きよもりっ! 12


平清盛12話視聴。

終わる夫婦もあれば始まる夫婦もある。今回はそんな話でした。

たまこちゃんが出家後に病に倒れて、それを聞いた鳥羽院が珍しく慌てふためく。
庭には菊(なりこちゃんがたまこちゃんに対抗して植えさせた)が咲く季節だけど、
鳥羽院は「スイセンの花を探させよ!」……んな無茶な。

きよもりくんは奥様のあきこさんを亡くした悲しみをずっと引きずってたけど
弟の家盛くんに励まされて心機一転、鳥羽院の命令に従ってスイセンを探すことに。
てか、家盛くんのこと出来た弟だと思ってたけど
だんだん意識にズレが生じてきてるのかもな~…。
出すぎました、とわびるところはいい弟だけど。
そして弟の事情も知らず俺は…と1人反省できるきよもりくんはやっぱりまっすぐで良い。

よしともが見つけてきたスイセンを手に、たまこちゃんの寝所へ駆け込む鳥羽院。
つかの間、触れ合う2人。
病がうつる、と引き離された元夫婦だけど扉ごしに最期の会話。
最期に愛しさを覚えたたまこちゃんと、何度も扉をたたいて呼びかけた鳥羽院。
三上氏の情感こもった迫真の演技がすごかったです。
発声しないでクチだけで「たまこ」って呼ぶあたりとかね。
1話で贈ったスイセンがここまで2人を象徴させるアイテムになってたのが
良いなあと思いました。
(たまこちゃんが亡くなったと聞いて素直に極楽を願うなりこさん、
心情が分かる気がする。この人もたまこさんをいぢめて目覚めさせたかったのかも)

よしとも、「俺の関東の部下に命じて東北あたりで遅咲き見つけさせたんだぜ~」とか
さり気に"オレ偉くなったんだぜアピール"(笑)してたけど、
廊下できよもりと「源氏が強い!」「平氏だもんね~」とかケンカするあたり、
小学生かこいつわww
それにいきなり「オレの嫡男を産め」とかどんなプロポーズするんやww
「私の子を生んでくだされ」な犬夜叉の弥勒さまかっての(爆笑)
しかし、ツンデレお姫さまにはその方法が一番なのだった…
そうか!ツンデレ娘をデレさせるにはこのプロポーズが一番なんだな!(笑)

そしてきよもりくんも、新しい奥さん・夢みるときこちゃんを
後妻に迎えるのでした。…よしともくんとケンカした勢いだったけどなww
それぞれの夫婦像が3組3様に描かれて、印象的でした~。

あ、盛国がちびちゃんたちのお守りしてたのが今回の萌えポイントw(笑)

今回も演出が渡辺一貴氏で満足度高かったです~。
扉に隔たれた会話とかね。あと何故かときこちゃんが振り返るのに3カット使ったり(笑)
あと、「間」を大事にされてるなあと感じました。
役者さんの演技の空気に込められた余韻とか大事にされてる印象です。

ときこちゃんの弟の時忠くんが何かやらかしてくれそうなキャラ像で
期待値高いですね~次回は物語が動きそうで楽しみですw
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-03-26 21:30 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/15626118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< そろそろ春 あと1週間 >>