<   2017年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

丸41話


真田丸41話視聴。入城。簡易版。

OPクレジットにオフロスキーこと小林顕作さんと、木村重成役の白石隼人さんの名前が
並んでいたところにテンションが上がったタダのオタクなワタクシ(笑)
白石さんは仮面ライダーウィザード演ってらしてたんですよ~^^
史実でも美形と残る(らしい)木村重成役、良い役もらって良かったな~と思いましたv

ついに、いよいよ九度山村を出る決意をした信繁こと、幸村。クレジットにも幸村(信繁)ってなってました。
あの雁金踊りの回ですねwよう考えついたわ(笑)
村人たち集めてひらひら踊るうちに裏手から1人出て2人出て……。
たまたま気づいた村人の若い子が1人ついてきちゃったけども(伏線?)
このあたりのシーンハラハラしましたね。

一方大阪城では、来たる徳川との対決に備えて各地の浪人や一旗揚げたいはぐれ者らが
ぞくぞくと城内へ終結していた。前にもちらっと出た、後藤又兵衛。この頃は黒田長政とケンカ別れした後。
(大河官兵衛の時にちらっと調べたけど長政とどこかで折り合いが悪くなって出奔したとかなんとか。
大河でのお話の終わり頃のエピソードのはずだから、又兵衛のお話は大河官兵衛からの続きってことに)
あと、岡本健一氏演じる毛利勝永がかっちょ良いんだよな~w(*´Д`)
むかしはひょろっとした優男だったのにな岡本氏……(笑)いやー素敵なおじさまに。

そんなこんなな大阪城とは一転、信之にーちゃんは跡取り問題を抱えていました。
文官向きの長男と、武官向きの次男、どちらを嫡男(跡取り)にするべきか。と。
結論からいえばひ弱な長男を跡取りにするわけですが、こちらは おこう さんが産んだ子。
おこうさんて元々は信之にーちゃんの最初の奥さんだったけども体が弱くて侍女に下げられ、
却ってそれが功を奏して側室に戻って子どもを産んだ、という二転三転な人生になっていて(笑)、
そこに息子を嫡男にと言われてどれだけ喜んだことか。いやーおこうさん良かったね。
最初の病弱イメージから今の人生まったく想像できなかったですよww

幸村が大阪城に入るシーンはなかなかおもろかったですねw
どこかの書物に、幸村は年を取っておじいさんみたいだったとかいう目撃談があるとかなんとか、
そこを変装ネタにもっていくあたり、ほんとミタニン上手いな~って思いました(笑)
毛利や又兵衛もポカンとしてたよね(笑)転校生にガンつける不良みたいだったけど(笑)
真田が来れば一安心、な空気もあるけども実は以降の幸村はほぼ全てハッタリ。
どこまでハッタリを利かせつづけられるのか、はてさてw

そんな感じで。



[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-08-30 23:29 | さなだまる | Trackback | Comments(0)

さらっと感想


おこんばんわです伊山どす。
思いつくままにちゃらっとアニメ感想を。

魔法陣グルグル
遅れながらも少しずつ視聴。テンポ速ッ!ww
このテンポの速さは現代版リメイクという事情をふまえても
あまりにテンポ良すぎです(笑)なんと3話で原作の4巻目に入った模様(笑)
原作既読ですがここまでお話のスピード早くはなかった覚えがあるので
これは規定話数のなかでできるだけ原作コミックの内容を詰め込もうと
しているのではと思われますw
原作連載当時とは時代のテンポ感がだいぶ異なるとはいえ、
原作ののんびりした雰囲気が、今作ではテンポよくぽんぽん進むので
ちょっとビックリするくらいなんですが(苦笑)、
作画は丁寧で良さげだし丸っこくてぷにぷにしてそうなキャラがぐんぐん動いたりして
さすが製作プロダクションIGさまさま、という感じです^^
公式サイト?でおまけ映像とかも流してるらしいので
原作の雰囲気をネットでも合わせてお楽しみください、というところでしょうか。
原作読者さんよりもご新規さんオススメ作品って感じですね。既読者でも楽しめます^^

バチカン奇跡捜査官
ようやく視聴開始。録画1回失敗したけどネット配信多くてありがたや。
こちらもテンポ速ッ!ww
原作が小説ということもあって情報量が膨大なのでしょう、キャラの台詞やカット割りが
めちゃめちゃテンポ良くて前のめりのように次々とシーンがつながっていきます。
正直、バチカンや物語の舞台となった教会、学校などの雰囲気を感じられるような
ゆったりしたシーンもほしいところかなーと思うのですが
そんな間も惜しい、という感じでぐいぐい事件も推理もすすんでいく印象です。
詰め込みすぎかなという印象もぬぐえないのですが
まあ現代の作品はこのくらいのテンポ感があったほうが受け入れやすいのかも?
個人的な印象ではあるけども作画も動画も標準的でいわゆる華は少ない感じなのですけど(FANの方すいません)
しっかりバチカン?イタリア?あたりでロケハン取材をしておられるようで、
実写映像も交えたEDが作品世界が感じられて好きです。作中の背景画もとても綺麗。
(なので、その分テンポダウンしてしっかり背景とか見せてもらいたい気分……)
こちらは原作未読なので物語の展開が気になるところなのでしばらく視聴継続予定。

活撃/とうらぶ
こちらは原作ゲームを知らなくても楽しめるように作られていてすごく気に入ってます。
キャラ人気が高い印象ではあるし実際描かれるキャラが徐々に増えてきて賑やかになってきましたが、
ぶっちゃけキャラ人気を全面に押し出そうとしていない作り方が気に入りました。
あの、ほら、このキャラ人気あるだろ~みんな見たいでしょ~、みたいな勢いで
原作の展開改変してまで人気キャラをばばーん!と出してきたりする作品あるでしょ、
このとうらぶはそんな感じで扱ってないんですよね。
人気があるキャラもこの場面に出てくる必然性があるから登場してきたよ、とか
最初からこの場所にいるからここが映った時に出てきたんですよ、とかなんかこう、そういう感じ(笑)
キャラ人気で持ってる作品だけどそこにおんぶに抱っこで作ってはいない。そんな印象です。好印象。
作画も動画もめちゃめちゃ良いし華があるので見てて飽きないし
個人的に興味のある歴史モノが題材なので引き寄せられる要素が多いです。
今期イチオシの作品。とうらぶ分からなくても楽しく見られるのがイイですね。

そんな感じでちゃらっとですが。録画の消化がすすまない~(苦笑)




[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-08-16 23:20 | アニメ感想 | Trackback | Comments(2)

おみまい


おこんばんわです伊山です。いかがお過ごしですか。

先週、とある食品メーカーさんから小包が届きました。
間違いなく私宛てでしたので開封してみると。

d0025055_22480647.jpg
お見舞いの品ということでいくつかの商品が詰められておりました。

同封されたお手紙を読んでみますと、
7月の豪雨災害で被害に遭われた方へお見舞いの気持ちを表したく、自社製品をお送りします、とのこと。
県内のメーカーさんでしたので、災害についていてもたってもいられず、何かお役に立つことを考えて、と
社長さんのお名前で真摯なご意志が表明されておりました。
何故自分のところに、と思ったのですが以前に公式サイトを通じて通販の利用をしたことがあり、
おそらくそこからのデータを反映しての送付かと思われます。(未確認です)

正直なところを申せば、社内データを利用した商品の送付はあんまりいい気持ちがしないですし
そもそもウチは被害を受けてないので(汗)、
商品いただいてもいいものかと迷ったのですが、
開封したことですし周囲におすそ分けすればいいかなと考えて遠慮なく受け取ることにしました。
食品ですからもらっても困るものではないので。

ギフト好適品としても有名なメーカーさんですので太っ腹だなあと感心しましたが、
個別に宅配するよりも避難所とか行政に一括送付して分配してもらうことが
いちばん困っている人に渡る方法だろうなあとは思います。
まあ、既に行っておられるかとは思いますが……。配送料とかもあるし、懐の大きなことです。
ひとまず、ご丁寧なお品をいただいたので返礼も兼ねて今後もこのメーカーさんの商品を
愛用させていただこうかと思っております。本当に美味しいですしね(笑)

メーカーさま、お心遣いどうもありがとうございました。これからもますますのご発展お祈りしております。





[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-08-14 22:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)

夏の特撮えいが!


おこんばんわです伊山デス。
この夏の注目映画、「キュウレンジャー/エグゼイド」の2本立て作品を
見に行ってきましたよ!正式タイトル長いので省略させてもらいます(苦笑)
以下ネタバレ感想^^



まず目当てのキュウレンジャーですが(笑)、
これは30分で60分くらいの内容を凝縮したようなギュギュっとテンポの良い、
密度の高い濃密な作品になってました!
もういきなりクライマックスから始まる感じ。そして敵側も内情をあっさりバラす(笑)
伏線とか仕掛けてられないほど時間が惜しい!ってくらいに進みます(笑)
その分見応えあるシーン続出で、見どころたっぷり。
それでいてキャラの動き、アクションシーン、ストーリー展開、どれも
全然手を抜いていなくてぐぐっと視聴者を引き込むように盛り上げていくので
ほんと、非の打ちどころなかったです(笑)

個人的にはスパーダの帽子がTVシリーズと違っていたところと((笑)、どこ見とる)
ガルちゃんのアクションが相変わらずキレッキレなところと、(いきなりバイクに変身してワロタw)
ナーガが意外と感情ゆたかになってきてるとこと、
何の脈絡もなくあらわれた宇宙格闘場で戦うチャンプよりも
周りで騒いでいる一般視聴者のエキストラさんたちの方が気になって集中できなかったこと(笑)、
劇場版限定?の宇宙規模にデカイロボットが現れたとこ(地球がキュータマ=チキュータマだ!www)と、
まあなんやかんやでそんなところが面白かったです(^0^)
何しろみんな元気で個性的なキャラが12人?も揃ってるので
画面のどこを注目して見たらいいかいつも迷うくらいこまごまと演技が細かくて楽しいのが嬉しいv
あっ、TVではやれないレベルのド派手なナパーム弾で爆発バンバンやっちゃうとこと、
ヘルメット無しで素顔スーツで並んで歩くシーンが最高にかっちょヨカッタですvvv
ワタシああいうの好きだわあ~。(でも劇場でそのシーンやっちゃうってことはTVシリーズではやらないのかなあ)

キュウレンジャーはそんな感じで盛り上がってワーっという間に1本終わりました。
密度は濃ゆかったけど正直尺が物足りなかったので、年末?正月?の映画はぜひメインで1本!^^
(今作はコラボとかキャスト登壇のイベントとかやたら多くて、
ほんとスタッフさんたちスケジュールどうなってんのとは思うけども……映画期待してます)

そのあとエグゼイドが60分1本。「トゥルー・エンディング」とサブタイの通り、
TVシリーズとは異なるエンディング、真のエンディングをこの映画で先行公開!となっていて
どんな内容になってるのか気になっていました。
といっても、ワタシ実はエグゼイドほとんどまともに見たことがなくて(苦笑)、
ネット上でちらちら見えるキャラ名と大まかな舞台設定くらいしか知らなかったんだけど、
それでも全然、まったく違和感なく1つのお話しとして見られたのですごく良かったです。

お話としては難病の女の子を巡って両極端なやり方で幸せにする方法を目指す、
医師側ライダーたちとそうでない立場のライダーとで派手に立ち回るって感じの内容でした。
よく分からないながらも、派手ないでたちのライダー(笑)が何人も出てきて、
それぞれ大がかりな必殺技とか変身とか見せてくれると
それだけでもテンション上がるってもんで(笑)、戦闘シーンとが原色のCGバリバリなんですけど
あっこれはこういうものなんだ、と受け止めて見てしまえば全然かっこよくて(笑)
むしろオイシイとこ取りな印象で素直に楽しめました^^

ゲストキャラがケミストリーの堂珍さんで、最近役者さんとしても活動されておられるんですね。
キャスト見るまでかっこいい美形の俳優さんだなーとかぼんやり見ていた(笑)
この人が変身するニンジャタイプのライダーがめっちゃかっこよかったですw
白いふわふわの歌舞伎みたいな毛が垂れてるのが好みだった(笑)(JACさんがんばってた~)
あと、ピンチのシーンの間ずっと、どしゃ降りの大雨になってて、
メインの役者さんたちひたすら濡れっぱなしで(苦笑)、
確かに水も滴るいい男揃いだったんだけどさすがにかわいそうになってくる感じで(苦笑)、
撮影のあとちゃんとあったかいシャワー浴びれたのかしら……っていらぬ心配をしてしまいました(笑)
いやー、あれは風邪ひく。役者さん体大事に。

メインのクライマックスシーンはほぼまるまるCG撮影で、
これもCG班大変だったろうなと……(苦笑)ゲーム画面を意識したパキパキの原色使いCGだから
これを何分も製作するのは大変そうでした……あと実写を合わせる撮影も難しそうだったな(苦笑)
エグゼイドの方もアクションシーン全部迫力あって見応え満点、
気が抜けるところがなく集中して見られたのも満足度高いです^^
ストーリーも、子どもの笑顔は大人が守るのが義務でしょう、という主張が胸にぐっとくる感じで、
たとえ子どもが難病でつらい生になるとしても、笑顔で満たしてあげたい、生きてさえいれば希望はある、
という「命を扱う医者」という珍しい立場のライダーだからこその展開になっていたのが
丁寧なお話だなあという印象を強く受けてすごく良いドラマになっていたと思いました。
大きくハズれることもない、見やすい印象のドラマだったような気がします。

真のエンディングを見てしまったのでTVシリーズでのエンディングが気になってきたぞ……(笑)
今月中に終了とのことだし、見てみようかな。次のライダーもちらりと出てきて楽しみだぞ。

そんな感じで、良い特撮映画2本立てを見させてもらいました!楽しかったです!(^0^)
(3歳息子も長い時間ながら前のめりになって、食い入るように見つめる姿もあって
楽しめた様子でした。このくらいの年になると劇場出た後にライダーのモノマネとかしたがるんだな……(笑))

そうだ、関係ないですが映画のあと立ち寄ったおもちゃ屋さんで
キュウレンジャーのぬいぐるみ(※作品内でスティンガー手作りという設定の!)が売られてたのを発見!
したんですが、1体1500円という暴利……(爆)2つも買えば3000円じゃないか……ひどい……(苦笑)
(ガルちゃんとスパーダがほしかったけど泣く泣くあきらめました^^; トホホ)




[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-08-10 22:41 | 映画話 | Trackback | Comments(0)

夏まっさかり


まさかり真っ盛り……。
すいません伊山です(詫)ちょっと夏でテンション上下動気味です(笑)

実は先日近所で火事がありまして
真夜中3時過ぎくらいに地域の防災無線が鳴り響いて
うちの近所で建物火災って言うじゃないですか。
遠い場所だと無視して寝ちゃうんですけど住所が近かったもので
安全を確認するために眠気を払って起き上がり、窓の外を見てみたら。
真っ赤な火の粉が吹き上がってるのがすぐそこに見えまして(汗)あわわ。
窓の外から見える範囲のご近所で火事ですよ。びっくりですわ;
見る間に消防車とか集まってきて、しばらくして火の粉も見えなくなりましたけど
さすがに夜中でしょ、ちょっとハラハラしましたねえ。
方角からしてちょうどその辺に空き家があったはずだからそこかなと思っていたら
案の定翌朝そのお宅が見事真っ黒に焼け落ちておりました;あちゃー。
誰もいないお宅でしたがちょいちょい庭の手入れがされていたのは見ていたので
持ち主が居るんだろうとは思うんですけど
両隣近所の方々も気が気ではなかったことでしょう(汗)

ちょうど職場に現場から目の鼻の先にお住まいの方がいらしてですね。
どうでした、と聞いてみたら、
「寝ていたら外がバチバチうるさかったのでカーテンを開けると真っ赤だった」
と語り(苦笑)、そりゃービックリしたでしょうと同情しました(汗)
その方冷静に消防に通報されたそうですが……。自分だったら慌てて何もできませんわ;すごい。
ただねえ、ニュースにもあるように数日前にも同じところで不審火があったばかりなんですよね。
誰かが意図的に燃やしたとしたら……、とちょっとゾッとしませんわ(汗)
日本4大怖いものの3つ目が火事ですからね。皆さんくれぐれも火の取り扱いにはお気を付けて。

……かじ つながりですが 家事が面倒でビールかっくらってコテンと寝てしまいたいと思っていても
洗濯、炊飯、やらないと翌日問題発生してしまうというこの日常、
生活維持ってほんとめんどい……。家事きらい……めんどくさい……ぶーぶー。
(と、時折グチりたい気まぐれB型※単純作業不向き)

そんなこんなですが(苦笑) 若干夏バテ気味ながら頑張ってまーす。



[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-08-08 11:55 | 日記 | Trackback | Comments(0)

とうらぶあにめ


おこんばんわです伊山どす。毎日暑いですな……。

とうらぶ、こと「活撃/刀剣乱舞」アニメ視聴してます。
5話「戦火」すごく良かったです~!見入ってしまった。
これ、毎回剣撃アクションに専用のスタッフを割いていることもあって
戦闘シーンが毎回しっかり丁寧なんですが
それに加えて刀の扱いの作画もすごく丁寧なんですよ、当然ちゃ当然なんですが。
体の向きによっては、納刀する動きもかなり難しいと思うんですが
(描きやすい角度とかあると思うんです)、
この話では手抜きせずにしっかりと描き込まれてましたし、
一瞬のカットであっても納刀の瞬間は鞘に刀を背を滑らせている動きを書き込んでいて
見ているこちらはすごく感心しました。難しいんだよねあの動き。
もちろん着物の動き、シワとか風にはためく様子とかも丁寧で書き込みもしっかりしてるんで
和風アニメーションの出来もここまで上質なものが出てきたか……、と
とても感慨深いです(涙)
(20年くらい前に時代モノ作品にハマった頃は和風モノなんてドマイナージャンルで、
アニメで良い出来の和風ものといえば「るろうに剣心」くらいで、
それでもまだまだ線も書き込み足りないし動きもリアル路線とは遠かった印象でした……。
あれを思うと隔世の感だわ……ホロリ)

加えて、今回の話は船、木造戦艦の甲板での戦いが描かれてまして、
戦艦同士のぶつかり合いとか破壊のされかたとか燃え方とか、
CGなんですけど炎の描写とか本物かと見まがうばかりのリアルな表現でして、
改めてユーフォテーブルの製作力の高さに感心したり嘆息したり、でした。
江戸の町の背景も時代劇セットのようにリアル路線だったし、
多分時代考証のお仕事なんでしょうけど勝と西郷の会談が終わる時間帯とかも
きちんと計算されての舞台設定なんだろうなあとか思われて、
なんというかとても良質な(でも刀剣の擬人化という大ウソをひとつ付いた設定の)時代劇を
見せてもらっている気持ちになりました。素晴らしい。
ちょいちょい、言葉遣いとかBGMの付け方とか、ん?って思うところはあるにはあるんですが
画面の煌びやかさ、派手さに目を奪われて些末に感じられる程度には華がある作品です(笑)
いやー、これはアニメ史に残る作品になりそう。とても良い。
見られる環境の方はぜひ1回だけでも見てみてください~ユーリオンアイスとはまた異なる方向性で
アニメーションのひとつの頂点を見た気分。

他の作品も見とかないといけないんだけど
ちょっとキンキさんがらみの録画が溜まってて(笑)、(デビュー20周年特番が続いたんだ……)
他のアニメは保留中です(苦笑)バチカンもまだだ……スイマセン;
とうらぶが面白いんで継続~最後まで裏切られないといいな(笑)
(↑まだユーフォさんの作品に慣れていないので何気に疑心暗鬼……(笑))

とりいそぎ感想まで~。
あっ、「封神演義」再アニメ化らしいですね!見られる環境だといいな~楽しみ!



[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-08-04 23:45 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)