オメガ35話


聖闘士星矢オメガ35話視聴。今回はエデン話です。

地球が闇に包まれるまで あと8時間42分!


コウガが闇の小宇宙を放出したことで何かを感じ取ったか、
マルスは一気加担に火星を近づけようとしております。
(新世界の王となるエデンのために~とか言ってるあたり案外いいパパ(笑))
その頃エデンはまだアリアについて悲しんでおりました。
だいたい3時間ほど体育座り状態…体痛くならんのだろうか(笑)
メディアがコウガの闇の小宇宙についてエデンに伝えに来て、
「この闇の小宇宙は本来あなたが手にし、支配すべきチカラです。
手にするか、それを越えねばなりません」要するにエデンに発破かけてます。
けれども今のエデンはそれを素直に聞けない状態。
「チカラを手にして何の意味があるのだ…アリアのいないこの世界で」…重症ですな。

重症さゆえか(!?)、はたまた何かの思し召しか。
白い花びらがエデンの前にひらひらと舞い落ち、それがアリアの幻の姿になりました。
d0025055_22403636.jpg
見えるかな。右側にぼんやりチビアリア。


エデン、思わずその幻を追いかけ始める。
どうも、昔自分がこっそりアリアを連れ出した時の姿みたいです。
すると目の前にザシャア!と音がしそうな勢いで現れたのが 姉のソニア。
いつまでアリアについて悩むつもりだ、あやつは父マルスに背いたのだから死んで当然、
みたいなことを言い放ちます。
…さすがにこの言葉にはエデンもムッときたみたいで、
いつも尊敬している姉上に反論しちゃう。
「命を落とした者を弔いたいと思うのはいけないのですか姉上!?」 (←エデンいい子だよねー)

「王となる者、非情であらねばならぬ!
お前のその惰弱な精神を叩きなおしてやる!!」
d0025055_22515185.jpg
(出たっ「惰弱」!!ソニア姉さんよく言った!!ハラショー!ブラボー!パチパチパチwww)

車田マンガ王道のセリフが出たところで思わず素で拍手したいち視聴者ですww
聖衣も着てないエデンに何度か攻撃したところへ、人影が割って入った!










思いっきりソニアの攻撃を顔面に食らったのは、
誰あろう 獅子座の黄金聖闘士・ミケーネでした。(初登場は10話)
「お2人とも気を乱し小宇宙を揺るがせるとは何事です。
エデン様の迷い、このミケーネが絶ち切って見せましょう」

(こういう口調でガタイのいい紳士風のキャラなので、個人的に結構好感です)
額から血ぃダラダラ流しながらそう言われちゃソニアも引き下がるしかない(笑)
ミケーネは「おいで下さい」と有無を言わせずエデンを連れて行く。
(ここのエデンはずっと困り顔で、なんつーかお子ちゃまみたいで駄目っ子だったww)

一応、エデンは「聖闘士同士で戦うなんて同じ聖闘士として言うことはないのか」
ミケーネに疑問を投げかけてみるのですが
「強さを持つ者は力に比例して責任を負う。
弱く愚かなブロンズたちを正しき道へ導くのもまた責任でありましょう」

とかって、要するに黄金強いからやってることは正しいヨー みたいなことを言うw
弱いブロンズ、ってとこにちょっとムッとするエデンかわいい(笑)
そしておもむろにミケーネ、はああっと両腕上げて小宇宙を燃やしたら
d0025055_23155747.jpg
なんかコロシアムぽいのが建ったーッ!ww
d0025055_2317468.jpg
「この獅子座・ミケーネが貴方の迷いを絶つ!」
(かっこいいぞ!)


なんか分からんが圧倒的な小宇宙でエデンを追い詰めるミケーネ。
(この辺りほんとよく分からんかった(笑)透過光がもわもわ~ってw)
何度か特打ちをしてる間柄なのだけどエデンが迷いまくりで全然本調子出ない。
「父上、母上(メディア)、皆ボクに強さを求める……。
だが強くなったその先で、アリアを失った…!強くなったその先に何があるというのだ…」
「何故、アリアは居なくならねばらなかった…、何故!」

迷いながら拳を打ち込むエデン、だんだんミケーネをサンドバッグにしていきます(笑)
ミケーネもそのチカラだ!みたく、まさに特訓指導状態w

だけど。
エデンはふっと気がついてしまった。
「……!父上も、過ちをおかすのではないか……!?」
あんなに信奉していた父へついに不信を抱く瞬間でした。
それはいけない、お覚悟を、と強打を放とうとしたミケーネ、
しかし何故かエデンの姿は掻き消えてしまった!(謎!)

落ち込んでメディアに報告に行くも、コウガの小宇宙に魅了されまくりのメディアに
話が通じなかったミケーネの姿がちょっと哀れでした(苦笑)

消えたエデンの姿はどこかの異空間、はたまた自らの夢の中か。
昔アリアを連れ出そうとした湖のほとりに立ったエデンは、
アリアの残り香…あのイヤリングのカケラを見つけます。
思わず涙すると、涙から小宇宙がひろがって周りはみるみる花畑に。
そしていつの間にか、お花を前にして微笑むチビアリアちゃんの幻が現れたのです。
d0025055_233353.jpg
(アリアたーん!!!ヽ(*´Д`)ノ)

「……アリアが笑っている…!ボクの前では笑おうとしなかったアリアが……」
(エデン…お前哀しい奴やな……(つД`)ホロリ)
そしてエデンは気づくのです。この花畑はもしかしてアリアが見せているのではないか?と。
「君は、こんな世界を見ていたんだね……この世界を、ボクも守れるだろうか…。
 ボクの力はその為に使えと……。アリア、君はそう言いたいんだね……!」

イヤリングを握り締め涙するエデンに手を重ね、寄り添うように立つアリアの幻が
そっと、微笑んでいたのでした。
……つづく!


エデン、30分で立ち直るの巻 でした(笑)
脚本がベテラン横手美智子女史だったのでセリフ運びや展開に無駄がなく、
違和感なく話にのめり込めたのでとても良かったです!
キャラの心情を丁寧に織り込んでおられた印象です。
演出は貝沢幸男さんで、ちょっと不思議な空間にキャラを落とし込むのが上手いというかw
引っ掛かることなく画面に惹きつけられたのもその力量ゆえかと思われます。
いわゆる本気回だった!

ちょっと面白いレイアウト、好き構図もあって個人的に好き回です(^-^)
d0025055_025588.jpg
これとか、
d0025055_031575.jpg
これとか!
これはすごく好き!マンガの見開きみたいですよねw

アリアたんもちらっと登場したし、なかなかに見所が多かったかとv
…しかし、何度もアリアたんの退場を絶命と思わせるような描写が繰り返し出てきて、
実は生きていた説を推しているワタクシとしてはちょっと切なかったデス……(´・ω・`)ショボン

次回、とうとう、ついに、やぁっっと、
ソウマとハルトが登場ですwww
ミケーネとバトルなよかーん。って、さっきまでコロシアム作ったり何たりしてたのに
すぐ自宮に戻んなきゃいけないミケーネさん大忙しねww

次回も作画高橋晃さんかな?期待してます!(^0^)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-12-04 22:30 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/17358365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 見てるあにめ きよもりっ!47 >>