<   2016年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

丸34話


真田丸34話視聴。挙兵。

出たっ、出ました直江状!ww
あまりに清々しいケンカの売りっぷりに思わず画面の前で拍手をしてしまいましたww
演じる村上新悟さんがおっしゃってましたが、最初はもっと淡々と読み上げてたそうですね。
それを前後の映像と合わせて、もっと挑発的にと収録しなおしたんだそうです。
その甲斐あって(笑)、めっちゃめちゃ爽快な直江状にwwうけたわ~w
最後まで読んで書状をぐしゃぐしゃ~にする家康も痛快でした(笑)
この直江状、きっと前回の"本気になられたお館様"の「本気」の結果なんだろうなあ、って
思わせられるのがこのドラマの面白いところだと思います^^

私が居ないと政が進まぬ、とか今私を殺して何となる、とか
冷静に自分の身の回りのことが見えている三成ですが、
こういう台詞が出てくるあたり、ほんと理性だけの人だな……とか思えて仕方ないですね(涙)
感情をあらわにするのが恥と思っていそうな。
(北政所さまにこんな小さい頃から知っとるで、とか言われて何も言わずむすっと退出
するあたり、きっと照れていたのだあれは、この三成はそういう奴だと思わせる人物造形お見事)
しかし、それでも彼は政治の世界から追い出された時、
涙を流して悔しがっていて、本当に、余程の感情だったのだろうなあと……。
この話だけで三成の人物像が積み重ねられてこれでもかと迫ってくるように
描かれてますよね……素晴らしい……。
「虎之助に会いたい」「今生の別れだ!」印象的すぎる台詞でした……。
(信繁とはまさにここまでになるので余計に。)

ふすまの穴から見える信繁の姿とか直江状の読み上げっぷりとか、
ラストシーンの背中から三成の正体が判明して雷鳴とどろく映像といい、
今回の演出さんはわりとこだわりというかグッとくる演出をされていたような気がします。
(いつもエラソウですいません)見入ってしまいました。すごく良かった。

明石が!オフロスキーこと明石全登が「お呼びでございますか」⇒「呼んだ?」で登場!
登場した!wwここ個人的にそーとう悶絶しましたwwきっとやってくれると思ってたwww
あと、加藤や福島らが信繁に詰め寄っていたシーンで。
長束正家が後ろの方で見切れぎみにビクビクっとしてた姿が面白かったです(笑)
それからこの回くらいから家康が悪どい面構えをするようになったというか、
野心を見せる笑いをするようになったりと、悪役っぽい印象を受けるようになったなあと
思えてきました。あんなにへろへろなダメヘタレ大名だったのに……(笑)
でもこの作品の家康、人間味ありすぎて信繁や三成が一方的に嫌ってるだけのようにも見えて、
いや正しい表現なんだろうけどそう感じられるのが興味深いなーって思います^^

真田は上杉の決起を知って、徳川を裏切り反転することを決意。
信繁は豊臣の世が続くことを疑わず、昌幸パパは武田家の旧領回復をひたすら願い、
信幸にーちゃんは真田家のためだけにパパについていく。
実は三者三様なんですね、思惑はひとつじゃない。そこに気づいてちょっと寂しくなりました。
ああもうこの真田家は一枚岩じゃないんだなと。
それと細かいとこですが信繁とにーちゃんが将棋崩しをしてたり
昌幸パパが良い息子をもった、と3回繰り返したり
真田昌幸の息子ですから、と信繁が言ったり、
以前にあったシーンの繰り返し演出が目立った気がしました。
こういうのって物語の終盤にありがちで序盤の風景を視聴者の脳裏によみがえらせて
物語の終わりを連想させるのに効果的な技法かと思うのですが
まだ残り15話くらいあるんだよ……これもまた狙いなのでしょうか。

そんなこんなですが。関ヶ原が迫るよ~!
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-09-28 22:40 | さなだまる | Trackback | Comments(0)

丸33話


真田丸33話視聴。動乱。
もうひと月前の感想分ですいません……。

徳川屋敷襲撃の日、いちばん長いいちにち。という感じ。
襲撃は三成や宇喜多(老衆)の密談だったのに
さらりと徳川方にもれている……江雪斎が実は絡んでいるのだけども
そこは信繁や三成は知らない話で。
てか、江雪斎の史実の行く末が気になって前に調べたのだけども
この辺うまーく史実に絡めてあるなと思いました。
北条から豊臣方(小早川)に身を寄せてのちに徳川へすり寄るので。うまい。
(そしてこの襲撃計画を逆手にとって我が利へもってこうと図る家康と正信……)

で、襲撃計画が漏れたところでさっと身を引けばよかったのに、てか
信繁はじめ皆が計画はやめましょうと勧めているのにもかかわらず、
三成ひたすらに決行しようと頑な。
ほんとなー、清正が言ってた「振り上げた拳の落としどころが分からない」状態なんだよな~:
戦が苦手な三成の性格をうまく踏まえたうえの描写なんだと思いました。
(それにしても清正まじイイ奴……(´;ω;`)「なら腕相撲しよう!」ってww
言いたいことは分かるけどそれ三成には全然効果ないしww
この2人間違いなく友達同士なんだけどお互い表現方法が見事に正反対なんだよな……(苦笑)
それで通じ合ってる同士と描けるのが本当に三谷脚本のすごいところです)

三成の襲撃計画をどうにか止められないかとあちこち顔を出す信繁。
真田パパ、にーちゃん、大谷刑部(義父ですね)、それから北政所さまとか。
でもどうにもうまく手が打てなくて苦し紛れに昌幸パパに打診。あえて家康に味方してもらう。
そこまで事態がすすんだなら石田治部も考え直してくれるだろう……という
ちょっと消極的な策。どうも後手にまわってる印象ですよねこの信繁。
身の振りどころが分からない……とつぶやいてたのと関係あるかしら。むう。

毛利方の説得ができない金吾ちゃんまじ金吾ちゃん(苦笑)
小早川秀秋はこのあたりから関ヶ原での布石というかああいうことをしそうな性格という
描写を重ねてますよね(苦笑)
あ、あそこ良かったですよね「伊達越前守政宗!」「細川越中守忠興!」(笑)
1度でええやん(笑)(ネットで目の見えない刑部に教えてあげてたのではという意見が
あったようですが、単純に名乗りを重ねるのがおもろかった(笑))
細川忠興の雅を解するところを全っく理解できてない石田治部が
却って哀れというか笑いを誘っていましたね(苦笑)干し柿投げられて……。
この細川は風貌こそ際どい感じですが(苦笑)、もののあはれというか
風雅を愛するこころをもつ人と感じられるように描かれてるのが上手いなーと感心します。

徳川を敵にまわしたくないといってた上杉主従、しかしついに
「お館様は本気になられた。( *一ω一)」←兼続(笑)
上杉景勝が出てきて、よーやく、やっとのこと、三成は止まるのだけども
この上杉と三成が「義」のために大戦をやろうぞ、という言葉を交わす辺りで
関ヶ原の布石になるんだなあと思えてすごく感心しました。そういう繋がりをもってきたかと。
それにしてもみんなして一所懸命にもうやめて三成って言ってるのに
ほんと最後の最後まで徳川襲撃を決行しようとする頑固者の三成……( ;∀;)うぅ
ぎりぎりで信繁も引きとどめに説得しますが、
正直このシーン……あの、ほんと未だに「組!」脳で申し訳ないんですが
切腹を選んだ山南さんが死にゆく土方さんをあの世に来るなと必至に説得している
かのように見えてしまってもう……( ;∀;)<ドウシテモ ソウ見エチャッテ……
もうね、ほんとごめんね、組!引きずっててほんとゴメン(汗)
いやー……我ながらほんと組好きだったんだなあと……すいませんすいません;
(でも萌えたよ正直萌えモエさ……)

結局家康が、自分の味方になる武将の多さに自信をつけて(「殿は腰が重いですから」)
これから一気にエラソウになっていくんですが(笑)、
また次回。徳川屋敷襲撃事件を丁寧に描いてたので流れが良く飲み込めました。ガッテン!(笑)
そんな感じで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-09-25 23:36 | さなだまる | Trackback | Comments(0)

徐々に秋らしく


おこんばんわどす伊山だす。おかげんいかがですか。
いっときに比べると朝晩涼しくなってきまして(台風のせいもあるかな?)
いくぶん過ごしやすくなってきました。暦の上では秋に入ったし、
8月のあの暑さがもう来ないと思うと心底せいせいします(笑)
今年は電気代かかってしまいました……前年より3000円近く上がってもた(汗)
クーラーの設定温度を下げていたのが敗因でしょうか……ダッテ暑カッタンダモン。
くうう、生命維持装置とはいえ電気代はイタイぜ。

さてさて、日常カテゴリは久しぶりですが特に大きなネタもなく……。
備忘録代わりに子どもの成長記録みたいなのをすこし。
息子、2才半過ぎまして特にここ2,3か月は情緒や内面の成長が著しいです。
パジャマの着替えがひとりでほぼ全部できるようになったり(前後ろ逆なのはご愛敬)、
寝る前や保育園に行く前のルーティンみたいなのが分かってきて生活習慣が身についてきたり、
空想しながら遊んだり、数を10まで数えられるようになったり(!)ですね。

あと、言葉の吸収がものすごいです。1日にひとつは新しい単語覚えてくる(笑)
駅、しんかんせん、絵本、タコ、イカ、梨、今日、あとで、来て、待って、だっこ、etc,
突然会話が成り立つようになってきたりもするので、毎日なにかしら感心します(笑)
ダンナ氏が夜でかけて不在の時「きょう、おかーしゃんだけ?」って聞いてきたり、
「すき」「きらい」を覚えて何度もなんども「おかーしゃんきらい!きらい!」って連呼したり
(さすがにちょっぴり傷ついたぞ……)、
歌詞は飛び飛びながら「チューリップのうた」や「ぞうさん」が
たどたどしくも全部歌えるようになったり、
そういう、些細なんだけども数か月前と比較すると立派に成長してることが分かる事例が
増えてきて、本当に毎日しみじみします。2才ってもう人間なんだねえ……(笑)

イヤイヤもまだたくさんありますが、だいぶこちらが制御できるように
なってきたというか(笑)、
対応パターンが掴めてきてあまり困らなくなってきたのも大きいです。
歯みがきをしようとしたらイヤ!とか言い出してきた場合、
「歯みがきしてくれたら、絵本読むよ」とひとつハードルの形で設定しておくと
絵本見たさにしぶしぶやってくれたりします。
こちらの希望は歯みがきなので、絵本はその交換条件みたいなものですね。
ポイントは、目的AのためにBを提示する形になるよう、
「AしてくれたらBしてあげる」という言い方が良いそうです。
「AしないとBしてあげない」はNG。(「AをしないとBできないよ」もNGです)
あくまで子どもの興味はハードルAを超えたあとのB、になるよう誘導する言い方に
もっていく、と捉えるといいみたいです。育児書やTVの子育て番組でゆってた(笑)
この言い方は自分自身でも一瞬冷静に言葉の組み立てを考えながら発言しないといけないので
自然に声のトーンも落ち着いて大声出さなくて済むから
親としてもオススメです。ぎゃーぎゃーわめき合いにならなくていい(笑)
子どもと付き合ってるとほんと疲れるけど、
やはり結局は「親はオトナ」という自覚で乗りきれることが多いですね……。
子ども目線におりるのは共感する時だけ。それ以外は人生長く生きてるオトナとして接する。
これ結構大事だなとこの頃しみじみ思います。

息子というより子ども相手の話になってしまいましたが、
魔の2才児というのもつくづく分かるし、反面、言葉や態度がかわいらしさ溢れてきて
もう大好き~vってなっちゃうのもこの時期だっていうのがよーーく分かってきました(笑)
ほんとかわいい……宇宙から遣わされた小人さん的な……。
このかわいい子ほんと自分が産んだの?うそでしょ、的な……(笑)
何度も言ってますけど、いつまでも「あれ、なんで家に子どもがいるの?自分の子?ええー?」
っていう感覚が抜けないです……(苦笑)不思議な感覚。

そんなわけでだらだらとスイマセンがこのところそんな感じです。
あっ、そうだ今年は自分でも生涯初、パラリンピックにハマってしまいました(笑)
今回はプレ東京五輪という位置づけもあってか、
NHKなどで割とたくさん中継や関連番組が多くて
1日遅れながら毎日ユニバーサル放送で手話解説、音声解説で
パラリンピックの結果放送をしてたのが本当に面白くて。
日本初の試みだったということですが、字幕と音声解説で目や耳など不自由な方にも
パラリンピックを伝えるための番組だったのですが
これきっと毎日収録だったんだよな……司会の三宅くん毎日拘束かよ大変だな……とか
字幕や吹き替え音声を付ける編集、吹き込み、時間との闘いで大変だったろうな……とか
裏事情考えるとほんと大変だったと思います(汗)
そのノウハウをどこかで公開してほしいな……このユニバーサル放送が
今後の番組製作の指針になったらいいのに、とも思いました。東京五輪もありますし
こういう手法の番組はきっとこれから需要が増えていくはず。広まってほしいなあ。
あ、肝心のパラリンピックは惜しくも金メダルは取れなかったけども
初出場で銀メダルとか競技転向して1年で銅メダル、とか
努力されてきた選手がメダルたくさん取ることができて本当良かったな~って思いました^^
オリンピックもだけど、特にパラリンピックは後方サポートありきの大会に
なるだろうなというのも画面から伝わってきて、
すごく、4年後のプレッシャーというか日本もこのレベルへ持っていかねば、という
思いにかられましたね。できるのか?いまの日本。今回のパラリンピックを見て
考え方を変えなくてはいけない人が自分を含めてたくさんいるんでないかな……?
そんな思いにさせられた大会でした。すごく興味深かったです~。

そんな感じで。季節の変わり目ですので皆さま体調管理にお気を付けて。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-09-22 22:43 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

がんだむがんだむ


おこんばんわです伊山だすだす。
アニメ、少し時間をつくってちまちま見ています。
なんたってオルフェンズ2期が待ってるからね……ようやくケツに火がついた(爆笑)
録画容量をしっかり空けないとね……!

というわけで、延び延びになっていた「ガンダムAGE」なんと5年ごしに
視聴完走しましたー!いえーwww(←わろえない)
え、ええと……1つの作品を5年もかかって見るなんて初めてのことで
我ながら自分のアフォさに呆れますが……(汗)
なんのかんのと完走できたのもいつまでも保存できるデータ録画のハードディスクのおかげ、
100年に渡る大河ガンダムと銘打った作品がどう終わるかの純粋な興味、
そして「AGEはいいぞ」とささやいてくれたリア友さん1名&Twitterのフォローさん1名の
おかげですっ!!wいやー、やはり人からいいよと勧められたのが大きいですね。
頑張れる。感謝。

……というわけで前置きが長くなりましたが(苦笑)
あの、ラスト5話で急~にガンダムっぽくなったのはすごかったですね(笑)
なんというかあれよあれよと話が宇宙空間での大戦争になって
わーっとモビルスーツが入り乱れて巨大殺りく兵器が出てきて
次々キャラが死んでいって飛び散る涙と入り乱れるイメージシーン(※輪郭がぼんやりした
キャラがコクピットから飛び出してくるようなやつ(笑))で、
「わー!これぞ"ガンダム"だぁ~!!」っていう感じのやつになっちゃって(笑)
正直戸惑いました(^0^;)ここまで化けるとは。

3代目主人公のキオくんが敵勢力に一時捕まった時に相手側の内情とかも知ったので
彼は非戦派=人をころさずに戦争を終わらせる、方法を模索するようになって、
見てるこっちも甘ちゃんな考えだなあと思いつつも
まあこれは優しいガンダムだしねと見守る態勢でいたのですが、
ラスト3話のドトーの展開でなかなか骨太な流れになっていって
前半の「ボクがかんがえたがんだむ」とだーいぶ印象が変わりました(苦笑)
前半は覚えている限りかなり甘々な展開で
おいおいそれで大丈夫か?って思えた話のほうが印象強かったもんですから
やはり主人公が3代重なっていくと表現も変わるのかしら……と思ったり思わなかったり。
(実際内情はどうだったんでしょうね?路線変更なのか、脚本の日野さんの想定通りだったのか)

ラスト3話の戦争シーンは作画も動画も演出もいきなりハイレベルで、
まるでスタッフさんたちの「うぉぉーおれがやりたかった"ガンダム"をやるぞぉぉぉ~!!」
ってなぐあいの勢いを感じました(笑)これまでの通説通りの「ガンダム」っぽかった。
……と、思えるのもこの5年の差なんでしょうね(苦笑)
多分当時見てたらそこまで客観視できなかったと思う。リアタイで見てなくてスイマセン……。
ええと、かく座して味方の巨大ビーム兵器に巻き込まれて死んじゃう人とか
2代目主人公のアセムと因縁があったゼハートくんが
目指していた道をことごとくつぶされて行き場をなくして気づけば背負った亡霊たちに
さいなまれながら死んじゃったり(慕われてる自覚があってまだ良かった……(苦笑))、
突如として現れた骨格だけのようなフォルムの無人殺りくモビルスーツ(名前シドだったけ)に
翻弄されたりそれがラスボスになっちゃったり(笑)、
なんか畳みかけるようにドラマが展開されたのも印象強かったです。
めためた内容詰め込んでたよね……カット割もセリフもかなり多かったのに
とても上手に見やすくまとめていて、本当に感心しました。素晴らしかった。
まあ、前半ののんびりしたがんだむを見てた年少の視聴者にへんなトラウマを
植え付けてなければいいんですが……(苦笑)
(そういう視聴者層は2代目主人公の時に若干離れているかしら……)
そしてラストシーン、本当に100年続いた話になっていて
若干感動しました……よくやったよ、うん。100年続く設定の話って
そうなかなか描けるものじゃないですしね。お疲れ様でした。見終えた自分にも乾杯(爆笑)

ああ、まあでも「ガンダムAGE」で若年にファン層を広げる作戦をとっていたのは
見ててわかったので、結果的に取り込めることができたんじゃないかなーと
なんとなく思いました。ガンダムたくさん出てきたし敵味方そろって量産機とか多かったし。
それもあってこの後のビルドファイターズに続けることが出来たのかな?と。
ビルドファイターズかえってはっちゃけてて面白かったもんね~
AGEで撮り込めた層をさらに解析してそっちへ転換してった感が強いです。うがちすぎかな。

そんなわけで無事AGE完走することができました!足かけ5年!アフォですいません!(爆)

ガンダムつながりであとオルフェンズ関連を少し(笑)
いよいよ放送が10日後となりましたが、開始前に1回特番をいれるそうで(笑)
思えば他の日5枠作品でも似たようなことをやってた気がします(苦笑)
継続作品なのに……えらいチカラの入れようです(苦笑)
1期が終わってから半年、あちこちでディレイ放送や全話配信をやってたり、
東京で鉄華団入団試験やってたり(いわゆる体験アトラクション……)、
新しいグッズ展開をしていたり(おるふぇんちゅもあるし文具とかガチャポンとか)
この間なんとかファンや視聴者をつなぎとめようと
プロデュース側が腐心しているのがよぉく分かります(苦笑)
そこまでしなきゃいけないのかしら……とも思いますが、
まあこのネット社会、少しでも情報提供が途絶えたら忘れられてしまうことも
多いのかもしれません。自分や鉄血ファンは大丈夫だと思うけどね!!w
あ、そんで放送開始前日にワールドプレミアやるそうなんですが
東京でやるそのイベントを映画館でライブビューイングするってんで
そのチケットを先日申し込んでしまいました(爆)1日待てば自宅で2期1話見られるんだけどね(爆)
その日お休み取っちゃった……あ、当たるといいな……(苦笑)
そこまでさせるオルフェンズ……罪な作品よ……。

そんなこんなですが。ガンダム楽しいな~うふふ。今さら。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-09-20 23:53 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

ぜいたく


おこんばんわどす伊山だす。皆さまいかがおすごしですか。
こちら台風はそんなでもなかったです。
カレンダーは連休と申せど、ワタクシふつーにパートしちょります(笑)
1日4時間程度ですが程よく体を動かせてちょうどいい感じですw

さて、過日そのパート先からの福利厚生制度により
なんと野球観戦に行かせてもらいました!やったあ!w
ドームに野球見に行くの丸3年ぶり~♪めちゃめちゃ嬉しくて朝イチすげー早く出てきちゃったw

渡されたチケットはなんとなんと、ヤフオクドーム5階のスイートルーム!
いわゆる「スーパーボックス」と名称のあるスペースですv
眺めはこんな感じ!↓

d0025055_23551280.jpgd0025055_23554657.jpg













うーん、、パノラマ写真ぽく並べるの難しいなあ(苦笑)
なんというか、内野外野席とはまた違う、球場全体を見わたすことができるような
場所なのです!3階席までのお客さんの頭の真上に居たもんね(笑)
しかも個室になっていて!ホテルの冷蔵庫フリードリンクとかも付いてる!(笑)
備え付けのTVで場内専用の実況解説を聞きながら自宅と同じように観戦もできるし、
ガラス戸を開ければ場内の雰囲気を感じつつ目の前のナマの試合展開を楽しむこともできる、
なんともゼイタクな、お得感あふれるスペシャル観戦席なのですvv
(ちなみに一般価格でも取れますが、普通の観戦席よりかなーり高いです……4倍くらいの
設定になってるはず(苦笑))

用意されたお弁当とおつまみと飲み物をいただきつつ
自分は久々の球場観戦ということでほとんどガラス戸の向こうのテラス席で見てたんですが
やっぱり野球のナマ観戦は面白いですね!
今回は特に特等席ということで(笑)、これまで観戦してきたどの席とも違う、
新しい見方ができたりして楽しかったです^^
特に音!ドーム球場の上のほうにいたせいでしょうか、球場内の音が
ドーム上部に集音されて聞こえてくる感じで、敵チームの応援団の声やら内野席のヤジやら
あまつ外野選手がフライをキャッチした瞬間の、グラブに当たる音まで
はっきり聞こえてきて本当に感動しましたwスバラシイ。
そしてボールの行方もだいたいどこへ飛んでも見える感じで、
ホームランが出たんですけどその打球の行方を球場全体がボール1点にあつまって
かたずをのんで見守る、みたいな空気感までも味わえて
すっごい良い気分でした^^いやー、楽しかった!
こんなゼイタクな観戦ができて、ワタシャ幸せもんじゃよ……フヒヒ(笑)

帰りのバスの時間がありましたので泣く泣く試合途中で退席しましたが、
そのまま勝ってればほぼ目の前で上がる勝利の花火も見られたらしい!なんと!
まあゼイタクな席で観戦させてもらえただけで良しとします(笑)いやはや。
一緒の部屋になったほかの職場の方たちとも少しお話しできたりして
楽しいひとときが過ごせました^^よきかなよきかな。

ゼイタクなお弁当をうpして終わる(笑)そんなところで。
d0025055_23482463.jpg

[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-09-20 23:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ざざっとアニメ感想


おこんばんわです伊山だす。ごきげんいかがですか。
最近更新の間が空きまくっててすいません;
子どもを寝かしつけてたら一緒に寝落ちするパティーンです(爆)
せっかくの貴重な時間が……自らの寝落ちで……くそう悔しい(苦笑)

まあそんなわけで;あまりアニメを見る時間もとれなかったんですが
ようやく3,4時間ほどまとめて視聴する時間ができたので
このすきにざざーっと見倒してきました。最終回だけ見てないのとか溜まっててね……。

とりあえずようやく「文豪ストレイドッグス」前期12話見終わりました。
もう来月から2期始まりますが……(苦笑)
絵も動きも演出も安定していていちアニメ作品として十分楽しめました^^
ラスボス?が宮本充さんの声だったのがちょっと意外で良かったですw
2期は自分が原作で脱落した海外文豪が出てくるシリーズになるそうなので
次から本腰入れて視聴しますwモンゴメリとか出てくるんだよね?
あと顔だしだけだったフランシス?が声桜井さんだったんで
ああ絶対こいつ何かやらかす(※裏切り声イメージ……(爆))と思ったら
かませ犬だったので笑いました(爆)いやあ豪華配役だなあw
文豪犬ではもともと泉鏡花ちゃんが好きなんだけどアニメで国木田くん気に入ってしまって(笑)
声や動きの要素って大きいなあ……と改めて感じたりしています。

それから「アルスラーン戦記」2期8話の放送分、リアタイ視聴が追いつかず(汗)
先日やっとこさ最終話まで視聴できました(苦笑)
前も書きましたが原作のエピソードだーいぶ端折っている(※テンポよくまとめている)なー
という印象を受けましたが、原作読者のおともだちが言うには
「わたしが見たかった2期じゃない……(´;ω;`)」ということだそうで(汗)
やはり8話に集中してまとめるには相当工夫されて製作されていた様子でした;
港町ギランのくだりとか、やはり2,3話で済ませるボリュームじゃないっしょ~。
まあでも、裏を返せばボリュームあるエピソードを
かなり要点まとめてうまく省略しつつ物語としての面白さを乗せて
作られていたのかということで、そこは本当にアニメスタッフさんたちの
ご苦労と実力が垣間見えるなと。えらそうですいません。思いました。はい。
いやー、戦闘シーンとか文句なく動き良かったですしね、どのキャラも少ない台詞で
心情やバックボーンを伝えさせてたり、すごいなと思いました。
あの、終盤はヒロインとの純愛もあったりで、ヒルメスがかーなーり、
ヒーローになってましたよね?(笑)やるなあヒルメス。ファン増えたよなあ。
原作の展開に続く!という驚異的なスピードで追いついてしまったので(爆笑)、
あとは原作完結を待って劇場版製作、になるかなあ……?という期待を残しつつ。
面白かったです!アルスラーン坊ちゃんかわいい。

あとAGEを2本とワンピースを少し。AGEは最終話まで見ちゃってから語りますけど
ワンピは今になってやっとトラファルガー・ローとドフラミンゴの過去話見ちゃってですね、
なんかある程度予想はしてたけど鬱屈した気分になりましたね……。
原作読者さんにとっては何をいまさらなんでしょうけど(苦笑)
ああ過去話、気が重いなあ……なんか、自分の視点が変わっている自覚があるので
見ても見なくてもいいかなあという気持ちも……。むむむ。
まあいいか……早送り視聴してさっさとデッキの容量空けておきます。
アニメ視聴を作業にするのは気が進まないんだけど、そうも言ってられん(苦笑)
(オルフェンズ2期が始まるからね……そしてこの秋視聴したい作品4つくらいあるからね……)

今のところそんな感じです。
この秋の新作アニメは
「信長の忍び」(大好きな歴史4コママンガ!原作ちょー面白いよ!)
「ドリフターズ」(ヒラコー先生の作画再現度高そうで期待!)
「舟を編む」(ノイタミナ枠、しっとり萌えもえ見られそうなオトナアニメかな)
「夏目友人帳伍」(実は参と四、時間とれなくて見てないけど(笑)原作ファンとして外せない)
これにオルフェンズと文豪犬の2期が加わるので……ひいぃ(爆)
多分忍びとドリフはネット配信頼みになるだろうから(苦笑)、
残りのアニメ録画容量残しておかないと……ガクガク((((;゚Д゚))))
こわいわ……アニメも少し控えようかなと考えはじめたころにこれだもん……(爆)
もう一生ものだよね……ひえええ……。

そんなこんなで(苦笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-09-15 23:30 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

丸32話


真田丸32話視聴。応酬。
感想文ためまくっててすいません……。

秀吉の死去が一部に伝わる。片桐さん死に際の報告偽ってたね……(苦笑)
居眠りしてる最中のことだったからな……片桐さんやっちまったな……^^;
そして秀吉の死を伏せるために葬儀をあげず塩漬けに。哀れ。
どこから聞いたのか家康も訃報を知り手を合わせていたけどもほんとこのヒト根は良い人だよね~。
(秀忠、すぐ江戸へ帰れと言われても「なにゆえ」とぼんやり坊主なのがまたおもろい(笑))

秀吉のワンマン企業?だった豊臣家は結局10人の合議による役員制度に。
「老衆(おとなしゅう)」という名称が出てきましたが、
これは通説での「五大老」ってやつですね。石田治部以下五名が「五奉行」だったはず。
正直これまでの五大老って何となくぼんやりとしか捉えられなくて
記憶に定着しなかったんだけど、「老衆」と言われたら明確に区別しやすくなった感じですw
いわゆる家格が高い豊臣家臣5名ってことですね。
10人そろった時石田治部が下座に控えているので
ああ、石田は家格が高くないんだなと目で分かるようになったのも面白かったです。
(知名度と家の格は別々のものなので後世の者は理解しにくいんだわ……)

家康(というより本多正信)が諸大名を取り込む工作をはじめる。
豪華な食事に丁寧な接待。そりゃー歓待を受けると人の気持ちはかたむくよね。
それに対抗しようと石田が宴をひらくものの、ホスト(主催)として
接待が出来ないというか(苦笑)、人をもてなそうという気持ちが無いよね石田治部は(爆)
あれはいかんわ……人心をつかむということが出来ん奴なんだな(^-^;)
(清正以下朝鮮遠征の諸将を接待するということも出来んのよね……
いや、ねぎらいたい気持ちはあるんだけどもそれを態度で示そうとしない、つか出来ない(汗))
つくづく合理主義者で難しい奴よの……いや、見てるこっちは裏の心情が掴めるから
同情したくなるんだけどもね(苦笑)清正に飲もうぜ~ってすがりつかれて
確かに仕事があるんだけどもそうやってすり寄られると面倒くさいっていうね(苦笑)

家康、じわじわと他家との結婚縁組を進めていて、そこを石田治部に突っ込まれるんだけども
のらりくらりとかわす。
信繁に詰め寄られると秀吉の遺言は葬儀前だから無効でしょ、っていって
老衆の前で問われるとあれ、うっかり忘れてたわ、とか言う(苦笑)
それでいて皆、豊臣家のためにがんばろー、とか正論ぶちあげるので
糾弾するつもりだった他の老衆とかまるめこまれちゃう……上杉さま声小さかった……(´;ω;`)ウゥゥ
(字幕オンでようやく何しゃべったか分かるレベルだった(笑))
目くばせする信繁にトホホという表情で反応する兼続が最高でした(爆)
上杉主従サイコウ……。

あっそういえば細川忠興でてきましたね。個人的な印象は妻溺愛すぎてヤンデレって
感じなんですが、なんというか醸し出す雰囲気が本当に細川忠興~って感じで(笑)
素晴らしい配役だなって思いましたw
演じる矢柴さん、去年のニンニンジャーで主人公のパパ役されてた方だったんですね!
パパと全然印象が違っててびっくりした~。役者さんてすごい。
それから個人的に今回オフロスキーこと小林顕作さんが
明石全登(あかしてるずみ)役でちらりと出てきたのがめっちゃ嬉しかったです(笑)
子どもとよく「みいつけた!」見てるんでオフロスキー好きなんだよ~呼んだ?(笑)

大阪編が終わって途端に関ヶ原にむけた物語の流れになってきましたね。まあ当然か。
新キャラもたくさん出てきて新展開~って感じです(笑)
ああそれにしても石田治部……がんばれ、がんばれ治部(泣笑)

そんなところで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-09-10 23:12 | さなだまる | Trackback | Comments(0)

特典アニメ感想


おこんばんわどす伊山だす。だらだらしていてすいません(苦笑)
TVシリーズのアニメの視聴がぜんぜん進んでいないんですが(汗)
代わり?に限定版アニメ(OAD)の視聴が続いたので取り急ぎ感想をば。

ドリフターズ5巻限定1,2話
コミックス「ドリフターズ」5巻予約限定版に付属されていた、
TV放映予定のアニメ1、2話を収録したOADです。
受注限定特装版だったのでもう入手不可です(涙)
自分は予約しそこねたんですが友人が入手したとのことで見せてもらいました♪

10月からアニメ放送予定なんですけど、すでに1,2話はがっつり出来上がっていて
こうして特典として人様にお見せできる状態ってのがまずすごいなと。
そして「あの」ヒラコー先生の絵柄で動く、魅せる!感心しました。
ヒラコー先生の見せ方、というんですかね、人物を逆光みたいに真っ黒に塗って
目だけ白いまん丸で、決めシーンの時人物を際立たせる、という独特の表現を
アニメでもばんばん取り入れてて、ほんとに白黒コミックがそのまま動いているかのような
心地よい印象を受けました^^ マンガが動いてるみたい、って最高の褒め言葉だと思う。
絵柄もそれほど崩れてなかったのも嬉しかったです。
ヒラコー先生の絵ってほんと特徴的で、動かすの難しそうだから……スタッフさん素晴らしい。

細かいところだと、刀を振り切ってずばっと斬った時の効果音、
マンガだと例えば「ぞぉん」とか書き文字で描かれているような音が、
機械音声のSEじゃなくて、人の声で、「ぞぉん(エコー)」ってかかってたんですよね。
これは面白い試みだと思いました。なんというかヒラコー先生の世界観っぽい印象(笑)
これは放映された時にぜひ確認してみてほしいなと思います^^
あっ、そうだあと、馬に乗ったキャラがしゃべる時、馬じっとしてなくて
キャラが画面のなかでふらふらしてたのもすごく良かったです(笑)

エルフの言葉のアフレコ大変だったろうな~、とか
深夜枠での放送だろうけどそれでも不自然に黒幕がかかったりしそうだな~(苦笑)、とか
ほか色々思うところはありましたが、全体的に見応えばっちりで、
1,2話分約40分の間くいいるように見入ってしまったのが本当楽しかったです!^^
早く放映されないかな!ネット配信でもいいぞよ!

暁のヨナ21巻限定版OAD
こちらも完全受注限定版でコミックに付属されていたOADです。前後編の前編。
TVシリーズではアニメ化に至らなかった、メインキャラの1人ゼノの過去編です。
こちらも原作で特徴的だった戦闘シーンが想像してた以上にきちんと映像化されていて
すっごく良かったです!なかなか難しい表現じゃないかと思っていたので。
TVシリーズ以来のキャスト結集だと思うんですが(19巻にもコミックス特典OADがあったか)
配役そのままで雰囲気もTVシリーズの頃と変わらない印象だったのも嬉しかったです。

背景や構図、カット割りなどチカラの抜きどころがない印象で、
TVシリーズとしてそのまま放映しても遜色ない出来になっているなあと感じました。
なぜか回想キャラのアビだけめちゃめちゃ綺麗に描かれてたのが謎だけども(笑)
季節の移り変わりを風景で見せたり、キャラの口の動きだけでゼノのことを思っているんだなあと
思わせる演出だったり、情緒的で巧みでした。
話は再構成されててOADだけ独立して見られるつくりになってたんですが。
これって逆をいえばTVシリーズでも改めて作ることもできる、ってことだよね??
今後はOADのみの展開かなーとTVシリーズの2期はなかば諦めていましたが
ちょっと希望が見えてきました(笑)
やはりちまちまとでも暁のヨナに貢献し続けていこうと思います(笑)
花ゆめも買っちゃった(笑)ドラマCD付~。

特典アニメはお金を払った分見返りを求めたくなりますけど
それ以上に作ってくれたスタッフの皆様に感謝感激と言うか、
作っていただいた労力を尊敬するというか、なんというか
見せて下さってありがとうございますという気持ちになりますね^^
良い出来だとなおさらです。ああ、ありがたや。

そんな感じで。
録画してるTVシリーズものの視聴は遅々として進んでおりません……(汗)
早くガンダムAGEとかハンターとか見ちゃいたいんだけど;
オルフェンズ2期が10月に始まるからそれまでにデッキの容量空けてちゃいたい……(切実)

あっオルフェンズ2期、ばばーっと情報だけ書き込んどくと、
新キャラがけっこう出てくるっぽいです!前シリーズから2年?1年?くらい経つとか。
そんでね、オルガが赤ジャケット着てるキービジュアル見て
めちゃめちゃ身悶えたんですけど(笑)、オルガ無理してる感じもあってイタイイタイ……(苦笑)
3月の最終話からここまでの間に、
CS放送やらWEB配信やらLINE LIVEやらであっちゃこっちゃ再放送してて(笑)、
この半年ファンを引き付けることを狙ってやってるなあと……。ご苦労を感じます(苦笑)
引き付けるといえばキャラグッズがえらい増えてきて(笑)、
特にこの「三丁目のおるふぇんちゅ」ってネズミ化(!)のキャラグッズ展開がはじまるらしくて
これにはもうしてやられました……。どんな展開になるか現在不明ですが
これは買わざるをえない(爆)くうぅ……。(でもアインがモルモットってちょっと可哀想だろう;)
なんか硬派で推してるオルフェンズが軟派な方向へ走っていく展開、
明らかに女性ファン狙ってるのは分かるんですけども、
もうなんか、敢えてそこへ乗る!みたいな……心境です(笑)とほほ。
あとは2期放送直前の10/1に全国映画館でライブビューイングによる
ワールドプレミア先行上映会があるとのことで、(最近こういうのが流行りなんだね……)
これは行けそうなら行ってみようかなと……(;・∀・)い、いけたらね
ああ、踊らされようと思ってはみても戸惑うことが多くて……(苦笑)
出戻りオタクは大変です(爆)たはは。

そんなこんなで2期楽しみです(笑)
新番組の情報ぞくぞく上がってて、前述のドリフターズと、戦国4コマの「信長の忍び」、
ノイタミナの「舟を編む」はチェック決定なんですけど放送されるかどうか……(苦笑)
それよりもまだ今期のノイタミナ「バッテリー」が
録画したまま未視聴なのが自分でもイタイ(汗)
が、がんばります……。

あっラストになりましたが「うしおととら」の最終話見ましたよ!
最後まで作画のレベル高くて迫力まんさいで、すごく見応えありました!
あとで原作コミックをぱら見したらほぼ原作通りの終わり方だったのにも驚きました(笑)
まさに終結、というか、見事に終幕に帰着したお話で面白かったです。
最後まできちんとアニメ化されて良かったですね~。うむ。

長くなりました。また視聴ができたら感想かきます(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-09-03 23:02 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)