<   2017年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

うるとらまんな日々


おこんばんわどす伊山だす。調子に乗って連続更新です(笑)

4月目前にして未だ桜が咲いていません(苦笑)
近所の公園で昨日、ちらほら、10輪ほどほころんでいるのを見つけましたが、
去年のこの時期はもう満開か、散り始めだったような覚えがあるので
今年はのんびり長く桜が楽しめるようですね。お花見きちんと行きたいな~。

さてタイトルの件ですが、3才息子、すっかりウルトラマンにドハマリしてしまいました(笑)
誕生日に2000円もするウルトラマン大図鑑なる本を買ってもらい、
初代から最新作まで網羅する内容に、全部は理解できないまでも
好きな怪獣やウルトラヒーローのページをめくりめくり、
時折文字を読んでとせがんではウルトラマンの知識を日々仕入れている状態ですw
3才児の吸収力ってほんとすごいですよ~。耳に入った言葉はすぐ口に出して覚えるし
歌も2,3度聞いたらおおまかなメロディは頭に入ってしまうようです(笑)
おかげというか せいというか、彼の趣味にこちらも引っ張られ、
今ではワタシもだーいぶウルトラマンに詳しくなってきました……。
ちょっと前までは知ってる怪獣はバルタン星人とダダくらいのものだったのに、
今ではドラマの設定を踏まえたギャグとかもかませるようになりました(爆笑)
(宇宙墓場という単語からすぐシーボーズという怪獣が連想できる……)
このところ毎晩、息子が寝る前にウルトラマン図鑑読んでとせがむので(図鑑をどう読めと……)
眠い目をこすりながら各話あらすじとか読んでたら覚えるっちゅーねん(苦笑)
しかし、この年になってウルトラマンの内容とか映像とか見ると
これまで親しんできた他のマンガやアニメの元ネタがこれだったのか~とか
そういう見方ができるようになってやっぱり面白いです(笑)
庵野カントクは本当にウルトラマンが好きだったんだなあとか(笑)

子どもの好きなものにオトナも引き込まれる、というのはけっこうあり得るシチュかと思いますが、
オトナの目線でも楽しめる要素がある作品だからこそ、という気もして
なかなか興味深い現象です(笑)まー、自分がオタクだから抵抗が薄いというのもありましょうが(笑)
子どもの好きなものに寄り添えてそれをしつけや教育に活かせれば一番いいんだろうな(笑)
日々勉強ですw

あっ、それとは無関係だと思うんですが今やってる戦隊の「キュウレンジャー」が
心底面白いです!日曜の癒し(笑)(オルフェンズが大変だからこれを見て癒される……)
放送開始直後からアイテムキャンペーンとして関連商品にポイントが添付されてて
それを一定集めると限定オモチャが当たるっていうのがあって、
今それを子ども以上に熱心に集めております(爆笑)
いや……自分が好きで、子どもをダシにしているというのはこの状態のことをいうんだろうな^^;
もらえるオモチャというのが子どもの星座にちなんだ作中アイテムなので
是が非でも欲しい、というのはある……。
なので、このごろはあちこちで目につくキュウレンジャー関連商品を手にしては
ポイントがついてないかどうか確かめるクセがつきました(笑)
6月まであるキャンペーンなので気長に集めますわ~。
ポイント目当てだと商品が溜まって困る……ということがありがちですが、
ぶっちゃけキュウレンジャーなら好きだから困らない!という感じで(笑)、
喜んで集めているふしもあり……うーん、我ながらバカですね(爆)
キュウレンジャー、画面づくりが上手くて全体の印象もキラキラしてて素直にかっこいいし、
キャラの多さが心配でしたがそれを払しょくする勢いで各キャラ個性が目立って分かりやすく、
あとスタッフさんたちの創意工夫ぶりが画面からしっかり伝わってきて
純粋に尊敬できる作品だなと思っていますv小道具とか映像演出とか大変そうだけど
目新しくて楽しい^^すっごく万人にオススメしたい作品です!
(OPのスパーダの笑顔にいつもメロキュンてなる……wwあとガルちゃんかわいいガルちゃん)

そんなこんなで、とりとめなく。近況でした(笑)




[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-03-30 21:43 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

たいがどらま


おこんばんわです伊山どす。いかがお過ごしですか。

真田丸の感想文が全然更新できてなくて本当にすいません……(詫)
忘れてるわけではなくてずーっと頭の片隅に気にかかっているんですが
優先事項がほかに山積みで……(苦)
時間をかけてじっくり完走していきたいと思っています、すいませんm(_ _;)m

ええと、今の大河ドラマ、「おんな城主直虎」はひっそり毎回見ています(笑)
感想書くほどでもないのでここには書いてなかったけどw
最初の子役ちゃんだけで4話もたせたのはすごいなと思いました。
おとわちゃん役の子、愛嬌のあるというか、不思議な魅力のある演技で良かったですね^^
その後、本役の柴咲コウさんになりましたが、登場してすぐのシーンで
話し方が子役ちゃんに寄せて特徴つけて演技されてたのがとっても良くて!
あの、語尾を「~であるがのぅ。」ってほんのり伸ばす喋り方だったのを
柴咲さんもそうやって同じように喋っていたので、うわーおとわちゃんがオトナになったーって
素直に思えたので役者さんてすごいなーって思わされました^^いい寄せ方でしたよね。
そんで先週の第12話でとうとうタイトル通り井伊直虎として降臨したわけですが
今のところ誰に感情移入するでもなく物語を追うのを楽しむといった感じで
のんびり見ています。高橋一生さんの政次はかなり同人誌萌えが発生してそうだなあと思いつつ(笑)
あ、あと市原隼人さん演じる美坊主の傑山!あの二の腕がイイっすねww
全体的に女性寄りの作りかなあという印象はありますが、基本的に
戦国時代の小国の肩身の狭さとか運命のむなしさとか理不尽さとか
けっこう世知辛いところも小出しにしながら描いている印象があって、
台詞だけ追ってても話の理解はできるけど、画面全部をまっすぐ見ながら視聴すると
より深く感情込めて見ていられるなあという……。ながら見も出来るし真面目にドラマを向き合う人にも
興味深くみられるよう作られている、といった感想です(いつもエラソウですいません)。
丸や組!の時みたくふおお!というような燃えるドラマではないですが
過去の戦国ものドラマと比較検討しながら楽しめてます^^柴咲コウさん美人さんだな~。

あっ、そうそう少し前にスカパーのキャンペーンで3月だけチャンネル銀河を契約して
「平清盛」が見られると書いてましたが、無事見られています!^^
録画できない環境なのでリアルタイム視聴できる時のみ、とびとびの視聴ではありますが
今改めて見てみても本っ当~に、美しくてのめり込めるドラマだなあ~!としみじみしておりますv
当時、画面が汚いという批判があったんですが、今見ると画面全体がフィルム撮影のように
ぼんやりした画像効果を敢えてほどこしてあるのが分かって、
そこがまた過去の出来事を映像を通して眺めているような視聴演出になっているなーと思えて
すごく興味深いです^^ あと全体的に美しい。くすんだ画面なのに切り取られた瞬間しゅんかんが
計算された構図や色彩になっているのが感じられて、とても美しく思えます。ほふぅ。
あとはやはり当時の感想にも繰り返し書きましたが松山ケンイチ氏演じる清盛が
どんどん貫禄と威厳がでてきて、30歳そこそこの松ケンさんがよくぞここまで……!という
感嘆の気持ちが素直にわいてくる演技をされているのも特筆したいところです。凄い。
改めて思ったんですが、「平清盛」のOP映像は本当に綺麗~v
映画の始まりみたいな物語の広がりを感じさせる出来だなあとしみじみしました^^本当に好き。
あと2日ほどで視聴できなくなっちゃうけど(寂……)、
5年経った今もう1度見られて本当に嬉しいです。ありがとうスカパー!w

そんな感じですが雑感てところで。



[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-03-29 23:16 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)

超・大戦!


劇場版「超スーパーヒーロー大戦 仮面ライダーvsスーパー戦隊」を見に行きました。
今年3本目の映画鑑賞ですね。しばらく前に公開が発表された際、電王が出ると聞いた瞬間に
見に行くことが確定していました(爆笑)いいじゃないの電王10周年だし(笑)ww
ってことで以下ネタバレ感想~。






子連れ鑑賞でバタバタ;
[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-03-28 23:20 | 映画話 | Trackback | Comments(0)

49話


鉄血のオルフェンズ49(#24)話視聴。マクギリス・ファリド。(サブタイ)

番組冒頭からドキドキして見てましたが、やはりオルガはしんだ……のか。
むむむ。この作品は容赦なくキャラのしぬシーン(血を吐いたり目がもうろうとしてたり青ざめてたり)を
エグいほどしっかり描写してきていたので、
具体的なオルガの損傷の様子が出てきてない現状、まだ望みがあるような気がしてきました。
ダンテや団員が、オルガがしんだ、と発言して認識しているとしても。
最後のどんでん返しを期待ちう。
……ところで具体的にオルガを襲撃したのは武器商人のノブリス勢だったようです。
特に明確な指示もなく、クーデリアを見張ってたらたまたまオルガが来たので
襲っておきました親分、みたいな報告に
ノブリスは特に感慨をえることもなく、そうか、ってだけで済ませた姿に
正直いち視聴者として一瞬ムカァっとしちゃって。
でもそれって直接鉄華団とは特に利害関係もない、強者にすり寄るだけの武器商人にとっては
本当にどうでもいいことなんだろうなって。そういう関係を冷酷に描いてるだけだなって。
なんか……こんな風に作品世界をばすんと幾重にも突き放して描けるスタッフさまの冷静さって。すごいな。
(ワタシが思い入れすぎか……)

オルガの襲撃を知った鉄華団ではそりゃもう衝撃度がすさまじく。
一部の団員が、誰が撃ったか分からないのに団長の弔い合戦をしようとか言い出しているとかで
ざわつき始め、そこへ三日月からの全員招集命令がでてくる。
ミカが全員あつめて何かを話そうっていうのはたぶんきわめて珍しいこと。初めて?
バルバトスを表に出して背中で繋がれた状態のミカが、コクピットに立って
静かに、強く声をだすことには。
「俺の中にオルガの命令が生きてる。オルガの命令を実行するだけだ。
それを邪魔するものはどこの誰だろうと潰す。どこの、誰でもだ。わかった?じゃあ、死ぬまで、生きて。」
オルガの今わの際、立ち止まるんじゃねえぞ、の言葉を正しく実行するために。
オルガが直前までに作ってくれた退路をまっすぐ生きるために進む。それがオルガの命令。
この言葉で団員たちは静まって、オルガの生きろ、の命令をこなすために動くことに。ふうう。
ここのミカの演説(?)、ミカ自身もすごく動揺しているようにも感じられました。
自分の動揺を抑えて、オルガの言ったことだけを遂行しようと自分に言い聞かせるためにも声をだした。ような。
この演説、ミカ本人にも降りかかってくる言葉ばかりで……。「死ぬまで、生きろ。」
ミカ、どうするのかな……(´・ω・`)

そんな鉄華団から始まったもんだからてっきり今回は鉄華団が逃げ出すまでの話に
なるのかと思っていたら、途中からサブタイ通りマクギリスの話に。
うーん、……正直なところ、ワタシは鉄華団の様子が見たかったので
ここでマッキーとガエさんのいざこざは見なくてもよかったかな……とも思ってしまって(汗)
いや、この2人の決着はすごく見たかったんですよね、どういうカタチでピリオドをうつのか。
でもなー……なんかスッキリしなかった。そこは残念。
けれども作画も動画も演出もレイアウトもセリフもどれもすごく熱がこもってて
とても印象的なシーンでした。





しかしだね。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-03-27 23:37 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

ラバーストラップ


ごきげんいかがですか伊山でっす。何年ぶりかの電王カテゴリ更新でっす(笑)
いやー電王、今年で放送から丸10年経つそうで(笑)もうそんなになるのか~。
それを記念してか、先日ブルーレイBOX発売の告知が出たり、
週末公開の特撮映画に電王復帰とうたわれてたり、
年内にいろいろお祭り的な動きが出てきそうです^^

その流れからか、先日アニメイトさんでこんなアイテムが出ると聞きつけて
早速予約して購入してきました、電王ラバーストラップBOXセット(笑)
7点入り一挙まとめ買いです(笑)なんとww
d0025055_22554450.jpg
d0025055_22561704.jpg
全種類入ってました!w
うわーーんモモちゃんはもちろん、電王にウラ、キン、リュウ、ジーク、デネブと
みんなみんなかわいいよぅぅぅwww

今は好きキャラのアイテムを身に付けてアピールする風潮のようだし
さすがアニメイトさん、デフォルメの可愛さはハンパないwってんで
全キャラ買って損しない!と思ったんでオトナ買いしました(笑)
せっかくなんで全種類は無理でもモモタロスだけ普段使いしてアピールしてみっか……(笑)と、
カギ束に付けてみたところ、そっこー翌日にヒモが外れて壊れた(爆笑)
んで、現在は金具の部分だけ別のカギにつけてぶら下げてます。ふふふ(笑)

10年前は好きすぎて買いまくればオサイフがとんでもないことになるwwと思って
こういったアイテムはできるだけ購入をセーブしてたんだけど(買うならジークだけとか)、
今年は10周年記念だし、まあいっか!って気持ちで揃えちゃったけども
これからしばらくこんなアイテム出続けるなら考えようかな……(苦笑)
いや、でも記念アイテムは欲しいかな。さすがにブルーレイは手がでないけど(爆笑)

オルフェンズでのオルガ傷心(笑)の衝撃をいやしてくれる素敵アイテムでした……w
ああオルフェンズ……とほほ^^;
(流石にショックが大きくて、ふらりと入った店の有線でオルフェンズOP曲が流れてきたら
近くの棚にガクリとうなだれるくらいには生活に支障がでています(苦笑)←どんなや。)

そんなこんなでww







[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-03-21 22:44 | DEN-O | Trackback | Comments(0)

47・48話


鉄血のオルフェンズ47・48(#22、23)話視聴。2話まとめて……。

火星に追い詰められた格好になったマクギリス&鉄華団ですが
火星支部の統制部長はマクギリスの推挙があってゆえの今の地位ですので
温情をかけられてスルーしてもらい、火星に降りられることになりました。
火星支部長……典型的なモブ顔なのにやるじゃん……(笑)
しかし、マクギリスの過去を養父から暴かれており、もう彼の出生の秘密が
公然とバレてしまっているとの衝撃発言もあり(この辺もうちょっとショックを受けても
よかろうマッキーよ……どこまで平然としていられるのだ;)、
マクギリスの地位も信用も失墜、ギャラルホルンはすっかり情報統制を敷き
マッキーを逆賊の徒、鉄華団をその協力をした武装集団、という位置づけにしてしまいました。
鉄華団はすっかり犯罪者。あーまあね、そういうことになるだろうね……(汗)

さすがの鉄華団もここまで追いつめられれば冷静になりますわね(苦笑)
マッキーとガンダムバエルをギャラル側へ突っ返そうとかいう話し合いまで出てきます(笑)
一応、オルガ的には火星の王の立場をマッキーに約束されたゆえの「義理」とか「筋」とか
仁義的なものは通したいところですが、
ギャラルホルンの大艦隊に追い詰められたとあってはもうその「筋」も無くなったと考えるかなと(苦笑)
マッキー、あんたすっかり孤立無援やで……鉄華団の中からもあいつヤバイとか言われてるし(爆)

鉄華団が犯罪の加担者という報道がされたことで、小企業として活躍していた時の関係企業とかも
次々鉄華団と手を切ってきます。このへん描写が現実的でしたね;
みるみるお金がなくなって、身動きとれない状況に。クーさんだけは手を貸しますと言ってくれましたが
むしろ火に油状態なんでしょう、ここでオルガがビックリ発言を。
「鉄華団を出ていきたい奴は出てってくれてかまわない。」
……これ、1期の23話あたりだったか、ビスケット死去後の士気を鼓舞するオルガの演説と
対になるような内容でした。もう金はない、ここまでよく尽してくれた、って。ちょっとおどろいた。
おおかたの団員は団長についてくぜって言ってくれたけど、
ザックくんだけははっきり言いきった。「お前らアタマあるのに頭使え!このままじゃおだぶつ、バッドエンドだ!」
これね、勇気ある発言だと思ったし、その後ザックんは仲のいいディンくんにだけ
「鉄華団の奴らアタマ悪ぃけど気のいい奴らばっかりで、なのに不幸になるのが目に見えてよぅ……」って
1人悔しがってくれてたんですよね。めっちゃいい子だ……。
多少の知識と教養とそれを合理的に思考できる頭脳があれば今の状況が絶望的だって分かるし、
それを熱心に伝えてくれてたんですけど、ザックん。
伝わらないもどかしさ、伝えてもどうにもならない他の孤児たちの環境。
それらを思って涙してくれるザックん。視聴者の代弁をしてくれたようで感激しました……。
ザックん、このまま優しい男に成長しておくれ……君の感情や思いはきっとクーさんと共有できそうだ……。

それにしても個人的にビックリというかあちゃー;と思ったのが、
本編の台詞のなかではっきりと、「三日月の子どもができたかもしれない」と明言された件です(汗)
あー……うん、たぶんヤっちゃったんだろうなあとは思ってたけども、
その辺もうちょっと妄想させてほしかったというか、秘め事にしておいて欲しかった……(;_:)
(個人的な妄想を公式で暴露されたみたいでいたたまれないっす(血涙))
そんでその辺、ミカが相変わらずナチュラルストレーートに「クーデリアが子ども育ててくれる?」とかって
前説明無しに言ってのけるから、そりゃークーさんも戸惑って呆れますわなあ(汗)
(あなたたちは本当に不器用、って笑えるクーさんほんと強い……。)
抱きしめて欲しい、と珍しく自分から懇願してきたクーさんに対し、
うん分かったと歩き出したミカだったけどバルバトスとの接続ケーブルの短さのせいで
ビンッて動けなくなってもうたのがちょっと笑いどころだったけど(笑)、
直後に合流したアトラと一緒に3人で輪を作るように抱きしめ合う姿が
微笑ましかったです……。ミカアト、ミカクー、アトクー、全部網羅じゃw
(アトラとクーさんが百合というわけでなく、ほんと微笑ましいのです初々しくて。)
しかし、ミカが火星に咲いた野菜の花にかわいいなと呟いたり、端末で勉強を再開してたり、
繋がりを残す、約束するというのもありかなあみたいに言うようになってきて、
なんというかミカの心境の変化みたいなのが感じられて気になりました……。
(そしてミカの「ありがとう、クーデリア。」という言い方が本当にミカっぽくてミカァ……!(謎))

……そんな時にオルガはなんとエリオン公と内密にナシつけたくて
自分1人の命投げ出していいからとかミカとの約束忘れたようなことをほざく始末;(爆)
アフォか、団長なにゆーとんねん(涙)あんたがおらんとミカオルやないねん(爆)
だけどもそこはもうラスタル公がオトナというか非情な対応で、
どこかで見せしめを作らないと体裁が整わないんだよね、とけんもほろろ。まーそうか……(汗)
かくしてギャラルホルンの秩序回復という名の鉄華団掃討戦が幕をあける……(涙)
(けれどラスタル公はやさしい。事前に最後通牒言い渡してくれたから……)

……長くなったので折り畳みます;;





まさかここまで長くなろうとは
[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-03-20 22:04 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

44、45話


鉄血のオルフェンズ44、45(#20・21)話視聴。2話まとめて。

うーーーん……正直この話は筆というか手が進まない……。
見入るには切ないし、かといってメタ的目線で見るのにもごちゃごちゃしてツライ(汗)

例によって?アリアンロッド艦隊とドンパチやってるさなかからの展開。
開戦の描写を盛大にはしょるのもこの作品の特徴のひとつですかね(苦笑)
(いつの間にか始まってるから視聴者としてはビックリするんだけど……(笑))
マクギリス側は自ら集めた若輩者らで編成した革命軍なる部隊と鉄華団で
曲がりなりにも宇宙艦隊戦やれる程度の軍備なんだけども、
いかんせん練度が低い。ラスタルもそこを狙って集中砲火。
加えて別動隊=ジュリエッタちゃんを鉄華団(※バルバトス)に当てて
部隊の分断をはかる戦術。直前にあえて直接ジュリエッタちゃんに激励をかけて
彼女個人の士気をたかめておくのも忘れない。カンペキ。
そして具体的な戦法はというと、事前にマクギリス側に間者(スパイ)を潜ませておき、
革命軍から違法武器・ダインスレイヴを放ったかたちにさせて、
「みろ、革命軍とやらは違法武器を持ちだしたぞ!」と煽ったうえに
ではこちらも、と大量の違法武器を並べて一方的に蹂躙する、という……。
個人的意見を言わせてもらうと、違法武器に違法武器で対応するのがそもそも間違ってると
思うんだけど(汗)(大体、ダインスレイヴを禁忌と封印していたのがギャラルホルン側でしょ、
そっちが率先して使いだすのってどうなのと)
それが戦争だというならそういうことなんだろうとほぞを噛んで見ておりましたが……;
こういうラスタル公の戦争の仕方をみていると、ほんとうに過去の戦争の歴史とか戦術とか
政治とかをしっかり学んで活かす勉強を積んでいる人なんだな…といっそ感心します。
あまりに冷徹なほどで、それが合理的で正しいオトナの振る舞いだと
イヤでも分かるんだけども、あまりに容赦なさすぎてちょっとムカっとする(苦笑)

まあ、それでマクギリス側にたいそうな被害が出て……。革命軍の表向きの顔だった
ライザエンザくんはあっさり戦死してしもうて(汗)マッキー、彼を革命の傀儡にするつもり
だったんじゃなかったのかな……こんなあっさり退場してしもうていいんかな(汗)
で、鉄華団も艦ひとつ大破、それから流星号をあやつるシノが大ダメージ。
でも、そのシノがラスタル艦への特攻を申し出て……。
まあ結局すんでのところで惜しくも失敗するのだけども(涙)
ジュリエッタちゃんの執念だった。悔しいがお見事。(そしてヤマギつらい……)
ジュリエッタとぎりぎりの戦闘をしていたミカが、シノの砲撃を見た瞬間、
「チッ!」と珍しく感情をあらわにした表情をしていたのが印象的で……。
きっとミカは見た瞬間、シノの砲撃が外れるのが直感的に分かってしまったんだろうな……
悔しいよなあ。
くそおおーーー!!!と絶叫しながら炎に消えたシノ。メインキャラの喪失。つらい。うう。
(シノの特攻はラスタル公の戦い方を見てたらぶっちゃけ何の効果もないだろうなというのは
見てて思った……いきなり敵の大将に突っ込むのはよほどの計算か地の利でもない限り成功しないもんよね)

この顛末にガチで怒ってた三日月さんでしたが(怖)、撤退の指示がきて
しぶしぶ退いてったのだけど、ジュリエッタちゃんボロボロにされたものの生きてて良かった……(汗)
怒らせたミカ相手に生き残ったのは彼女が初めてではあるまいか(汗)おおこわ……。
(どうでもいいけど、イサリビが攻撃されたのを見たミカがすごく真剣な口調で
「オルガ!オルガ!?」と声を荒げてたのには萌え……そして「生きてるよミカ」の返答に
聞き取れないくらいの音量で「フゥ……」と安堵していたミカにも萌え(愛))

44、45話は宇宙戦がメインでしたが戦闘シーンの作画とか動きとか
どれもすごく良かったです!特にバルバトスはしっぽがきゅるきゅるよく動いて小気味よかった(笑)
あと、マッキーのバエルとガエリオのキマリスヴィダールの戦闘も細かくよく動いて目を奪われました。
しかしマッキーはバエルを旗印にしようとしてもキマリスに圧倒されるばかりだったし
(※少し前にアルミリアちゃんに付けられた右手の傷の影響があるにせよ)、
ガエリオはなんだか言い分に引っかかるところもあるし……。
個人的にこの2人にはこの2人が納得いく決着をつけてほしいところではあるので
成り行きを気にしていますが。うーーん……。どうにもモニョりますね(汗)
(ガエさんの言い分も分からないではない。マッキーが支持する「チカラ」に依って
マッキーを倒す。そこはいい。でも「それでこそ俺たちは理解りあえるだろう」てのは
ん?そうなん?って(苦笑)理解りあいたくて復讐してるの?とか、その断言はどうなん?とか……うむむ……)
あっ!そうだ、それでね、この2人の戦闘中にマッキーを庇うかたちで
腹心の石動が退場してしまってね!(>_<)なんと!
石動、これまでどうしてマクギリスについてきたのか理由が全く明かされていなかったのだけど
ガエリオに問われていわく、本当にマクギリスが示す革命の未来を見たかったから、と。信じている、と。
おお~。ワタシてっきり、マッキーを後ろから刺してもおかしくないキャラだなと思ってたから(笑)、
心底マッキーの理想を信じてついてきてたのかと分かって嬉しかったけど即ご退場でビックリだよ……(涙)
黒髪で前野智昭さんのイケボイスのうえに美麗な作画でお亡くなりになられて……あああ……。
萌えたけどショックだった……とほほ……。

しかしマクギリスはここまで痛手を受けたというのに凹むとか嘆くとかいうことが無い。
いっそ異常なくらい(汗)あくまでも冷静に次の舞台、火星を示してまだ戦うと。ええ~。
でも火星の司令官がいつの間にかラスタル公に篭絡?支配下?にされていてですね(汗)
火星で戦えるのかどうか……というところで次回に引き。うむむ。
なんか、オルガがようやく(今更かよ)ミカの意思を受け取って「もう迷わねえ、ミカの全部を俺にくれ」
と手を差し出したのもありましたが……ああ~本当に今さらかよ(苦笑)

そんなこんなで……ああ、そうだザックくんな、このまま鉄華団の良心でいてくれぃ……
多少 学があって冷静に状況を判断できる知的な子がこれからどんどんこの世界に増えて行ってほしい。
そのためにはクーデリアの活躍が欠かせないんだが……次回鉄華団の助けになってくれるのか、気になります。
そんな感じで長くなりましたが。ああもう毎回ヤキモキして落ち着かないッス(苦笑)




[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-03-11 23:58 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)