オメガ5話


聖闘士星矢オメガ5話視聴。

…いかん…若干モチベ下がってきた…(苦笑)

今回は脚本がどうもイマイチだったような…。
やりたいことは分かるんですけどね。
困難に立ち向かう少年たち、友情、勝利!みたいなね(笑)
んだけども、どうも陳腐というか、旧作星矢を意識しすぎて
空回りしちゃったみたいなね…。型にはまりすぎてた気がします(苦笑)

あの、ソウマくんにつっかかってくる、とびうお座のなんたらいう
不良顔の子がどうも意図がわからんというか…
ソウマにイライラしてるみたいだったけど、特にソウマに関係があるわけじゃ
なかったみたいで単にソウマの親の悪口言いたいだけじゃんみたいな…。
ちゃちいイジメみたいで何がしたいのか意味不明でした(苦笑)
足止めだけのキャラ?みたいな……そういう子にしたいわけじゃないだろうに。

ソウマくんは過去にお父さんが正体不明の敵に倒されて、
父の敵を討ちたい、強くなりたいという目的が明かされたのは良かったですが、
コウガくんと2人揃って足止めされた時に、
自分が白銀になって強くなるみたいな目的から外れて
仲間のコウガくんを先に行かせるために氷を溶かす、みたいな描写になってて、
それが納得いかんかったです……。
お前自分が強くなりたいんちゃうんか、なんでそこでコウガやねん、みたいな(苦笑)
これって現代的視点で見ちゃってるかなー。旧作では確かに
「ここはオレが食い止める、お前は先に行ってくれ!」な場面は沢山あったけど
それは共通の敵を倒すため、同じ目的を果たすため、だったでしょう。
今回の選抜キャンプの目的というか、目指す目標はコウガもソウマもそれぞれ、
それならソウマくんだけが身を挺してコウガを先に行かせる必要は
なかったんじゃないかなーって。思ってしまうわけですよ。
結局はコウガくんが2人揃って合格したいとソウマくんを背負ってゴールする
カタチになるわけですが…。そのシーンを描きたいだけちゃうかと。
なんか穿った見方になってしまうわけですよ…(苦笑)
そのシーンを描きたいなら、もっとそれぞれのキャラ造詣とか設定とかを落とし込んで
キャラがそう動くだろうなって納得できるように動かしてくれないと…。
見てる側はキャラに感情移入しにくいと思いますですよ……。控えめに批評。

それにしても市センパイ…「ゆとり世代が」とか言ってくれちゃったけども(笑)、
道間違えるとかおもろいからねww市っちゃんがんば!w

次回はこの選抜キャンプで抜けた子たちが「聖闘士ファイト」と称した
いわゆる勝ち抜け戦?に挑戦するそうですが、
勝利すると白銀聖闘士に昇格できるとか言ってて……。し、昇格ってそんな(笑)
聖闘士ってそんな昇格戦とかでレベルあがるんだ(爆笑)
すげーwwおもれー(笑)(旧作だと獲得した聖衣がすでにランク付けされてた感じだったけど)
…どうなんだろうなあ…そういう設定少しずついじってるのも
新世代ならではなのか、それとも新作に無理がでてきてるのか(苦笑)

引きで新キャラ・エデンが登場。髪型がアベル(旧作劇場版の太陽神)に似てるー!w
新作銀河戦争?な6話以降に改めて期待しよう…と思います(^-^;)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-04-29 22:56 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/15795253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 5話雑感 そういえばF1 >>