丸43話


真田丸43話視聴。軍議。簡易版。

前回息子2人を初陣に大阪へ送り出したと思った信之にーちゃんですが
信繁(幸村)がいると聞いて、息子と弟を戦わせたくないと姉上を大阪へ密使として送ることに。
正直この姉上が無事に努められるかハラハラしましたが……(苦笑)なんとか。
しかし信之にーちゃん、息子2人を心配するより、弟・幸村の邪魔をしたくないから、と
いうところを心配しているあたり、どんだけ絆が深いんやこの兄弟……と思いました。
たった3人のきょうだいである姉上を頼むあたりも、信之にーちゃんの思いですよねえ。

幸村に寄り添う茶々こと淀殿ですが、わたくしが愛した人、の中に
幼少で切られた「兄上」が入っていたのには地味に感心しました。あまりとりあげられない存在なので……。
そこをひろってくるあたり、さすがミタニン脚本丁寧ですな。
あやしい雰囲気になりかけたところで今後の展望を話し合う軍議について転換。
この軍議がまたクセモノ?でなあ(笑)籠城か、そうでないかで揉めるモメる(苦笑)
というか、まあ大阪城を牛耳る大蔵卿局が思い通りにさせたいと裏でいろいろ手を回していたため
だったのですが(この憎たらしい役どころがまたほんに小憎たらしくて……(笑))
勝ちたい、勝たねば、という各武将の思いをまとめていく幸村の聞き取りが効果的でした。
たしか軍議で橋をおとす、うんぬんと説明していた戦略は、たしか
昌幸パパが臨終前に授けた必勝の策だったはず……。ここにもってくるとは(涙)
しかし、大前提にしている「家康の首を落とす」のがまず成功しないかぎり上手くいかない作戦でしてな、これ……。
後世の我々から見たら、実はけっこうヌケのある作戦だと思えるのですが……どうかな(苦笑)

明石全登(と書いてオフロスキーと読む)が長台詞を言うあたり萌えもえしました……(笑)
目がぱちくりしてかわええんだ小林さん(笑)うふふw
オフロスキーを連想させるピンクのお衣装も似合ってますvv(メロメロ)

籠城作戦優勢だった軍議の意見が、休憩をはさんで徐々に主戦にひっくり返っていく流れは
密室劇&人物作劇に定評のある三谷さんお手の物、という感じでした。お見事でした^^
しかしよもやの淀殿にひっくり返される顛末(爆)そうか、こういう事態から後世に淀殿が黒幕と
言われてしまうようになったのだな、と思わせる素晴らしい流れでした(苦笑)
せっかくうまくまとまったのに残念、と視聴者の気持ちも持っていける良作の回だったと思いました。
(台詞の合間あいまに細かく入る秀頼のカットが秀逸でした)

次回はついに登場真田丸!どうなるどうなるw
というところで。




[PR]
# by katuhiro-iyama | 2017-10-17 23:19 | さなだまる | Trackback | Comments(0)

アニメ感想放出


どもです伊山です。
インプット時期が過ぎてアウトプット時期に入ったようで、
だだーっと何かを書き残したい情動にかられております(笑)
思いつくままにアニメ感想をば。

活撃/とうらぶ
最終回まで配信完走しました!面白かった!
画面もとても綺麗で、色味が鮮やかだったのが印象的な作品でした。
(本当はBS11で深夜リアルタイム視聴したかったところだったけど時間的に厳しかったので
配信頼みでした。しかもブルーライトカットのメガネだと色味が変わってしまうのが嫌で、
わざわざ裸眼で見ていたという(笑))
剣劇作画もふわふわっとしていながらビシッと決める、それでいて大仰な動きがない、
とても現実に寄った動きをしていたのが好印象でした。見とれたなあ。
最終回は土方歳三さんのそば近くに入り込んだ堀川国広がどう動くかが見どころだったけど
結局歴史を曲げずに和泉守兼定の思いに寄り添った行動になったのがホッとしました。
というか、兼さん、歳さまから直接「自分の命のような相方」と言われて
うっれしかっただろうなあ~と(笑)会えて泣いちゃうくらいの推しだからなあ~(笑)ふへへw
ゲーム本編をプレイしていない身ではありましたが
ゲーム世界の一部を表現している作品だろうなあと想像できて、
しかも歴史に沿った背筋がしっかりしたアニメだったのが好みでした。見られて良かったです^^

夏目友人帳陸
半年前の作品をようやく視聴完了……(苦笑)今回も面白かったです。
原作でも徐々に、夏目くんの変化にあわせてお話の印象が変化していってるんだけども
アニメもそこに合わせて雰囲気を穏やかにおとなしめに、でもじわりと変化をつけて、と
細やかな違いを出してきているのが見えてきて、丁寧にアニメ化されてるなあと感心させられました。
優しいお話が多くて和みますよね(*´ω`)
個人的に、夏目くんのお友達くんが夏目くんの幻?のあやかしに惑わされてしまう話が面白かったです。

十二大戦
この秋はじまった大作アニメ。2,3か月くらい前からBS放送で告知CM流してて
作画動画もよさそうだし気になってたので1話視聴しました。
結論からいうと、とても動きが良い作品でレベル高くて見応えはあるんだけど、
「今の自分」には合わないなあ、という印象でした(^-^;)
いや、本当に「アニメファンの自分」としてはすごーくすごーく興味深くて見入ってしまったんですよ。
アクション作画がレベル高くて実際の人間が動いてるかのようなリアリティある動きで、
目が追いつかないくらい。すごく見応えあって感心しきりでした。
しかし、「人の親である自分」としてはなんというか……人殺しアニメは心情的に引いてしまうというか(苦笑)
以前まではそんな感覚なくてぼやーっと見ていたジャンルなんですが
すごーくリアリティある表現でざくざく人殺しする場面が続くし、
快楽殺人者を育てていく描写とかエグくて、うむむむ……って(-'_-;)こんな顔しちゃう自分がいて。
自分が変化していまうと視聴したい作品も変化してしまうんですね……困ったもんだ。
そんなわけで、すごく気になる作品ではあるのですが精神的負担を考えて
今作品は見送ることにしました(^-^;)ネット配信でチラ見する程度にしようかな。
すごーく設定とか面白そうなんですけどね。キャラとかケレン見ありすぎて気になるし(笑)
西尾維新原作作品ですし、気になる方はぜひ。そしてワタシに感想を教えてくれい(笑)

今のところ放出したいのはこんなところかな~。
おそ松さん2期はあまりにムーブメントになりすぎて引いてしまったので(苦笑)見送ります。
あとは特撮メインでいきます(笑)仮面ライダービルド面白いです。過去ライダー作品を
あちこちリスペクトしているようなので年代問わず楽しく見られる感じです^^

そんなところで。なんか他に面白そうな作品あったら教えてくださいませ~^^



[PR]
# by katuhiro-iyama | 2017-10-11 22:53 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

あきのイベント事


おこんばんわです伊山どす。いかがお過ごしですか。
いやーちょっとバタバタしてましてネットにつなぐ時間があまりとれませんでした。
子どもに合わせた生活時間に移行しはじめたのが要因なんですが
子どもが早く寝てくれるとその後の時間が優雅になって良いですね(笑)わはは。
3才児は早く寝させよう。うむ。

まあさておき(笑)、良い気候になってきましたので、というわけでもないですが(笑)
少しお出かけとか運動会とかイベント事が続きましたのでそれらをざっと。
子どもの運動会は程よいお天気に恵まれて楽しく過ごせました~
d0025055_22344200.jpg
去年はおゆうぎがろくに出来ずに、先生の合図で立ったり座ったりだけの演技だったのですが(笑)、
今年はなんと、ちゃんと音楽に合わせて歌いながらみんなと一緒に同じ振り付けをして
しっかり踊っていました!(笑)良かった、よかった成長したよ(感激)
あとは午後の部も参加したので初めて運動会のお弁当を食べたのも楽しかったです^^
ただ、ワタシが6時に起きてせっせと作った自信作のお弁当、
子どもは半分しか食べてくれなかったんだけどね……(半泣)
観覧に来てくれた実家のばあばが張り切って作ってくれたお弁当のほうが
子どもにとっては目新しかったみたいでね……ばあばに負けたよ……(笑)
まあ、いいです。これもまた思い出(苦笑)
かけっこもビリケツだったけど頑張って走りました(笑)微笑ましかったです~^^
こうして親レベルも少しずつUPしていってるかな~って感じですね。

あと、水族館とか行ったのでおりたたみ。





写真が多め
[PR]
# by katuhiro-iyama | 2017-10-10 23:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ぎゃお最高……


どもです伊山です。

とりいそぎ短くお知らせですが

無料配信サイトGYAO!にて、あの日本アニメ史上最高峰と謳って遜色ない、
「カウボーイビバップ 天国の扉」が現在配信中です!

序盤の10分、せめて伝説の呼び声たかい(個人的意見)
あのOPまでだけでも、見てみてください。是非。今からでも遅くない。
軽率にクリックして2時間ほどタイムワープしてください。
そのくらいの価値はある。

この動き、作画、アクション、画面作り、すべて2001年公開作品とは思えない出来。
日本の手描きアニメ最高のハイクォリティ作品です……
ぜひ、ぜひ今のうちに視聴しやがっちゃってください……お願いしますだ……。
(自分はいいの、DVDとブルーレイで持ってるから)
無料公開は10/13までだそうなので!今!すぐ!なう!(笑)

ということだけを言いに浮上してきました(笑)毎日元気です(笑)書くヒマがないだけ(笑)
では。



[PR]
# by katuhiro-iyama | 2017-10-02 22:54 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

新・地図


おこんばんわです伊山どす。
興味深いニュースが飛び込んできました。

「新しい地図」


いや、あのね、自分そこまですまっぷFANじゃないですよ。
でも彼等の活動とともにエンタメに触れてきたし個人的にも年齢が近かったりして
彼らのこれまでの活動を折に触れ見聞きしてきました。
そんな彼らが昨年末をもって解散、うち3人が今月9/9でJ事務所を退社しました。

で、退社したかとりさん、くさなぎさん、いながきさんの3名が
新しい事務所に所属することになって、そこからのファーストメッセージがこれ。新しい地図。
そして11/2にAbemaTVにてなんと3日間のぶっとおし生放送をすることを発表しました。

いやー、これね。個人的にちょっと感動したんですよ。
ネットでの露出を極力制限させられていたビッグネームの3人が
軽やかにネット媒体に登場しはじめた。しかも各SNSのアカウントまですでに取得済みです(笑)
あの3人らとweb上で直接やりとりできる。web媒体での露出がどんどん増えてくる。
ネットニュースでの画像で彼ら3人の元気そうな顔を見たら思わず安堵のため息がでてしまいましたよ。

自分、以前にこんなことを書いていて、今回の「新しい地図」告知で
ますますこの思いが強くなりました。押し込まれている全ての人へのメッセージを伝える、
改革の旗頭になってくれないかなって。彼らがそうやって軽やかに飛び出してきたことが、
いま閉塞感をかんじている全ての人達に伝わってくれないかなって。ぼんやりと。
ほんと、J事務所を出たことで離れていく人もいたかもしれませんが、
むしろこれまで活動してきたことが下地になって今の地図を描きだしているのですよね。
これからの活動を注視して、応援していきたいです。見守っていきたいです。

新しい地図。NEWS MAP。
にゅーすまさん、とお呼びすることにしましょう(笑)

ナカイさんとキムラさんも。いつか合流しましょう。がんばって。



[PR]
# by katuhiro-iyama | 2017-09-26 00:05 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)

おんな城主


おこんばんわです伊山どす。いかがお過ごしでっか。

そういえばワタシ今年の大河ドラマ「おんな城主直虎」について
ほとんど語っていませんでしたね。いや、語るの義務じゃないけども(笑)
いちおう、初回から毎回、ほぼリアルタイムで視聴しています(笑)
前回の真田丸からの視聴体制が継続してたんですが
だんだんと物語自体に関心をひかれていきまして、
夏に入ったころから前のめりに視聴するようになっております。面白いんだよ~^^

最初はどんなもんかと様子見だったんですけど
タイトル通りのおんな城主が誕生したのが12話、って言う大胆な構成に目を覚まされました(笑)
すごいよね、タイトル出てくるまで1クールかけちゃったんだよ(笑)
回が進むにつれて直虎ちゃんが勉強して視野が広がって成長していってるのも見て分かるし、
周りのキャラも物語に都合がよい登場人物、ではない、ところが見てとれるのですごく良いと思います。
個人的には、セリフで説明するだけじゃなくて「画面をちゃんと見ている視聴者」にだけ伝わるような、
目線とかしぐさとか、声のトーンとかで"あ、この動作にはウラがあるな"と思わせるような
演技、演出を重ねているのにもとても好感がもてます。
「ながら見」の視聴者には評判わるいかもしれないけど(笑)、
ちゃんとついてきている視聴者には人物のウラのうらまで読み込みたくなる魅力がありますね~。

主演に柴咲コウさん、やはり美人さんですね~。鼻筋がすっと通ってるし目もすごく綺麗。見とれます。
ただ美人さんなだけじゃなくて、気負わず演じておられるというか、
大河の主演ってやはりどこか肩肘張らないとやってけないところがあるんじゃないかと邪推するんですが、
少なくとも画面を見ていて感じるところはそんな気負いは伝わってこなくて、
自然体で受け入れ受け止めているような感じがして、大河座長という肩書では無いな~と
感じさせられます。この言い回しへんかなあ……。

先日はネットで話題になったんですが、家臣の小野政次が処刑される話、
ものすごかったですわ~。まっとうな展開にするなら小野の磔を尼僧である直虎が見つめて
せめてねぎらいの言葉をかける、というような雰囲気のシーンが、
突如直虎が槍を奪って自ら、自分の手で小野の体を突きさす!という衝撃的なシーンになってました。
いやービックリしたわあ……。小野とは表面上、敵対関係ということになっていたので、
裏事情を知らない敵対勢力の者の前で優しいねぎらいの言葉をかけることは出来なかった、ということは
分かるんですよ、いやでもしかしそこで直虎自ら突き刺すとはね(汗)いやー苛烈だった。
その後の展開も直虎がしこたま落ち込んで心に傷を負った描写がやけに迫真だったり
そうかと思ったら井伊家の殿を止めて市井のものとして はぐれ者と結婚しちゃったり(爆)
こうして書いてるとトンデモドラマかと思われそうですけど(苦笑)、
毎回ハラハラドキドキの展開になっていて、もう45分間があっという間なんです(笑)
最後のシーンで「つづく。」と出た瞬間、「ええ~~!来週どうなっちゃうの~!」って叫ぶほど(笑)
毎回見ハマっています(笑)ほんと面白い。

感想を書くほどまとめられなくて(割と情動のままに視聴しているスタンス(笑))
ブログではスルーしてましたが、今年の大河も面白いです^^
2年連続面白い大河に当たって有り難いです(笑)
直虎お付きの家臣のみんなが、なぜかわんこに見えてくるところも楽しい(笑)

そんなこんなですが!最終回まで楽しませてもらうつもりでーす^^



[PR]
# by katuhiro-iyama | 2017-09-21 23:18 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)

丸42話


真田丸42話視聴。味方。簡易版。

大阪城に入った後のアレコレ。ですがちょっと軽くコメディタッチだったりもして
少し安心しますね(笑)部屋割りでモメたりとか(笑)
てか、後藤又兵衛はたしかに相部屋が熱心なキリシタンだと厳しかろう(笑)

実はワタシ、この作品で調べてようやく知識をえたんですが
大坂の陣で活躍した豊臣方の大坂5人衆という武将らがいたんですね~お恥ずかしい。
幸村、後藤又兵衛、毛利勝永、長祖我部盛親、明石全登(オフロスキーv)。
この5人衆メインで終盤に向けて物語が進んでいくんだな~と頭に入れて見ることにしました。
それにしても大阪城、キャラクターが濃い(笑)
何も決められない大野治長、揶揄追従の有楽斎、名刺参上の伴・団衛右門(笑) 濃ゆいわ~(笑)
集まって話し合いをするだけでも先が思いやられる、と空気で推察できる場面づくりが
すごいです。ああいう空気感が出せるのが本当すごいし面白いです。

一方江戸城では徳川秀忠とかお江ちゃんとか信之にーちゃんとかがひそひそと。
この作品のお江ちゃん3度目の結婚のはずなのに若々しい真っ赤なお着物召して、
それでいて威勢の良さが出ている感じで、面白いなあ。このキャラで1話分見てみたいくらい。
信之にーちゃんは息子2人を大阪へ出陣させて江戸で様子見……でしたが
タッチの差で幸村が大阪方へついてしまったことを知り、激怒。
幸村に怒ったのかと思いきや、そうと知れば息子らを出陣させなかったのに、と
あくまで弟思いなのがほんと……信之にーちゃんだなあと思います(*´ω`)
それにしても作兵衛が離反して信之にーちゃんと剣を交えるシーン、
ワタシここ真田丸の中でも5指に入る名シーンだと思うんですよ~。
そりゃ刀を取り落としたことで見逃してくれたとか誤解されてみすみす逃してしまったわけですが(笑)、
ここ大泉さんのキャラと相まってオモシロシーンになってたけども
信之にーちゃんは一番大真面目に刀振って本気の剣劇をしてたわけじゃないですか。
このシーン信之にーちゃんの名場面だと思うんですよね~。草履を脱ぐところとか良かったなあ。

大阪城の味方が思いやられるなか、どこまでもハッタリをきかせるつもりの幸村。
どこまで通用するやら……。そんなところで。



[PR]
# by katuhiro-iyama | 2017-09-21 22:22 | さなだまる | Trackback | Comments(0)