<   2014年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ぼんやり感想


最近はそれほど頑張ってアニメを見てません。伊山どす。
もうね、自分の録画機器ほとんど仕事してない(苦笑)
毎週予約設定してるの、H×HとTV局中法度(ディレイ放送)くらいだもんで……。

たまーに、ダンナ氏の趣味で現在放送中の作品とかをぼーっと見てますが、
アレ!びっくりした「残響のテロル」!
渡辺信一郎監督、菅野よう子女史音楽の「ビバップ」コンビ作品だったんですね!ひょー。
「太陽のアポロン」の時も、うへへと思いながら見てましたがあれは原作付きだったので
雰囲気がまた違っていましたけど、
「テロル」はオリジナルのようで、渡辺信一郎監督の作風が出てる感じが
ちらちらと感じられて嬉しいです~w
いやー、ノーチェックだったわ。ぬかった。

キャラデが中澤一登氏で、これは「チャンプルー」流れですね。むふふ。
「テロル」ではチャンプルーよりリアル系統の絵柄で
個人的に好きな絵柄です。適度にアニメナイズされてて入り込みやすい。
OPもかっちょいいしさ……たまらんね。うひひ。
あの、単なる妄想ですけど「テロル」の窓際族刑事さんのキャラデザインが
「ビバップ天国の扉」のヴィンセントに似てるので
ヴィンセント転生説唱えたくなったりして(爆笑)前世かのぅ…(ないない)

「テロル」は1話の都庁爆破のシーンがリアリティあって良かったです~
人が縦横に動き回る感じとかCGの質の高さもあって見応えあります。
これ、近未来設定かと思ったらかなり現代社会の舞台設定ぽいです。
子どもだけを集めた施設が絡んできそう、だったり
女の子の今後の状況が気になったり、と
いろいろ想像をそそられる世界観になってます。
続きが楽しみです~!続き!つづきはよ!

あとはキングダム2とかジョジョ3部アニメとか、
あとたまーに京アニの「境界の彼方」とかをのーんびり見てます…
京アニは動き(動画)のレベルがほんと半端ない。
小さな画面でもめいっぱい細かく動いていて、唸らされます。
(そしてあざといくらいキャラがかわいい(笑)メガネ好キー先輩ばんじゃーい)
他に自主的に自分の趣味で見たいのは溜め放題なのでもう、ぼんやり気味で(苦笑)
まあ、ダンナ氏の趣味が自分と極端にズレてないのが幸いです(笑)

そんなこんなで。

……そういやふと気づいたけど、最近作品を見てても
キャラの名前が全然アタマに入ってこないや……。脳みそ使ってないぞおいら。うぬぬ。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-07-31 16:40 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

クロカン30


簡易版!

中国大返し、なかなか見応えありましたね~!
給水所(違)の描写とか松明ロードとか、細かかったですね。
ひしゃくで水をかけたり、ワラジを履き替えたり、馬に水あげたり乗り換えたり。
(道の真ん中で馬上立ち話とは迷惑な…(笑))
味噌は舐めろ、という指示が的確だなあと感心しました。塩分補給ですね。
あの走る雑兵たち、エキストラ100人以上いたそうで…1人1人衣装とか履き物とか旗差し物とか
小道具大変だったろうな~、ってそっちの側から中国大返しの苦労を思ったりもw
正直ワタクシ、3、4年前までは中国大返しそのものを知らなかった(!)ので
こうやって知識を得たうえで映像化を見られることに幸せを感じたりなかったり。(どっちや)

この作品の秀吉はパフォーマンス上手というか、
ほんに人たらしですね。マゲ切ったり信孝ヨイショしたり。
(あの信孝役の人、三田村邦彦氏のご子息だそうで!かっこ良かった~)
一方で、兵の士気を保つには、人心をくすぐるには、とあれこれアイディアをだしてくる。
官兵衛さんとツーカーの知恵者に描かれてますね。おもしろい。
(このツーカーぶりがどのようにヒビ入ってくるのか…ニヤニヤ)

そういえば岡田官兵衛さんが赤ん坊を抱っこして「必ず戻る」とかのたまうと
途端に"永遠のゼロ"になっちゃいますね(爆笑)狙ってはないだろうけどw

山崎の戦い、ほとんどナレーションでしたね(苦笑)
前回から打倒明智を掲げてぐぅぅ~っと盛り上げてたのだから
合戦シーンがあった方がカタルシスを感じて良かったんじゃないかなとは思いますけど。
どうやらこの作品、官兵衛さんが戦場に立ってない合戦は描かない、って
モットーがあるのかもしれません(苦笑)

光秀の「こんなはずでは…!」って悲痛な声が真に迫っていた。
そうだよなぁ、光秀側からしたら、秀吉軍はテレポートしてきたかのような感覚だろうなあ(苦笑)
あっさりやられる感じ、歴史のただ中にいたら案外あんなものだったかもしれませんね。

足利将軍の、「いや、まて、違う。ちがーう」が良かったww
細かいカット割りも時々出るけど、特徴にしたいのかな?

さて、どうやら次回は清洲会議と賤ヶ岳を一気にやってしまうような感じ。
30話を越えて再びテンポアップでしょうか。
九州統一、秀吉の闇堕ち、これからも見所たくさん!(^0^)
わーい、楽しみ楽しみ♪♪
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-07-28 20:52 | クロカン! | Trackback | Comments(0)

クロカン29

簡易版。

真夜中に呼び出した恵瓊と腹黒相談をする官兵衛さん。良かったですね~。
前回と演出(というか映像の切り取りかた)が違いましたね。
同じ映像素材をどう切り貼りして使うか演出の違い。興味深い。
興が乗って体を前にずりっずりっと乗り出して話す2人が面白かったですw

長政と又兵衛の再会。この2人いつから仲が悪くなるのかなぁwkwk(ネタバレ(笑))
15、6才離れた熊之助くんと会えた長政も良かったですね。

中国大返しの段取りにむけてぽんぽんと指示が飛び交うシーンはワクワクしましたね。
ただ、官兵衛さんはすごーく気が急いてる感じにも見えて、
清水宗治の水上切腹場面なんか官兵衛さん、「はよ終われ~」ってふうに見てたんじゃないかとか(笑)
視聴者にも焦りを感じさせる流れ?wまあ、官兵衛さん一生一代の賭けだし。
あの、毛利側には無益な死者を出さないため、と理由づけて和睦をせまる言い分が良かったですね~。
後で責められた時はしれっと、利益にならないから言ってないだけだもーん、とか(笑)
そういう、ウラオモテを使い分ける姿、ニヤリって思います(笑)

光秀は朝廷の後ろ楯を得て、自らの失墜は考えてない様子。
信長を想起させるものは排除。城も。
この人の「元のあるべき姿に戻す」というのはそういう事かと納得の描写でした。

のちにビッグになる秀吉に恩を売って保身を図れ、と毛利側に突きつけた説得、
毛利にはてきめんに効いたでしょうね。国を拡げる意思をもつなという先代の遺訓がある。
そこも踏まえたうえでの交渉だったとしたら官兵衛さんやるなって感じですw
面白かった!

中国大返しの流れ、1日ずつ丁寧に描いていってるのが楽しいです!(^0^)
水上切腹で舞う清水の姿をちゃんと見せてたのも好感度UP!これが見たかった!
ああ、毎回続きが気になります♪
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-07-26 14:40 | クロカン! | Trackback | Comments(0)

梅雨明け目前


7月のエントリはまだ数件しかないですねすいません伊山どす。
もう終わっちゃいましたが7月の博多は山笠の季節です。
この時期がくるたび、以前突発的に山笠見物に突撃したあの日を思い出しますw
夜10時に天神出てネカフェで仮眠とって午前3時に博多へ繰り出したんだよ……
もう5年前になるのか。懐かしいな。

梅雨明けはそろそろのようですが、もうすっかり夏の日差し。
おいら、その日差しにやられました(苦笑)
子どもを抱っこしまくって腕が腱鞘炎ぎみだったので
就寝時に両手首にシップを貼っていたのですね。
ところが、どうやら強力な薬品が塗られていたようで、
はがしたあとに直射日光を浴びた途端、両手首に異様なほど発疹ができまして……。
一部、水ぶくれにもなっている感じ。真っ赤なぶつぶつ。
発症してすぐに皮膚科に行ったところ、どうやらシップが原因らしいと。
はがしても1ヶ月くらいは紫外線に当てないようにしないとかぶれてしまうそうです(汗)
やっちまった……すげーかゆいし、熱もってる(苦笑)
めっちゃ掻きむしりたいけど「掻いちゃダメ!」と強くお達しくらったので
じりじりガマンしながら過ごしてます(^-^;)トホホ……。
今まで皮膚かぶれとかほとんど無縁の生活をしてたのでなんだか信じられない気持ち(苦笑)
ああ…早く治ってくれ~(^-^;)

そういやTV見てたら日本舞踊のお家元の後継者騒動がおきてるようですね。
血縁者でつないでいた家元が途切れたので遠い血縁者を後継と決めてたはずが、
後見人が突如「血縁で後継を決めるのはナンセンス」とか言い出して
そんなら貴方が家元にドウゾ、と落ち着いたかと思われた時、
その新家元が「次の後継者は私の孫だ~」って言い出して
ヲイヲイちょっと待てえ~ってなってるの(笑)
なんだか色々と、歴史上どっかで聞いたことのある話になってますよねw耳タコ案件w
歴史は繰り返す……っつーか、人間って何年たっても変わらないんだな、
って呆れちゃいました(笑)
司法裁判にまで持ち込まれてるそうなので事の成り行きを見守りたいと思います…w

そんなところで暑くなってきましたが皆さん元気にお過ごしくださいませ。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-07-18 14:52 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(2)

あまりアニメ見てないけど


どもです伊山どす。
最近見てるアニメといえば食事時にだらだらと流すジョジョとかだったりするので(笑)
あまり熱心に見られてないのがちょっと悔しかったり悲しかったり。

いや、でもジョジョ3部アニメめっちゃおもろいですよ!w
毎回OPの素晴らしさにため息がでるw
音と映像のドンピシャ具合がとっても心地よいでっす^^
あと内容も作画は一定レベルキープしてるし動きもしっかりしてるし
見ててツッコミつつも惹かれますw
一瞬の間にいくつもセリフが入るのは往年のジャンプマンガらしくていいですねww

他は…たまに時間空いた時に録りためてたH×Hチェックしてる程度かなあ(^-^;)
作画が落ちなくていいですね。お金あるんだろうな(禁句)。
しかしまだ半年分溜めてるのだった……。

ええと、少し前ですが嬉しいニュースが飛び込んできました!
「暁のヨナ」アニメ化決定!!(*・∀・*)

個人的に最近のイチオシ作品で、真剣にアニメ化希望してたので
かなり嬉しいですwwひゃっほーw
公式サイトもばっちりできてます!うほうほw
スタッフさんとかはけっこう人気作とかを手がけられていた方々のようなので
けっこう期待していいんじゃないかな、と。製作スタジオぴえろだしね!
(最近のぴえろ作品はチェックしてないが実績があるしなあ)
あっ、音楽担当が「十二国記」を担当された方なので、そこは有難い!
はっきり言って「ヨナ」は十二国記に惹かれた人をかなり取り込めると思うので(笑)、
そこはどんどん追随していって構わないと思っています!!wwどんまい!
現状、まだ放送媒体や時間、放映時期などは未定なので情報待ちですが、
web配信でもいい!絶対見たい~~!見るぜっww

また詳細決まったらエントリしますねっw
そんなところで~。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-07-18 14:13 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

クロカン28

簡易版!

本能寺でした!直前番組までやって、気合い入ってるぅ~(笑)

今作の本能寺、描写がなかなか良かったですね。
お濃さんをざすっと手にかけて振り返らず行く信長が彼らしくてよかった。
(いっそ貴方様に止めを、と望むお濃さんに同人ゴコロをくすぐられるw)
敦盛は舞わずに暗唱し、みずから首をかき切って倒れる信長。血しぶきあっぱれ。
蘭丸も最期の見せ場、力強くてよかったですね。声がいい。(元劇団四季だとか)
信長側の描き方が迫真だった分、光秀側は淡々としてたような印象でした。そんなもんかな。

あ、欲をいえば弥助を出してほしかった~…せっかく登場させたのにね。

一方その頃の官兵衛さん。
お米を配らせてたところにたまたま小寺の殿様を発見。最期を看取る。
これで官兵衛さんのなかでひと区切りついたかしら。いつき、大きくなったなあ。
(あ、田畑を水没させたことを気にかけていた秀吉がブレてなくて安心した~)

信長死去の報を扱うやり取り、緊迫感あってよかったですね~!
しかし割りとあっさり恵瓊にバラしてたけどよかったのか…(苦笑)
(たちまち4人にバレました(笑))
使者を労ったあとでにわかにゾワゾワと動揺する姿が良かった!平静を装ってたのかwいいね。
そして秀吉に囁く官兵衛さん…嬉々とした、爛々とした目でしたね。そうきたか。
半兵衛の遺志をもちだすのはどうかなぁとも思ったけど、
そもそも秀吉と半兵衛が繋がったのは天下泰平の共通意識でしたもんね。なるほど。
ご運がひらけましたな…!秀吉にとってアクマの囁きでもあったのか。

見ながらふと、本能寺と官兵衛側の描写の順番を入れ替えてたらどうかな、
と思ったのですが、時間の流れでみせることで当時の目線で見られる効果もあるかな、と。
事象を淡々と積み重ねていく脚本が今作の特徴かと思います。

さあこのあとどうなるかは知ってるけどどう描いていくのかな!(^0^)
楽しみに待ってま~す!
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-07-13 22:56 | クロカン! | Trackback | Comments(0)

クロカン27

簡易版!

きました本能寺前夜。
光秀の謀反の理由付けがどのドラマも話題になりますが、
今作はあらゆる説を採り入れて、それらが徐々に積み重なってきたもの、と
描かれていたように思いました。
事実の流れを丁寧に追うだけで歴史は面白い、と再確認させてもらった気分。
信長からのプレッシャー、周囲が堕ちていく恐怖、焼き討ちの戦慄、
朝廷からの突き上げ、饗応役の不備(信長のいびり?)、突如の領土替え、
そしてまさかの天皇不敬発言。
(最初音声消してあとで発言が分かる、てのはちょっと視聴者を焦らしててくうぅ、て思いました(笑))
光秀はその前にも村重の件で信長への不信感が滲み出てたのが見えていたので
これらの積み重ねは充分に、ボディーブローのように光秀を追い込んでいったんだろうなぁ、
と思えて納得の流れでした。良かった。
でもあれ、「敵は本能寺にあり!本能寺にあり!」て大事なことなので2回言いました的なwくひひ。
(この役のために小朝師匠は8kg減量されたそうで、すごいなぁ。作り込み素晴らしいです)

ところで水攻めの官兵衛さん。
お金遣わせてたのは官兵衛さんの指示だったのは納得w序盤の伏線が活きましたね。
あの堤はほんとうに12日かけてロケ地に作ったそうです!ほほう!
(ロケ地佐野市って書いてあったからその辺かしら)
遠景はCGだろうけど恐らくその土地の人にとってはリアリティある画面になってたのでは(^-^)

あの、官兵衛が清水宗治を助けるために恵瓊を使者にして翻意を促してもらうところ、
実は宗治を逃がす算段を官兵衛が出したのかな、って思ったんです。一瞬。
でも史実どおりで宗治の忠義心により降伏が決まった。
ここで創作エピソードを入れて官兵衛さんの活躍を増やしても良かったかもしれませんが
今回はそうしなかったんですね。興味深い。
歴史の積み重ねが面白い、てことはあるんですが
単なる歴史ドラマになってるんじゃないか、創作ドラマとしての面白さもあって欲しいかなぁ、とか
アンビバレンツなことも思ったり。
その辺の塩梅って考えどころですねぇ…。(いち視聴者の心配事じゃないだろうが(笑))

長政くん、大人のやり取りにオロオロしてましたね(笑)
水攻めに驚いてたり、かわいかったw
又兵衛の帰還に喜んでましたが、又兵衛きっとオトナになってるよ~(笑)
邂逅したらどうなるかな。くふふ。

今回もじっくり見応えありました~!(^-^)あとでもう1回見よう♪
次回本能寺の変、期待大!(^0^)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-07-07 11:53 | クロカン! | Trackback | Comments(0)

クロカン26

簡易版。

長政くんご出陣。本役の桃李くんになったけど、まだ14、5才の設定なのねw
ナリがでかいからイノシシ武者に見えてしまうのかなぁ、とか。
まだ若いんだから戦で勇んでも仕方ないよね、とか。
お付きに太兵衛がついたけど疎んじるあたり、昔の大河ドラマっぽいなとか(笑)
でも官兵衛さんが若い頃出来なかった首をあげられて良かったねw父を超える息子。

水攻めが着々とカタチになっていくの面白かったですね。ジオラマまで作成してw
蜂須賀小六がしっかり軍師らしいことをしてるドラマは初めて見るので
ちょっとオドロキです。農兵あがりの腕力武人、というイメージしかなかった(苦笑)
ピエール瀧さんも驚いてたりして。

光秀が徐々に追い詰められてきましたね。
帝の教師であったお坊さんまで焼き討ちにして。
なにゆえ…ここまで…!という声、光秀の心理の一端がこぼれたような。
本能寺もうすぐですね!わくわく。

官兵衛さんが、長政ほど血気にはやってなかった、とほざいたので
思わず善助がええぇって言ったのがウケましたww
あと、でしゃばろうとした長政くんを、さがれ、て風に目で制した官兵衛さんも良かったです( ´∀`)

ちょうど新展開の第二部が25、6話あたりで中間の山場となるのは
もう大河のスタンダードになってるのかな。
全50話を配分したらそのくらいになるものかな。組!も清盛も、25、6話辺りで盛り上がったので。

そんなところで!
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-07-05 16:28 | クロカン! | Trackback | Comments(0)