劇場版xxxHOLIC感想

この夏観たい映画が多い…とぶつくさ言ってたら、
なんとなんと身内が抽選でタダ券を当ててきました!(笑)
やったぜ~♪タダ券1枚げ~っと♪(^0^)
早速先日公開されたばかりの映画「HOLIC」を観に行ってきましたぜい☆
前回のイージスの時に続いてこれでタダ券2回目!(笑)
こんなシアワセが続いて良いのであろーかっ☆(*^m^*)うぷぷ。

というわけで例によってネタバレ感想





めちゃめちゃ面白かった!!!♪


HOLICね~、イチオシ!ですよ(^0^)♪
めっちゃめちゃ面白かった~!劇場の座席で足じたじたさせながら
おもしろ~~い♪♪\(>∀<)/""って悶えたくなるくらい面白かったです!(笑)
事前にあまり期待をかけずに観に行った分、
意外な拾いもんをした気分ですごく楽しかったです☆

ええと、ドコが良かったかというと、画面の雰囲気。ですね。
原作の作画の特徴を残しつつアニメらしく線を細くしてたのももちろん、
黒を基調にしていると言いつつ配色にとても気を配ってあったので
そんなに黒々としてなかったのがよかったです。
何より古い日本家屋のお屋敷にただよう独特の湿めり気…というのか、
静かで湿ってて空気がカビてるようなニオイがするちょっとコワさを伝えるあの空気感が
しっかり画面から感じられる印象で、
日本の風景の裏側を一瞬覗いてしまった気分…、
暗くてどんよりとして、でも後腐れのない画面になってました。…って、
伝わるかなこの表現(苦笑)
「黒」がすごくキレイだったんですよね~侑子さんの髪とかすごく綺麗だったv

おいらがいっぺんにココロ奪われたのが、作画!(←でたよこの作画ヲタが)
冒頭のワタヌキがアヤカシ相手に腕ぶんぶん振り回してたりとか
足元おぼつかなくてふらふらしてる足運びとか
アヤカシに飲み込まれそうになって魚眼レンズなカオになってたりとか(笑)、
そういう、技術的にムズカシイ作画をした上で更によく動かしてて、
こりゃ遊んでるな~(笑)って楽しんで描いてる感じがわかって
すごく面白かった(笑)

後で気付いたんだけど監督・絵コンテが
「クレしん」や「ハレグゥ」の水島努氏だったなんてー!(驚)
ならば納得。ワタヌキの軟体動物まがいのうにうにした動きは
確かにハレグゥで同氏が得意としていた手法。
そこだけ急に動きが滑らかになるのね(笑)
水島氏の得意技というべきこの動画のコンテ。作品の質を落としてなくて一見の価値あり。

で、HOLICはホラー要素があるんだけど、これも納得。
水島氏はハレグゥでも典型的で秀逸なホラー作品を描いたことがあって、
きっと沢山ホラーを観ておられるんだろうなあ、ってくらい
「怖さ」の見せ方が上手いのです(尊敬)。
隣の席のヒト素でビビってましたもん(笑)成功(笑)
しかも今回ホラーばかりでなくコメディやSFの要素も混じってたから
水島氏の手腕いかんなく発揮、といった印象。
あ、観てる最中は水島氏って分からなかったから後で考えると納得という事なんですが、
事前知識無くても、否、無い方がすんごく楽しめると思います。
画面から伝わる情報がすごくしっかりしてるから。

で、何がしっかりしてるのかというと、
美術がめちゃくちゃキレイなのです!o(>д<)o
屋敷の収蔵品がカット割りで細かく見せられるんだけど
そのコレクション部屋それぞれの品が美術背景で丁寧に描かれてて
またそのレベルが高いこと!
誰がナベのフタとか信号機とか首輪とか世界の仮面とか
ぎょーさん集められた不気味な部屋こと細かに描ききれると思います?(笑)
色味とかデッサンとか緻密に変化&工夫されてるし
次々と現れる珍妙な屋敷の背景も、
実在しても違和感ないくらい丁寧かつ冷静な描き方。
もちろん日常の中の夏の景色や現実世界ではない風景も現実感さえ漂う。
背景1点1点に驚嘆、嘆息。ため息吐息。
美術スタッフハラショー!\(^0^)/とモロ手を挙げて喝采したくなりました!(嬉)

で。で、ですよ(笑)。
この作品、なんとプロダクションI・Gがメインで手がけてるんですね~!!(^0^)
このスタジオの主要作品は「人狼」や劇場版「攻殻機動隊」など
リアルで精密な作画と動画、背景画で世界的に名を馳せてるものばかり!
(おいらのお気に入りの劇場版パトレイバーも関わっておられるv)
どーりで!(^0^)と、おいらめちゃめちゃ納得しました~♪
看板に偽りなし!っていうんですかね、本当に出来が良いんですよ~うo(>_<)o""
だもんで、水島氏の特徴ある絵コンテ、動画を
底辺のクオリティが高い同スタジオが手がける!ってことで
これ以上ないタッグが組まれてるんだな~!と感心しきり☆
めちゃめちゃオイシイ作品ですよ、これは!(^0^)

作品を、スタッフやスタジオだけで判断するものではないことはよく分かってます。
だけどこの作品の雰囲気や特徴を表現するには
ここから攻めた方が分かりやすい気がするんですよう(苦笑)
ほんとーに面白かったから!脚本も作品の世界観を崩さず、
明快なストーリー展開になっててアタマにすっと入りやすかった。
音楽も画面に寄り添ってジャマして無い。あ、主題歌のスガシカオ氏の楽曲が良♪
個人的にサブキャラのひまわりちゃんの髪の色が黒じゃないほうがいいなーとは
思ったけど(笑)、些細なこと。
是非ぜひ、この劇場版「xxxHOLIC」を一度ご覧になることをオススメしますぜっ☆


…あ。同時上映の「ツバサ」についても(笑)
上映時間約30分と短めなんですが、これ45分くらいあっても大丈夫だったと思います。
脚本がすごくテンポ良くなってて、良くなりすぎてて物足りなかった(笑)
せっかく細かい設定作ってそれを生かすストーリー展開をしてたんだから
(住民1人に1羽の鳥がペアとなっている、とかラストの蒸気噴射の仕組み、とか)
もっと時間とって見せてもらえたらなー、と少し残念ではありました。

しかーし!(笑)
この作品も実はめちゃくちゃオイシイ(※おいら的に(笑))作品だったのですなあ。
それは作画スタッフにスタジオディーン関係の方たちがいたからvv(愛)
中嶋敦子さんに松島晃さん!主要作画には後藤隆幸さん!(←I・Gスタッフ)
あああ~~オイシイ~~(おいら的に(笑))♪(*^0^*)
どうりでメインキャラたちの和風っぽい衣装がしっかり作画されてると思ったよ~(笑)
それにTVシリーズと違うスタッフが制作、キャラデされてたので
TVと全然異なる印象の作品となってて、おいらはめっちゃ気に入りましたv
細かいとこだけど小狼くんの両の目がビミョウに違う色彩になってたのが
設定を生かしてあって嬉しかった☆(ちょっと黒目がちなのと茶色目なのと)

アクションシーンも爆発もミステリーも人間ドラマも
あらゆる要素が盛り込んであって、楽しんで観られましたv
小狼とサクラちゃんのラブラブが好きな人にもオススメv(笑)
(個人的に萌えツボでした…v至極あっさりタルに入ってたが後先考えんかったのか(爆笑))

…とゆーわけで、上映期間と上映地域が少なさそうな作品ではありますが(苦笑)
観られる環境にある方は是非とも、時間をつくってでも、
一度観ておく作品だと強くしっかりオススメしておきますvv
事前情報全くなくても楽しめるのは保障付き!両作品リンクってのも見ものっ!?(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2005-08-25 01:19 | 映画話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/1625776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 買いかも(笑) トルコ決勝 >>