きよもりっ! 16


平清盛16話視聴。

きよもりくん、跡継ぎに。

今回は忠盛パパがいなくなる話ってことで
これまでを振り返るような内容になってたのが印象的でした。
宋国の剣をうまく絡めて、忠盛パパがきよもりくんにとってどんな父親だったのか、
どんないきさつがあったのかを回想シーンを挟んで丁寧に見せていたと思います。
(剣は1話でパパが通りすがりの海賊から取り上げたもの、
その剣を通して心の軸を持つことを、忠盛パパ→きよもり→息子と伝えてく、などなど)
結末としてこの親子に共通の夢・目的を持たせて
父子のつながりの強さのようなものを強く印象づけていたように思いました。
父の夢を子が引き継ぐ。みたいな。いいねえ。

引継ぎ式のシーン、良かったですね。家長が中央にどっかと座って
一族、家臣が左右に平伏する感じがいい。大河ドラマっぽい(笑)威厳があった。

というか、平家ってほんと家族のつながりしっかり描くよね。
忠盛パパの遺言というか家宝引継ぎ式でも兄弟やメインキャラの顔出しもして
特徴付けも兼ねてるし(マニアックな見方)。
なんかあれだな、なんとなくこの脚本家さんは平家一門を
イタリアのマフィアみたいに捉えてるのかなあって思った。ファミリー結束とか。
個人的に、家盛くんの立ち位置を引き継いだ、頼盛くんが気になります…
冷ややかな目で清盛を見てるよね。そこがいい(笑)

源氏でも源為義じぃじが孫に弓を教えたりするシーンもあって
家族の交流というか、そういう……「親から子へ、子から孫へ」っていう流れを
前面に押し出さないカタチでそっと伝えてる気がしました。ちょっと泣ける。

それにしても忠盛パパ、ナレーションでいなくなっちゃった(・ω・`)
死去するシーンは直接描かなくて
幻?のパパがきよもりくんと剣を交えた直後消えてしまう。
ドラマでよく見る表現だけど、これはいわゆる「泣かす」演出でしたな~。
ただ、脚本家さんが「泣かそう」としてないような…照れとか恥ずかしさが
脚本から感じられた気がして。それか、演出家さんの塩梅かな~。うーん。

個人的には忠盛パパが亡くなるシーンを入れてぐわわっとドラマを盛り上げてほしかった
ですが……。なんというか、「大河ドラマ」のセオリーってあるじゃないですか。
過去作いくつか見てきましたが
主人公の「父」が亡くなるというのは主要人物の1人が単に居なくなるだけじゃなくて
主人公の前のひとつの「壁」が消えることで、
その「壁」を主人公がどう破っていくか、受け入れていくか、っていう
大事な題材だと考えられるんですよね。
そこを今回は「夢の継承」というカタチでつなげてはいるものの、
大きな壁が消えた、という描写にはしてなかったと思うので……。
前向きな継承でいいかもしれませんが、
なんとなくもう少し、喪失感みたいなのを感じたかった気がします(苦笑)

ちまちま他メディアでネタバレも読むようになってきましたwさてさて今後どうなる。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-04-22 22:03 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/15761693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< オメガ4話 なんとなく補足 >>