オメガ9話


はい、オメガ9話視聴!今回もアツかった!

パライストラが闇の小宇宙(黒いツタみたいなの)に覆われて
生徒たちはマルス兵(マーシアン)たちに選別と称した攻撃を受けちゃいます。
マルスに忠誠を誓え、と脅されても 我々はアテナの聖闘士だ!と
奮戦して抵抗する檄せんせー。作画かっこいい!w
ケガして休んでたソウマも加わって生徒たちは抵抗するわけですが
これまでの数話で出てきた雑魚顔くんたちも戦ってるのが泣かせますね(名前覚えてやれ)

一方、地下牢に閉じ込められたままのコウガくんと、新キャラ・ハルト。
ハルト、いわゆるクール系キャラ。車田調「フッ」がよく似合う(笑)
コウガを挑発し、即反応したコウガくんが「てめえっ!」と
ハルトの襟くびをガシッと掴む。……だが。
d0025055_2331473.jpg
!?

いきなり変わり身の術wwww
続けて牢屋を出るための小細工、火遁とか糸操作とかなんか色々小技をだしやがりますww
d0025055_2352040.jpg
「いわば、オレは忍者聖闘士!」(自称)

ちょwwwまwwwwwwwウケるwwwwww

しょーーじき、聖闘士星矢の世界観に「忍者」って合わないと思うんですよね(苦笑)
せめて「忍び」とかさ……それか、青銅以下の雑兵クラスでさ(^-^;)
火遁とかすっかり火薬使っちゃってますよ、道具使わないで戦うのが
聖闘士、闘士ではなかったのか!(力説)

……しかして、まあここまで堂々と出てきて自称しちゃったのならば仕方ない(苦笑)
聖衣装着シーンなんて無駄にカット割り多くて美形に描かれてて(笑)、
これ全部バンクに使うんならえらい時間くうぞレベル(笑)w
まーなんつーかね、クールで美形だけどやることちょっと常識から外れてる?、
表現の奇行士なキャラ?(爆笑)氷河ポジションかとww
そう割り切っちゃって見ればまあまあ見られます。女性にもさらっとホメ言葉出てくるし。
抜け目ない。この手のいわゆる突っ込み担当がいないとね(笑)

長くなったので続く。







ちなみにハルトは狼座、ウルフの聖闘士ですが
旧作でウルフというと、青銅10人の中の最薄印象の男、ウルフ那智くん(苦笑)
(後期アニメだと草尾さんの声だったなー)
那智とハルト、なにか因縁があるんかなー。あったらいいのになー。

さて、ストーリーに戻りますと、
ハルトの小細工で牢屋を脱出できたコウガくんですが、
出口がマルスの闇の小宇宙で固く閉ざされております。マーシアンたちにも見つかりそう。
ハルトはここまでか、みたくさっさと諦めようとするけども
コウガくんは「もう少しで出られそうだ!」と諦めず、
聖衣装着して小宇宙を燃やします。いいですね~この姿勢。少年マンガ的だw

その彼の小宇宙を遠く聖域から感じ取った少女アテナ(名前がないなー)。
祈るようにまぶたを閉じたところで彼女の意志?がコウガくんにオーバーラップ。
共通する「光」属性の小宇宙だからか、コウガくんの流星拳が威力UPして
無事脱出できました。
この、オーバーラップの表現良かったですね~。ひと昔前のアニメぽくて懐かしかったw

なんとなく、この物語は少年が守るべき少女を見つける、ボーイ・ミーツ・ガールの話
なのかな、なんて思ったり。

追撃するマーシアンをさっさと倒して(笑)、コウガとハルトはようやく
龍峰、ユナ、ソウマと合流。みんな聖衣装着状態。
ここ、それぞれの会話でざっと立ち位置というか相関関係が見えて面白かったな~。
ハルトはどうやら退学になったと噂が流れてたんですが(5話か6話だったかな?)、
実は学園長に探りいれすぎて牢屋にブチこまれてたと。
で、その学園長はアテナから大教皇の地位を得たうえでマルスを崇拝する、
いわゆる傀儡政権をやろうとしているらしいっす。まあその辺はざっと。

OPの5人が揃ったところで追っ手が。しかし、そこに檄せんせーが!
「ここはオレが食い止める!お前たちは早く行け!」(燃)
若い彼らに正しいことを諦めるな、と。チカラを合わせて道を切り拓け、と諭します。
ここ、作画もしっかりしてて檄せんせーが引き締めてくれました。さすが。

5人でパライストラの出口を打ち破り(チカラを合わせて、という言葉がなんだか新鮮)
学び舎を後ろ髪引かれる思いで脱出する彼らですが、
ここでユナちゃんが意外な発見を。「聖域が!」
そう、どうやらパライストラと聖域は案外近い距離にあったっぽい……です。
だって指さした方向に目をこらすと崩壊する聖域がなんとなーく見える感じなんだもんw
コウガくんは、あの聖域にあの少女アテナがいるはず、と信じ
これから聖域を目指すことに決めたのでした。「あの子を助けるんだ!」

……聖域、ちらっと映ったのですが(あの火時計が!)、
マルスの攻撃(ボールみたいな小宇宙を剛速球で放った)で跡形も無くなっちゃいますた(爆)ww
まー、あの、その、なんだ、マルスみたいな封印されるほどの敵役が
聖域の目の前まで来られることすらいかがわしい(笑)んで、
聖域は事前に察知していた……とか、実は崩壊した聖域は幻だった……とかで
なんかオチはついてそうな気がします(笑)
あと、マルスがラスボスでない説提案。あっさり聖域に来すぎやろ……。

とにもかくにも、今回は前回に引き続きシリーズ構成の吉田さん自ら脚本を手がけ、
キャラの「アツさ」「格好よさ」が引き立っていたと思います(^0^)
特にコウガくんが諦めない姿勢を見せたとこ、檄せんせーのアツさ、
少女アテナとコウガくんの一瞬のふれあい、みたいなね。いい感じでしたw
これはやっぱり「分かってる」人でないと電波な話にもとられかねないと思う……(苦笑)
ので、たぶん、ストーリーのキモになる話はこうしてシリーズ構成の方が手がけられるように
なってるのかもしれませんね。

さあ、次回、タイトルに「もう1人の黄金聖闘士」と!!
……どうやら次も「悪」側の黄金ぽい……?はてさて。
この流れで惹きつけてほしいですねw
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-05-28 22:55 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/15937762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< きよもりっ! 21 きよもりっ! 20 >>