きよもりっ! 27


平清盛27話視聴。一騎討ち。

ヒネリが効いてあって、かなり面白い展開でした。
OP前のアバンで、源氏が「内裏を占拠した」というのは大事な情報だったのですね。
つまり、「帝がおわす内裏を攻撃する=帝を攻撃する⇒逆賊」
という構図をつくりたくなかった。清盛はそこまで考えていたようです。
そこまで深く考える男になったか~きよもり……感慨深い。

清盛が狙っていたのは、占拠されている内裏の中からの崩壊。
そのために内裏側(藤原信頼)へは恭順の意を示し
(名簿の名前!経盛くんだけ文字薄w!!)
平氏と戦う気まんまんの源氏の気を削ぐ。
その間に平氏側へ寝返ろうとする公家を取り込んで
(三条帝付きの公家2人の態度がおもろいこと!w特に有薗さんの演技最高ww)
警備の手をゆるめさせ、その隙に三条帝や後白河上皇らを無事保護。
逆賊になることなく、却って帝じきじきに「源氏を討て」と勅命までいただいて、
立派な官軍として源氏を討ちに出られた。お見事。
歴史上の戦でも散見される「酒で酔わせて気が緩んだ隙を攻撃する」
っていう定番の作戦を使ったのも面白かったし、
いつの間にか公家と清盛の上座の位置が逆転していたのも面白かったです。

そう、帝が平家の、武家の家にお越しになる(臨幸リンコウというそうな)までに
なったのですね……。帝は畳3段敷きの立派な上座でしたw
(座る位置で上下関係が見て分かるって言うのも日本ならではで面白いよなあ)

今回、一門勢ぞろいで、しかも一様に鎧兜着用だったから、
正直どれが誰やら(爆)
顔の判別と認識にひと苦労でした(苦笑) 声で分かるってのもあるけど、
重盛くんの口上、発声から違ってて最初ぜんぜん分からなかったしな。かっこいい。
頼盛くん奮迅でしたね。冷静そうなのにね。
それから清盛の三男、清三郎くんこと宗盛くん。
「年明け元服のことだが、すまん、早まった」「え?え?」と
あれよあれよと烏帽子かぶせられお前は宗盛だ、さて初陣じゃ!とか言われると
宗盛くんでなくても「え?え?ええ~」ってなると思うww
(烏帽子かぶせられる前の髷だけの姿みて、あらハダカだわんと思った…我ながら毒されてる)

今回特筆すべきは、川原での清盛vsよしともの決闘!
よしともは前回の引き(=平治の乱を起こした時)から「清盛と決着をつけたい」と
念願している様子がこれでもかと描かれていて、
一騎討ちになだれ込むのも自然の流れと受け止められました。
(一騎討ちには周りを囲む見物人が必須かなあとは思ったけど、まああれはあれで
討ち合い、迫真で良かったです。特に乗馬しながら両手剣を突き出してる清盛とか。
下半身だけで馬を操るってすごいよな…松ケンさんは乗馬スキル高すぎる。
結局は清盛が打ち崩して剣をふりかぶるところまではいったんですが、
討てずに逃がすかたちに。
「……また会おう、清盛」この言葉のむなしさよ。本当にそう思ってたのかもしれないけど。

それにしても流矢のシーン、かっちょよかったな~!
公式ツイッターの解説によると、刺さって倒れる人のUPの画面も含めて
矢は全部CG!らしいんだけど、全っ然違和感なかった!すげええ~
NHK、どんなCG技術使ってるんだ……参った。
あんな3000もいるような大軍から射掛けられたら、そりゃ敗北を悟りますよね。
(見切ってさっさと背をむける頼政が良かったな~ああいう武士も居ていい時代だったのだな)

両軍入り乱れての鎧甲冑がしゃがしゃ、の目に鮮やかな画面も多く、
すごく楽しめました!初見で理解できずに2度視聴したくらい情報量も濃密だったし。
ああ~次回はよしともの最期かあ。半分引っ張ったなあ…ああ残念。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-07-12 23:57 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/16320465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 梅雨とはいえ そろそろ梅雨明け? >>