衝撃


ゆうべ、就寝直前にTwitterを閲覧したところ、

zabadak 吉良知彦さん 逝去 (オフィシャルサイト

という文字列が目に飛び込んできました。

「え?え?え?
 え?なにこれ?え?」

目にしたものが信じられない、という状況に陥りました。
ガセかと思いましたが公式サイトからの発表でしたし、最新の情報でした。
どうやら本当に吉良さんが亡くなられたらしい。

え、だってこないだまで吉良さん自分のTwitterを頻繁に更新してたし、
7月以降のライブの告知とかリクエスト募集とかメロディ作成の宿題とか捕まえた昆虫とか
いつぞや病欠したライブのお詫びライブ(無料で!)とか
色々書き込んでらっしゃったじゃないですか。3日前に亡くなられていた?
言われてみればこの数日書き込みは無かったけどクリエイターさんにはよくあることだし
何より実際ご病気でまる1か月書き込みがなかったこともあったから
全然不思議に思ってなかったけど…… 亡くなった?

途端にワタシ、すごく動揺してしまいまして、ひとりオロオロ、あわあわ。
にんげん、受け入れがたい情報に接した時って言葉がでてこなくなるんですね。
自分の気持ちも現在の情報の精査ももたついて何も表現が浮かんでこなくなってしまって
ただひたすら動揺しながらTwitterの情報更新してました。

今のところ吉良さんの死因は発表されていませんが
病気でも事故でも原因はなんであれ、すでに吉良さんはこの世にいらっしゃらない、
という事実だけは本当のようだとどうにか受け入れることができました。
まだ「吉良知彦」と「逝去」という言葉が脳内で繋がらない感覚ではあるんですけど。

あの……ほんと、ワタシ、ネット始めてからの自己紹介文とかには
必ず「好きな歌手:zabadak」(とsuefase)って書くほどにzabadakの音楽大好きで、
大好きというより自分の一部というか、自分の中の大切な部分を形成している要素のひとつ、
といったような感覚ですらあって、
そのzabadakはボーカル兼ギターの吉良知彦さんが作詞作曲を主に担当されているので
メインボーカルが奥様の小峰公子さんであっても
zabadakの楽曲=吉良さん、と表現しても差し支えないバンドなんです。
その吉良さんが……すでにいない?こないだまで生きてらした形跡があったのに?
もう居ない?どういうこと?えっ、ワタシはどうしたらいいの??
……そんな感じでものすごい衝撃を受けました。

思えばこれまで著名人の訃報とかに接してショックとかは受けても
手が震えて目の前の文字列を受け入れられないほどの衝撃は受けたことがなかったです。
吉良さんを失うなんて考えたことがなかった。zabadakは常にそこにある、と思っていたから。
でも、理由はどうあれ人は、いつか居なくなってしまうものなんですね。
それがたまたま今だった。いや、でも早すぎるけど。まだ56歳だということだし……。
息子さんが選挙権もらう年になってるらしくて
まだまだこれから、息子さんに伝えることがたくさん、たくさんあっただろうし、
奥様の小峰さんも公私ともにパートナーとして過ごしておられたようだから
今回の出来事ご心痛いかばかりか……と
なんか脳内ぐるぐる回ってしまって立ち止まるしかありませんでした。
いまだに何となく信じきれていません。本当かよ……。

ここでzabadakの思い出を語っておきたいところだけど
まだ思い出にするのは早い気もするので今はやめておきたい気持ちです。
20歳そこそこで出会った音楽で、これを10代のうちに聞いてなくて却ってホッとした
思い出はあります(多感な10代の時に聞いたら全てがザバ色に染まってたはず(苦笑))
自分にとっては初めて出会った衝撃の音楽で、影響力がありまくりでした。

あー、まだ音楽を聞き返せない。脳内でよみがえっては過ぎていくメロディはあるけど
CDを再生する気力がまだ湧かない。聞き返せるようになったらその時やっと
吉良さんのご逝去を受け入れられた証になるような気がします……。

ようやく今時点で落ち着いてこれだけは言えるようになりました。
吉良知彦さんのご冥福をお祈りいたします。

zabadakの音楽はずっと無くなりません。これからも聞き続けるはず。
大事な音楽を、どうもありがとうございました……
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-07-07 23:05 | 日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/23279016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なよまつ at 2016-07-14 11:13 x
伊山さん、前回のコメントにお返事ありがとうございます(今頃すみません;)。
zabadak、私は十代半ばで出逢って、当時から「遠い音楽」は子守唄でうたおうと(当然まだ、結婚する予定もあろうはずありませんが)、心に思っており…実行していました。(私、今年38になったので、伊山さんと年齢も近いですね。)
今日こちらで、吉良さんご逝去のニュースを知って驚きました。マーブルスカイの印象が強いなぁ。境目がない世界に出航され、溶け込まれたのだと、ご冥福お祈りします…。
Commented by katuhiro-iyama at 2016-07-17 23:04
>なよまつ さま
 こんばんわです、こちらこそレス遅れてすみません;
 なよまつさまもzabadakお聞きになっておられたんですね!なんという共通点。
 いやー……、ねえ、もう何というか言葉がありません。
 一部webニュースで発表はされましたが、一般向けのニュースとしては扱いも無く……。web上でも瞬く間に流されてしまって公式サイトにひっそりと残るだけになってしまった今回の訃報、
 ワタシのブログでせめて なよまつさまのお耳に届いたのならなによりでした。
 子守唄に、というのは素敵なお考えですね。ザバの歌で眠りにつくお子さん、なんと幸せそう(*´ω`*)
 今しばらく聞き返すのに時間がかかりそうですが、ワタシが一番好きなアルバムは「遠い音楽」です。これからも大切に、大切にしていこうと思います。

 再訪ありがとうございました!またいつでもドウゾ^^


<< 丸27話 丸25話 >>