オメガ27話


聖闘士星矢オメガ27話!
前回の予告がとっても心配な感じ(笑)でしたが
やはり「鋭意製作中!」ゆえで、予告が間に合ってなかっただけみたいでした(^0^;)
だって作監は馬越さんだもん。ギリギリまできっと粘っておられたんですよね!
脚本吉田玲子さん、絵コンテ・演出は貝塚さんとシリーズディレクターの畑野森生さん!
(シリーズディレクターさんはOPの始めの方にクレジットされるいわゆる総監督さんです)
つまりは総力結集のクライマックス回!(・∀・)
ある意味オメガ製作スタッフの製作スタンスも見えるかもしれませんね。

アバンタイトルもそこそこに、すぐ本編から。

アリアは、偽アリアから
「お前の光のチカラで世界の小宇宙が壊された。世界を破滅させたのはお前自身。それは罪」
と責められ、闇に包み込まれる。
…でも、アリアの心には幼いころイヤリングをくれたエデンの優しい声が響く。
それはエデンの記憶でもあり、エデンの闇でもある。

「僕は両親の期待に応えようとして、肝心の大切なアリアの幸せを考えていなかった……」
d0025055_22522864.jpg
「アリア、……すまない………。」
この人、ここまで素直に謝れるんだ。いい子だね 

しかし闇はアリアの光でかき消される!
「私は、私を必要としてくれる人のために輝きたい…!」
エデンはアリアに謝ったけど、アリアはいつも優しくしてくれて嬉しかった、とニッコリ。
これでエデンは多少は救われたでしょうか。

そしてコウガ。自分は光の小宇宙を持っていたのに…と愕然としていると
偽沙織さんが「闇の小宇宙を燃やせば強くなれる。マルスを倒せる」と唆す。
コウガは幻のマルスに拳を打ちたてて、目とか小宇宙がどんどん黒くなってしまう……けど、
アリアが闇の小宇宙を燃やしてはいけない、とコウガを引き戻す。
どうも、闇の精霊なる存在が唆していたようで、
「光の子め、闇の子を返せ!」とわめいていた……
これ、あれですか、隕石の衝突で生まれた?子ども2人は明確に
「光の子=アリア」「闇の子=コウガ」だとはっきり分かったってことですかね。
(闇の精霊は闇の子・コウガを欲しがっていた…引き寄せていた?)
だけどアリアが「コウガを闇に引き込まないで!」とあっという間に払ってしまって
ビックリ。アリアがここまで能動的に関わるようになるとは……!成長したのぅ(感涙)

コウガは今まで光の小宇宙を持っていたけど
多分それは沙織さんの光の小宇宙の加護だったんだと思う、とアリア。
そうか…光の小宇宙の貯金をしてたんですね…(違)
それにアナタが自分の光を信じていたからよ、と励ましてもくれる!アリアたん…!(涙)
ここまでアリアたんが積極的になれるとは、番組初期には想像もしてなかったよ(*´ω`*)
そして2人で闇の遺跡のコアを破壊。コスモクリスタルは漆黒だったけど、
アリアたんが光の小宇宙で中和してしまう。
「これが闇に戻らないように…。闇のペガサスにならないように…。」
d0025055_23131181.jpg
「だいじょうぶ、私がそばにいるから。」ニッコリ。
(あああアリアたーーーん!!!(萌愛)

アリアたんかわゆすかわゆす!!バンバン!(叩く音)

そこへマルス(本人)の襲撃!背景美術がすごくイイ!
d0025055_23164732.jpg

そして襲撃を避ける2人がめっちゃくそ良かった!萌えた!(愛)
d0025055_23174897.jpg
すとん、って画面右に1歩跳ねる動きがとても良かった!思わずコマ送りしちゃった(笑)


長くなってきたので続く(笑)まだ前半ですよ!(笑)







アリアの光の小宇宙が成長したとかいってまたアリアを確保しようとするマルス。
だけどアリアは「絶対に戻らない!」と明確な拒否。
「私は旅をして知った。この美しい世界を守りたい」
「この世界が美しいだと?欲望、ねたみ、恨み、裏切りに満ちたこの世界が?」
「ええ、私は私の光で照らし続けたい」……アリアたん、欲望裏切り込みで世界が美しいと
認めちゃいました。大きい子だ。

そのアリアを守るために聖闘士がいる!新青銅5人揃い踏み。

「こんなにすごい闇の小宇宙は初めてだよ」
d0025055_2343454.jpg
マルスに挑んでやられる髪の毛の表現が「荒木髪」だ!w
d0025055_2344128.jpg
やられても立ち上がる青銅たち。。(どしゃどしゃ地面に叩きつけられる表現も荒木調だったw)
そして彼女も。
「私も一緒に戦うわ!」
d0025055_23464255.jpg

青銅たちの持ってるコスモクリスタルがアリアに集結し(含・エデンのカミナリ)、
結実して錫杖に変化!まるで沙織さんが持ってた杖のようです。
d0025055_23482983.jpg

(ちなみにこの戦いの最中、エデンは呆然と見てるだけ……ってオイw

アリアの放つ光は女神アテナのもの。どうやらアテナとして覚醒したようです。
「アテナを守るのが聖闘士の使命だ!」
d0025055_06261.jpg
コウガ、かっこいいぞ!!

アテナの光に守られた青銅たちは負ける気がしない。挑んで挑んで、ついにマルスに1発!
(跳ね返されても少しずつ前に進んでいく、畳み掛けるような攻撃が良かったです!)
マルスは逆ギレ(笑)して、アリアに敵意むき出し。
攻撃を跳ね返されたのにカッとした瞬間。

一条の赤い槍が アリアの胸を貫いた ……!

血を吐いて倒れるアリア。顔面蒼白。なんと。
手から離れたアリアの杖はマルスの手に渡り、トドメのようにアリアの小宇宙を吸い取って。
「我の元にいれば新たな世界のアテナになれたものを!」
ご丁寧に自分とエデンがいた足場を切り取って(笑)異空間へ去っていきました。
エデンの、痛切なアリアを呼ぶ声を残して。(エデン……どんだけアリアラブやねん)

d0025055_03101.jpg
残された皆はこの表情。
(ちなみにユナの口元はアリアの手です。白っ!)

息も絶え絶えにアリアは、ユナと出会えてよかった。皆に優しくしてもらえてよかった。
そしてコウガ、ありがとう…と。
ただ、世界を守るためにマルスを止めて欲しい。すぐ行って…と
アリアは最後のチカラで5人を宙に飛ばして後を追わせます。
コウガの痛切な叫び。「アリア……!アリア、アリアぁーっ!!」…異空間へ。
(ここ、コウガの手が離れようとしてもう1度アリアの手を掴むけどやっぱり離れちゃう……
って手の演技がすごかったですね!きっと馬越さんの作画だ!(確信))


5人が消えたあと、絶え絶えの息のなか、アリアは涙をこぼしながら
「ありがとう……ありがとう……」と何度もささやいていました。5回も。
そのまま遺跡が崩れ、アリアの姿は大岩に隠されて…… つづく!!


いやー、素晴らしいクライマックス回でした!(^0^)
テンポよく畳み掛けるような演出でテンションあがりました!
絵コンテ・演出が素晴らしかったと思います。さすがシリーズディレクターさん!
(初見では分からなかったけど、実体のないマルスをいかに怖く強大に動かすか、
亡霊のような見せ方がとても工夫されていたと思いました)

あとはアリアたん……!
ま、まさかこんな展開になろうとは(汗)
アリアたんの儚げな存在がここにきてチカラの覚醒、という形で結実したのは
初期からじっくりとキャラ造形を見せていた積み重ねありきだと思います。
つまり世間知らずで儚くて表情も乏しかった彼女が
だんだん笑顔が増えてきて自分のことをはっきりしゃべるようになる姿を
じわじわ描き続けていったことで、このクライマックスの大活躍につながると。
いいな~。キャラを大事にしている印象です。
きっとスタッフさんたちには、アリアたんを大事に描くように徹底されてたんでしょうね。
そこまで丁寧に作り上げていたキャラを、物語中盤で消すとは…!
大胆なことをしました。
アリアたん無き今後、青銅たちはどう動くのか。視聴者の目にはどう映るのか。
次回から期待!ですね。

その次回…… 
d0025055_025285.jpg
見覚えのあるこの曲線の黄金はっ!?(爆)

ど、どうやら黄金聖闘士編?に入るようです(笑)
イオニアとかゲンブとかがちらりと…。ってかさ、番組初期には
黄金はこの世に2人だけ、とか言ってなかったっけか(笑)
そのあたり、「実は~~だったのだよ」的設定変更が説明されることを望みます(笑)

といったところでまたもや長~くなってしまってすいませんでした!><
次回から新章突入とのこと!楽しみです(^0^)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-10-09 23:37 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/16964049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< きよもりっ! 39 2012年鈴鹿 >>