<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

クロカン34


簡易版。

ついにきました九州上陸!といっても、実際に官兵衛さんが上陸したのは
ラスト5分くらいなところで、それまでのアレコレが主な内容でしたが(笑)
上条恒彦さんお年を召したなあ……。大友宗麟役。「紅の豚」がもう20年ほど前だしなあ。
でも風貌はイメージに近くていいなと思いました。熱心なキリシタンぽい描写もあり。
(胸にクルスを下げてるだけですんごく官兵衛さんを信頼してるような感じ)

四国出陣を控えていた蜂須賀小六がお亡くなりに。
急に中国大返し良かったなあとか言い出すからなんぞと思ったら
毛利とのトラブルがあったからそのきっかけの回想だったのかな。
さておき、小六が亡くなったシーン、秀吉の竹中直人さんがすごかった(笑)から、
ピエール瀧さん大変だったろうなあと思いました(苦笑)
竹中さん、リハは全然違うとかいう話だから本番での瀧さんのご苦労がしのばれました^^;
(この臨終シーンでカメラが手ブレのように細かく震えてたんですが
衝撃の大きさを演出していた?それにしてはそこまで盛り上がるシーンでも……うーむ)

吉川元春がスネて、秀吉の命令に従わん~大友と共闘するなんてイヤ~ってんで
頑固にしてたのが、元春のキャラが出てていいなあと思いました(笑)
演じる吉見一豊さん、コレで始めてお名前知りましたが
この方でないとこの元春にならないよなあってカンジで当たり役だったと思います^^
官兵衛さんがツバを飛ばす勢いで説得にあたったわけだけども、
元春でなくてもヒデェと思いました、病身をおしてまで命を使え=ここで死ね、って
ことだもんね(苦笑)そりゃツラの皮が厚いとか言っちゃうよw
もともと元春がスネたのも、清水宗治が犠牲になったり官兵衛が本能寺についてたばかったり
してたからなんだけど、官兵衛はそこをズバズバ突いてくるから
却って元春激昂するんでないかとハラハラしました(笑)そこが官兵衛さん……。
まあ、なんにせよ毛利軍と合流できて良かったね、てことで。

視聴後にwikipediaで調べたら、官兵衛上陸の時点で
立花宗茂の活躍や岩屋城の戦いはもう終わってるぽいです……(´・ω・`)ショボン
宗茂楽しみにしてたのになあ。ちぇ。
まあこの物語は官兵衛さん中心なので。
あ、あと薩摩軍が方言でなかったことがビミョーに気になりました(苦笑)
定番だからさ。薩摩ことば。

そんなところで!
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-08-26 15:56 | クロカン! | Trackback | Comments(0)

クロカン33

簡易版。「傷ついた魂」。

33話か……。組!だと山南さんが……(まてまて)。
さておき、今回は心の内面に焦点をあてた内容だった感じです。
高山右近くんの勧誘コーナー(笑)

あの、道薫の公開懺悔話、イタイタしかったですね……(汗)
あの場に官兵衛を呼ぶのはまだしも、右近くんまでいたのにはもう(苦笑)
てか、右近は自分に話を振られても道薫が自暴自棄になっても
黙して目を閉じてたりするあたり、こいつハラ黒だなと思わせられました(爆)
ハラ黒つーか、豪胆なのかもしれんが……あのくらい開き直って毅然としてたいよねw
この作品の右近、けっこう好きです。

道薫が気持ちを改めてやっぱ生き抜いてみせるぜ官兵衛!とタンカをきったにも関わらず、
翌年に死去とかナレーション死してたのにはガックリきました…(;´∀`)
史実とはいえ。長生きしてほしかったよ。ちぇ。
田中哲司さんの評価いっきにあがったよね村重。うむ。

この作品では茶々が割りと頑固でなかなか秀吉になびかないキャラ付けですが
これアレですか、秀頼は秀吉の子じゃない説をとるのかしらwkwk。
あと、秀吉がここ2,3回でがらりとキャラが変わったみたくなってて、
わしは関白じゃー何でも手に入るんじゃー派手なものが好きじゃーとか言い出してきて、
人寄せする気回し上手な秀吉じゃなくなったカンジで
ちょっと…寂しいです。急に変わりすぎた気がして、
何ならそういう風に変わるきっかけのエピソードとか欲しかった。
気のいいおっさんが徐々に金に目がくらんでとかはよくあるので、その路線でもいいのにな。
(その点、平清盛は丁寧すぎるほど変化を描いてたよなあと今更)

官兵衛は実直に変わらず、天下太平のため働いておりますとかすらっといえるけど、
秀吉は(自分が欲にまみれてきたから)相手に欲があるんで働いているんだとか考えちゃう。
この辺りのすれ違いはよく聞く話ですよね……。
三成ももしかして陰で讒言とかしてるんじゃないかとか思わせるような
立ち位置に描いてるのも興味深い。清正らとの確執の伏線もありつつ。

清正で思い出したけど、高虎、演じる石黒くんは演技が細かくていいですね。
お辞儀のタイミングとか秀逸だった。
秀逸さでいえば今回出てきた道薫の息子役の子、
所作がぴしっとしてて動作も丁寧ですごく良かったです。ええ器じゃ。

てる さんとこにあった藤の柄のうすいカーテンみたいな幕、あれ良かったな~、
とか別のところに目を向けつつ(笑)
次回からはいよいよ九州!地元民は盛り上がっちょりますぞ!ww
そんなところで!
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-08-23 14:08 | クロカン! | Trackback | Comments(0)

夏、ですか


8月に入ってもお日様が出ていません、こんにちは伊山どす。
今年の九州は雨続きであまり「夏!」感がありません……
残暑見舞いを書こうにも文面をひねり出すのに苦労しました(苦笑)
(結局「雨つづきですね…」しか書けなかったが)
まあ、去年みたいな連日35度超え酷暑が続かなくてラッキー、
といえるので有難いところです(^^;

湿布かぶれからの皮膚炎、なかなか治らなくて
もうひと月くらい通院してます。
治りかけのところが痒くなってひっかいてしまったので悪化したり(爆)
薬を塗ると落ち着くのですが子どもが触ってくるので
触らせないように対応するのに苦慮したり。
あと、体力、回復力が落ちてきてる感じがあるのも困惑してます(苦笑)
年齢的なものでしょうかね……いやだわあ(^-^;)
ん~、まあのんびりやっていきますわ。
夏場の散歩どうしようかと思ってたけど、皮膚科に行くという目的ができたので
強制的に散歩ができるのが却って有難いという側面もあったり(笑)

今月は欲しいマンガがいっぺんに発売されるので嬉しい悲鳴です…
あっマンガといえば今月の「ダ・ヴィンチ」が少女マンガ特集で面白かった!
巻頭の「りぼん」特集なんて気持ちがいっぺんに80年代に戻る感じで
ウハウハしながら読んでましたww星の瞳のふろく、持ってたわあ~
ダ・ヴィンチって読者層20~40代の男女だと思ってたんですが
今回30~40代女性ピンポイントで狙ってましたよねwwドンピシャだったわいww
(その年代の女性が編集企画出す年代ってことなんだろうなあ)
他にも花ゆめ系とか当時人気の少女マンガ作品どばーっと網羅されてたんで
興味のある方は是非目を通してみられてくださいv面白かったよ!

そんな感じでまた。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-08-15 11:18 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

クロカン32

簡易版。

もとたかパパが逝去されました…( ´ω`)
とてもあったかいおじいさまで、演じる柴田恭兵氏すこく素敵でした~v

作中すこし時間が経って、秀吉や三成は人物に変化を出してきましたね。
特に秀吉はがちゃがちゃして騒がしかった所作や雰囲気を抑えて、
低い声で落ち着いて話す人柄に変えてきた。なるほど。
テンション高いがちゃがちゃした秀吉が良かったけど、まあこれはこれで。
茶々には静~かに手を伸ばしてる感じでしたね。
茶々、最近注目の二階堂ふみさんなので、どういう茶々になっていくのか楽しみです(^-^)
(清盛でたしか孫娘の役やってましたよね)

長政が、長政っぽい性格の一面が出てきておもしろかった(笑)
けっこう頭に血が上りやすかったとか。ふふふ。
農民に対して上から目線で話を聞いてやる的な態度だったからこりゃいかんなーと思ったら案の定(笑)
諭されたらすぐ理解できて謝ると言ったのはよかったけど、
欲をいえば謝るシーンまでフォローしてほしかったかな~。スッキリしたかった。

そういや山崎の元領主とのやりとりってのちの宇都宮氏との伏線かな。

前回の跳ねっ返り発言といい今回の節約家風といい、
繰り返しの台詞を出してきますね。
でも個人的には、見てる側があらっ前にあったのと同じ、って気づくのが効果的であって
作中でわざわざ、前にありましたね、と指摘してくるのは面白くないかな~、と思ってしまいます(^-^;)
まあ、分かりやすくしてるのはいいと思うんてすけどね。
人と人との中で繰り返し流れていくものかある、てことなんでしょうね。

秀吉はついに関白になるし、次は人物の内面にスポットをあてた話になるのかな。
「傷だらけの魂」タイトルが気になります。
毎回45分があっという間!( ´∀`)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-08-10 21:47 | クロカン! | Trackback | Comments(0)

クロカン31

簡易版。

いきなりスピードアップしてきましたね。
よもやアバンタイトルで清洲会議が終わろうとはw
(清洲会議詳しく知りたかったらミタニンの映画見てね~と言わんばかり(笑))
賤ヶ岳の戦さもかなりはしょってたみたい。官兵衛さんイケイケの手柄になってた。
(ほんとは1度押されて戦況が悪化したらすい)
だんだんと秀吉や官兵衛さんの着るものも派手になってきて
秀吉第2部、って趣になってきました。

千利休出てきましたね!伊武雅刀さん、やはりシブイ。
(風林火山見てたから、どーしても雪斎に見えてしまう…(笑))
そして村重こと道糞。なんかイメージとしてはもっとあっけらかんと、
「いや~死ねねーからクソにしちゃったよ!あははー」みたいな
あか抜けたキャラになってるんじゃないかと思ってたんだけど、
なんか悶々と人生に悩む、自虐的な意味でクソを名乗った人になってましたね(^-^;)
まああの村重ならアリか。キャラ造形に筋が通ってますよね。
おいしい役だと思うなぁ。

吹越さんのまろ将軍、ほんとハマってるなぁ…(笑)オイシイ。
あとあと、信孝役の人すごくいいです!声がすてきv 好みです(笑)

今回、演出さんがあまり見ないお名前だったのですが、
正月の宴会シーン良かったと思いました。
画面の中央で映るメインだけを切りとるレイアウトじゃなくて
背後に見切れず映ってる人たちも自然に画面に入れてて、
たくさんの人の目があることを実感させる画面づくりをされてたように思いました(^-^)
大河ドラマのガチな画面づくりでなくて、新鮮な印象で良かったですね~。
見ててあちこちに目線が動いて飽きなかったです。

今作の秀吉は割りと純粋に信長を慕ってるだけで、
あまり野心まるだしというキャラではないようですが
これから天下を手に入れることによってどう変わっていくかな。
官兵衛さんとの蜜月もじわじわと…ふふふ。楽しみ。

そんなとこで!
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-08-05 17:00 | クロカン! | Trackback | Comments(0)

ミニ官兵衛展


昨日の日曜は少し息抜きして、ふらふらと1人で過ごしてきました♪
子どももダンナに慣れて預けられるようになったので良かった…(笑)

甘いものを食べたりウィンドウショッピングとかを楽しんでたら
ショッピングセンターのイベント告知看板に
「軍師官兵衛展」の表示が!しかも最終日!うわお、これは行かねばww

ショッピングセンター内のイベントスペースを使って官兵衛展というか
福岡と官兵衛のゆかりについて、みたいな展示をしていたイベントでした。入場無料。
だけどきちんと大河ドラマとタイアップもやってて
実際に役者さんが着用した衣装と、撮影につかった地図や刀などの小道具も一部が
展示されてて、なかなかにオイシイ♪
役者さんたちの直筆サイン色紙とかもあって、ニヤニヤしながら眺めてきましたw
(竹中直人さんはわざとなのか照れ屋なのか、名前や文字がめっっちゃ小さかったww
 鶴太郎さんはさすが書き文字にデザイン性があって趣がある。
 ぢゅんいちさんは文字が下手だときいてたけどそれほどでもなくて、
 とーりくんのへたっぴさに苦笑しましたwwもっと太くどっしり書けやww)

メインスペースは県内歴史愛好家さんたちが自作した巨大ジオラマ!
小さな山城や福岡城、中津城を細かい木組みなどで復元・作製しておられました。
そばにその愛好家さんたちでしょうか、ジオラマの説明を丁寧にされているおじさん
とかがおられて、場内は歴史好きな方たちの憩いの場と化していました^^
お城の説明などざっとですが目を通したけども
以前に自分が実際行ったお城跡、いま大河ドラマを通して改めて概要を読むと
ああそういう意味合いの城だったのか、など再度勉強させてもらった気分でした。

あとは、黒田二十四騎の甲冑レプリカ!
なんと24体全て丁寧に再現された甲冑がずらりと展示されてました~
d0025055_1635444.jpg
d0025055_1642079.jpg

これね、黒田二十四騎保存会?みたいな有志の皆さんが
今でもイベントなどで着用されてるんですって!すごい~。
間近で見るとほつれとか色あせとかあって、使い込んだ風合いが出てました。
ここは撮影OKだったのでにやにやしながらパチリパチリ。
大河で気に入ってる善助や九郎右衛門のヨロイとかもしっかり見てきましたv

思いがけずしっかりした展示内容のイベントだったのでめっけものでした~うひひ。
今博物館でやってる本家?展示会もぜったい行きたいと思ってます!w

4,5時間ふらふらして帰宅~。ときどきはこうやって息抜きしちゃおっと(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-08-04 15:50 | 日記 | Trackback | Comments(0)