<   2017年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今月は更新多め


おこんばんわです伊山どす。おかげんいかがですか。
いやー、銀魂感想文、昨日あとちょっとで入力終わる、ってところで
痛恨のキータッチミス。画面がぜーんぶキレイさっぱり消えてしまいまして、
ワタシの30分を返せええええ(泣)とガックリ落ち込んでいました(苦笑)
なんとかリベンジできて良かった……その分、鑑賞当日のアツさは薄まっていますが(苦笑)
(なんかもっとアツクどーもと剛のアクションを語っていた気がする……)

この映画を見に行った帰り、大雨に降られましてねえ。
雨雲レーダーアプリを確認して多分クルマの移動の方が速そうだと見込んで
帰路を急いだんですが目論見があまく、結局雨雲と一緒に帰宅するハメになってしまいました(笑)
30分ワイパーフル回転させっぱなしの大雨でした……ちょっと怖かったです(苦笑)
まあ無事帰れて何より……。安全運転いちばんです。

地元の豪雨災害のその後ですが、徐々にではありますが大きな道路から応急処置で通れるように
なってきまして、まだ山道は全然のようですが道の駅とか大きなお土産屋さんとかは
だんだんと復旧、再開してきていて、元気な地域の農産物とかが並んでいるとのこと。
有難いことにボランティアさんが大勢入ってきてもらっているそうで、
社会協議会などの指導で作業時間を決めて休憩もこまめに取りつつ泥掻きなどの作業にあたっているそうです。
ほんと、このクソ暑いなか肉体労働作業おつかれさまです……頭が下がります。
自分も何か出来ることがあればと思ってはいますが、いかんせん肉体労働は専門外でしてね……(苦笑)
他にお手伝いできることが見つかれば是非率先して協力したい心づもりでおります。
発生から3週間経つとさすがの全国ニュースでも取り上げられることは少なくなりましたが、
地元ローカルニュースでは毎日こまごまと被災地の様子を取材してくれていて、
夕方のニュースの時間はけっこう手が止まる感じで見入ってしまいますね。
山奥の農地は無事なところもあって、でもそこへ向かう道路が消滅していて足を運べず、
手入れができないまま腐っていくのを指をくわえて見ているしかできない、というような取材の声もあり、
自分がその立場ならと考えると辛いなあとしか言えません。
商業地は物流も正常で買い物も普段通りできるんですが
やはり土地の基幹産業である第一次産業がダメージを受けてしまうと
なんか土地のアイデンティティみたいなものが傷つけられた、って印象になるんですねえ。
いざ我が地元がこういった災害にあってしまうと今までニュースなどで知識として知っていても
気づかなかった事とかが見えてきますね。皮肉なものですが。

あーまあ、いつまでも落ち込んではいられないです。
うちはうちで、いつもどおり日常をいとなんでいきます。
息子3才の夏は今しかない!のですから、今の時期しか体験できないこと見られないことを
色々感じさせてあげたいところ。目下、セミ獲りに夢中(笑)
(正直夕方でも蒸し暑い今の時期に外で活動するのはカンベンしてほしい……(泣)が、まさに今しかできない;)
あとはどこかお出かけして思い出づくりしたいかな~。
3才だとそろそろ記憶の定着もしっかりしてきてるし、いつまでも覚えてくれる思い出が
つくれればいいなあ。とか。ね。うーん。
親をやるというのも本当むずかしいですね(苦笑)いろいろ。トホホ。


そんな感じですが。元気だしていきまーす。



[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-07-25 23:26 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

カブト狩りじゃぁぁぁ!


さっそく見てきましたよ実写版映画「銀魂」!(^0^)
公開前から再現度高いキャラクター造形に興味を惹かれ、
どのくらいあの世界観が表現されてるのか、期待度満点で行ってまいりました。
以下ネタバレ感想ぅぅ!






カブト狩りじゃあ~
[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-07-25 22:35 | 映画話 | Trackback | Comments(0)

ざっとかんそう


おこんばんわです伊山です。おかげんいかがですか。

気が付けばもう今年夏開始のアニメがいろいろ始まってました。
気になるものを視聴したので感想を少し。

「活撃/刀剣乱舞」(リンク先GYAO)
この夏始まると聞いて楽しみにしていた作品その1。
原作ゲーム本編の設定をしっかり踏まえた世界観でのアニメ化とのことで
原作ゲームを未プレイの自分でも入り口として楽しめるかなと期待しての視聴です。
1,2話見ての感想は、「ワタシが見たかったとうらぶはコレだ!」(笑)
少し前に映像化された花丸とうらぶの方は(未視聴ですが)原作ゲームを知ったうえでの
ほのぼのふんわり作風だと聞いていたのでちょっと合わないな~と敬遠していたのですが、
今作での作風は実際の原作ゲームってこんな作品なんだね?的な。仮想体験的な。
そんな印象を受けました(笑)
それに作画や動画がめっちゃキレイでよく動くんですよね!画面もつやつやして美しい(笑)
聞けば製作はユーフォテーブルというじゃないですか。
ワタシが好んで見るアニメ作品のなかで実はユーフォテーブル製作のものってほとんど無くて(笑)、
(代表作はfate、空の境界)今作がほぼ初・ユーフォ体験。製作スタジオに対して先入観なく、
純粋に高い作画レベルを満喫させてもらってます。剣撃作画専用スタッフを置いてらっしゃるのも好感。
背景美術も衣装の作画も素晴らしく、歴史考証の先生も加わっておられるのも素晴らしい。
原作人気ゆえか、色んなところで配信されてるのもありがたいです。
見られる環境にある方はぜひ。美麗でくるくるよく動く作画をご堪能あれ。

「魔法陣グルグル」
あの90年代の名作ギャグアニメが帰ってきた!(笑)楽しみにしてた作品その2。
つーか、なぜ今になってこの作品を!!?と、驚愕した懐かしの作品を最初から再度のアニメ化です。
昔の作品見てたので今回はどうかな~とワクワクして見ました。
原作の、ゲームのパロディ要素なところを却って全面に押し出して
ところどころ2Dドット絵になったり文字表記がそれっぽかったりで、
かなり真摯に、意欲的に映像化してる印象を受けました。
というか、コロコロとよく動くなあと思ったら、これ製作がスタジオI.G.なんですね!!!!
めっちゃビックリした~(笑)どうりでガチンコで丁寧作画でよく動くはずじゃい(笑)
このスタジオが本気だしたらえらいことになると体験しているので(笑)、
今作もマジメに原作をリスペクトしつつハイパワーで押し込んでくる作品になることを
期待しちょりますwギップルちゃんどうなるかな~。視聴継続。

「最遊記REROAD ブラスト」(リンク先GYAO)
これもまた、なにゆえ今になってアニメ化⁉な、ビックリ作品。
懐かしいのう~原作コミックにハマって全巻揃えてました。
発行ペースがゆっくりになってきてからだんだんフォローしきれなくなって今に至りますが……
ブラストのコミックス読んでないので、その世界観を再び、と思って視聴。
したのですが、いやー正直自分の年齢と重ねた月日を実感してしまいました(苦笑)
作風はあまり変わってない印象だったのですが、なにしろ彼らのトゲトゲしいところが今見るとキツイ(苦笑)
ケンケンしてギラギラしてた男4人+1匹の旅も、この年齢で見るとイチャイチャべたべたに捉えられてしまって
あまりのギャップにふおおおってなりました(苦笑)
いや、これは作品が悪いんじゃなくて、自分の感性の衰えですわ……。
作画はキレイだったしセリフ回しも当時をほうふつとさせて懐かしかったのですが、
見ているこちらが変化してしまったので、変わらない彼らが痛く、まぶしかった。
正直、いまの年齢の自分には合わないな、と率直に思えてしまったので視聴は切ることにします。
彼らにも悪いしね。うむ……。
むさくるしい男4人のトラブル満載の旅とその行く末に興味を惹かれる方はぜひ。流血も結構あります。

今期はこれらと、あと「バチカン奇跡捜査官」を見ておこうかと。もう1話始まってるかな。
グルグルとバチカンがありがたくも地上波放送地域なので録画視聴できますが、
あとはほとんど配信頼みなので、公式でのネット配信が多数派になってくれたのほんとありがたいです……
(本音を言えばアニメ作品は大きな画面で目に焼き付けたいので、できるだけTVで視聴したいんだけどね)
あ、そういえばまだ夏目禄を視聴完走してなかったな……(爆)早いとこ見ておこう(苦笑)

そんなところで。では。



[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-07-18 23:15 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

思いもよらず


豪雨災害から6日経過しました。
犠牲者の数も増えてしまい、今後もさらに数が増えそうなもようであります。
自分ところは山の手ではないため全く被害もなく、
物流など毎日の生活に関してはこれまで通り正常に過ごせていますが、
同じ市内でも車で15分ほど行くだけで惨状が広がっているのをTVで見て、
忸怩たる思いをかかえております。

自衛隊や「災害支援」と書かれた垂れ幕を付けた作業車と町中でよくすれ違いますし、
災害翌日から自衛隊などの大型ヘリコプターが上空で行き来するようになりました。
まさか自分の住む町が全国ニュースで「被災地」と呼称されるようになるなんて。
なんとも複雑な心境です。

やはり同じ市内なので徐々に影響は出てきております。
物流の要である高速道路が7/10現在止まっております。
災害対策本部がある市役所と、ヘリコプターの離発着場になった隣接の公園は
近づきづらくなっております。(最前線なのでむやみに近づくことはしませんが)
また、市内の全ての小中学校が10日ほど夏休みを前倒しすることになりました。
そのアオリで、保育園や子持ちの同僚さんのスケジュールが一部変更されることにも。
ボランティアの受付が始まりまして、物資の受け入れも数多く寄せられているそうです。
(7/10現在、物資の受付は一旦中止しているとのこと)
最新の情報と天候に留意しつつ、日々の暮らしは崩さないように心掛けております。

町中をいきかう車に泥はねなどが付着していることが多くなりました。
消防署に緊急車両が多数あつまり、消防車やパトカーのサイレンを耳にする回数が増えてきました。
疲れ切った顔で水筒と衣服を抱えて泥だらけの作業服で歩く男性の姿を見かけたこともあります。
TVでインタビューされてた保健師さん、3才息子の健康診断でお世話になった方でした。
市長さんも無精ひげのまま生中継で応答されていたようです。
頑張っている人がたくさんいます。
どうか皆さん、ご無理なさらず、お風呂に入ってお食事とって、きちんと寝てから活動してください。

自分のとこは大丈夫です。どうか元気な皆さんは元気に過ごしてください。
そして気が向いた時でいいので、ちょろっとチカラを貸してください。
出来ることをやりましょう。
ちなみにですが、今回の被害地は果物が美味しいところです。
今年は難しいかもしれませんが、元気なところではなんとか柿やブドウなどが出回るかもしれません。
朝倉産とあれば是非手に取ってみてください。
あと、焼き物も有名なところです。若い陶芸家さんたちが努力して
関東関西方面で売り出していることもあるそうなので、
「小石原焼」という焼き物を見かけたら、これも是非手に取ってみられてください。
足を運ばれることがあればこういった所もいくつか見て回ってみられてください。
貴方の視界にちらりと朝倉市という名前がはいってきたら
ちょっとだけ思い出してくださいませ。

……それにしてもね、致し方ないとはいえあんな限定的な局地的な場所の災害に
通信各社が災害伝言ダイヤル開設してくれたりCMしてくれたり、
自衛隊のカッコイイ作業車が往来しているのを間近で見られたり、
全国ニュースで時間を割いて細かく伝えてくれるのを見聞きしてると
ほんと、もう、あの、ウチの小田舎のことでホントすいません、皆さまのお手を煩わせて
ほんと申し訳ないです、って気持ちになりますですよ……(苦笑)
こんなことで全国的な知名度上げたくなかったですね……どうせなら
カルガモの親子が道路を渡りましたとか、町中を牛が闊歩して大騒ぎになりました、とか
そんな程度の話題で知ってもらえればヨカッタです……(爆)はふう。

そんなこんなですが、なんかほんとすいません。
できたら応援よろしくお願いいたします。ふるさと納税とかもあるよ!(爆)


7/11 23:55追記:高速道路は本日通行が可能になりました。良かった。
それと、今年9月10月に予定されていた、各小中学校の運動会は中止が決まったそうです。
グラウンドをしばらく使用することになりそう、とのことで、残念ですが致し方ないですね…(´・ω・`)


[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-07-10 23:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ヒーローショー!


おこんばんわです伊山どす。お元気ですか。
今日は、前々から楽しみにしていた「キュウレンジャー」の出張ヒーローショーを見に行きましたw
地元のイオンさまさまです(笑)

前回、空き店舗の寂しいスペースで催されていたやつですが(笑)、
今回はレイアウトを変えた休憩スペースを急きょの特設会場にして
どうにかこうにか開催です!w通路の確保と舞台の確保が大変そうでした……(苦笑)
(日曜休みの店舗の前でぎりぎり詰めてのスペース、観客に見えやすくするステージもありませんでした(苦笑))

しかし、ビニールシートを敷いただけの客席の目の前、ほんと50cmくらい前まで接近しての
アクションショーになりまして、迫力は満点でした!
隣のお客さんはいきなり転がってきたのにビックリして声出てたもんね(笑)
ジャンプしたり転がってきたりするとその振動が直に伝わるし、
何ならヒーローたちの衣装のシワが寄る、ギシッとしたビニール素材がこすれる音まで
聞こえてきたり(!)するほどの近接距離だったので、かなり満足しました^^

写真いくつか載せますね。
d0025055_23431875.jpg
d0025055_23434094.jpg

d0025055_23441081.jpg
ガルちゃんね、ガルちゃん本物みたいに衣装がもふもふだったの!w
そんで演者さんも、本物のガルちゃんぽく
大きくキレのあるアクションばっちりされてて、めっちゃカッコ良かったのww

d0025055_23504548.jpg
これとか、これとか!
d0025055_23484316.jpg
は~ガルちゃんカッコ良かった~v
あと、スパーダもめっちゃ至近距離で!惚れた!ww
(フェイスの黒い部分に細かい穴が空いてて、そこから視認出来る様になってるのが判りました)
d0025055_23460413.jpg


こんな感じであんまりにも近すぎて、衣装のシワがよれよれなとことか、
よく動く箇所の縫い目があやうくなってそうなとことか、
ブーツのカカトや膝のあたりがこすれまくって黒ずんでたりするとことか、
ほんと、アクションされるのって大変なんだろうなって事が忍ばれるところまで
はっきり見えてしまったので(苦笑)、そこも含めて間近で見られて良かったデス。

内容は、これまで見てきたようなショーと同じで、
吹き込んである音声に合わせて演者さんが演技してアクションする、定番の流れだったんですけど、
あの、吹き込まれてる声がね、本物の役者さんの声ではなかったんですよ。たぶん声優さん。
(1人は間違いなく内匠靖明さん。オルフェンズの昭弘だったから(笑))
なので、オタ耳であるワタクシ、どーーしても、本物とは違うんだって認識してしまって、
ちょっと入り込みにくかったな、ていうのはありました(苦笑)まあね、本物の役者さんたちお忙しいしね。
こういう吹き込みのお仕事までされるのはキツイってもんですよね。
(本編見てると昼夜問わず撮影してるみたいで、スケジュールどうやって押さえてんねん……って気分になる(苦笑))

とりもなおさず、楽しみにしていたキュウレンジャーショーが見られて本当に良かったです!
3才息子をダシにして連れていきましたが(笑)、本人キンチョーしてたのかあまり乗り気でなかったのか(笑)、
「会場のみんな、がんばれーって応援してね!」って呼びかけにも応じず(苦笑)、
恥ずかしがって……いや、ワタシのテンションにドン引きだっただけかな……(爆)
(小声でガルちゃん~とかスパーダ~とか言いながらひたすらカメラのシャッター切りまくってたので(汗))
オトナのワタクシの方が大喜びしていたイベントでした(笑)

また見られるといいな~。そんなところで!




[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-07-09 23:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

丸40話


真田丸40話視聴。幸村。簡易版。

いやー、やっと40話です。ターニングポイントとなる話でした。
前回の引きで登場した怪しげな?男、オフロスキーこと明石全登(てるずみ)。
ちょっと記憶から薄れかかっていましたが(笑)、宇喜多さんとこの家臣でしたね。
お呼びですか、って出てきた明石さんです。史実のこの方を知らなかったので
ここからメインどころに躍り出てくるとは思っていませんでしたw

で、大阪の現状を聞かされる信繁。なんと片桐且元さま自らいらして説明してくれました。
あー……後世の者には、片桐さまって優柔不断というか、胃が痛そうな立場のお人だなあ、て
感じで捉えられていそうな人なのですが(苦笑)、この作品の片桐さまはまた、
やることなすこと全て裏目に出ちゃうタイプのお人に描かれてていて……(苦笑)
(演じる小林隆さんの風情もまた、そんな感じなのですわ)
あ~、つらいけどそういう人いるよね、って侘しい気持ちにさせる人物になっております^^:
まあ、とりあえず史実とおり寺に納める梵鐘にきざんだ漢文に徳川が難癖をつけ、
それに加えて片桐さまがあちこち翻弄された結果、徳川に翻意ありとみなされて
大阪が攻撃される流れに……。その大阪を、豊臣を守るために
信繁にぜひ加わってほしいと。そういう流れでした。
個人的な心情として大蔵卿局がキライやったんねん、って人間らしい理由も入ってるのが良かったよねw

信繁、九度山での暮らしも長くなって貧しいながら地に足つけて過ごしているし家族もうまくいってるし、と
最初から清々しく断っていたのですが、
きりちゃんがね。すっかりオバちゃんぽくなったきりちゃんが(笑)、
信繁の心のうちを見ぬいて励ますんですね。せっかく人に請われたんだから行ってきなさい、と。
こんな小さなところで終わっていいの?って言葉、やはりオトコにとっては背筋が伸びるアツイ言葉
じゃないかなと思うんですが。どうかな。いいシーンだったと思います^^

信繁の長い回想シーン、良かったですね~。秀吉を介護していた時の鈴の音に乗せて、
これまで出会ってきた様々な方たちの様々な言葉がとりとめなく、次々とあふれてきて、
その場面のひとつひとつが、我々視聴者の脳裏にも蘇ってきて、本当に胸に迫りました。
この回想があったればこそ。史実の真田信繁を思う時、欠けてはいけないシーンだったと思います。

そして大助にクジを引かせるシーン(笑)思えば今回は4つくらいしか場面がなかったですね。
シンプルで分かりやすく、それでいて印象強い話だったなあと改めて思います。
クジ引きで決まった名前は「幸村」。村?なぜ村なの?という後世のギモンは
クジ引きという斬新なアイデアで流したミタニン脚本に拍手ww

いよいよ大阪の陣、クライマックスへ向かいます。まだまだアツイぜ!ww
そんなところで。



[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-07-08 23:25 | さなだまる | Trackback | Comments(0)

アニメ感想放出


どもです伊山です。アニメたっぷり見たんでどどっと放出します。うふ。

オルフェンズブルーレイ8巻
最終巻のひとつ手前、46、47、48話が収録されていました。
前も書いたけど、これ購入したのが特典の「お疲れ様本」の為なので(笑)、
再生しなくてもいいかなと思ったんですが(笑)、
48話、オルガが死ぬ回ですね……この話に声優さんらのオーディオコメンタリーが
収録されていたので、そこだけ見ました(笑)
そういやワタシ、リアルタイムでこの話視聴したあと、見返していないな……(苦笑)
というわけでこのコメンタリーを聞きながらやっと見返せたんですけど
オルガの逝き様……ほんと泣ける……つらい……(泣)うう。
そんで、コメンタリーの中でオルガ役の細谷さんが色々アツク語ってくれてたんですけど
オルガが逝くシーンでは仁王立ちになって力強く、いま死ぬ人とは思えないような張り切った演技をして、
細谷さんいわく「MAXからスイッチが切れる感じ」にぷつっと逝く、ように演じたと。
なんかその表現に泣けました……。そうだよな今死ぬとは思わずに逝っちゃうよな人って、と。
でも細谷さんは繰り返し、コメンタリーの中で「オルガ・イツカ大好きですッ!」って叫んでくれてて、
自分の演技のターニングポイントになるキャラだった、と言ってくださってて、
本当に……嬉しかったです。声優さんにそこまで言わせるキャラって少ないと思うので。
愛されてよかったオルガ……良かったよぅう。

ドリフターズブルーレイ6巻
オルフェンズ8巻と同時期に発売された、アニメドリフターズの最終巻。
表紙は十月機関だけど中身はおトヨvs歳サマだ!w
パッケージに、TV放映とは一部異なるパッケージバージョンですとあったんですが
おそらく……確証はないですが最後の方にに菅野直がバカ笑いしてるシーン、
自分の記憶と違ったのでもしかしたらそこに編集がくわわってたかも。確証はないですよ。
いやー、それにしても歳サマの描写のスバラシイこと!(^0^)
薩摩憎し、の感情たっぷりに吠え、動く様、惚れ惚れしますvうふふ。
原作コミックの動きを踏襲、したどころか、動きや演出、音楽もくわわって
とてもスピード感ある、それでいて分かりやすい戦闘シーンになってて本当嬉しかったですv
この巻だけでもお布施として購入しようと決めていた甲斐がありました。うふふ。
スタッフの皆様ほんとうにステッキーな歳サマありがとうございました!!

正解するカド
ここしばらく面白いと視聴継続していました東映アニメの意欲作。
先日全11話放送終わりまして。無事全話完走しました。はい。
で、結論から言うと、「うん、分からなかった!!(^0^)」ですね(笑)ww
結末、何が言いたかったのかちっとも分からなかった……(笑)
いや、でも不快な終わり方ではなくて、なんというか突き抜けた作品だったというか(笑)、
作品として言いたいことやりたい事があったうえでの、突き抜けた表現での最終話だったので
(ネタバレにならないように遠回りな言い回しにしていますw)、
なんつーか、ほんと、うん!分からないネ!っていう終わり方でした(笑)わはは。
いや、でも総括としてはすごく面白かったです。思考実験の側面もあり。
映像美がいちばんの見どころかなと思いました。あとヤハクィザシュニナのかわゆさ(笑)
見られる環境にある方は是非とも1回だけでも見てもらいたいアニメです~オススメ!
(最終話の2つ前の回で、宇宙発生から生命の発生・進化を表現した7、8分の映像表現が本当に斬新で良かったです)

進撃の巨人シーズン2
これも今期最終回でした。毎回ワクワクハラハラしながら見てましたよ~。
ほんと、作画とか動画がすげーレベルでしたね(笑)前作シーズン1をはるかにこえるクオリティ。
ラスト前の、エレンを何が何でも助けようとするミカサの、
殺意ばりばりの表情がめっちゃ怖かったんですが、
終盤にエレンにマフラーのお礼を伝えるシーンでのミカサは
周りに花びら舞い散るかのような可憐なかわゆい笑顔で、
これが同じ子の表情なのか……と震撼としました(笑)めちゃめちゃ表情ちがうねん……
この振れ幅がミカサならではかなと思いました。いやーあの殺気顔コワカッタ(苦笑)
めためた気になるヒキで続いたので、また来年のシーズン3がすっげ楽しみですよ。こわいけど(笑)
(ワタシ、進撃は世界観の謎解明を重視して見てるので、表現方法とかちょっと底知れぬ恐ろしさを
感じることがあってなんかお化け屋敷覗きながら見ているような気分になることがある……(笑))
エレンの、絶望と諦観と嘲笑をないまぜにした高笑いがまた怖くてつらくて迫真でした……
ほんと、あの作品に出てらっしゃる声優さんたち皆さん色々大変だろうなあと思います(苦笑)

キュウレンジャー
なぜここで特撮が(笑)えへへ。
現在20話を過ぎたところですが回を増すごとに面白くなっています。
従来のいわゆる戦隊モノフォーマットを、一定のラインでふまえながら敢えてすこーし外してくる、
という演出、映像が新鮮で毎回うならされます。
(巨大ロボを必ず出さないといけないようなんですが、出し方を決めてなくて、
番組冒頭にちょろっと出ただけとか、敵ロボが足止めに召還されたからしぶしぶ合体、とか
えっそれでOKなんだ?みたいな、目からウロコがおちる運用をされている(笑))
少し前に味方をかばって爆発四散したキャラはいま修復中なんですが
かばわれた味方キャラが責任を感じて敵幹部に突っ込んでいく、とか
キャラ関係もアツイです。つか、一匹オオカミ系かと思ってたら皆に迷惑をかけたくない、とか言い出して
オバチャン目線から見るとカワイイヨ……(笑)(子ども目線だとカッコイイんだろうけどw)
もうすぐ夏恒例の映画が公開されますので、喜びいさんで見に行こうと思っております。
もちろん、子どもをダシにしてね!!!wwww


そんな感じで(笑)、アニメあまり見られてませんがぼちぼち録画消化していきます~。



[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-07-05 23:58 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

おおあめ


おこんばんわです伊山どす。いかがお過ごしですか。

今日は大雨に翻弄されたいちにちでした……。
天気予報では昼頃から一時雨が降るでしょうと言われていて、
実際 昼前くらいからいっとき雷雨になったりしてあー今日は雨模様かあ、
なんて思っていたんですが
昼すぎくらいまではよくある、ザーザー降りだったのが
ちょうど2時くらい(買い物行こうかなと腰をあげた途端だった)から
風景が白くかすむくらいの、ドザーッという大雨になって時折カミナリも光って、
あちゃー、出かけられんねえ、とかのんびり構えていたんですよ。
そしたら雨雲レーダーアプリで調べるとずーっと強雨を示す紫色が消えないし、
ニュースになりはじめていて県内に住む友人から「こっちは青空だよー」とか報告がくるんで
えっじゃあこの雨うちだけなの??みたいな(苦笑)。
その頃からちょっと焦りはじめてきて、子どものお迎えどうしようかなとかハラハラしてきて
でも気が付いたらこの雨、午前中からちっとも止んでないし、買い物行けてないし、
うーん、困った、とか考えて少し雨脚が落ち着いた瞬間を見計らって車で出たんですよ。
15時半すぎの時点で、うちの周りの道路の一部が冠水して洪水のようになってたのと、
土地の低い所の交差点で水が溜まって運転に注意しないといけない箇所がいくつかあった程度で
少なくともうちの周りではそこまで大きな被害は出てなかったです。そこは安堵。ビックリしたけど。
(正直、うちの周りは水に関係した地名なのできっと水に弱いんだろうと覚悟はしてたので、
多少なりとも冠水とか事例が見えて良かったと思ってる)

そしたら夕方以降、全国ニュースでばんばん言われてるじゃないですかうちの地元(苦笑)
加えて大雨に関する特別警報まで発表されてしまって(汗)よもや、わが地元がその対象地になろうとは;
全国ニュースで我が地元ぽんぽん連呼されるし(気象庁の職員までも!)、
たっぷり時間割かれて報道されてるし、なんかもう申し訳ない気分になりました(汗)あわわ。
あの、すくなくともうちは、我が家の周りは避難してる人もいないし
自宅待機してた方が安全なので今のところ問題はないです。色々心配するメールいただいたりしてスイマセン。
(お天気アプリとかヤフーニュースとかからひんぱんにプッシュ通知がぴこんぴこん着てて
加えて地元防災メールとかもぴーぴー鳴るからメールに気づかなかったりも……)
この夏どこかで大雨被害が出るかも、とかニュースで言われてたのを覚えてたけど
まさかうちの地元が……、という気持ちです(汗)いやはや。
皆様もお気を付けくださいね。ずーっと降る雨が積み重なって被害大きくなることもあるみたいです。

そんなところで。無事のご報告まで。




[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-07-05 23:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)