<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

れっつごーやまぐち


どもです伊山どす。いかがお過ごしですか。

さてさて、先週のことですがワタクシいきなりバス旅行にいってまいりましたw
いつぞやも参加した、スーパーでのキャンペーンで当たった日帰り旅行でございますw
(実はこっそり5回目の当選である(笑)ようやく都合ついて今回参加できた)

目的地は山口県は日本海側の観光地、響灘(ひびきなだ)に面する
離島の角島(つのしま)。そこに架かる風光明媚な橋、角島大橋であります。
(Googleマップはこちら。)
クルマのCMやポスターとかでよく撮影されてる場所なので
風景を見たら、ああ!って思えるところじゃないかしら(笑)
まあ、そこを目的地としまして当日朝10時に地元をしゅっぱーつ。

……しかしだね、今回目的が「風景を見ること」なのでそのせいか知らんけども
目的地に向かうまでの途中の寄り道が多いこと(笑)
むしろ、そこへ向かうまでがこのバス旅行の主目的とみたねw
だってまず出発してすぐ宝石屋さんに寄るでしょ(笑)前も行ったことある宝石屋さんでしたが
以前よりも内装や宝飾品がぱぅわーあっぷ(笑)しておりましてw
あれやこれやと袖を引く接客を受けてまいりました(笑)
それから博多の空港近くへ出て明太子屋さんでお食事。
豆腐メインのシンプルなお料理でしたがお腹いっぱい美味しくいただきました。
併設のお土産屋さんで多少物色したり(笑)

そして高速道路に乗って移動すること1時間、次は下関のカマボコ屋さん(笑)
こちらは滞在時間20分ほど(笑)ぱっと降りてさーっと見て買ってささっと乗る、みたいな(笑)
気ぜわしいなかお土産を購入。(もちろん買わなくてもいいですよ)
そこから今度は一般道を1時間半ほど移動したら
よーやく!よーやく目的地の角島大橋に到着です!この時点で午後4時半!www

d0025055_23464830.jpg
響灘のクリアーな海!
d0025055_2347076.jpg
橋のたもとから。このまっすぐ伸びる橋が見どころです

バスに乗ったまま、まず橋をずーっと通って反対側へ渡り、
そのまま島の観光かな?と思ったら、ガイドさんが
「はい、ではここでUターンして元の場所に戻ります~展望台があるので休憩でーす」だって(笑)
バスで橋を往復しただけでした(爆笑)
それでも風景はちょうど陽がさしてきたところで見応えばっちり!
キラキラした海に心地よく吹く風、どこからか聴こえる潮騒の音、
そして夕方とはいえまだ厳しい夏のジリジリ照り付ける日差し(汗)
う、うーん、これは暑いね(苦笑)ということで早々にバスの車内へ退散;
当然というか展望台付近のお店のアイスが飛ぶように売れていく(笑)
結局当地の滞在時間はおよそ20分少々でありました(爆)

たった20分ほどのために6時間くらいかけて来たのか……とも思わないではなかったですが(笑)
まあ走りゆく車窓から眺める景色もそれなりに楽しめましたよ。
特に面白いなと思ったのが、山口県内の道路に設置してあるガードレール、黄色でした。
少なくとも下関市周辺に設置されてるガードレールは殆どそうだった。おもしろい。
(たぶんテレビとかできっと必ず取り上げられてるとは思います(笑))

5時頃からまた1時間半ほどかけて下関市の関門海峡に到着。
最後の行程として関門トンネルの地下道を歩いて渡りましょうと言われバスを降ります。
地図で見ても分かりづらいかもしれませんが、(Googleマップ参照)
この関門海峡ほんと狭くて、海底にトンネルを掘ったら歩いて行けるくらいの短い距離なんですよ。
ガイドさんが760mとか言ってたかな。ほんと10分くらいで端から端まで到達できるの。
下関側の地下道エレベーターを降りて直でトンネルにつながってて、
そこからてくてく歩いてくと、ちょうど半分くらいの位置に目印がついてて
「↑福岡県 ↓山口県」ってなってる(笑)記念に写真撮る人多かった(笑)
で、歩いて県境越えて行き止まりのエレベーター上って、
チン!ってトビラ開いたらもうそこは九州なの(笑)北九州市門司区って場所に立ってました(笑)
地下道トンネル内は空調が無くて換気口から風が通るくらいだったけどまあまあ快適で、
天候に左右されないからジョギングしながら往復してる人もたくさんいました。
ずっと車内だったから適度に体動かせてちょうど良かったw

目の前が海峡ということで時刻もよく、ちょうどこんな風景が撮れました。
d0025055_23471681.jpg
異国船でしょうか。ベストショット!

なんかここ、5分くらいしか居られなかったけど、
もし自分がこの周辺に住んでたらほぼ毎日この場所通って
ベンチに腰掛けながら時間経つの忘れてぼーーーっと眺めていたいなあ、って
思えるような場所でした。気に入りました。

そんな感じであとは高速道路のって帰るだけ。帰着は夜8時過ぎでした。

おおよそ10時間の駆け足ミニ旅行でしたが
よその土地に連れてってもらえるだけでも十分楽しく、
街並みや風景を眺めていられて興味深い時間を過ごすことができました。
当然かもしれないけど、下関も北九州市も港町だからか街並みが似てた感じ。
海に向かって山がせりだしていて、港だけ平坦にぱっと広がっているような印象。
長崎もそうだったなー。港町っておもしろそうだ。

そんなこんなで せわしいなかでも楽しい旅行でした。
また何か旅行が当たるといいなー(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-08-30 23:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)

丸31話


真田丸31話視聴。終焉。

痴呆症老人の処遇をめぐる周囲の人間の思惑模様。といった体でした。
現代社会でもよく聞くような場面まんさいでしたよ……
よく理解してないご老人の手に筆を握らせて無理くり書かせる、とか(汗)
あれは 寧さんでなくても酷い、と声を出したくもなる;
しかしそうでもしないと法的拘束力とか証左とか言質とか
諸処めんどくさいことばかりなので……あああ。
戦国時代が舞台ではあるのに、現実を見せられて滅入る面ばかり突きつけられた印象でした。
(嫌というわけではなく、そう捉えられるよう描かれているのがすごいなと)
さすがに三成の「眠くない!」は焦ってるの丸わかりだったけども(苦笑)

三成な……。言いたいことだけ言うてさっさと去っていったり(分かるよ、合理主義なのよね;)
かと思えば信繁とかに改まって「何卒、よしなに」と頭を下げることもできたり、
ほんとこの人見ててわかりやすいけど分かりづらい(苦笑)
あの、水ごりしてたシーン、あれ泣いてたよね三成……(´:ω:`)
秀吉との過ごした時間がさ……。そういう奴なんだよこのドラマの三成……ううう……。
どうにも三成に感情移入しながら見てしまいたくなるわ……(ヤマコーさんだからってのも
多分にあるかと思うけど(笑))

秀吉、三成に家康をころせ、ってのたまってたけどあれ明らかに呪いだよな……
三成ずーっとそこにくさびをうちこまれたことになっちゃうよねきっと……あああ。
(信長の兜から何かの幻を見た秀吉だけど、あれ個人的には
秀頼の見たくない未来だったのかなって思えました。)
三成のことを信繁に頼む秀吉、これもまた新たに信繁しょいこんでしまった……。
秀吉の終焉のきっかけが金吾(小早川秀家)ってのがまた金吾すげー金吾(爆)
そして死に際の秀吉の姿、迫真でした。小日向さんお疲れ様でした!(平伏)

さて、信之にーちゃん、子どもが2人になったことをまだ舅どの=本多忠勝に言えてないってあたり、
どんだけ怖がってるんだとww怖がりすぎやんww分かるけどww
でもメロメロに可愛がってる舅どの、その後襲撃を受けて大立ち回りやってる姿と
全然違う~すごい、さすが。
(信之にーちゃんがその場にいたのはたまたまでしたがよくあのポン、の音だけで気づいたなと)
そして一瞬、信之にーちゃんと対面したがために
背後から斬られてしまった出浦さま……おうう(汗)
昌幸パパ、あれどう聞いても「ましゃすけ、ましゃしゅけ」(昌相)って言うてましたよね(苦笑)
ああパパすてき……表裏比興だけども(爆)

家康が襲撃を受けて「たれかある!」って声張り上げた時に
うまいぐあいに声ひっくり返ってるのがひそかにウケたw内野さん上手いなあ。
秀吉の枕元で信繁相手に、しみじみと戦は嫌じゃ、逃げ回るのはもう御免だ、
だから世が乱れないようにどうにかしたい、と語った家康の姿は
人間的というか納得できる言動で、このドラマの家康はこれが本心なんだろうなと思えるもの
でしたね。それを聞いてる信繁が「この人こういうこと考えてる人なのか……」って
顔してたのも印象的でした。

個人的に秀忠の造形がかなり気になるwwトッポイ坊ちゃん的な(笑)古い。
(演じる星野源さん単独クレジットですごいなあ)
それから本多正信の知恵者ぶりが見てて却って小気味いいくらいですよね。
徳川家は実は色々登場人物が多いのは知ってるのですが、
この作品では正信と阿茶の局に集約しているのが分かるので見やすくしてるんだなーと。
もうちょっと出てきて欲しい気もあるけど。これからかな。

そんなこんなであまりまとまりませんでしたが。
長かった豊臣編もようやく終わりました~気が付けばもう30話も越えて
終盤に向かって突き進む真田丸。最後まで目が離せませんな……!
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-08-23 22:55 | さなだまる | Trackback | Comments(0)

丸30話


真田丸30話視聴。黄昏。もしくは誰そ彼。
更新遅れてすいません……。

ええとこれだけは言わせてほしいんですが、三成な!
秀吉からの形見分けって金子50枚と小刀1振もらいましたけど、
三成からしてみたら、幼少時の小坊主の頃からお仕えしていて
辛い時も哀しい時も勢いのある時もそうでない時も
ずーっと、ずーーっとそばにいたわけじゃないですか。
そんな彼の忠義は秀吉からしてみたらほんの少々の金子と小刀で済むものだったのかと。
むしろ、それをくれてやらないと秀頼のことを頼めないとでも思っているのかと。
三成からしてみたら、心の底では却って裏切られたような気持ちにさえ
なったかもしれない。手渡される瞬間、ぐ、と言葉に詰まった様子でしたもんね山本三成。
あのわずかな一瞬のシーンでしたけど、あの瞬間に三成本人の
複雑な、さまざまな思いが去来したように勝手に感じ取ってしまって
あああ三成……( ;∀;)ってなってしまいましたよワタシ(苦笑)
あの形見分けは実際リストになって残ってるらしいんですけど
そりゃ確かに他のものと差別化された金額ではあったけど、
違うんだ、三成はそんなものが欲しくてお仕えしていたわけではないんじゃないか……と
勝手に思い入れしたくなってしまいました。
すごいドラマだな……。

信繁すっかり秀吉の介護係になって……。
秀吉もモウロクしたというか、記憶の混乱とか徘徊とか。
あと下半身をやられて動けなくなって途端に弱る、というのも
現代と同じくよく聞く話で。
しかし信繁の介護はとても丁寧で……。実際の痴呆症患者とのやりとりでも、
記憶の混乱があった場合程よく相手してあげてこちらの流れにもっていくのが良策だそうで。
ラストカットでお布団の上から軽くとんとんする手の動きに
信繁(というか堺さん本人)のとてつもない優しさが見えて感激しました。
(出会いのシーンを繰り返す演出というのがまた涙をさそいますね(´・ω・`))
そういや関係ないですが信繁と大谷刑部が義理の親子関係になると知ったのが
ここ近年のことでして(戦国大戦だったかな?)知れば納得なんだけど
なんかすごーく戦国時代のつながりの意外さというか身近さを感じてビックリです……。

前回おこうさんと丁々発止でやりあった稲姫さん、ここで間者だったことを暴露。
お子さんを産んだことで心変わりがあったのでしょう、盛大にデレた(笑)
文のやりとりは実は徳川からの情報収集の声かけで、
本多正信が張った網のひとつだった、という視聴者にだけわかる仕掛け。
京都にいるはずの吉野大夫が大阪にいて、出向かしらとのんびり捉えていたけど
彼女はいつの間にか入れ替わった忍びで、本多正信の手の内だったとか
面白い流れでしたね。徳川の情報戦、興味深いなあ。

矢沢の大叔父2カットでお亡くなり(爆)ざ、斬新なカット割りでした(笑)
意気揚々と歩く大叔父のGBMが大仰だった分、えええっwwwって声でたわw
ああ、あときりちゃんキリシタンになっちゃうのかな……。むむー。

地震の直後に駆け付けた清正は実際に記録に残ってるらしいのですが
なんとなく熊本地震に心を寄せた登場だったのかな、とも思える場面でした。
ささやかなシーンでしたけど、嬉しかったです。
(泣くなと言われても泣いてしまう涙もろい清正うける……w)

そんな感じでした。もうね、三成に感情移入して見てしまう……(苦笑)。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-08-19 22:10 | さなだまる | Trackback | Comments(0)

ざんしょおみまい


おこんばんわどす伊山だす。また更新に日が空いちゃってすいません…。
真田丸の感想分も更新進んでなくてスイマセン……。
言い訳させてもらうと録画見返して丁寧に感想を書いているスタンスだからです(汗)
お盆も過ぎたし時間つくってなんとかします……。
それにしても残暑きびしいざんしょ……。失礼(爆)、マジ暑いっすね(汗)
もうたまりませんわ……せっかくの夏ですがあまり外出したくありません;
もうね、この暑さ異常。みんな外でちゃダメ。甲子園とかもってのほか。
炎暑になったら外に出ない、ってみんなで決めましょうよ……(弱音)

ええと、そんな風にへこたれていますが(苦笑)、
このところ特に日常に変化やイベントは無く、のんべんだらりと過ごしています。
強いていえばトイレトレーニング中の息子のお漏らしが減ったことくらいかな……。
(少し前にスーパーの店内で盛大に漏らした時に多少恥ずかしく思ったようで、
それから目に見えてトイレに行きたがる回数が増えました)
この夏のうちにトイレトレーニング済ませたいぜよ……。汚れ物すぐ洗濯できるしね(苦笑)

それ以外だとあれですか、すまっぷさん。
先日、年内での正式解散を発表して、夜中の公表だったため
朝起きたらスマホの通知で初めて知った状態でしたが
まあ第一印象は「やっぱりか」でしたけど。遅かれ早かれそうなりそうとは感じていました。
しかしだね……。ワタシ芸能関係者でもないし芸能人に知り合いがいるわけもないので
完全に憶測と自分の感覚だけですけど、
ひどいタイミングですよね。お盆のさなか、土曜に夜中、翌日は日曜でワイドショーも無し、
しかも世間はオリンピック一色ですよ。
完全に解散の話題広めたくない状況じゃないですか(汗)
解散を選んだメンバーの「一生懸命駆け抜けた功績を考慮して」と言いたいのなら
もっと大々的に、効果的に公表するタイミングがあるじゃないですか。
せめて応援大使となってるパラリンピックが終わってからとか……。ねえ。
あのタイミングはすっかり関係各社に迷惑かけまくりですし
手回しもなく(でもファンクラブのお知らせの手回しは準備良すぎたともいうウワサ)、
会社からのお詫びもなく、メンバーが勝手に決めたことですよー的な発表。

いや、ほんと個人的な感覚で申し訳ないけど
ファンの皆さんが語る各人のエピソードとか自分が感じる彼らの人柄を見聞きするだに
すまっぷやるの嫌で解散するんじゃないでしょうアレ……。
1月の独立騒動でも感じましたが、やりたいことをやらせてもらえずに
上から押さえつけられて否応なく解散は踏みとどまった、的な印象だったですよ。
その後目に見えて映像での露出は減ってるし……
それほどFANでもない自分ですら、露出減ってるなと思えるし本人たちの発言は無いし
どうみても事務所と軋轢があるなって印象受けますよね(汗)
はた目から見てもそう見えるってのはイメージ重視の業界では致命的なんじゃないですか……。
イメージ関係なく、なりふり構わずすまっぷさんたちを追い込んでるようにしか見えなくて
もやりますね……。実際どうだかは分かりませんけどね。はた目からはね、そう見えるという。

なんかね、すまっぷさんたちもういいオトナなんだから
四半世紀も走り続けて世間や会社にしっかり貢献しすぎてきたくらいなんだから
もう人生半分すぎたんなら自分たちの好きなことを好きなようにやりたい、
やらせてくれって言ってもいいんじゃないですかね。
それをさせてくれなかったというのであれば、そんな会社辞めてしまえ、って
思いますけどね。一般的な感覚だとね。どうでしょうか。
もう好きなようにさせてあげなよ……。にんげん、好きなことを好きなようにやって過ごすのが
一番たのしいよ。楽になれるよ。そんな人の姿を見てるのが回りも嬉しくなるよ。

どうなんでしょうね。年末までに本人たちのコメントが聞ければいいんですけど
それもなさそうなカンジ。
もうこれはすまっぷさんが自ら立ち上がって
芸能界の慣習とか世間の因習とかこれまでの常識とかを
変革していく旗頭になっていってくれないかなあ、とか漠然と考えてしまいますね。
常識をぶち破れ。たたかえすまっぷ。とかね。どうかな。

うーん、まあそんな感じでたわごとをつれづれと考えたりしています。
その程度にはショックだったということで……(苦笑)
(かとりさんのドラマとかきむらさんのドラマとか楽しんで見てたことあるしね。うん。)
そんなこんなで。カテゴリ違いの話題ですいませんでした(苦笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-08-18 23:58 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

丸29話


真田丸29話視聴。異変。

信繁、正室をもらう。というか、けっこう年が離れていると思えるのだけど
史実でも歳が離れていたのかな……。かわいい嫁ごをいただいて何よりです^^
(手を握る信繁→堺さんの手が大きくて萌えました……(爆))

だんだん加齢による諸処の症状が出てきた秀吉。
そそうをした布団を片桐どののところになすりつけるとはさすがに三成ヒドイwww
片桐どののことをなんだと思ってるんだ三成(爆)
(あっさり真に受けたり信繁を胃痛仲間と思って同情してくれる片桐どのなんて優しいww)
しかし三成は彼なりに秀吉のこと心底思ってるんだよな……
だんだん老いていく秀吉を見ている三成の心中、いかばかりか(´・ω・`)

同じことを繰り返したり前に行った事を覚えてなかったり。
味覚が変わったりするのも加齢からくる痴呆の症状のひとつなんだそうで。
老いを自覚しはじめたのか、死にとうない!と信繁にしがみつく姿、
知らぬ間に「捨」と「拾」を言い間違えていたり……(ネットで指摘見るまで気づかなかった…)
確かに秀吉ひとりに全てを押し付けている(by寧さま)のもあるかと思うけど
まず本人が独断だったしな……。天下人が老いた時どうすればいいのか。
現実社会でもあり得る状況を丁寧に見せているなあとしみじみ……。

秀次事件で落ち込んだきりちゃん、寧さまに言われてお使いRPG。
あそこにいってアレをもらってきてあちらに持っていって。
お使いの先は細川ガラシャの元。めっちゃキリシタン。
(しかし綺麗なお人だ……このお人なら細川忠興嫉妬しまくりんぐだよな(苦笑))
秀次さまからいただいたマリア様の絵のこともあって、
きりちゃんキリシタンに傾倒?というか、場面のつなぎ目としてすごくちょうどいい役割に
なってますよねきりちゃん。うまいなあ。
(そして春ちゃんから「どこへ行ってもうっとおしいといわれるきりさん」とかいわれる(笑)
どんな二つ名だよww)

ああっそういえば出浦さまがキュートでしたねww
浮気を問い詰められた話の流れがこっちにきそうになって、つと目を逸らしたら
もういないとかwwwどんなギャグだよww
(そしてオイシイ流れになってきたらちゃっかり戻ってきてるし(爆笑))
こういうコミカルな流れを自然に見せてくる脚本の流れさすがミタニンw
あと、大谷刑部どのは……首のあたりにできもの?湿疹みたいなのが出てましたね。
腕も動かない描写になってたようだし……。どういう見せ方でくるのかな。ハラハラ。

信之にーちゃん一気に2人の子持ちwwっていうか、おこう さんの「あっv」が良かったww
そのにーちゃんから、全ては真田家のために、と言われても
信繁は豊臣側に偏った発言になってしまって、見ているこちらとしても
ちょっと違和感を覚える流れになってるの、感心させられました。
ひたすら真田さなだと言ってたはずの信繁が、気が付けば豊臣の社会にどっぷりで……。
人ってそんなふうにじわじわと変化していってしまうってことでしょうか。
(そういえは豊臣はだんだん秀吉が尻すぼみに閉じていってるのに、
真田家はめでたいこと続きで見事な対比の描写になってましたね)

慶長伏見地震が起きたところで引き。男性陣それぞれの地震の対処。
地震の描写すごかったですね。あちこち崩れて。セットたくさん組み上げたろうに……(そこか)
これ400年前の関西地方で起きた地震ですからそろそろ現代の我々も
注意しなくてはいけないかもですね(汗)

そんな感じで。語りすぎたわ……。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-08-08 22:52 | さなだまる | Trackback | Comments(0)

夏のおもひで


残暑お見舞い申し上げます
d0025055_1746159.jpg


おこんばんわです伊山どす。毎日暑いですね……。
こんな暑いなか午前中から甲子園で野球やってるのとか見てるだけでも体が焼けそうですばい……。
あれ午後の試合は15時からとかでいいんじゃないかな(苦笑)
観客の人たちも体調崩すでしょう……どうにかならんでしょうかね(汗)

あっ、あといつの間にかオリンピックが始まってましたね(笑)
今年は時差の関係とか治安の不安とかもあって
こちらはあまり熱心ではないですがメダルが取れたとか活躍を聞くと
やっぱり嬉しくなりますね。ほどほどに頑張ってくれたらいいですね。
(ブラジルでの時差のつらさはF1でいやでも実感しとるのでついあの頃の印象が(苦笑))

そんな夏らしい話題が続くなか(笑)、
先日うちの部屋の中で セミが羽化しました(爆笑)
d0025055_17482694.jpg

ダンナ氏がどこかで、地上に這い出たばかりのセミの幼虫を捕まえてきてですね(笑)
室内に放したんですよ。カーテンとかにつかまらせて。
そしたら幼虫、高いところ目指してどこまでものそのそ上っていかれてですね、
結局落ち着いたのが 天井 という……ww
なので、真上にぶら下がった状態のままセミさん羽化されました(・∀・)
(様子を写真にとってツイッターでまとめました⇒ 天井でセミが羽化
まだ乾かない羽が透明な緑色をしていて、なんだか浮世というか、
この世のものとは思えない美しさで……。めっちゃ感動しました^^
寝転がって動画撮るダンナ氏、夕飯の準備もすすまず上を見上げてはスマホを構える自分……
本来いちばん見せて喜ばせたかった2才息子は
羽化の瞬間が見られるという貴重さが実感できず(笑)、
興奮する親をしりめにふーんって感じでしたけどwww
まあそんなもんだよね……もう少し大きくなったら録画した映像見せた時にやっと
貴重さが分かってくれるかもねw

あと長くなったので折り畳み。

さらに夏
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-08-07 17:33 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)