<   2014年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

あめあめ


梅雨らしいうっとおしい気候が続きます、伊山どす。
すっきり晴れてくれないと布団が干せないですねえ…。

ニックがフォーミュラEに参戦決定!というニュースでワクワクして
いそいそPCを立ち上げてみました(笑)
このところ週に1度電源入れるか入れないかって感じなので
今かなりテンション上がってますwwうふふふ。
(ちなみに官兵衛感想はスマホで入力してます。改行みづらくてごめんよう)

聖闘士星矢フルCG映画が公開中だそうで、ネットで感想などが色々聞こえてきます。
どうやらおおむね好評のようですねえ~。
鑑賞後すぐ電話くれた友は「デスマスクが!デスマスクが!」しか言わなかった(笑)ので、
デスマスクの人気が跳ね上がりそうですね(笑)(あと魚座残念とかw)
どうやら過去作の「星矢」を見ていない、若い視聴者層がターゲット…らしいです。
これもガンダムみたいに世代を超えたロングコンテンツになっていくのかなあ。ふぅぅ。
個人的には切手とかパズドラとかいろいろコラボやってるのがなんつーか…、もう
「聖闘士星矢は遠くになりにけり……( ̄ω ̄)」って感じで(苦笑)
個人的に今回はなんとなく見に行く気がしないです。
物理的制約をおしてまで見に行くほどでもないかなってカンジ(苦笑)すんません。

そう、「蟲師・続章」のDVDをレンタルしたんで2話まで見たんですが
悔しいかな感想記事が書けそうにありません(汗)
過去に書いた記事のようなディープな考察が、今の自分には無理そう……。
とてもキレイだし丁寧に作っていることはすごーく伝わってくるので
その1点1点を挙げてしっかり褒めたたえまくりたいのですが
腰を据えて視聴するのが難しい環境になってしまっています(悔)
まあ…、長い目でみて今後じっくり鑑賞したうえで感想記事書きたい!ってなったら
ブログ更新するかもしれません。蟲師好きなだけに無念……。
(一応、子どもが寝てる隙に部屋暗くしてヘッドフォン装着で視聴したんだけどね。
ばっちり鑑賞態勢なんだけどね。何かしようとすると子どもが察知するんだよね(苦笑))

雨続きだとあまり外にも出られないので退屈です。
イライラしない程度に気晴らししよう~。
そんなところで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-06-27 15:39 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(2)

ニック参戦!


およそ2年ぶりのニックネタ更新ですww

今年秋からフォーミュラEという電気自動車フォーミュラ(変な言い方だな)の
世界レースが始まるのですが、
その参戦チームの1つ「ヴェンチュリーグランプリ」というチームから
ニックが正ドライバーになることが発表されましたっvv

わ~~いやった~ニックがまたフォーミュラに乗れるよ~~vv(*^0^*)

めちゃめちゃ嬉しいです。なぜかってーと、テレビ朝日系列で地上波放送予定がある!
から(笑)(テレ朝専用サイト)うひうひ。
うまく放送見られるならひっさしぶりにニックが走るレースを見ることができる、
というわけでほんっとうに嬉しいですvv

フォーミュラEは前から気になってるカテゴリだったので余計楽しみv
スーパーアグリチームも参戦するというし、
先日はトゥルーリがチームオーナー兼ドライバーとして参戦することが発表されたばかり。
(ヤーノ、やるなあ。バッター・俺!だな)
もともと楽しみだったところに更に楽しみ要素が増えました♪
地上波放送といっても多分録画で編集されるものになるとは思うけど(多くは期待しない)、
それでも走るニックが見られるのなら!
ああ~9月の開幕戦がいまから待ち遠しいですvv
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-06-27 15:08 | ニック話 | Trackback | Comments(0)

クロカン25

簡易版!

どうやら第2シーズンに入ったようですね。
登場人物や音楽が少し新しくなりました。紀行の音楽も。
もうお話は半分、折り返し地点でここから再スタートなのかもですね。
そういや組!も25、26話から第二部に入ったんだったな。
官兵衛さんも少し変化した印象です。ほとんど話さず、人の後ろに控えてましたね。
ここらへん、製作側で意図的に描き方を変えようとしてるのかもですね。

弥助出てきた~!すごいな!
弥助を登場させる歴史ドラマは初めて見たかも。これまであったのかな?
でも弥助が現れた瞬間、やはり違和感があるんですよね。人種の違いがはっきりと。
でも、今回の信長さまはビックリしてもすぐ肌の色を飛び越えた部分で評価して採用した。
この描写すごいですね。信長は超現実主義者だということがわかるから。
ほんとは奴隷とか人身売買とか触れられない問題があったろうに、
そこを信長の人物像がすっ飛ばしちゃった。面白かったです( ´∀`)
あの時代に屋敷一帯をライトアップ、なんて本当にチカラがないとできなかったことで、
権力の誇示という意味合いは強烈に伝わったでしょうねぇ。

官兵衛さんはファミリーパート担当(笑)
第二子ご懐妊おめでとう~w前にWikipediaで調べたから実子が増えるの分かってましたw
松寿丸も長政になって役者が揃ったというかんじ。
(もとたか父ちゃんほんと泣いてばっか(笑))
てる さんが長政登場前から目がうるんでたのは丁寧だな~!と思いました。
あっ、九郎右衛門が子どもたちを眺めてたり長政から視線を反らす形で目が優しかったり
そういうちょっと違う形で感情を表現してるとこ大好きです~!(*´∀`)細かいv

宇喜多や清水宗治が予言者になってたw
しかし秀家の行く末とか、光秀の謀反の成り行きとかがさりげに伏線張られてて
見ててニヤニヤしましたw楽しみだな~!(^0^)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-06-22 23:19 | クロカン! | Trackback | Comments(0)

クロカン24

簡易版。

小寺まさもとの元をどんどん離れていく家臣。
家臣Aの小河は甥っ子を黒田家へ、家臣Bの江田は見限って離反。
江田の見限り方がよかったですね~愛想がつきた!ってw(楽しそうに演じてたなあ)
どちらもいわゆるねい臣ってやつですがこの2人が離れたら小寺も終いだなあ、みたいな。

小寺の殿様、ほんとよかったです。捕らわれての言い訳の変わりようが面白かった(笑)
ワシは小寺ではない→もとたか、家臣であろう離せ→村重がやったことだ→
江田たちがそそのかすから→死にとうない、だもんねえ(笑)
この変わり身の素早さ、言動の不一致さ、なかなか難しいと思うんですよね。
これを鶴太郎さんがイヤミなく人間味たっぷりで演じてくださった。
すごくよかったと思います。あっぱれ。

信長、ついに7年前のことをもちだしてネチネチ。
家臣団の前で1人佐久間信盛つるしあげとか。他は褒めておいて佐久間は落とす。
(滝川一益褒められるつもりで待ってたらスルーされてカワイソス)
史実だそうですがそれでも10年続いた本願寺攻めをなんとか交渉で収めたんだから
功績は褒められていいと思うんですが。そこ、信長さまがねじれたところかな…。

官兵衛は幽閉後から黒くなったとかささやかれてますが
小寺の殿様を逃がすという甘さもまだ残っていて。
ここ、半兵衛の代わりになりたいという意識でやってたからという理由でしたが
すっかり変化した方が見てるこっちは楽しかったけどな(笑)ふひひ。
まあブラック官兵衛さんも徐々に発揮されてくることでしょう。
(おかださん、演技に熱がはいるとときどき永遠のゼロになるよね…(笑))

家紋にこめられた思い。死のふちを思い出して生きようと思う、命の大事さを願う。
いい意味づけだと思います。実際そうだったのかもしれないな。

もうじき本能寺の変だとか。蘭丸も出てきたし、さてさてどうなることやらw
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-06-21 14:22 | クロカン! | Trackback | Comments(0)

まふぅ


どもです伊山どす。
虫垂炎はおかげさまで2日で良くなりました。ありがたや。
後で調べたら、盲腸って大腸内の善玉菌?を保護したり溜めておいたりする
大事な器官なんだそうですね。それ判明したのが最近のことだそうで、
なのでこのところの治療方針としては切らない、散らす、がメインになってるんだそうです。
ふむー勉強になった。

W杯始まりましたね。
むかしワタシ、「イナモトー!」って絶叫してた記憶があったんだけど
あれいつだったんだろう…いまブログ過去記事漁ったけどそれらしいの無かった。
まあどうでもいいや(笑)
4年に1度の祭典、ときくとオリンピックと同じく妙にソワソワしてしまうのは
何でなんでしょう(笑)今回はベスト8いくといいですねえ。
(あまり期待かけると外れるかもとハラハラしつつ…)

しばらくぐずついた天気ばかりで、でも梅雨っぽく大雨というほどでもなく、
なんとなく調子悪い感じが続いてたんですけど
思い切って抱っこ紐買ってすこしスッキリしました。
これで子ども抱いて出かけていける~。
ベビーカーだと行動に制限がでることもあるので(歩道の狭い道路はこわい…)
抱っこ紐で身軽にお出かけしよう。やはり家にこもってるとアカンですね。
子どもが機嫌いいとよく声にだしてなん語(あーとかうーとか)を発するようになって
偶然だけど大人と会話してるように聞こえる場面とかもあって楽しくやってます。
(「子ども、こっち向いて」「あぁ?」とか)

ああ、ケンタッキーの食べ放題、また今度あるっぽいなあ。行きたいなあ…。
そんなこんなで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-06-14 12:08 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

正確には感想ではなく


半年ほど前にローソンのキャンペーンで
アイドルマスターのフィギュア当たった!と書いたんですが
本当に忘れた頃に届きましたw真ちゃんv
(4月末発送予定が遅れます、って通知がちゃんと来たのには驚いた)
d0025055_11453453.jpg
まこまこり~ん♪

きゃわいいです、このキャンペーンのみの限定デザインだそうです。うほうほ。
もったいなくて外箱から眺めるだけですが(笑)、
真ちゃんっぽい、ミニスパッツにヘソ出し、でもかわいいフレアスカートが付いて、
スポーティだけどキュート、という感じの衣装でとっても満足ですたv(*´ω`*)
発送がひと月遅れたけどちょうど誕生日の頃に到着したので無問題!むしろ感謝!
ありがたくも頂戴した次第でございますvうふうふ。

そんな流れでアニメ感想なんですが(笑)、
ここしばらく録画したアニメはほとんど見れてなくて(実写ドラマ局中法度も)、
ダンナさんのシュミにつきあってジョジョとかキングダム2とか見てます…(笑)
ジョジョは原作のトリッキーな部分を本当に巧みに取り込んで
着色して動画にしているなあ、という率直な印象です(笑)映像化うまい。
音声もがんばってて、花京院のレロレロレロはかなりウケましたwwうまいww
一瞬のスピード勝負のシーンでも延々と説明セリフが続いちゃうのは
往年のジャンプマンガの典型だよねwww
OPが曲と映像ドンピシャで見る度ため息がでます……ふつくしい。

キングダムは2になってからキャラ推しでいくようになりましたね。
原作でもそういう展開なのかな?アニメでの改変なのかどうなのか、気になります。

録画溜めほうだいのH×Hが気になってるのでまた時間をみて視聴しときます~。
やっとゴルトー王国に潜入したところだなんてそんな。(半年溜めてる…)

そんなところで…。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-06-14 11:32 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

クロカン23


簡易版。公式ドラマストーリー後編買ったよ!うはうは。

官兵衛親子、感動の対面!良かったですね~( ´∀`)
官兵衛のリハビリの最中に てる さんと松寿丸とが同時に再会して
抱き合うシーン、ロケということもあって臨場感あってホロリとしました。
それにしても信長と対面した時の官兵衛さんボロボロでしたね…(苦笑)
松寿丸との感動の対面と信長さまにみせられてまるく収まった。
信長、「許す。」「許せ。」ってそれだけだけど
信長さまなりに反省してるなーってのが分かりました(笑)
しかし荒木一族皆殺しとかすごいですね…。400人押し込め放火とかひどい。
この恐怖政治はたしかに離反する人もでるだろうなと思いました。(光秀とか…)

官兵衛のあの台詞よかったですね、心を土牢に置いてきたっていう。
ここからブラック官兵衛が生まれるのかしら( ・∀・)
てる さんにも気休めを言うな、って拒否するあたり、これまでの官兵衛さんじゃないなっ
てのが感じられたし。どんなふうに変わっていくんだろうか。わくわく。

もとたか父ちゃん毎回泣いてますね…(苦笑)
黒田家家臣の結束もこれからどんどん見せ場がでてくるかな。
楽しみ!( ・∀・)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-06-13 17:19 | クロカン! | Trackback | Comments(0)

クロカン22

簡易版!

いやー今回は面白かった!すごく良かったです!(^0^)

良かったとこは半兵衛と秀吉の会話。
軍師として復帰したところですぐ宇喜多調略を進言。
使者は蜂須賀どのがいいでしょう、とぽんぽんと段取りが進む流れ。
ここの会話はテンポが良くて、1シーンに台詞量をコンパクトに詰めてた感じだったのが
却って頭にすらすら入ってきました。カット割り、見せ方の勝利かも。

しかし半兵衛ご臨終しちゃいましたね…。残念。
松寿に官兵衛への遺品を託し、三成に今後を示唆し官兵衛に全てを預けて。
三木城のあたりにお墓があるんですね。行ってみたいな。
演じた谷原章介さん、とても「半兵衛!」って感じで(どんな感じだ)
すごく良かったです~( ´∀`)好演でした!

そうだ、九郎右衛門!今回は九郎右衛門ですよ!ww
まさに戦場のドサクサ紛れにカンヌキを開け、刀を受け取り、
閃くように刀を振り回して殿の御前に。
涙をこらえるように震える九郎右衛門の姿が、もーね!もーね!!ww
萌えたわ~萌えがあふれるわ~ww
演じる高橋一生さんがいいよね!上手すぎだよね!うひうひ。
ああ、あれも良かったですよね、間者ですって村重が検分しにいって
顔を上げさせたら別人で九郎右衛門はさりげなく画面を横切る、みたいなね。
視聴者まで困惑させる見せ方、これも良かったです~うむうむ。(エラソウですいません)

あっ、あと門番さんが倒れるシーンまで入ってたのもすごかったですね!丁寧。ありがたい。
門番さんの息子さんのエピソードも入れてくれてテンションあがったな~。
玉松くん、確かのちのち黒田二十四騎の1人になるんだよね。
松寿丸の代わりのつもりだったかもだけど、結果的に養子が増えてオーライオーライ。
個人的にはもっと門番さんと官兵衛との交流があってもよかったかなー。あれくらいが丁度いいのかな。

官兵衛さんやっと出てこれて、でも1年経つの早かったわー(苦笑)
もう1回引っ張ってもよかったかもな。
出てきた時、眩しいって言うかと思った(笑)
あと、村重の脱出の理由が、毛利に直談判ってなってたのは成る程ーと思いました。
ちょっと狂気ぎみになってる雰囲気も漂わせて。納得の描き方。
(あの鉄砲自殺した人すごいなあ…史実らしいけど斬新だ)

とにかく今回は見応えあって、製作側の気合いが伝わってきました!
演出というか、見せ方描き方が工夫されてた印象です。
映像作品はやはり演出だよなーと持論をしみじみ。

もう1回録画か再放送見よーっとw
毎話、週に2回すすんで見ている大河って我ながらよほどハマってる流れです(笑)
おととしの平清盛以来~。うふふ。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-06-01 22:27 | クロカン! | Trackback | Comments(0)