<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

話題あれこれ

どもです伊山です。おこんばんわ。
少し風邪をひきまして声がでません(苦笑)

ちょっと前の話題なんですが、
来年の大河「真田丸」の追加キャストが発表されましてですね。
「秀吉役に小日向文世さんほか 真田丸追加キャスト」

これねこれね、小日向さんの秀吉とかめっちゃ想像できる感じなんですよね~w
おちゃらけて笑いながらも怖いところがあってさくっと天下統一しちゃいそうな(笑)
お相手の北政所が鈴木京香さんってのもまた想像しやすいというか、
きっと明るく楽しく美しく、可愛いところのあるねねさんなんだろうな~ってすぐ目に浮かぶ感じ。
文枝師匠がコスプレしたらそのまま千利休になりそうな感じなのもいいよね(笑)
きっとミタニンこと三谷さんが今回もアテ書きされることだろうと思われますが、
こうやって配役からどんな雰囲気のドラマなんだろうとすぐ想像できそうなのが
いいですよね~。あと、三谷さんがどんな風に歴史上の人物を捉えているのかが
見えてくるようで楽しいですw

そんでねそんでね、個人的にいちばん注目なのが
石田三成=ヤマコーさん、大谷吉継=片岡愛之助さん、てのがすっごーくオイシイ!w
このお2人、組!のスピンオフドラマ「組!!最期の1日」で共演されてて、
歳さまと榎本武揚なんですよね。反発しながらも底辺で通じ合う2人、みたいな。
その2人がですよ?!今度は戦国時代で親友同士の役って!!
どうなん?どうなんこれ?!?!ww
ミタニンワールドではもしかして、戦国時代に親友だった2人が
幕末に生まれ変わってよしみを通じた、とかそういう、そういう生まれ変わり説が
まかり通っちゃったりしちゃったりなんかするの?!?!(興奮)

……ハァハァ、なんか突如あっちの世界にいっちゃってすいません(爆笑)
なんか、その、そういう、自分の妄想のツボを1発で押しぬかれたような配役で(笑)、
今から妄想しまくって止まらんですwwうはうはwww
いやーミタニンありがとう!ありがとうミタニン!w
真田丸めっちゃ期待してますよ~!(^0^)
(他のキャストさんも中川大志さんは3年前の平清盛で年少時の源頼朝されてた方でニヤニヤ)

あ、ついでの様で恐縮ですが、ついに福山雅治氏がご結婚なされましたね(笑)
自分としては、お相手が吹石一恵さんてのがめっちゃビックリしましたw
吹石さんは「新選組!」で初めて認識して、「平清盛」で清盛の母役で印象的な演技を
されていたのがとても記憶に残っております。とてもいい女優さんて印象。
なので、ビックリながらもよくぞ収まった!って感じで(笑)、
おめでとうございます~^^ お幸せに!

そんな感じで芸能の話題でしたw
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-09-29 23:13 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)

(;´∀`)


どもです伊山です。おこんばんわ。
そういや、と思って連続更新です。

あのね、スマホ繋がらなくなってショップに持ってった時なんですけど。
応対してくれた男性店員さんにスマホ渡して色々チェックしてもらって
どうやら故障ですね、サポートセンターに電話しましょうってなった直後、
店員さんニッコリ笑って
「あ、『戦国大戦』プレイされてるんですね~」

Σ(゚Д゚;)シシシシマッター!

いや、ワタシのスマホいくつかストラップつけてるんですけど、
その内のひとつにでかでかと「戦国大戦」ってロゴが入ってるのがあってですね……。
(戦国大戦稼働直後くらいにUFOキャッチャーで取ったやつ)
店員さん、目ざとく見つけたみたいで(笑)
あああうっかりしてた~そういうオタ系グッズ外すようにしてたのにぃ~~(恥)
さらに店員さん、追い打ちをかけるように
「僕もやってるんですよ~^^」

そ、そうきたかああww
ご同輩さんでしたか……(笑)
思わず「あああ~……(*ノωノ)」とガチで照れてしまいました(苦笑)

続けて店員さん「でも、このあたりプレイできるところ少なくてですね~」
ワタシ「そ、そうなんですよねこの辺だとA市まで行かないとできなくて!」
店員さん「あはは、僕、B市(※もっと遠い)まで行ってますよ~^^」
ワタシ「ほ、ほぉお……!」
などとしばし雑談(笑)意外な展開でした(笑)
ほんとはもっとガチオタトークしてもよかったんですけど(こらこら?)
もう2年くらい戦国大戦プレイしてないんで、
ボロが出ないようにそれ以上食いつくのはやめときました(爆笑)

いやー……予想してない反応がくるとニンゲン誰しも戸惑いますよね(苦笑)
まさかご同輩とは思わなくてかなりキョドってしまいました(^-^;)
まあでも親しみが増したのでそういう店員さんで良かったなと思いますw

肝心の新しいスマホは徐々に以前と同じような調教をほどこしてまして(笑)、
あとは着信音をいくつか変えるだけ……。
目覚ましアラームの音くらいはお気に入りの曲にしときたい。うむ。

そんなかんじでどうでもいいネタ話でした(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-09-26 23:27 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

連休のこもごも


おこんばんわどす伊山だす。いかがお過ごしですか。
9月の大型連休も終わっちゃいましたねえ。こちらは割とお天気も良く
過ごしやすかったです。ワタシ自身もパート3連休いただいたので
気持ちはゆったり過ごすことができました。

連休中に阿蘇へ行ったんですよ。ドライブに。
阿蘇山、少し前にぼふっと噴火して警戒レベルがあがったもので
ちょっと世間様の評判を集めてしまいましたが、
遊びに行く分には全く影響なかったです(^-^)
……ここで現地の写真のひとつでもうpしておけば説得力が増すんでしょうけど
うっかり、スマホで撮った写真消してしまいまして……(汗)
デジカメの方はうpするのめんどくさい(爆)ので、すいませんが阿蘇山の最新の写真は
各自お調べくださいということで……(爆汗)
いや、まあね、去年行った時より確かに噴煙は5倍くらいモクモク上がってましたが
風向きもよかったのか火山灰は降ってこなかったようだし
なにより主な観光地から山頂まではめっちゃ遠い!ってことで
TVとかで言われてるような心配はほとんどないです。自主的に情報収集推奨ですよ。

あ、そんで阿蘇ではドライブと、カドリードミニオンって去年も行った動物園ぽい施設へ
遊びに行ったんですが今回は子どもも少しは成長して動物というものが何たるか
分かったようでして、園内ぽてぽてと歩いてはアヒルやブタやニワトリなんかを指さして
楽しんでいるようでした(^-^)
また、施設内に芝居小屋?というか、イベントホールがあって
動物を使ったお芝居?出し物?みたいなのを無料で観覧できたので
子どもと一緒に見てみました。(志村どうぶつえんに取り上げられたチンパンジーが有名らしい)
ドリトル先生に着想を得たコント仕立てのお芝居で、
わんこの仮装とかオウムの曲芸飛びとかニホンザルの芸がたくさん見られて
なかなか楽しめるものでした^^ おさるさんすごいよ、5mくらいある竹竿で竹馬してた!
子どもも分からないながら注目して見てたようなのでまあ見せて損じゃなかったかなと。
(しかしその後、テンション上がって疲れたのか帰宅途中に子ども発熱……
寄り道して帰りたかったけどそれどころではなかったです(^-^;))
子どもなりに思い出になっていたらいいなと思います。

そう、そんでもう1つ連休中に困ったことが。
1年半以上使っているスマホの調子が悪くなりましてね…。
Wi-Fiのアンテナが立たなくなって大容量通信が出来なくなったんですよ~。
これが地味に困った。自宅内Wi-Fiだからこそ通信料気にせずアプリゲームとか
ちまちま楽しめたのに、データ通信となると容量の上限とか料金気にしないといけないんで
いやなんですよね……。無線ルータの親機がおかしいのかなと思ったけど
同じWi-Fiで繋いでるノートPCやダンナ氏のスマホは問題なく繋がってるし。
それに、スマホいじってたら熱もって勝手に再起動かかるのが頻繁になったので
これは問題だな、と思ってショップへ持っていきました。
そしたらWi-Fiの機能そのものが故障したらしいと。ほほー。スマホ壊れたん初めてだ(笑)
ちょうど、購入時に勧められて加入したオプションサービスが有効で、
保障条件に当てはまっていたので、同じ機種を交換することになりました(^-^)
即交換できてひと安心。有償ではありますが格安です。ありがたや。

……と思ったら、同じ機種とはいえ全くゼロの新しいスマホなわけですから
イチから調教しなおさないといけない(爆)
……せっかくちまちま進めていたねこあつめのデータが全部パァだ……(´;ω;`)
し、しかたない……Wi-Fiはつながるようになったんで……良しとしよう……(苦)くぅぅ。

子どもの熱も連休いっぱい続いてしまってちょっとバタバタしましたが
なんとか落ち着いてきました。ふぅぅ~。
さー9月もあと少しだ、乗り越えるぞー(笑)
10月は保育園の運動会があるんですよ、またひとつ「親イベント」が発生……
な、なんとかがんばります、おぅぅ。

そんなこんなで。失礼しました~。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-09-25 22:13 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

だだーとアニメ感想


おこんばんわです伊山だす。少し日が空いてしまいましたスイマセン(汗)
毎日なにかあって何かしらあったはずなんですが日々の暮らしの中に
埋没してしまいます(苦笑)要はネタが出てこない(爆)

そんなわけで(どんなわけ?)見たアニメの感想をば(笑)
このところ見てるのがアイマスシンデレラガールズと うたわれるもの。
アイマスは、OPでも伏線が張られていたメインキャラの卯月ちゃんが
ちょっとずつ壊れていく話。くるぞくるぞと言われていたので覚悟はできてましたが
リアルでもありそうな話ですごく身につまされました。

あの、卯月ちゃんてキラキラしたアイドルになりたくて養成所で下積みしてて
1度オーディションに落ちた後 敗者復活じゃないけど再度スカウトされて
ようやくアイドルになれた子なんですよね。
本人としては念願かなってとっても嬉しいはずなのに、
彼女には実は「その先」が見えてなかったことが今回わかりました。
アイドルになる、ことが彼女のゴールだったんですね。
プロジェクトのほかのメンバーみたく、アイドルになったその先 が
彼女には目指せなかった。そこまで考えられなかった。
ところが本人自身がそれに気づいていなくて(それか、無意識に無視してた)。
彼女の決め台詞である「がんばります!」が繰り返しくりかえし出てくるんですが、
もう視聴者には痛々しく聞こえてしまうんですよ。
それに、笑顔が武器だと言われていたけど、笑顔なんて誰でもできると気づいてしまった。
ほかの子には目に見える武器があるけど、自分には何もない。
そこに気づいた卯月ちゃんは「こわいよ」と言っていました。いつもの敬語ではなく。
そこに至るまでに状況を積み重ねていってて、同じセリフが違う意味と裏の理由があると
読めてくるようにエピソードを続けていたのがここで結実したのが分かって
すごくよかったです。正直リアルでもそういう場面に遭遇したことあるので泣けました。

自分には何もない、と言ってた卯月ちゃんを見てたら
「フルーツバスケット」のあるエピソードが連想されました。
人は背中に具を詰め込んだオニギリなのかも、って話。
背中に具があるから自分ではどんな具(魅力)があるのかわからない。
目に見えるのは自分を形作っているご飯だけ。みんなと同じご飯だけ。
自分には何もない、ように見えてほかの人の背中に見えている具が羨ましい。
自分にも背中に具があるのに。きっとほかの人からも自分の背中の具を羨ましく
思われてるかもしれないのに。そんな話でした。
卯月ちゃんの具、は「笑顔」で、とても素直で周りを幸せな気分にさせる武器なんですよね。
ただ、それは卯月ちゃんにとっては「当たり前」の笑顔だったから
自分にはなにも無いと思ってしまった。そういう気持ちの流れが今回の話で集約されてました。

今回の話に至るまで卯月ちゃんの行動や気持ちがさりげないながら丁寧にしっかりと
積み重ねられていて、とっても長い伏線だったんだけどその分終結させた今回は
すっごくカタルシスでした。卯月ちゃんの正体があばかれた、みたいな。
加えて声優さんの演技が本当にリアルで良かったんです^^
実際にそんな場面に遭遇したかのような、1人の人間のココロの叫び、みたいなのが
画面から切実に伝わってきて、感動しました。
あと、ユニットメンバーの渋谷凜ちゃんの声の演技もよかったです~。
心底卯月ちゃんのこと心配してて、だからこそ出る叫び、みたいな
心痛な言葉がセリフを超えて卯月ちゃんに直接突き刺さってくる、そんな感じでした。
ヘッドフォンで聞いてたんですが、本当にゾクゾクしましたもんね。声優さんすごい。
ほんとに今回のアイマスよかったです。内容がよかった。うむ。

ああ、語りすぎてうたわれの話が(苦笑)
こっちは終盤に超展開があると事前に聞いてはいたんですが
本当に突然、いきなり超文明のガチロボットが出てきて
うそーん世界観崩壊!?って思ってたんですが、それさえも製作者の思惑のうちで、
そのロボが出てくる違和感込みでストーリーの根幹に関わる謎だったと判明しまして。
ははーそういう作り方もあるんだなあと却って感心しながら見ています(笑)
あの、ロボット、作中では明確に説明されていないんですが
たぶんエヴァっぽい人造人間ですよね。あれ。アブカムゥって。
人造人間に鎧甲冑つけて背中から体内に溶け込むように乗り込んで
体内でなんかやって動かしてる(笑) 甲冑とれて足みたいなシルエット出てきてビックリしました。
そこらへん詳しく知りたかったら原作のゲームやるしかないんだろうな~。
幸い?以前に譲ってもらったPSP版があるから(何故あるんだ(笑)←いつかやろうと思っていたw)
今見てるアニメが終わったらちょーっとずつ進めていければいいなと思っています(笑)
元えろげではあるけど戦略シュミレーションなんだよなあれ……(苦笑)

というわけでスイマセン久々に長くなりました(苦笑)
また気が向いたらまた別の作品語ります~(笑)もういいって?スイマセン(爆)

そんなこんなで(笑)失礼しました……。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-09-19 22:29 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

まにあっく視聴


どもです伊山どす。いかがお過ごしですか。

こないだふと思い立ってガンダムWのDVDを1本レンタルしてみたとです。
34話が見てみたくて。
それというのも、少し前にアニメ監督の高松信司氏が自身のツイッターで
20年くらい前の「センシティブ」な話、ということで裏話をつぶやいておられたんですが
どうもそれがGWの監督交代劇の内容でして(※直接の作品名は伏せておられました)、
かいつまんで言うと放送ができなくなる寸前の状態で監督代行を言い渡されて
各部署の担当者がとてもよくやってくれたけどもかなり際どい状況で、
特にギリギリのスケジュールで請け負った34話は
自分と某W氏とで絵コンテを半分ずつ好きに書いた、と。
高松氏、この時べつの勇者シリーズの某番組も監督としてお仕事されてたそうなので
とても大変な事態だったのだなあと推察できるものだったのですが……。

この半分ずつコンテを書いた某W氏というのがですね
ワタシ個人がとても気に入っている渡辺信一郎氏という方でしてねw
(Wiki検索したらすぐ出てくるよ(笑))
渡辺監督の作品をけっこう見ている自覚のある自分としては
この「好きに」書いたという34話を見てみたら
渡辺氏がコンテ書いた場面がどのあたりなのかもしかして判るんじゃないか?と
勝手に思いましてね(笑)
思い立って見てみたわけですGW34話「その名はエピオン」。
渡辺監督が絵コンテ書いた場面が判るかどうか確認してみたいとか(笑)我ながらアホかと(笑)

結論から言うと 判りませんでした(笑) ハイ(笑)
確証は持てませんでしたが「渡辺氏が絵コンテを書いた」という前提で画面を見ていると
「んー、この辺は”っぽい”なあ」と感じられる部分はいくつかあったものの
自分の中でこれだあ!と確実な感覚を得ることはできませんでしたスイマセン(苦笑)
いや、でもなんとなーくですが前半Aパートの後ろ半分(ヒイロが建物に潜入するシーン)と
後半Bパートの宇宙戦闘のシーンは「渡辺監督かな?」と思えました。確率50%くらい(苦笑)
2人で1本の話のコンテをきるといっても
前半後半でぱっきり分かれるものじゃないんでしょうかね。どうなんでしょう。
とりあえず宇宙のシーンではメカの動きがすごく楽しそうで
カット割りにも工夫があったような印象は受けたんですけども。どうでしょう。

それにしても我ながら無謀な試みをしたな……(苦笑)
「作家性」というのを感じながら作品を見る機会が増えたので
渡辺監督ファンの自分としては20年前のほぼ無名だった時代に手掛けた作品でも
隠し切れない「作家性」が垣間見られるかなと淡い期待を持って視聴してみたんですが。
いやはや。
映像から絵コンテ作者を推察する、なんてかなりレベルの高い視聴方法だということが
身を持って分かりました(^-^;)
アニメのワンシーンつくるのにどれだけのスタッフの労力が積み重なっていることか……。
ちなみにあと半分の高松氏のコンテ部分は多分、後半のうしろのほうで
ガンダムエピオンが正面から決めポーズつけたあたりがそうだろうと思った……。
なんかここだけ勇者シリーズぽかったから(爆笑)
いや、てきとーな推察ですよ?信じないでね(笑)

アニメ視聴、他には録画消化をちまちまと……。
アルスラーンはやっと視聴が追いついて最新話まで見ましたが
新キャラの3人の中で禿頭のトゥースというキャラがまともそうだなと思っています(笑)
見かけによらず?冷静で他2人を抑えようとしてるの。抑えきれてないけど(笑)
ギーヴが抜けたのが残念……このあと2期があるなら再登場するだろうけども。
2期……あるかな~。次作のオルフェンズが終了したら2期してほしいかも。

そう、アルスラーン戦記の後は「鉄血のオルフェンズ」!
ガンダムシリーズの新作です。
しかもキャラ原案が自分が昔同人誌で追いかけていた 伊藤悠さん!!(^0^)
何度も書いてるけどこの方ニンジャマスターズやソウルキャリバーの同人誌書いてらして
それがまーことごとく面白かったんですよ!レベル高かったです。
現在はプロになって「シュトヘル」などを描かれていますが
アマチュア時代の頃の活躍を存じている方がガンダムシリーズのキャラ原案をされるなんて
もーめっちゃくちゃ嬉しいですvvv無条件で応援していますvv
なので、この秋の新番組はこの「オルフェンズ」推しで!いきたいと思います(笑)

あと、「おそ松さん」も気になってる。声優がえらく豪華なので(笑)
幸い視聴環境にあるようなので見てみようっと。肌に合いますように。

他にアイマスシンデレラガールズやうたわれるもの、★矢の再放送とか見てますが
記事が長くなったのでこれまで!(笑)★矢は2週ほど前に黄金十二宮編に入りましたが
このへんからリアルタイム視聴をしてきたものの、やはり今の感覚で視聴すると
また全然ちがう感想を抱くなあと感心しつつ、見ております。癒し。

そんなかんじで!なんか語り足りないけど!(笑)ではでは!
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-09-07 23:13 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

天下分け目の


おこんばんわどす伊山だす。朝晩過ごしやすくなってきました。

今日はついに!やっと!念願の!
「大関ヶ原展」を見に行ってきましたよ~!やった~(笑)
企画が発表された直後からすっっごく行きたかったので
念願かなって本当嬉しいです(笑)めちゃめちゃ楽しみにしてました^^

しかし当日はかなりキツキツスケジュールで……
子どもを保育園に預けて朝8:30のバスに乗り、10:30に博多駅に着いたと思ったら
乗り換えて11時にようやく目的地へ到着。
2時間がっっつり鑑賞した直後即、駅へトンボ帰りして
(15分で昼食かっこんで)15時前のバスで地元へ帰って16:30に帰着、お迎えと
なんとも慌ただしい行程になってしまいました(苦笑)都会で遊びたかった……(泣)

まあまあ、さておき会場の福岡市博物館に到着。ここは正面からのロケーションが良いのですよ。
d0025055_2313680.jpg
(※正面画像は撮れませんでしたが(笑))

d0025055_23143576.jpg

福岡での開催ということで、黒田長政推し気味。


今回は屏風絵や鎧具足、武器など全体的にシンプルで質実剛健な印象の残る展示が
多かったです。調度品とかは少なかった。
個人的メインは書状!ワタクシ筆跡を見て性格を類推するのがダイスキ(笑)
今回気になったのが家康直筆の書状。
墨を丁寧につけて適度な濃さで、文字の形もさほど崩れていなくて読みやすかったです。
相手に読んでもらいやすいよう気を使った印象でした。さすが。
それから毛利輝元の書状もありましたが(複数の手紙をつなげていたので5mくらいあった(笑))
この人はあまり文字にこだわりがないというか、ちょっと角ばってて緊張しいかなという印象。
それから石田三成が真田昌幸に宛てて書いた勧誘の手紙(味方に引き入れようとする内容)では
繰り返し息子たちにもよろしくと記されてあって、文字の形も整っててまっすぐで
この人も墨をキレイにつけて読みやすくして書かれている印象を受けました。
なんというか気を回す人なのかなと(笑)
あっ、徳川秀忠!この人、字ぃ上手くないですwwなんか文字がかすれ気味で
サインペンみたくとめはねがカクカクしてるのw手習いちゃんとやれよって思ったww
今回は直筆の書状が多かったので、こうやって性格を類推しながら読むの楽しいです(笑)

他に注目したのは屏風絵と鎧具足。
鍋島勝茂(直茂の嫡男)が着用の鎧一式が、全体的に緑色で統一されてて
すごくお洒落でした~。イメージカラーという感じ。
それから立花宗茂の鎧、これは前回別の展示でも見たけど胴回りがしっかりしてて
体格が良かったという話。他に愛用の軍配とか馬具のあぶみとかあって
宗茂ファンのワタクシにやにやしておりました(笑)あぶみ……尻がのってたんだよいいねえ(こら)

他に榊原康政の鎧が地元の神社でご神体になっているとか(ご神体貸し出しちゃったの?!)
島左近の兜とか鳥居元忠の小手具足とか、よく今まで残ってるな~って感じの
当世具足が多く展示されてたのが良かったです。
あっ、七本槍の1人脇坂安治使用の槍があったの!
これがマジもんの七本槍……って思わず拝んでしまったww

場内の片隅にあったプロジェクションマッピングの映像がすごく良かったです!
地形を模したジオラマが壁に設置してあって、それに重ねて映像をうつしだしていて、
立体的に関ヶ原の布陣図が浮かび上がるようになってたのです。
それがアニメーションになって時間の経過とともに当日の戦況を動いて現していて、
これめっちゃ分かりやすかったです^^やはりビジュアルで見るのは強い。
追い詰められた島津が中央突破で離脱していったのがどれほど危険で奇跡的な動きであったかが
よくよく分かりました。山を背にして追い詰められたらそりゃ正面突破するわ……。

他にも小早川へ裏切りを促した密書とか(吉川広家経由で黒田長政が送ったものらしい。
3切れに分割して笠に織り込んで隠しながら持っていったとかいう逸話あり)、
船越なにがしという人が送った、退き口の見事さをほめたたえた島津義弘宛ての書状が
なんと国宝だったり(!)、家康愛用の文机があったりと
色々見どころ満載の展示内容でした(^0^)

関ヶ原で活躍した武将名将の名前はほとんど網羅したような内容で
(田中吉政まで!しかもわりとがっつり)ビジュアル面でも見やすく、
とても分かりやすかったのが良かったです。熱心にメモとってるおじいさんもいたりして
幅広い層に注目されていた模様。(同族と思われるオタ系女子もちらほら……)
ワタシも久々にがっつり知識欲を満たせて十分満足でした!
惜しむらくは有料のガイド音声に手を出せなかったことだ……。ナビゲーター杏ちゃん、
声の出演竹本英史さん中田譲治さんとか豪華ですばいw

今年は家康の没後400年ということもあって歴史系の展示ものが多く開催されているのが
本当にうれしいです^^ また来年以降も何かあるといいなあ。
そんなこんなですが。ソロ活動楽しかったです!(^0^)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-09-02 23:00 | 日記 | Trackback | Comments(2)