着いたという描写が無いままサターンと対峙。あ、あれ?はしょった?w
まー御約束でボコボコやられてしまって星矢が1人サターンと向き合う形に。
この回は演出がベテランさんだったので独特な画面効果が多かったかな。白目向いたりとか。
で、青銅たちは昴だったサターンにどこか遠慮しているんだろうと星矢は感じとって
サジタリウス聖衣をこなごなにさせながらサターンと一騎討ち。
一方その頃、地球上では氷河vsミラー、瞬vsエウロパの戦い。
圧される瞬さんたちだったけど、これまたお約束で
攻撃を受けてる合間に実はダメージを与えてたんだよ~的展開で形勢逆転。
エウロパだけは最後まで余裕の姿勢を崩さずにサターンに助力を仰ごうとあがいてたけど
そこへ愛するパラス様を護りたいタイたん(笑)がトドメの1発w
エウロパ、キャラが崩れず最後まで見事でした。聖闘士星矢ぽくないキャラ造形だったけど。
で、星矢は小宇宙を燃やしてサターンへ突進。
神様にダメージを与えられるという黄金の短剣でサターンの胸をひと突き……!

と、思いきや。
サターンは全ての刻を操れるので短剣の効力も無効化しちゃうとかって
なんかズルい感じの展開でノーダメージ。
却ってサターンのパワーが極大になって、
宇宙のサターン城から地球上の全ての生命体(聖闘士含む)の刻を止めてしまった。
新青銅たちも新生聖衣ぼろぼろでサターン城の近辺に漂ってるし(アカン)、
コウガも気を失いかけ。
破壊されたサターン城から宇宙空間へ放りだされるコウガ(アカンがな)。
でも、まだ彼の心の小宇宙は燃え尽きていなかった。
地球で石にされた沙織さんがかすかな小宇宙をつむいで皆に呼びかける。
なんか、石から幽体離脱みたいに半透明の身体がふわーっと浮き上がる描写…。
呼びかけに応じて周囲の石にされた聖闘士たちから次々と、ふわー、ふわーと
幽体離脱が続いて(笑)、皆が宇宙のコウガへ向けて小宇宙を送るわけです。
アレだよ、「みんな、コウガへ小宇宙を分けてくれ!」ですわ(笑)
しまいには時空の狭間へ消滅してしまったはずのアテナエクスクラメーション組や(笑)、
一輝兄さんまでwおまえら死んだはずだろうww(←ってツッコミは聖闘士星矢ではヤボ(笑))
皆の小宇宙が一筋に集まってコウガへそそがれ、
コウガの身体には全く新しい聖衣が!
翼バッサー付いてて、これがオメガの聖衣!とか言うてます。
そんなコウガの有様を目の当たりにするサターンの心に、何か小さな火が灯っていた……

最終話はおりたたみ。↓

なんつーか
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-03-30 16:57 | アニメ感想 | Trackback | Comments(2)

簡素に


オメガ 覚醒編

今回も2話分まとめて。
ええと、サターンが降臨したわけですがなぜ昴がサターンだったのかというと、
「人間側に立って人間というものを知りたかった」そうで。なんて勉強熱心な神様w
彼の側近には2級パラサイトだったエウロパと、はぐれパラサイト?だったミラー。
氷河と瞬さんも交えて一旦は戦闘するけれども
戦ってもコウガお得意の説得でもサターンらには効果なく。
昴が、人間の素晴らしさ、小さな力でも集まれば強い力になると自分で言ってたのに
神様だったなんてと新青銅たち絶望しかけるけど。
サターンが土星のあたりに作ってた?「サターン城」を呼び寄せると
さっさとそこへ消えてしまうので、
コウガたちも「戦うしかない、追うぞ」と決意を新たに。
って、新生聖衣から翼生えてそのまま飛び立った!!( ゚д゚)えっ
しゅぴーん、ってアンタら生身で宇宙行くとやーーwww(爆笑)
意外な展開だww

その頃地上ではサターンのチカラによって生きとし生ける者すべての時が止まっていた。
動けるのは小宇宙が強い聖闘士と敵対するサターン兵のみ。
あ、あとスチール聖闘士たちがいた。
以前にちょい役で出たスチール聖闘士の女の子が仲間たちやティーチャー蛮、檄と共に
なんとか戦ってると、オリジナルスチール(自称)の翔、潮、大地らが来て加勢、
だけど敵に一旦退場したはずのパラサイトが抵抗して…という感じ。
いや、ぶっちゃけこの展開、以前使い捨てたキャラの救済という意味合いくらいしか
感じられなかったっす……ごめんなさい(苦笑)
地上で戦う彼らの希望はサターン城へ向かう新青銅たち……って、
アンタらまだ飛んでたんかーいww 色々突っ込みどころ多いわw

3月末までなのであと3回…かな。
最後まで更新がんばりますね(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-03-22 16:01 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

クロカン11


簡易版。

宇喜多直家が出てきました。陣内さんとは意外な配役。
なんか登場人物いろいろからひどい言われよう(笑)裏切るとか毒を盛るとか。
いや、実際そのとおりだったそうなんだけど(苦笑)
でも、わしは人を信じぬ、の時一瞬寂しそうな目をした気がしました。
しかしアレは無いと思ったわ~毒盛ってないよ、といいつつ隣の人がグハッ、て(笑)
どこのコントかと思ったwwいや、分かりやすいんですけどね、お約束すぐるww

秀吉が中国地方制圧の大事さを身をもって知らしめるための命がけの宴。
実際どうだったかは分かりませんが、
官兵衛主役のドラマとしては理解しやすかったと思います。
北国、阿波などあちこちに戦力を割かれて中国までは手が回らない、官兵衛窮地、みたいな。
でもなんでずっと「謙信」呼ばわりだったんでしょうね…上杉でいいのに。
あと、細かいことですが岡田さんは叫び声が通りにくい気がします……
怒鳴る、じゃなくて張る、がいいんじゃないかしら(とエラソウに)

あ、高山右近出てきましたね~!この人ちょっと気になってます。史実的に。
名前も分かりやすくていいですよね、キリシタン右近。
異色の人物だと思うので注視していきたいです。

織田についたことを2度も迷う官兵衛さんがかわいかったなあとつぶやきつつ。
そんなところで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-03-22 15:45 | クロカン! | Trackback | Comments(0)

ぼちぼちと


皆様いかがお過ごしでしょうか伊山どす。
お宮参りを済ませてその足で自宅へ戻ってまいりました。
ようやく小さな家族をまじえて水入らず…というところでしたが
若干体調を崩したようで(苦笑)完全復帰とはいかない感じでございます(^-^;)
産後の体調の変化ナメてた……が、がんばる。
とりあえず家事ひとおとりは出来る状態なので、育児とともにぼちぼちやってきます(^ω^;)

小さい子はとても可愛らしいんですけど
やはりお世話に時間と手間をとられて
なかなか録画したアニメなどを視聴しきれていません(苦笑)
アニメの感想UPしたいんだけど……(^-^;)
すいません気長にお待ちください。

そういえば今日見ましたよw
安倍首相「いいとも」出演
「首相シフト」での生登場とかやりましたね首相(笑)
なかなか面白かったです~^^

取り急ぎ生存報告までにてw
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-03-21 16:00 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

クロカン10

簡易版。


官兵衛、萌えぇぇ~~~!!!
www

以上!(笑)


これだけだとアレなので(笑)、
奥さんに弱音吐く官兵衛がたまらなくたまりませんでした(萌)いいわー。

義昭将軍さまが前回から再登場あそばされてるけど、
いちいちケレン味ある仕草されてるのが楽しいですwにやにや。
毛利陣営での会話シーン、ますます特撮敵幹部描写に見えてきた…w

村人たち総動員でのフェイク合戦、あれけっこうバレバレのような気がしたが(苦笑)
でもロケ多めで見応えありましたね(^-^)
(こっそり、信長さまの乗馬シーンと見比べてしまう…ごめんね)

佐吉がものすごく佐吉。(謎)

正直、官兵衛の浮気疑惑は要らなかった気もするけど…まあいいか。
官兵衛萌えだし(そこか)。

そんなところで。(えええ)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-03-15 14:26 | クロカン! | Trackback | Comments(0)

まとめてあにめの感想

2、3週間分まとめて。

ガンダムビルドファイターズ

戦国アストレイと戦う話、絵がすっごく良かった~♪
迫力あってちょーテンションあがりましたw
レイジくんの正体を暗示するような電灯の演出も泣けるほど良かったです(^-^)

アイラの話も強化人間ネタ突っ込んでくるしレイジと和解するシーンで花畑描くし、
脚本の黒田洋介氏の00リスペクトつよいな、とか(笑)
あ、エクシアかっちょえーですね!!(^0^)
自分、思ってた以上にガンダム00好きだったんだなーと分かりました(笑)
(ゲストキャラの声を本郷奏多くんが演っててびっくらした(笑)どうやら生粋のガノタらしいですねw)
あと少しで終了なんて寂しいな~半年後に2期やんないかな。


いなり、こんこん、恋いろは。

あ~~もう か わ い い!!!!o(≧∇≦)o

少女マンガなんだけどちょっと魔法少女はいってて、
ややオタク寄りな作風ではあるけどおにゃのこの可愛さは萌えで…と、
かなりてんこ盛りな作品ではあるんですけど(笑)、
思春期の女の子の心情や仕草をすごく丁寧に表現してあって
見ててキュンキュンするアニメです(^-^)
あれ良かった、待ち合わせで合流した女の子2人が、
あのマンガ見た!?きゃー見た、カッコイイよね~♪、ってきゃいきゃいしてるとこ(笑)ww
すげーよく分かった(笑)しかもめちゃカワイイ子たちだから余計萌え(笑)
全編ほわ~っとした京都弁なのも萌え度高いですw
登場人物の名前が京都の駅名なのもいいですね(^-^)丹波橋くんとか墨染さんとか。
あ、丸太町ちゃん、薔薇はよした方がいいぞ、薔薇はww

そうそう、蟲師2期はBS11とニコ動の放送みたいですね。
すっごく見たいけど、環境が…どうだろ(汗)なんとかして見たいなぁ…
それとリンク貼りそこねましたが「ブレイクブレイド」がTVシリーズとして放送だそうで♪(^0^)
劇場版をすべて追っかけて作品の丁寧さに身が震えた者として
再編集とはいえTVで多くの人の目にふれることになって本当に嬉しいですv
見られる人は是非見てほしいな~( ´∀`)

そんなかんじで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-03-13 15:22 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

オメガだけ感想

ささっとオメガのみ感想。
2話分まとめちゃいますね。

アテナとパラスがそれぞれガチガチのヨロイ装着して対峙するところから。
ガチンコ超能力バトルになるか?と思いきや、
意外にも冷静な話し合い(笑)
人間は神に劣る存在なのにアテナが彼らに構うもんだから、
パラスは愛の女神ゆえにアテナへの愛情が捻れて人間憎しになってしまった、アテナ酷い、とか。
このまま話し合いで解決するかなーと思われたが、
やはり戦わずして決着はつかない、と自分の心に言い聞かせるかのように襲ってくるパラス。
ニケの杖で割とアクティブに立ち回る沙織さんがなんだか新鮮でしたw

アテナの小宇宙が勝って泣く泣くトドメを刺そうとする沙織さん…、の目の前で
パラスをかばう1級パラサイト・タイタン!
ここからはオトコの出番(笑)パラスを心底お護りしたいと願うタイタンと
タイタンが出るならオレの出番、とばかりにサジタリアス星矢がたちふさがる。
愛する女性を護るための男同士のガチバトル開始!(笑)

…実は「オメガ」での星矢ってちょっと背伸びとゆうかオトナびていたんですが、
このタイタンと戦う局面でガラリと昔の星矢ちゃんが現れてね(笑)
口調もふてぶてしい感じになって、あまつ
「オレにとって城戸沙織はアテナではなく護るべき1人の女性だ!」と
昔でも言わなかったようなノロケまでクチにしちゃうww
ちょっとおおっ、て思っちゃいましたね(* ̄∇ ̄*)
タイタンも張り合うように「パラス様を1人の女性としてお護りする!」とかって
全面ノロケ合戦ぼっ発wwうひゃひゃw
(まあぶっちゃけ、聖闘士星矢にこんなに恋愛要素いるんか?って思わんでもないけど(苦笑))

で、ガチンコバトル(レイアウトやスピード感がよかった!)の最中、コウガたち新青銅たちが到着。
加勢しようとするがハーさんに野暮はするなと止められる(笑)
星矢の一撃がタイタンにダメージを与えて、タイタン膝をついたところでパラスが乱入。
どうやら相思相愛らしいです(* ̄∇ ̄*)
で、その様子をみた沙織さんも星矢を止めて
もう戦う必要はない、愛する存在を失う怖さを知った貴女は真の愛の女神でしょう、と
パラスを諭す。なんか、タイタンとの仲を取り持つようなカタチになってるんですけどw

パラスもアテナも互いに、昔はゴメンね、的に謝りあって(何故か背景がお花畑にw)、
これで和解か、と思われたその瞬間。
「生き残った方を抹殺する思惑は外れましたが…まあいいでしょう♪」
と、2級パラサイトのエウロパが乱入!
同時に女神2人の小宇宙を奪って、昴に注入する。
昴、前々からオレは神になるんだ、とかほざいてたけど、
あれホントでした(笑)エウロパに操られるように昴は覚醒し…
「さあ、お目覚めください!我が神『サターン』様!!」……つづく!


昴はサターンでした。クロノスかなとも思ったけど、両方刻の神だそうで。(出典の違い?)
今回2話とも作画レベル高くて動きやレイアウトも工夫されてる印象で見やすかったのですが、
なんつーか長く引っ張ってきた決着バトルだったのに女性が全面に出た話し合いだったので
少し興をそがれた気分がなきにしもあらず(苦笑)
ま、個人的意見です。

聖闘士星矢オメガ、今月いっぱいで終了とのこと。
よく2年ももった……モゴモゴ(笑)
残り4回?3回?ここまできたらラストまで付き合っちゃいますよ(* ̄∇ ̄)ノ

そんなところで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-03-07 14:50 | アニメ感想 | Trackback | Comments(2)

充電中

こんにちは。伊山どす。
更新止まると言いつつちらちら書き込んでてすみません(笑)
スマホって便利ですね(爆笑)

現在実家で休養中です。
子どもの面倒にかかりきりかと覚悟してたら
母が何くれと世話を焼いてくれてまして、
思ったよりのんびりできてるので若干拍子抜けしてます(苦笑)ありがたや。
初孫だから余計世話を焼きたいんでしょうね~。すっかりメロメロw

子ども、まだ生まれて20日ほどですが日が経つにつれ
手足の動きが活発になり、ミルクの量が増え、起きる時間が長くなり…と
当初に比べてじわじわと成長してってます。
なんかねぇ、こんな小さな生物が自分の体内に収まっていたのか、
と考えると感慨深いですよ(笑)不思議。手足とかしっかりニンゲンですし。
まだしっかりと現状を受けとめきれてない感覚もあるので
きちんと「親」の自覚が芽生えるのはこれからかもしれません…。
自宅に戻ってからの脳内シミュレーションをしながら
じんわり英気を充填中です。
(産後のダメージがそれほどでもなかったのも有り難いです)

そろそろお外に出たいな~。体調も8割がた回復した感じだし、
お散歩でもしてこようかな。梅の花、まだほとんど見てないや。

アニメの録画見たらまた少し感想うpしますね。
星矢オメガ、今月いっぱいで終わりだそうなのでせめて最後まで完走したいw
ではでは近況でした。失礼しました。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-03-03 15:58 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

クロカン9


簡易版です。

官兵衛さん試されるの話。
てか、半兵衛より信長に試されてたような気が…w

小寺の殿様と赤松と別所の若殿たちをまとめて信長さまと謁見させる。
別所長治まだ若かったなー。行く末を思うとちと切ないが。
(後見2人のキャストがよかったなー!)
あ、赤松家はいつ代替わりしたんでしょうか。まあいいけど。
若殿たちの性格を掴んで的確に説得できた官兵衛だけど、
小寺の殿様の悋気には対処の仕様がない。(どうすれば、とオタオタする官兵衛かわいかった(笑))
そこへ用意されたように荒木村重の軍勢が、という上手い展開。
村重との交流を描く意味もあったかな。
本願寺の門徒だった侍女といい、こまごまと伏線張ってますよね。

半兵衛とは最初反発しちゃうのかー。
紅葉の庭のシーン、すごく綺麗だったなぁ。
あぁ、馬で赤松領などを訪れるシーンの緑もすごく綺麗だった。
まだちょくちょくロケシーンが入ってるので少しホッとしています(笑)(後半ロケが減る大河あるある…)
あと本願寺顕如が出てきたのはビックリしたー!穏やかな顕如になりそうですね。
(某マンガの影響で頭部の神々しさが足りない!と…(笑))
顔つきが印象的な役者さんつかってたなあ。

前回同様、同じシーンなのに見せ方というか、切り取り方、映像演出が異なってましたが
大河に限らず映像作品すべてに於いて演出って重要だなーとしみじみ思ったりします。
同じシーンなのにカメラの角度やカット割りが違うと雰囲気や受け取り方が違うんですよね。
大河をずっと見続けていけば映像作品の演出の違いを発見しやすいんじゃないかな、
などとエラソウに言ってみるテスト。
すいません(苦笑)

そんなところで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-03-03 15:27 | クロカン! | Trackback | Comments(0)