<   2016年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

秋……ぽくないね


おこんばんわどす伊山だす。みーなさんお元気でーすかー(古いネタ)
気が付けばもう10月終わりですよ。早いね。どないなっとんねん。
世間さまではハロウィンとかで盛り上がってるようですがうちは全スルーです。
……とはいっても地元のショッピングセンターでハロウィン関連イベントとかやってるし
その関連でお菓子とか安くなってたら買っちゃうし、
おまけに子どもに見せてるEテレとかアンパンマンでも
がっつりハロウィンネタをやっちゃってるのを見てしまうと
完全にスルーというわけにもそろそろできなくなってきました(苦笑)
あーーー西洋のお盆は西洋でやってればいいんじゃーい!日本のお盆は8月じゃーい!(爆)
(いや、資本主義的には10月ごろに消費が動くイベントがあれば嬉しいって
ことはよーく分かってるんですけどね(苦笑))

そんなこんなで秋深し……ですが現状あまり秋っぽくありませんね(苦笑)
10月あたまに台風が続々接近し、その後も秋雨前線が続いたためとかで
お野菜が高い……!葉物野菜がほんとうにキビしいです(汗)
直径20cmくらいの片手で持てる小さなキャベツがあーた、
1玉420円ですよ!なにそれ!(爆)
白菜だって葉っぱが少ない軽~い質のものが1/8カットでやっと100円!
いつも買ってる1/4サイズが170円って普段の倍近いです(いつもは98円くらい)
ネギも水菜もホウレンソウも、普段は100~150円で買えるものが
軒並み400円近い価格になってごらんなさいあーた(誰)
今買えるのは、ようやく手が出る価格に落ちてきた玉ねぎ(3玉200円)とか
3つで150円のピーマン、モヤシくらいなものですよ(苦笑)
もう後はカット野菜かサラダ用キャベツか、他にキノコでかさ増しするか……。
この野菜高騰、TVで農家の方が言ってたけど、本当に異常なんだそうです。
ここまで日照不足になって打撃をうけるとは……みたいな。
記録的な不作のようで、農家の方々にも厳しい状況なんだそうです。ふわあ。
なんとかお天気が持ち直してうまくお野菜が育てばいいんだけどね……
こういう時、毎日のんびり暮らしていても我々の生活は自然に生かされてるんだなって
改めて思わされますね。むむむ。

備忘録代わりに子どもの成長記録など。
言葉が飛躍的に出てくるようになってきたのはもう書きましたけど、
すごいなと思うのが、慣用句とか言い回しとか「オノマトペ」が劇的に増えたことです。
こういうのが気になるのは自分が文学部だったからなんでしょうけども、
何も知らなかった子どもが、どういう経過で言語を習得していくか、っていうのが
本当に興味深くてしかたありません。
このごろ目覚ましいのは「あっち、とっても、でかい、さらさら、めちゃくちゃ」などの副詞や
「やっぱり、ちょっと、でも」などの接続語や
「ドーン、ズシンズシン、ビービー、ガガー、ビシャーン、ハァッヤアッ」などの
オノマトペがめっきり増えたこと。
あの、特にオノマトペがですね、明らかにマンガだろって発言が
あちこちから出てくるんですよね(笑)
たぶんお友達とのごっこ遊びとかから吸収してるんでしょうけど、
それにしたってウルトラマンのスペシウム光線のビーム音が
「ビー」って口から出てくると、お前それどこから聞いてきたの!?みたいな
素でツッコミ入れたくなってきます(笑)耳で聞いてそれを発音するのが「ビー」って
やっぱりすごいなと(笑)あのSEは子どもが聞いても「ビー」なのかって(笑)
剣がわりのモノサシとかを振り回しながら「ビシュ、ビシュ!」ですよ(笑)
子どもらしい振る舞いで大層微笑ましいですが、やっぱりその「ビシュ」はどこから来たのかと(笑)
もうね、ほんと日本のオノマトペ文化は凄い(笑)
連綿と受け継がれてきたとしか思えない(笑)
何も知らなかったはずの子どもに擬音を理解し発音させてしまう……
言語習得ってすごいなと(笑)改めてしみじみ感じ入ってしまいました(笑)
みるみる日本語が上達してるんですよね、「落ちたない」→「落ちない」と修正されていきますしね、
観察してて本当飽きないです。言葉が達者になっていくぶん、
言ったことに真実味がなかったり自分の発言に責任がなくて言いっぱなしだったりで
こちらがイラッとすることも多いですけど(苦笑)
(急に単語が増えてきたのは、おそらく何かの拍子に
「物には全て名前がある」って理解したんじゃないかなあと思っています)

そうそう、話は違いますが今年に入ってなぜか、
自分の身近な人(親戚や友人、知人など)が次々と病気や怪我、事故などに遭っています。
手術した人、もしくはこれからする人はすでに6人です(汗)
なんで今年になって急に……ゆゆしき事態です(汗)
いつ我が身に降りかかってくるか分かりません。
私も年内に健康診断を受けに行こうと思っております。
皆様もほんと、くれぐれも身体大事に。いのち大事に。
不調が出たらすぐ医者にかかってくださいね。早期発見早期解決、ですよ。
自分の体ないがしろにしないようにしないとですね。我が身大事に。
私自身もですが、どうか皆さま体調管理には十分お気を付けてくださいませ。
私が嫌な気持ちになりますからね(笑)是非。

近況のつもりが長くなりました。そんなこんなで。また。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-10-30 22:56 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

丸35話


真田丸35話視聴。犬伏(いぬぶし)。
大好きな話でしたので惜しんでいたら感想えらく遅れてしまいました……(詫)

徳川から上杉討伐の養成がきたものの、昌幸パパいわくの「表返る」(裏切り、ではなく)で
上杉に向かうふりをして上杉側へつくことにした真田一家。
信繁の大阪城滞在もこれで最後……見上げるお城の大きさ、秀吉の存在感。
(ところでお庭に植えた桃の木に虫がついてましたが何かの暗示でしょうか……)

一旦は物別れとなっていた石田治部と大谷刑部どのでしたが、
やはりという感じで治部から大谷どのへ同心の依頼。
刑部どの、兵をあげるからには勝つ気でいけ、と大喝して治部と策略を練ります。
ここ、治部が感極まってほろりと涙こぼすのも良かったですが
目がほとんど見えてないはずの刑部どのが「泣いている場合ではない」と
さらっと言うところもほんと良かったですよね(萌)
筆も持てない刑部どのに変わって口頭で読み上げられた文を代筆する治部どの、
慌てて文にする治部どのの文字がキタナイと言われているのはこのためか……なんて(笑)
いや、名シーンでしたわ……ああやはりこの2人はいい……(感涙)

大阪城へ人質を集める作戦は後世では愚策とかなんとか言われてたのを聞いた覚えがありますが
この作品では至極当然、誰もとがめる人がいませんでしたね。そういうものかな。
ただ、やはりこの人質作戦には不満がでたのは確かのようで、
細川忠興の屋敷が燃えたのもガラシャが亡くなったのも有名な話ですね。
そこへきりちゃんが絡んでくるとはさすがだったが……(笑)
(くう、あんがい重い!は名言(笑))
きりちゃんの動きが治部側の動きも見せてくれる役割になっていて、ほんと上手くできてる~。
(どうでもいいけどこのガラシャが屋敷で死亡した件、史実では
逃げおおせた侍女の話が手紙として残されてるんだけどその手紙を前見た時
なんかあまりに上手く見てきたように書かれている気がして少し胡散臭いと思った覚えが(苦笑))

一連の関ヶ原の戦いはどうやら伏見城攻略から始まった、と見るのが
よろしいようですね。関ヶ原だけのことかと思っていた……(苦笑)
伏見城攻略うんぬんの戦いについても見てみたかったなー。
たしか徳川方の鳥居強右衛門がふんばったような覚えがあるけども……。
そういえば本多正信が秀忠についた分、家康の隣には息子の正純がつくようになりましたね。
過去いろんな徳川メインのドラマでたいてい横にいたのは息子の方だったのか……(笑)
あ、秀忠の妻、江ちゃんが出てきましたが
この作品の江ちゃんは本当に「ザ・姉さん女房」って感じで(笑)、
年下の秀忠をケツ叩いておだてて励ますタイプの江ちゃんになってますねw
そうきたかー、という感じ(笑)

さて、今回メインどころの真田はというと。
昌幸パパの思惑では、前提として上杉と徳川がどこかで激突するだった。
その横合いを真田が裏切ったぞーと大きく見せることでスキを突き、
家康の首をとる算段だったとのこと。
だけども、上杉と戦が起こる前に石田勢が挙兵してしまったんですよね。それゆえの「早すぎる」。
なので真田は横合いから、の作戦がなくなってじゃあどう動けばいいのか、と。
そこで”犬伏の会合”だったわけですね。ふーむ。
このシーン、ほんと最初から最後まで本当に良かった。川原綱家の歯が欠けるとこまで(笑)
(いや、可哀想だったけど綱家(苦笑)※このシーン以後、綱家役の方は歯に墨塗って
歯抜けの演技を通してたんだそうです。お見事!)
「私は決めました」「私は決めました父上」「私は決めたぁ!」の3連発から
信繁とパパを豊臣に、自分は徳川に、と言い放った信幸にーちゃん、
ここから真田の当主がまさしくにーちゃんになったという決定的な場面だったように思いました。
にーちゃんかっこよかったおおお(泣)大泉さんいい演技するわ……。
それに、兄上にたいしてあふれる思いが言葉にならず、
子どものように顔をくしゃくしゃにして涙を流す信繁もほんとうにいい表情だった……。
あれは堺さんの心情があふれてきた姿だと信じたい……(感涙)
3人で笑って酒を酌み交わす場面、大好きです。
この場面で締めくくるのがほんとーに、ほんっとーに好き。こういう引きっていいよね。
ああ。ええ話をみた……(*´Д`)

録画保存ケッテイです……そして残りがもう15話くらい……
どう終わるんだこの話……(笑)ううう~(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-10-26 21:48 | さなだまる | Trackback | Comments(0)

にせんじゅうろく秋新番


どもです伊山です。いかがお過ごしですか。
こちらはアニメ新番組が豊作で嬉しい悲鳴です(笑)
たくさんあって有り難いけど見る時間が……いつ見ればいいの……(苦笑)

はい、ではこの秋オススメの新番組感想をば ざっと。

「ドリフターズ」abemaTV配信)
キキキキターーーwww≡(ノ*゚▽゚)ノ
これ!これは本当にイチオシです!!(^0^)
本当に見て!これは見ないと損します!!ワタシがここまでオススメしたいのは久しぶり。
これね~、本当にすごい作品になってます。
まず絵柄がそっっくり(笑)ヒラコー先生の特徴的な絵柄が
そっくりそのまま動いてる感じです。口の開き方とかいい感じの表現。
それからBGM!以前にコミックス特典先行DVDを見ましたが
配信版の1,2話を見たらまた全然違った印象を受けました!
先行DVDは確かほとんどBGMが入ってなかったんですよ。SEとボイスのみで。
(音楽は権利関係とかあるからかな?と推察)
なので、配信版にBGMがついてた分またさらに作品世界が明確に表現されていたように
感じられて、すっごく感激&感動しましたw
かっちょいいんよ~BGM。OPもそうなんだけど洋楽ぽくておどろおどろしくて。
改めて作品に付けるBGMって大事な役割があるんだなあってしみじみ思いました。
そういう、音楽と作劇とが合わさって、そもそもの世界観、ストーリー展開が
面白いもんだから、そらもー魅入る魅せられる。ってなもんで。
1度みたら病みつきになりますこのアニメ(笑)また見たい~くううって(笑)
もうこうなったらせめて1枚だけでもDVD買おうかなって。
特に土方さんが出てくるあたりは絶対1枚持っておきたいです(笑)うふふ。
もうね、見て!(笑)ドリフターズ見てください!(笑)今年イチオシです!^^
(豊久の中村悠一氏もぴったし!首置いてけーの発音めっちゃ薩摩(笑))

「信長の忍び」GYAOにて配信)
これもこの秋イチオシの作品です^^
もともと原作コミックが面白くて、全巻揃えてるんですが
まさかアニメ化するとは!(愛)しかも有名な大地丙太郎監督!(^0^)
もう間違いないだろってことで配信楽しみにしてましたv
……しかしビックリしたのがこれ5分番組(実質3分)だったんですね(笑)
なーんだもっと長くみられるかと思ってたのに(笑)
だけどもいざフタを開けてみれば元々の4コママンガのテンポで
小気味よく会話が進んでいき、30秒に1回はオチがつく、という
とっても見やすい流れになっていました。セリフ回しが少し早めかな?という感じ。
ストーリー自体はまだ序盤だけどもこの後順調にすすめば
主役の千鳥ちゃんが大活躍無双するところもきっとみられるだろうし、
その際のテンポ、作画の動きにも今から期待して大丈夫!って印象です^^
3頭身キャラが可愛くちまちま動くのもすっごくきゃわいいv
声も3分アニメにしては?とっても豪華だしハマってます^^
秀吉役のかっぺーさんは前々から熱望してたそうなので思い入れもひとしおの様子w
週イチの配信でたった3分なのでラク~に見られそうなのも嬉しい。
ぜひぜひチェックされてみてくださいvv
(来年のコミックス新刊にはこのアニメ前期13話がまるっと収録されたDVDが
付属されるとの由……3分アニメだから成せるこの力技wもちろん買います(笑))

「文豪ストレイドッグス」(地上波放送)
前期13話に引き続き視聴。相変わらず絵がきれいで動きも丁寧です。
あと画面演出とか映画っぽくてすごく見やすいです。少しウテナテイストもあるかな?
前期のお話の続きから、と思っていたらメインキャラの太宰の過去話から始まりました。
ちょっと拍子抜け。しかし織田作之助という作家さんについては知らなかったので
今回勉強になりました(笑)
(調べたついでにアニメに出てきたカレー屋さん、ふりいだむとありましたが
実際の織田も自由軒というカレー屋さんを好んでいたとのこと。そういうネタ仕込みいいですね)
あとエンドクレジットにも出てたけど、実際の文豪が好んで利用していたという
銀座のバー・ルパンもそのまま出てきてるのが面白かったです。前にTVに出てた。
作品自体は前期から同様、スタッフさんたちの力量が全面に出ている印象で
見応えあります。若い子が好きそうな雰囲気かな~。
最後まで視聴続けたいと思います^^

「夏目友人帳伍」(地上波放送)
間があきましたがこれも継続作品。続編のもうシリーズ5ですか、長いねえ。
スタッフさんに少し変化があったかもですが基本スタッフさんは変わってなくて
作品の雰囲気も変わりもなく、まったりふんわり、な空気感がすごく居心地良い感じです^^
原作既読なので今後の展開はぼんやり覚えてはいるものの
アニメとしてどうお話しが進むのか期待しております。

「舟を編む」(地上波放送)
前々から原作の内容を耳にしていて気になっていたところのアニメ化、
しかもノイタミナ枠なので飛びつきました(笑)キャラデも大人の雰囲気で好印象です。
まだ1話だけですがこれめっちゃよく動きますね(笑)
動きが丁寧すぎて映画作品みたいです(笑)ベンチに座って重心変える感じとか、
お辞儀したりゆったり目線動かしたり、その反面イメージシーンで
荒波にもまれる動きでは省略した線が躍動して迫力出していて
「静」の作画と「動」の作画どちらもすごく見やすくて丁寧であっけにとられます(笑)
あと「文字」「言葉」がテーマなのでCGで加工した「言葉」が
怒涛のように流れて押し寄せて、たゆたう動きが表現されてて、
そこはすごく洗練されてて作風にすごく合ってるなーと思いました。
この作画の動きだけでも見応えあるので視聴継続です。
(どうでもいいけどこのところ神谷浩史氏と櫻井孝宏氏の声ばっかり聴いてる気がします(苦笑))

「戦国鳥獣戯画」(地上波放送)
たまたま地上波の放送があると分かったので急きょ録画視聴。
ええと、最近の真田丸とか信長の忍びで正史重視のキャラ造形を見慣れてきていたので、
この鳥獣戯画は従来の定説とかイメージでの武将のキャラを出しているなーと思えて
ちょっと視聴意欲が下がりました(苦笑)
でもこれ、ワタシが好きだった戦国鍋TVのスタッフさんたちがけっこう関わってると分かって
テンション上がりました(笑)EDのキャスト表示に似顔絵が付いてるのが嬉しいですね(笑)
(村井良太くんお元気そうでなにより)
これも5分番組で短いので録画してさっと見れてすぐ消去できるのがいいです(笑)
これも溜めないように視聴していこうかなー。

いやーーほんとこの秋はアニメ新作豊富で嬉しいっす(笑)わははは。
ストレスにならない程度に見続けていこう~見る時間なんとかせねば……ww
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-10-25 17:04 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

29話


鉄血のオルフェンズ29話視聴!4話ですね
今回は絵柄が……ちょっと惜しかった感じ。ソフト化の際の修正を期待(笑)

前半は前回からのつづきで宇宙戦。手描きメカたちがうんとこ動いていました!
バルバトスが両足からブースト出して方向転換してたり
くるんと中空前転してからの両手攻撃、とか
よく動いてましたw ワイヤーのあしらいとか手慣れたもので。
しかしやはりというかいつものミカさまというか
「ころさないようにするのって難しいな」ってセリフには思わず苦笑(^-^;
さすが悪魔だ……悪魔だぜミカァ……。

後半はオルガ(と護衛のミカ)が騒動の火種である新興宗教家にナシつけに
押しかけて……というところだったんですが
あれは……ほんとうにタダの983……(苦笑)チンピラ越えて若頭のご登場でしたね(苦笑)
後ろに控えて黙々と火星ヤシをつまむミカがその筆頭補佐……ひええ(苦笑)
(最近龍が如くのゲーム見てたんでちょっとそのへん親近感ある(笑))
結局オトシマエってことでミカがパンパンってしちゃったんですけど
なにもころすことはないんじゃないかなあ……って思ってたら、
クーさんがね……。そういう争いが争いを呼ぶような連鎖はもう断ち切りたいって。
話し合いや政治で解決できなかったことが結局争いや戦いで決着つけるはめになって
救いたいと思ってる人たちが真っ先にその争いに突進していくことになるから、
それじゃ彼らを幸せにできないって。そういう突進していくような環境なのが良くないって。
だから……読み書きや生活力、そういう知恵や教養を学んでいける、
落ち着いて水準の高い暮らしがしていけるような世界にしていきたいって。クーさん。
正直、あークーさんまた大きなことを……とは思ったけど、
そうか、そこに至ったのかと。クーさんが鉄華団の理性になって、歯止めをかけていきたいのかと。
鉄華団がこのままじゃいけない、と言い始めたのがクーさん、ってのが
なんか……本当に、クーさん凄いなと。思いました。
作品内でこのままじゃいけない、って言い出せる人が少なかったので
まさにその立場にもっていけるのがクーさんなのかと思って、感心、しました。
(そしてアトラたんかわゆす……かわゆす……)

新興宗教家がけしかけた海賊らを一網打尽にした功績をたたえる、ためかな、
オルガ(とミカとメリビットさん)が火星近くに来たマクギリスと対面。
(どうでもいいけど、これまでの火星支部の仮司令官になってた人、
典型的なモブ顔だったよね……(笑)EDに新江なんたらと名前あったのその人のこと?)
もうこうなったら公にギャラルホルンと鉄華団につながりがあると
さらしちゃうつもりなのかな。マッキー。
思惑があると思っても実利というか理性で共闘を承諾するオルガ。固い握手。
むむむー、ゲームのCMで今回は共闘だ!とアオってたのはこれかあ(そこ?)
まっすぐ見つめるミカ、どう見抜いてるんだろう。
マッキーの体調(心労?)もすぐに見抜くしねミカ……さすがだぜミカァ……。
そして個人的にはオルガの左側に立ってたのが地味に気になる。
そこだとオルガの声あんまし聞こえないよ……(本当に地味に気になってるんです)
前半パートではバルバトスにのってがすがす動いてたのが
後半は片腕包帯つりさげて片目もハイライト無くて、やっぱちょっと動きづらいみたいな姿に
なってるのがボディブローのように効きます……。戦闘以外では役に立たない、の意味が。

ええと新キャラのハッシュくんがミカに直訴したわけですが
これはオルガとの橋渡しを頼んだようなもので、ワタクシいつハッシュくんが
オルガに心酔するようになるか、その辺が見ものだと思ってるので
今後ワクワクします(笑)肩透かしくらうかもしれないけど。ハッシュくんが目指すのは
オルガのはずなので。今ミカをライバル視してても意味ないよくらいは思っておきたい。うひ。
あと、射撃能力が高いのかと思わせてどうもそうでもなさそうなイオクくん、
やはり残念系イケメンなのか。そうなのか。わくわく(笑)

そんなかんじで。開拓予定の火星の土地からいきなり出てきたガンダムフレーム(とでかいやつ)も
気になりますね!ではでは。
(希望にあふれるはずの鉄華団の未来がよどんで見えてくるのは何故なんだぜ……(苦笑))
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-10-23 23:54 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

28話


オルフェンズ#28視聴!通しNO’でいきます(笑)
あの手繋ぎ映像が毎週OPで見られるなんてなんという公式さまなの……(萌)

いやー今回はモビルスーツ大盤振る舞いでしたね!早速の宇宙戦。
続々と、これでもかってくらい新型のモビルスーツ出してきて、
プラモ関係のFAN大歓喜って感じでした(笑)
個人的には鉄血のモビルスーツは武骨すぎて細部まで覚えてられないなーって
ところがあるんですが(好みの問題ですな)、
今回は昭弘が乗ってたグリオンリベイクなんたら(笑)、の
ライフルが4つも抱えてるのがめっちゃインパクトありましたw
さすがになんじゃありゃって言うと思う(笑)
戦闘自体も共闘のうえの艦隊戦、しかも三つ巴四つ巴の
敵味方入り乱れた空間での戦い、ということで見応え充分!
かなり頭を整理しながら見ないとついていけなかったかも……(なので録画で2度視聴(笑))

あの、冒頭でサクラ農場で実は三日月が野菜栽培をはじめていた……という話を
クッキークラッカ&クーさんたちがしてて、ミカほんとにやってたの!やるじゃんて
素直に思いましたwすぐ枯らす、というのもなんというかミカらしいというか(爆)
農場の夢まだちゃんともってたんだなあ……。実現するといいんだけど(汗)

それから宇宙空間で待機中にミカとオルガが会話してるところで(萌)
遠くから実はアトラたんが「あそこには入れないな……」ってへこんでるのがあって
ここ、さすがに見てるこっちも「ですよねー」ってなりました(爆)
だって休みを言いつけられて暇なんだよとかいってオルガがわざわざやってくるのが
ミカのところで(笑)、しかも「ここにいたのか」ってことは探し回ったってことで(笑)、
そこにミカの「オルガの道は俺がつくるよ」ってキラキラした片目で言われてごらんなさい(笑)
こりゃーアトラたんでなくても入れない……ってなるよね(爆笑)あはははは。
なんという2人か……こまった……最高か……(困らない)
しかし何というか、片目のハイライトが無い状態で微動だにせず正面を見つめる
ミカのまなざしってほんとビクッとするくらい鋭いですね。なんだか怖い。
片目見えてないんだな……って改めて突きつけられたみたいな感じで
ゾクっとするのと同時に惹きつけられました。さすがミカだぜ……。

ギャラルホルンと共闘する展開から、その背後を追ってきた別のギャラル組・アリアンロッドと
敵対方の宇宙海賊との入り乱れた混戦に。面白い展開だなと思いました。
マクギリスの配下の石動(いするぎ)さんは多分事前にマクギリスから
アリアンロッドも混じるぞと言われてたはず。どんだけ敵つくってんねやマッキー……。
(しかもいつの間にか准将とわ)
マッキー、ほんとにどこまで策謀を練ってるのか現時点ではさっぱり分からなくて
もしかしたら自らの死ぬ展開まで想定しての策謀かなとも思わされたりしてます……。
今回マッキー出てないけどね。
あっ、マッキーの名前が出たら途端にやる気を出してきた仮面の人いましたね!
思いがけず、早めに声を出してたので声バレ即バレでしたがwww
いいのか……分かりやすくてほんと嬉しいけどそれでいいのか声バレ……(笑)
いやー、後でなにがあるか分からんぞこの作品はほんと(笑)
(でもミスターキシドーなのは間違いないと思う)

そんな感じでとても楽しく見られていますオルフェンズ(にっこり)
あの残念系な香りぷんぷんのクジャン家当主イオクくんがとても気になっています(笑)
どんくらい残念なのか、もしくは本当に素直で感情豊かなお坊ちゃんなのか……
今後の展開に期待っすw
あとユージンまた鼻血出してたね……ユージンといえば鼻血になっちゃうよ(苦笑)
そんなこんなで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-10-21 22:32 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

ぎが&高山


おこんばんわ伊山どす。いかがお過ごしですか。
こちらは急激に花粉症の症状が出て夜も寝付けず、キツかったっす……。
秋の花粉症は聞いた事あるけどまさか自分にも関わってくるとわ。
具体的にどの物質にアレルギー反応が出たのかは分からないのですが、
よく晴れた日に昼日中ずっと干してた布団を取り込んだ直後からの発症、てのを考えると
目の前の田んぼで黄金色に輝く稲の花粉かしら……とか思ってしまいます(苦笑)
(よく言われるのはブタクサとかセイタカアワダチソウとからしい)

さてさて、その花粉症が発症した翌日のことですが
前々から行きたかった展示会に行ってまいりましたよ。

九州国立博物館!
d0025055_052663.jpg

にて絶賛開催中の!
d0025055_055853.jpg
「鳥獣戯画」展~!!ww



以下おりたたみ!

ぎがぎが
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-10-17 23:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

おるおるふぇんず


はいっ、オルフェンズ2話(ナンバリングは27話)ですよっ。
うーんナンバリングめんどいな(笑)

ええと、改めて2期のOP、ED映像がきちんと流されましたが
あの、OPかーなーりヒキョウじゃないですかね……
なんで三日月が乗り込もうとするバルバトスのところにオルガがいるんですかね……(笑)
しかもぎゅぎゅっと手つなぎカットまで入るんですかね……(爆笑)ww
まさかミカの目線の先にしっかりとほほ笑むオルガが居るとは思わなくって(笑)、
思わず拍手して称えてしまいましたよ……wスタッフさんさすがですww
(絵コンテは長井監督ご自身だそうではいもうよくお分かりでって感じ(爆笑))
うん、この萌え映像が毎回番組頭に流れるわけで
本当にスタッフさま公式さまありがとうございますありがとうございますですm(_ _)m
EDもね……各種同人作家の皆様がどこかできっと妄想したであろう、
幼少時のミカオルアトラを描いてくださって……ねえ、もうほんとに(平伏)
こちらの需要を的確に供給してくださる(しかも過多気味)公式さまには
全くアタマが上がりませんわ……!

修理を終えて火星に降り立ったばかりのバルバトスwithミカですが
両手と両目が使えるようになった「いつもの三日月」がまたかっちょよかったですv
両手のレバー?操縦コンソール?を反動つけながらぐいーっと押し込む感じとか
すごく良かった。うふふ。
そういやミカ、戦闘終わって右のズボンのポケットから右手で火星ヤシ食べてたようだったけど
あらかじめ右のポケットにも常時火星ヤシを要れてるの……?どうなの(苦笑)
「バルバトス、動かなくなった。」とかふごふご食べながら「うん、動くよ」とか
クーさんに言われて「ぁあー↑」ととぼけた感じで声を出す辺りが
すごーくミカっぽくて嬉しかったっす(ミカ萌え)。
なんというか、伊藤悠先生が描くキャラも「ぁあー↑」ってな反応しそうだなと(爆)
そしてアトラの声がしていても「団長」という単語で初めて
ふっと状況に気づくタイミングで描かれてたのもほんと……もうね、ミカってば(泣笑)

それにしてもオルガがますます色っぽくかっちょよく描かれてるのが……もうね(萌)
ワインレッドのスーツほんとに似合うな~オルガ。
今回の作画がまたさらに艶っぽさを感じられたというか。いい作画でした感謝。
しかしカッコイイとかより、キレイとか艶っぽいとか美しいとかいう表現をされてしまう
オルガ団長って……(笑)女形とかどうですか(爆)

ええと他に以前鉄華団を追い出されたはずのトド(笑)が、
ちゃっかり鉄華団に出入りしてたり(モンターク商会からのいい話といっても通信だけだったけど
なんか手土産とか運んできてたんだろうか。武器弾薬とか)
もうモンタークなんて名乗らず仮面もつけずに(笑)マクリギスが顔さらして
ほぼ公然と鉄華団と繋がってみせているのもすごいなーと……(苦笑)
鉄華団はマクギリスの手ごまの一つと数えられてるんだけども
おおよそ予想はついてるんだろうけども、明らかになったならオルガはどうでるだろうか。

新入りのハッシュくんの生い立ちがざっと語られましたが、
あれですね、彼が敵視しているのはミカのようですが
実はオルガを目指してるんですね彼。むむ。見てるところが違う様子。
いざ、ほんとうに目指すべき姿はオルガ団長だということを知ったら、
ハッシュくんはどう出るのかな?オルガシンパになるのかしらw
ハッシュくんの今後も気になりますね。

あっ!そうそう謎の(笑)鉄仮面の男、思ったより早く出てきましたね!w
ま、まさか仮面が光る仕様とはwww
そしてマクギリスを敵視する?七家のひとつのところにかくまわれている?のかな。
まああらかた予想はついてましたがやはりそうきたか、と。
体調はどうだ、と言われてましたから病み上がりか怪我した後遺症とかがあるのかも
しれませんね。むふふ。

という感じでまだまだ新章始まったばかりで情報が足りません!
1期での教訓は「案外ナナメ上の路線だがそれなりに納得できる展開」だと思っているので
気持ちよくこの流れにながされていきたい所存でありますww
(予告のクジャンくん、まるでヒーローものアニメの主人公みたいな次回予告だったねww)
昭弘が服から消えた赤い線を思い出すようになぞってたり
元ヒューマンデヴリだったアストンくんたちが具だくさんのスープや本物の肉を
くちにできるような環境になってたり、と
鉄華団をめぐる状況が前より良くなってるというのが理解できる表現になってるのが
いいなあとしみじみ思いました。
岡田まりさん脚本は食べ物のシーンが多くていろいろ考えさせられる。

といったところで!また次回秋の新番の話題やります!w
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-10-09 23:03 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

オルフェンズ2期!


おこんばんわどす伊山だす。

いやーーーー、ついに、ついに、とうとう始まっちゃいましたよ、
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第2シーズンがっっ!ww

いや、あの、実はですね、放送日前日のワールドプレミア、
映画館での先行上映会にワタシ当たってしまいましてね(笑)、
放送に先がけて2期1話、見させてもらっちゃったんですよね。ありがたや。
てっきり東京でのプレミアイベントを劇場でパブリックビューイングできるのかと
思っていたら、なんのことはない、前もって用意されていたVTRを
劇場内で上映するのみ、たった30分の上映イベントでした(苦笑)なんと……。
(しかしお土産をいただきました。バルバトスのプラモ。太っ腹~)
上映会、お客さんは20、30、40代の落ち着いた世代の方ばかりで、
オルフェンズの視聴者層の厚さ?高さ?に内心おびえました……w
もっと若い子に受けてると思っていたんだけど。この上映会の申し込みが煩雑だったせいかしら。

まあまあさておき、そうやって上映会で見た翌日に改めて1話(ナンバリングは#26)を
拝見したわけですが、
……ミカ……紋付き袴 着てたね……(萌)←そこか
まず真っ先にそこに萌えてしまいました(笑)てへ。
あの、冒頭の墓標に立つミカオルのシーン作画とかすごく良くてうっとりしちゃったんですけど、
墓石のカット変わったら背景も少し変化してて、
このカット切り替わりの一瞬で、何年か月日が経ったということを表していたんだなって
後から気づいてすごくビックリしました。
一応アトラちゃんのナレーションでしばし時が経過したような話しぶりは伝わったんですけど
墓石の絵ひとつで時の経過を見せていたとは思わなくて……すばらしい。
(よーく見たら最初の農場の風景とその後で畑の面積がうんと広がってたんですよね。なんと)

そして状況説明として、鉄華団がテイワズ(木星ヤク○企業)の正式な傘下に入ったこと、
それが戦力を重視された軍事顧問としての役割であること、
ギャラルホルンの失墜が明白になり世相が変わって、少年兵がさらに徴用されるようになった事。
などがざっと語られました。
あの、特に変化が顕著だったのはクーデリアお嬢さんで、
まず「アドモス商会」という、フミタンの名前を冠した会社を設立、社長となってます。おお。
そして火星の鉱物資源の発掘、加工などを一手に引き受けているとのこと。
更に、サクラおばあちゃんの農場の一部を孤児院として整備して
福祉事業にも着手しているとの由。やるなあクーさん……。有言実行とはまさにこのこと。
こうして書くと火星の状況は好転しているようにも見えるんですが
実際はテロとかも頻発してるみたいで、クッキークラッカやミカが乗った車が
巻き込まれそうになってたし、治安はますます悪くなってる描写もありました。むむ。
すこしましになったとはいえ状況はそうやすやすと変わるわけではないということでしょうね。

オルガが……なんか、地に足ついた運営をやろうと
奮起している姿が見てとれて、なんかかわいくて和みました(笑)
いやいや、オルガすごく真面目にやってたよ、まっとうな仕事で鉄華団を軌道に乗せる、
そのためにはアラヤシキなんて際どいシステムを導入せずに
新しいモビルワーカーにはアラヤシキを載せてない、というなんて優しい徹底ぶり。
素晴らしい団長さん、理想の実現のために慣れない数字とか事務所開設のお祝いとかやってる(笑)
赤いスーツもどちらかというと外面用で、
ほとんど常に鉄華団のジャケット羽織っててね、いじらしいじゃないですかこの団長さん(愛)
あっすいませんワタシミカ目線でオルガ見ちゃってて(爆)いやいやいや。

ああ、まあ1期から2年?ほど経った世界なので
新キャラも当然出てきててですね。鉄華団の新規入団者やギャラルホルン側のお貴族さまなど。
個人的に気になるのは、ギャラル側のクジャン家当主?黒髪ドレッドの若い男性ですが
大人しそうな見た目なのにどうも残念系?なニオイがぷんぷんして(笑)、
どんな立ち位置になるのか気になります(笑)
あっそういや新規入団の青年たちに、年少組だった少年たちが
タメ語で、むしろ先輩口調で会話してるシーンがいくつかありましたけど
年功序列は無いのね?(笑)自分より小さくても先輩として敬うルールなのかしら鉄華団w
(○○隊、とか○○組、とか小グループに分けて番号振るのってまんま新選組だなーとぽそり。)

ええと、ミカがいつも寝てるって言われてるのがとっても気になりました……
だってミカ1期では寝てるシーン全くなかったんだよ。オルガはあったけど。
ミカ、寝ないと活動限界がくるのかしら。どんだけバルバトスに搾取されてるんだよ……。
バルバトスと接続すると右手と右目が復活するの、いい表現でしたね。
特に目に光が宿るカットは萌えと燃えでうっとりしました(笑)
あの、格納庫でミカが寝てたり(1期はオルガ)、モビルワーカーが展開していったり
敵モビルスーツに蹂躙されたりしてたシーンは1期1話の繰り返しの演出でしたよね。
良かったな~燃えますよね。
バルバトスが地面からでなく空から降ってくるのも燃えました!かっちょいい!
(下向きに砲撃して落下速度をおとす工夫をしてるのもいい)
それと、「おかえり、ミカ」「ただいま。」っていうのは
2期になって帰ってきたよーっていうのと、
バルバトスに乗って本来の実力が全て発揮できる「いつものミカ」が帰ってきたな、
っていうダブルミーニングですよね!ね!(笑)
オルガがいう「ミカ」が帰ってきたんだよね!うふふ(萌)

まあそんなわけで萌えと燃えがおしみなく降ってくる有難い1話だったわけですが(笑)、
あの!EDにもなってた主題歌が流れてたラスト付近のシーン!
あの映像はOPになってるですかね、カットの中に居ましたよね、
フルフェイスの鉄仮面被った「あの人」がっ!ww
ネットでは「誰リオさん」とか「ミスターキシドー」とか呼ばれてましたけどwww
あれは明らかにガエさんですよね……後ろにぼんやりと紫色のモビルスーツ映ってたし(笑)
いやー、出てくるのか、出てきてくれるのか誰リオさんw
この半年友人とどーなんだあーなるのかそーなるのかと予想妄想を繰り広げてきましたが
おおよそ想像の範囲内ではありました誰リオさん(笑)
しかしどんな風に登場してくるのか、背景はどうなってるのか、
気になる気になる~♪ めっちゃめちゃ楽しみです!!w
あっ、あのラストのOP映像は先行上映会では流れてなかったです。
鉄華団のマークが浮かぶ黒バックに映画のようにスタッフロールが流れるだけだった。
なので、リアルタイム視聴した時にそうくるとは思わなくて
おおおっ!wwって声が出ましたよ^^ やってくれるわあ公式さま。

そんなこんなでつらつら語ってしまいましたが
オルフェンズの期待値ハンパないです!(笑)
また半年、ワタシをミカオルで萌えたぎらせておくれ……(笑)
日曜は真田丸もあるし、また時間に追われて萌えに身悶える日々が始まるのね……(笑)
いや、もう覚悟は決まっています(笑)来るなら来い。どーんと受け止めてやる(笑)
というわけで(笑)すいませんこれからまたうるさくなりますw
ミカ~ミカかっちょいいよ~(笑)
(常に左耳が聞こえるような位置にさりげなく立つミカが素敵……)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-10-03 23:31 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)